G3a2mjg9wsd9hqkbdx79

ダイエット

CATEGORY | ダイエット

ランニングは痩せない?体重が増えた?痩せない理由・原因を徹底解説!

2019.06.05

エクササイズとして、またダイエットの一環として行われるランニングですが、逆に体重が増えたという人もいます。ハードな有酸素運動にもかかわらず身体が痩せない場合はどんな原因があるのでしょうか。ランニングで痩せない理由について解説していきます。

  1. ランニングで痩せない!その理由と原因とは
  2. ランニングで結果が「出る人」と「出ない人」の違いとは?
  3. 体重が増えた?ランニングで痩せない理由①:摂取カロリー量
  4. 体重が増えた?ランニングで痩せない理由②:走る時間
  5. 体重が増えた?ランニングで痩せない理由③:走る距離
  6. 体重が増えた?ランニングで痩せない理由④:水分摂取
  7. 体重が増えた?ランニングで痩せない理由⑤:筋肉量
  8. ランニングで効果的に痩せる!結果を出すためのポイントをご紹介
  9. 痩せないランニングは卒業!ランニングのポイント①:食事のタイミング
  10. 痩せないランニングは卒業!ランニングのポイント②:頻度
  11. 痩せないランニングは卒業!ランニングのポイント③:距離
  12. 痩せないランニングは卒業!ランニングのポイント④:ペース
  13. 痩せないランニングは卒業!ランニングのポイント⑤:時間帯
  14. ランニングのポイントを押さえて、ダイエットを成功させよう!
引用: https://image.freepik.com/free-photo/runner-woman-listening-music_23-2148173554.jpg
エクササイズやダイエットの一環として行う人が多いランニングですが、有酸素運動の中でも身体への負荷が大きく、効果も高い運動の一つです。身体の筋肉の増強や、心肺機能の向上など、さまざまな効果が見込めるランニングですが、ランニングを行うことで体重が増えた、または効果が出ないという人もいます。そこにはどんな原因があるのでしょうか。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/close-up-shoes-female-runner-tying-her-shoes-jogging-exercise_1150-4203.jpg
ランニングで効果が体重が減らない理由について、効果が出る人との違いを解説していきます。また、ランニングに適した時間帯や、効果を促進する食事のタイミングなどもご紹介します。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/sportive-man-running-street_23-2147757994.jpg
睡眠時間も大きく関係してくるランニングですが、痩せない理由を理解して、効果的にエクササイズを行っていきましょう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/fit-workout-dumbbell-muscle-sport-muscular_1428-748.jpg
ランニングといえば、各スポーツにおける体作りに欠かせない運動の一つと言えます。エクササイズはもちろん、ダイエットとして行うことができるランニングは、毎日続けることによってその効果を発揮します。しかし、ランニングの内容や取り組み方によっては、体重が増えたという結果が出る場合もあります。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/black-man-jogging_53876-89033.jpg
ランニングで結果が「出る人」と「出ない人」の間にはどのような差があるのでしょうか。まずは、ランニングで結果が出ない理由についてその違いをご紹介します。現在ランニングでエクササイズを行っている人も、その原因をチェックしてランニング自体を見直してみてはいかがでしょうか。

関連記事

引用: https://image.freepik.com/free-photo/close-up-running-shoes-fitness-women-training-jogging_1150-4225.jpg
ダイエットを行うにあたって大切なポイントである摂取カロリーですが、いくらランニングをこなしていたとしても、1日の摂取カロリーがランニングによる消費カロリーを上回っていた場合は、ダイエットが上手くいかずに、結果的に体重が増えたということにもなりかねません。どんな食事を日常的に行っているのかを見直してみてはいかがでしょうか。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/sport-man-with-runner-street-be-running-exercise_1150-5980.jpg
有酸素運動の基本とも言える運動時間ですが、通常であれば最初の20分は体内の糖質をエネルギーとして消費し、20分以上の有酸素運動によって脂肪が燃焼し始めます。ランニングで走る時間が極端に短いと、汗をかいたとしてもダイエット効果は薄いということが出来ます。走る時間を調整して、体重を減らしてダイエットできる運動時間を意識してみましょう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/healthy-woman-running-with-blurred-background_23-2147600427.jpg?2
走るペースは、走りながら会話ができる程度が目安と言われています。あまり運動慣れしていない人や、走るペースが極端に遅い場合は、走る距離自体も短くなります。つまり、ランニングペースが遅くなりすぎると、運動効果も薄れるという事が言えます。ペースを調整して走る距離も調整することで、痩せない原因を解消できます。

関連記事

引用: https://image.freepik.com/free-photo/healthy-young-woman-warming-up-outdoors-workout-before-training-session-park_1150-4186.jpg
1日あたり2リットルの水分が推奨される水分摂取ですが、水分は脂肪の燃焼に欠かせないものになります。もし、体内の水分が十分でなかった場合、脂肪燃焼を体内で上手く行えないということも起こり得ます。その他、水分が足りないことによって筋肉痛などが引き起こされやすくなります。脂肪燃焼のために水分もしっかり摂取しましょう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/fit-woman-jumping-orange-wall_23-2147752583.jpg?2
筋肉量が多い身体は、体重も少し増えますが新陳代謝量も多く痩せやすい身体になります。ランニングを始めとした運動を行う時にも、筋肉量が多いことでダイエット効果も期待ができます。しかしながら、筋肉量が少ないと、それだけ脂肪を燃焼させる効果が薄まることになります。筋肉量の少なさが、そのまま痩せない原因になってしまうことも考えられます。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/sports-family-summer-park_1157-19573.jpg
痩せないという人もいるランニングによるダイエットですが、筋肉量をはじめとして、睡眠時間や食事、時間帯など、さまざまな要素が関わってきます。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/healthy-young-asian-runner-woman-warm-up-body-stretching-before-exercise-yoga_7861-1086.jpg
ランニングで効果的に痩せるためにも、それらの要素についてチェックしておきましょう。ランニングで結果を出すためのポイントをご紹介します。

ランニングと一緒に行いたい筋トレ

引用: https://image.freepik.com/free-photo/close-up-dumbbells-fruits-with-measuring-tape-white-background_23-2147882047.jpg
ランニングを行ってもあまり結果がでない、または痩せないという人は、まず体作りの一環として筋トレを行いましょう。スクワットを始めとして、身体の主要な筋肉量を増やすことで、ランニングはさらに効果が出ます。ランニングで効果を出すための基本的なポイントとして押さえておきましょう。

関連記事

引用: https://image.freepik.com/free-photo/top-view-sports-accessories_23-2147601759.jpg
ランニングで痩せない原因を解消するために必要な食事のタイミングですが、食事の摂取はランニングの後が適切と言えます。有酸素運動によって痩せる身体ですが、エネルギーとして使われるのは糖質が先です。ランニング前に糖質を取ってしまうことで、脂肪燃焼が上手く行われず、痩せない結果になることもあります。食事はランニングの後にしましょう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/sporty-woman-presenting-smartphone-template_23-2148173555.jpg
ランニングの頻度は、多ければ多いほど痩せる効果があると考えがちです。しかしながら、あまりに多い回数を行えば、怪我をしやすかったり、身体の疲労が取れないという事も考えられます。ランニングの頻度は、1週間に3回ほどが適切と言えるでしょう。ランニングをしない日は筋トレをするなど、痩せるための工夫を行いましょう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/couple-running-beach_23-2147827013.jpg
痩せるために考慮したいランニングの距離ですが、走る時間によって距離を決めるのが適切と言えます。有酸素運動として効果の出やすい20分以降を目安に、どれくらいの距離を走れるかを計測してみましょう。そうすることで、毎日のランニングの指針ができてきます。痩せない原因を解消するためにも、自分のランニングを分析することをおすすめします。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/sporty-woman-looking-fitnesstracker_23-2148173614.jpg
心拍数によって割り出す事ができるランニングの適切なペースですが、ダイエットを行う際のペーストしては前述にも有るように「会話がこなせる程度」のペースが適切と言えます。遅すぎず早すぎず、自分のペースを走りながら調整してみましょう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/healthy-athletes-running-sunny-day_23-2147600764.jpg?1
ランニングを行うにあたっては、朝または夕方以降が推奨されていることが多いです。その中でもダイエット効果が期待できるのは朝のランニングです。朝は体内の糖質が少な状態にあり、脂肪を燃焼させることができるタイミングです。夕方以降ももちろん効果はありますが、ダイエット目的なら朝を基準にしてみましょう。

睡眠時間も大切!朝のランニングの注意点

引用: https://image.freepik.com/free-photo/portrait-beautiful-young-sport-asian-woman-running-exercise-beach-near-sea-ocean-sunrise-sunset-time_74190-8569.jpg
朝のランニングをする前は、まず睡眠をしっかり取ること大切です。7時間前後の睡眠時間を取り、食事のタイミングにも注意しましょう。メインの食事はランニングの後に行いますが、低血糖を防止するためにもランニング前に少しだけバナナやヨーグルトなどを摂取し、水分補給も重要になってきます。走るための準備を怠らないようにしましょう。

関連記事

引用: https://image.freepik.com/free-photo/young-woman-standing-holding-bottle-water_23-2148138020.jpg
ダイエット効果のあるランニングですが、ランニングには様々な要素が絡んでいます。痩せない、または結果が出ない原因や理由が分からない人は、食事のタイミングや走るペース、また走る時間や時間帯などを見直してみるのも良いかも知れません。ランニングのポイントを押さえることで、ダイエットを成功させましょう!

ランニングについてもっと知りたい方はこちらから