S1bahdth6styenfwo2ph

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

高齢者の体操おすすめまとめ!効果や椅子に座ってできる簡単体操まとめ!

2018.08.14

いつまでも動く体でいたい。と思う高齢者も多い世の中。今回は、そんな高齢者でも効果が表れる椅子を利用した、歌などを使ったおすすめ体操をご紹介します。椅子に座って座位し行うことができる体操のため、簡単にできるのはもちろん、効果も抜群。是非、お試しください。

目次

  1. 高齢者でもできる体操とは?
  2. 【高齢者におすすめ!】椅子に座ってできる効果抜群の簡単体操①首ストレッチ
  3. 【高齢者におすすめ!】椅子に座ってできる効果抜群の簡単体操➁肩のストレッチ
  4. 【高齢者におすすめ!】椅子に座ってできる効果抜群の簡単体操➂呼吸で腹筋
  5. 【高齢者におすすめ!】椅子に座ってできる効果抜群の簡単体操④体幹トレーニング
  6. 【高齢者におすすめ!】椅子に座ってできる効果抜群の簡単体操➄腰のストレッチ
  7. 【高齢者におすすめ!】椅子に座ってできる効果抜群の簡単体操⑥太もものストレッチ
  8. 【高齢者におすすめ!】椅子に座ってできる効果抜群の簡単体操➆太ももと背中の筋力アップ
  9. 【高齢者におすすめ!】椅子に座ってできる効果抜群の簡単体操⑧すねのストレッチ
  10. 【高齢者におすすめ!】椅子に座ってできる効果抜群の簡単体操➈足首のストレッチ
  11. 【高齢者におすすめ!】椅子に座ってできる効果抜群の簡単体操➉足指のストレッチ
  12. 椅子を使った体操は色々!
  13. 歌をプラスするとさらに効果アップ!
  14. 体操と歌を組み合わせてより楽しい時間を!
  15. 高齢者の体操おすすめまとめ!効果や椅子に座ってできる簡単体操まとめ!
Feet 3483426  340
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2018/06/18/21/44/feet-3483426__340.jpg

歳を重ねるたびに増えてくる体の悩み。腰痛やひざ、首や肩コリといった普段の何気ない生活の中で、痛みが出てくる部分も増えてきます。これは、高齢者に限らず、若い人でも同じ事が言える症状。原因は、運動不足や食税カツなど色々とあげられます。症状が進むと慢性化し、悪化してしまう原因にもなりかねません。また、転んだだけでも骨折してしまったり、命にかかわる重傷を負うことだってあります。そんな体の悩みを抱える高齢者にとって、運動は何よりも大切なこと。普段からストレッチやランニングを心がけている高齢者の方も少なくありませんが、何もやっていない高齢者は、どんどん動くのが億劫になってしまい、引きこもりがちにも。引きこもり生活を続けていると認知症を患ったり、体の自由に動かすこともできず寝たきりになってしまう可能性だってあります。

Frogs 1030283  340
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2015/11/06/23/20/frogs-1030283__340.jpg

年齢を重ねても自由に体を動かしたい方は、簡単な体操をご提案。今回は、椅子に座って簡単に行うことができる高齢者向けのおすすめトレーニングをご紹介します。家で行うことができるため、ジムに通う必要もありません。ジムに通わないということは、金銭的にも大助かりだと思います。自分の体が長く動かすことができるように、是非、チェックしてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Chair 731171  340
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2015/04/20/13/13/chair-731171__340.jpg
Kubi3
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/9/5/2/9/8/kubi3.jpg

まず初めにご紹介するのは、比較的簡単に行うことができる首のストレッチ方法。首には多くの欠陥が通っており、思い頭を支えると同時に、脳へ酸素を運ぶために大切な役目を果たします。首が凝ってくると、肩こりや頭痛を引き起こしてしまうため、ほぐすことが大事。首のストレッチ方法は、まず、椅子に浅く椅座位し、背筋をまっすぐ伸ばします。次に首をゆっくりと前後左右に倒します。このストレッチを行うことで、首に柔軟性が生まれ、肩こりなどの解消へとつながっていくのです。

Sad 505857  340
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2014/10/27/22/03/sad-505857__340.jpg
News17080607 03
引用: https://fytte.jp/wps/wp-content/uploads/2017/08/news17080607_03.jpg

首のストレッチを行ったら、次に肩のストレッチを行いましょう。肩のストレッチ方法は、椅子に浅く椅座位し、両肩を首をすくめるように上げます。この上下運動を数回行います。次に、両肩を前後にゆっくりと回します。こういった動きをすることで、肩の筋肉がほぐれ柔軟性を高くすることができます。首のストレッチと組み合わせることでさらに、血液を循環させ、効果をアップさせることができるのです。

1 / 5