Jkmzdvmbsmuoiiw6lmyj

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

骨盤が広い人の特徴とは?原因やおすすめの改善方法をご紹介!

2019.01.19

下半身が太っているという特徴がある人なら、原因は広い骨盤にあると思いがち。しかしながら、広い骨盤の改善方法はある。デニムなどの服を着て下半身が太い特徴の人は、骨盤以外にも原因が考えられる。骨盤が広い人の特徴と原因、おすすめの改善方法などをチェックしよう!

  1. 下半身が太って見える!骨盤の広い人の特徴と原因とは?
  2. 下半身の体型って変えられる?
  3. 広い骨盤以外が原因?下半身が太い原因①お尻の筋肉
  4. 広い骨盤以外が原因?下半身が太い原因②大転子のズレ
  5. 広い骨盤に見えてしまう特徴
  6. 広い骨盤に見えてしまう原因
  7. 広い骨盤を解消する方法【大転子矯正5選】
  8. 広い骨盤を解消する方法【立ち姿勢4選】
  9. 広い骨盤を解消する方法【トレーニング4選】
  10. 【歩き方から骨盤矯正】広い骨盤を解消する歩き方!
  11. 【歩き方から骨盤矯正】歩き方の正しいフォーム
  12. 【歩き方から骨盤矯正】O脚セルフトレーニング
  13. 【歩き方から骨盤矯正】O脚を治す歩き方
  14. 広い骨盤を狭い骨盤に改善して、お気に入りの服を楽しもう!
  15. 骨盤が広い人の特徴や原因・改善方法:まとめ
引用: https://image.freepik.com/free-photo/girl-doing-exercises-for-muscles-of-back-on-training-apparatus_1163-3216.jpg
腰が狭いという人なら、お気に入りの服も着やすいだろう。骨盤が広いと感じる人なら、お気に入りの服を着るとどうしても太く見えてしまう下半身。人間の体、特に女性の体のつくりは、出産などの関係でもともと骨盤の作りが広い。骨盤が広いと、下半身が太りやすいと感じる人もおおいはずだ。しかし、下半身が太い原因は骨盤の広さだけではない。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/business-people-are-having-a-discussion_53876-16528.jpg
骨盤の調整と、姿勢などの調整によってスリムに見せることができる下半身。果たして、服を着た時に下半身が太く見えてしまう骨盤が広い人をスリムに見せるためのおすすめの改善方法には、どんなものがあるのだろうか。また、下半身が太く見えるのは、骨盤以外にどんな原因があるのだろうか。体をスリムに見せるための方法をチェックしよう!
引用: https://image.freepik.com/free-photo/closeup-of-beautiful-sporty-woman-buttocks_1262-3480.jpg
モデルの人など骨盤の狭い人は、下半身もスリムに見える。それとは逆に、下半身が太く見えてしまい、お気に入りの服も着られないと感じる人もいるのではないだろうか。生まれつきの骨盤の広さ原因で、下半身を太く見せていると思いがちだが、果たして本当にそうなのだろうか?

広い骨盤の原因はお尻(ヒップ)にあり?

引用: https://image.freepik.com/free-photo/angry-woman-shouting-and-holding-hands-on-hips_1262-14123.jpg
現代の生活でなかなか使われることのないお尻の筋肉。階段を上り下りしたり、しゃがんだり、スクワットをするときに使うお尻の筋肉。実は、広い骨盤に見えてしまう原因は、お尻の筋肉の弱さにある。お尻の筋肉が弱まることによって、お気に入りの服やタイトなスカートなどを楽しむことを妨げる原因となっている。逆にお尻に筋肉がしっかりついていれば、狭い腰を実現できる。

お尻の筋肉が弱まると・・・・

引用: https://image.freepik.com/free-photo/pain-in-the-hip-joint_1048-2342.jpg
お尻の筋肉が弱まる弊害として、「下の腹が前面に出る」「内側の太腿が外に出やすくなる」というものが挙げられるが、これらどちらともが広い骨盤に見えてしまう原因となる。幸いにも、これらの状態を改善するおすすめの方法がある。実践すれば、お気に入りの服も難なく着ることができるようになるだろう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/3d-female-medical-figure-with-hip-bone-highlighted_1048-7302.jpg
腰回りやお尻周りの筋肉が弱まることによって起きる広い印象の骨盤。
・座るときに脚をつねに組んでいる人
・内股やガニ股で歩く人
・歩き方や姿勢が悪い人
引用: https://image.freepik.com/free-photo/3d-male-figure-holding-hip-in-pain_1048-8027.jpg
こんな特徴を持っている人なら、下半身の筋肉が弱まっている可能性がある。それが原因となって起こるのが、「大転子」のズレ。

大転子とは

引用: https://i.pinimg.com/564x/6b/ea/34/6bea3441850c0e81fb1dce6736f22497.jpg
大転子 読み方:だいてんし 【英】:Trochanter major,Greater trochanter 大腿骨頚の上外側には大転子(中臀筋、小臀筋、梨状筋がつく)が突出している。転子とはハンドルのことで、その力学的な効用は、たとえば大転子につく中臀筋が大腿骨を外転させている。

引用: https://image.freepik.com/free-photo/3d-render-of-a-female-figure-holding-hip-in-pain-with-skeleton-highlighted_1048-6472.jpg
正しい姿勢や歩き方をせず、内股歩きなどの間違った歩き方を続けていると、大転子とよばれる、骨盤と大腿骨を繋げるハンドル部分の位置がずれてくる。それによって、大腿骨の位置がズレていき、それが原因で最終的にはo脚などの特徴のある足の形に変化を遂げる。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/3d-skeleton-leg-pain_1048-5256.jpg
通常、引っ張り合って成り立つ筋肉だが、内股歩きなどをするうちに、太腿の内側の筋肉よりも外側の筋肉が発達。そうなれば、太腿の骨は外側に引っ張られることになり、正しい姿勢や歩き方を保てなくなる。そして、太腿の内側にできたスペースに脂肪が付きはじめ、下半身が太ってしまう原因になるのだ。
引用: https://i.pinimg.com/564x/71/d3/2f/71d32fecbe14d0a5072005bcef536be3.jpg

骨盤が広く見られる人の特徴!

引用: https://image.freepik.com/free-photo/steamed-crabs_1387-222.jpg
骨盤よりも両足の太ももの方が広く見えてしまうのなら要注意。広い骨盤に見える、または下半身が太くなってしまう特徴としては、やはり歩き方や姿勢の悪さに尽きるだろう。ガニ股・内股で歩く癖がついてしまっているのが特徴として挙げられる。そのほか、姿勢の悪さも。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/beautiful-young-healthy-woman-on-home-scales_1301-7743.jpghttps://image.freepik.com/free-photo/beautiful-young-healthy-woman-on-home-scales_1301-7743.jpg
姿勢の悪さなどにより、また、お尻などの筋肉が弱くなることによって引っ張り合う下半身の筋肉のバランスがくずれてしまい、大転子と呼ばれるハンドルの役割をする骨のゆがみが発生。これにより下半身ににできたスペースに肪が付きやすくなる原因となってしまう。

関連記事

引用: http://detox-lab.info/wp-content/uploads/2015/06/0616_03.jpg
下半身の太さは、骨盤の広さなどとして捉えられがち。しかし、大転子の調整や、歩き方の矯正、姿勢を正す方法などで改善することが可能なのだ。お気に入りの服を着ることができる細い下半身、つまり「狭い骨盤」を実現するためにも、簡単なエクササイズを継続的に行い、理想の体を手に入れよう!
引用: https://image.freepik.com/free-photo/woman-applying-cream-on-legs_1301-6853.jpg
大転子は、ちょうど骨盤の外側を触ると感じることができるハンドルの役割をする部位。大腿骨の内転と外転を司っており、骨盤が広く見える原因となるところ。これを調整・矯正することにより、O脚の改善を目指す。それぞれ、あまり馴染みのない動きだと感じる人も多いかもしれない。無理のないストレッチを行うように心がけよう。

【大転子矯正】広い骨盤の特徴と原因を解消するおすすめ改善方法①:大転子矯正ストレッチ

大転子を調整・矯正するための簡単なストレッチ。日常的に行うことで、大転子の位置が調整されて、O脚の改善が期待できる。

【大転子矯正】広い骨盤の特徴と原因を解消するおすすめ改善方法②:大転子を内側に締めるエクササイズ

腕立ての状態で膝を立てて行う大転子の調整エクササイズ。脚を水平に保つことで、大転子がどの方向に向いているかもわかりやすく、大転子を締めやすいエクササイズだ。

【大転子矯正】広い骨盤の特徴と原因を解消するおすすめ改善方法③:O脚改善ストレッチ

自宅で簡単に行える大転子のストレッチ。座って行う方法と、立って行う方法の2種類がある。腰に手を当てれば、大転子の動きも直接伺うことが可能だ。

【大転子矯正】広い骨盤の特徴と原因を解消するおすすめ改善方法④:大転子を引っ込めるエクササイズ

O脚で出っ張ってしまった大転子を内側に引っ込めるためのエクササイズ。非常に簡単に行えるので、自分のペースで行うようにしよう。

【大転子矯正】広い骨盤の特徴と原因を解消するおすすめ改善方法⑤:大転子ストレッチ

こちらも非常に簡単に行うことができる大転子のストレッチ。自宅に限らず、空いた時間や空きスペースで行うことができるので、毎日行うように心がけたい。

関連記事

立ち方の姿勢が悪いことで、O脚はどんどん定着してしまう。それによって、下半身の骨盤より、両足の太ももが太くなる状態になってしまう。大転子の矯正やストレッチは有効だが、普段の立姿勢も大きく影響を及ぼす。まずは、立ち方の悪い例をチェック。O脚にならないための立ち姿勢をチェックしてみよう!

O脚になってしまう立ち姿勢・座り姿勢

【立ち姿勢】広い骨盤を解消して狭い骨盤に!①:O脚矯正の立ち方

大転子による大腿骨の内転を意識して行うO脚矯正の立ち方。地味ではあるが、日常的に行うことで効果が期待できるだろう。脚の内転の動きなどを意識するように心がけよう。

【立ち姿勢】広い骨盤を解消して狭い骨盤に!②:整体脚対策

生まれつき足の骨が歪んでしまっている人でも、ある程度の矯正が可能なO脚の立ち方のエクササイズ。骨の位置を確かめて、スクワットのように膝を曲げて矯正する。

【立ち姿勢】広い骨盤を解消して狭い骨盤に!③:簡単O脚自動調整

O脚や外反母趾の矯正に役立つ簡単調整方法。行う際は、太腿の内転と外転を意識して行うことで、より効果的にエクササイズを行うことができるだろう。

【立ち姿勢】広い骨盤を解消して狭い骨盤に!④:立つだけ1日4分O脚改善

毎日立ってエクササイズするだけでO脚改善が可能な立ち方エクササイズ。脚を開いて立つ、また、アキレス腱を伸ばすような形で立ち、O脚を改善を目指す。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRZIgmL1RHYgFBY7UsSzKM4h389Ctr3E86VWR-877Of8fZYtIYh
お互いに引っ張り合ってバランスを取っている体の筋肉。体の内側の筋肉と外側の筋肉のバランスが崩れることによって、体の姿勢が自然な状態から崩れてしまう。これらを解消するためのトレーニング・エクササイズをご紹介しよう。バランスの崩れた筋肉を元に戻して、狭い骨盤を実現して、お気に入りの服を着れるようになろう!

【トレーニング・エクササイズ】広い骨盤の特徴と原因を解消するおすすめ改善方法①:O脚改善エクササイズ

エクササイズによりO脚を改善するエクササイズ。膝を曲げたり、足の位置を調整するので、O脚のきついひとは最初は疲れるかもしれない。自分のペースで行ってみよう。

【トレーニング・エクササイズ】広い骨盤の特徴と原因を解消するおすすめ改善方法②:O脚改善ストレッチ

O脚改善の立ち方とエクササイズを組み合わせたストレッチ。しっかり深くストレッチを行うことによりO脚の改善を目指す。無理のないストレッチを行うように心がけよう。

【トレーニング・エクササイズ】広い骨盤の特徴と原因を解消するおすすめ改善方法③:内もも引き締めエクササイズ

内ももの筋肉を引き締めることで、筋肉のバランスを取って、大腿骨の位置を矯正するエクササイズ。簡単に行えるので、毎日できるように心がけたい。

【トレーニング・エクササイズ】広い骨盤の特徴と原因を解消するおすすめ改善方法④:O脚改善・美脚エクササイズ

O脚矯正と美脚を作るためのトレーニング。立って行うトレーニングとなる。足の動きと股関節の動き、呼吸を意識しながらゆっくりと行う。

歩き方を変えて狭い骨盤を!

何よりも日常的に使う足の筋肉。立ったり歩いたりを日常的に続けているので、もし悪い姿勢で続けると筋肉のバランスが歪んでしまいがち。そうならないように、正しい姿勢と歩き方をマスターしておきたい。均等に下半身の筋肉を使って、お気に入りの服を着られるようにエクササイズしてみよう!
体全体のバランスを取ることができるO脚の人におすすめの歩き方。体全体の使い方を正すことで、下半身に良い影響のある歩き方をマスターしよう。

狭い骨盤はあるきかたから!正しいフォームを身に着けよう

歩き方の基本的なフォームを解説する歩き方の正しいフォーム。姿勢と手の振り方、足の使い方をひとつづつ丁寧に意識して歩くように心がけよう。

自宅でできるトレーニングで狭い骨盤を!

O脚の人の歩き方の特徴をとらえて矯正する方法。1直線の線を引いて歩き方を矯正することで、O脚が改善する。自分の足の動きをしっかりとおさらいして改善しよう。

狭い骨盤でスリムに!O脚を治す歩き方の実践編

O脚改善の歩き方を解説するO脚を治す歩き方。脚の正しい動きと、歩くときの踵とつま先の使い方をチェックして、下半身が太って見える状況を改善しよう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/woman-applying-cream-on-legs_1301-6857.jpg
下半身が太いと悩む人も多いが、下半身の太さは必ずしも骨盤の大きさが原因ではない。歩き方や姿勢が原因で筋肉のバランスが崩れ、内もものスペースに脂肪が付くことで下半身が太くなる。重要な大転子の調整と、エクササイズ、普段の立ち方や歩き方を改善すれば、その解決策が見えてくる。広い骨盤を狭い骨盤に改善して、お気に入りの服を楽しもう!
いかがでしたか?今回は骨盤が広い、あるいは広く見られてしまうという方の解決になればと思います。骨盤が広くなる原因や広く見られてしまう原因は様々です。自分がどの特徴があるかを見極め、それにあった改善方法を実践してください。そうすれば誰でも狭い骨盤は手に入れることができます!あきらめずに挑戦してみてください!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/de/02/11/de0211a79a62c58f7cc1987ddb738bd2.jpg