Xlsborqqzfddrgmpvolf

CATEGORY | 車

車のホイール交換方法!自分でdiyする時の工具&注意点や工賃ご紹介!

2018.06.29

車を自分で扱えるようになるとより、車に対する愛着がわきます。今回取り上げるのは車のホイールの交換方法です。車のホイールの交換は工具と知識さえあれば自分で行うことも十分可能です。その注意点と頼んだ時の工賃などかかる値段など車のホイールの交換方法を紹介します。

  1. 車のホイール交換方法や値段は?自分でするとき工具や工賃、注意点もチェック!
  2. 自分で車を持つメリットを知っておこう①移動範囲
  3. 自分で車を持つメリットを知っておこう②荷物運ぶことができる
  4. 車のホイール交換方法や値段は?自分でするとき工具や工賃、注意点もチェック①もし、業者に頼むと?
  5. 車のホイール交換方法や値段は?自分でするとき工具や工賃、注意点もチェック②自分でDIYする場合
  6. 車のホイール交換方法や値段は?自分でするとき工具や工賃、注意点もチェック③具体的なDIY方法
  7. 車のホイール交換方法や値段は?自分でするとき工具や工賃、注意点と一緒に基礎知識もチェック!①強度
  8. 車のホイール交換方法や値段は?自分でするとき工具や工賃、注意点と一緒に基礎知識もチェック!②製造方法
  9. 車のホイール交換方法や値段は?自分でするとき工具や工賃、注意点と一緒に基礎知識もチェック!③鋳造ホイール
  10. 車のホイール交換方法や値段は?自分でするとき工具や工賃、注意点と一緒に基礎知識もチェック!④鍛造ホイール
  11. 基本的に車のホイール交換は自分で行うことができる!
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSpoAYsf9arj_Hb_ZPww55W7E6QeDHH7vTLSqNV6BooGkjD5MYa
車を持っているということは男性にとっては一つのステータスのような部分がありますよね。自分がかっこいい車に乗って、女性を迎えにいくというイメージはやっぱりかっこいい印象があります。そんな車を自分で扱えるようになるとより、車に対する愛着も変わってきますよね。今回取り上げていくのは車のホイールの交換方法についてです。車のホイールの交換方法は、業者でなければできないような印象がありますが、実際は自分で行うことも十分可能です。今回は、その注意点はかかる工賃などの紹介も含めて、車のホイールの交換方法について紹介していきます。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRjxQ0VjeXluaQjYviELZANjRlPhduGXTHs7YcitGsUgMxEdK_p
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTamjW61Tat_6HF8VfNBVbY0m9XkFLJlKkDnRBIgurfLHMyZ_1g8A
自分が生活している中で大事になるのが移動範囲ではないでしょうか。移動が範囲が広がると自分が訪れる行動範囲も広がりますよね。たとえば、女の子とデートをするときにいくことができる場所が変わりますよね。夜景を見に行くであったり、遠出をすることであったり、ウィンタースポーツをするときは、自分の車にボードを積んでいくことができたり、するの便利になりますよね。この移動範囲が広がることは、自分の時間を作ることにも¥なりますよね。そういった移動範囲のメリットはあります。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTI3uByutJzo4-r-SmrdtOILZNs4yEAOZ-Lo5qzdlT9Rtt0LxFmQw
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSwqqZby2x2rBqyEFtdlytwLbOFG9Gb_nOduqaw_bl7qvdi19YHrA
車を持っていると、移動をすることができる範囲が変わることももちろんですが、荷物を運ぶ手段としても使うことができます。普段の買い物においても、自分が購入するものを選択するは買い物の選択肢が増えますよね。また、引っ越しのような大きな荷物を運ぶときにも大きく役に立つのが車です。引っ越しの時は、冷蔵庫や洗濯機のような大きなものを運ぶことになりますよね。そんなときのことを考えると。車を持っていることは大きなメリットになりますよね。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRJzgvx95EuOYtECph-Lw7H97JRKNihLiLS-q3rO5ABjuBvIFJ_

関連記事

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTe8zr2Lg55DZkASHZCSjRUlrfJc_7sSfb1ehp86srKzgp84xqw
ホイール交換をもし、業者に頼んでやってもらうとすると、どれくらいの値段がかかるのか気になりますよね。業者に頼むことによるメリットは、クオリティが高いですし、安心して頼むことができるといったメリットがあります。まず、車用品店に頼む場合ですが、その場合はタイヤ1本1,080円が目安になっています。つまり4本になると、4320円になります。工賃は1000円になります。そして、ディーラーに頼むとどうなるのでしょうか?純正のホイールになると1本27000円にもなるそうです。工賃も3000円なので、車用品店と比べても高いことがわかりますよね。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQAjXbR4TiqXYTVhDzuFYIXTfSWuvny8PR8fE5FHlR31QOrcLfI
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRF-ag7rAxf2ADEGN0fOaMeDn5EGhRf6brHNgTyryZftQb-b6Gjcw
自分でDIYするとなると、かかる費用はホイールと、そのために必要な工具になります。自分で工具を持っている場合は、そこまで困ることはありませんが、持っていない場合は揃えないとならないことを覚えておきましょう。代表的に必要となる工具は、ジャッキとクロスレンチになります。クロスレンチは、ホイールのナットを緩める時に使います。そして、ジャッキは、車の車体を持ち上げるときに使う工具になります。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSIDgqUsPJTHQ7_DhTMnVHD6xOwceQwTN5U6ivF0riSnaquYq9nIA
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQTCioqXXmX-LjMVVD1z1fIi1wCg-Rqf3fyIU_3b28J7B_7nW85
自分でホイールの交換を行うとなると大変な気がしますよね。しかし、意外と簡単に行うことができるものです。では、具体的なホイールの交換方法についてチェックしてみましょう。まず、クロスレンチを使って、ホイールのナットを緩めていきます。そして、先ほども説明したジャッキを使って車体を持ち上げていきます。車体を持ち上げた状態で、もいーるのナットを完全に外し、タイヤを取り外して、新しいホイールと付け替えていきます。この作業を戻すと、完了します。しかし、注意点があります。それは、ホイールのナットを回しているときに、簡単に回らなかったり違和感を感じることがある場合は作業を止めるということです。ナットが噛んでいることがあるので、その場合は業者にお願いするようにしましょう。
引用: https://ibanavi.net/img/id/shop/1773/img_l.jpg

関連記事

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQTWBwahEhnHytt7Qq8AWnifTCLvEEdFyecQQSSqcKMqXlBsj_Y
車の中でも重要な強度の部分を担っているのがホイールになることをご存知でしょうか。このホイールがしっかりとしていることが、車においては重要で、最近ではアルミホイールを純正のものでも装着しているものが増えてきています。車においては、ばね下重量と呼ばれている、足回りを重要視されているので、こういった傾向が表れてきているんですよね。このばね下重量が軽減されるとどうなるのでしょうか?燃費が向上したり運動機能が向上するなど、大きな効果を示すといわれており、目安として1キロのばね下重量が減ると、15キロ軽減するといわれるくらい大きな効果を示します。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQ-MbAHowj07JZ-BxWVvZW17PGIgdrlqtuCXqM15y56XpS1unhaEA
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQ6h3Y0Vfj78Fnwyc7hMGnX1c798Gfun_YwDE4rCX-vwgO0BTLG
鋳造という作り方と、鍛造という作り方の2種類があるので、紹介していきましょう。まず鋳造については、ホイールの形にするのに、アルミニウム合金を流し込み、成型する方法になります。この鋳造のメリットは、デザイン性がよくなることと、コストパフォーマンスが高いことになります。そして、鍛造は軽合金を強い力でプレスすることでホイールの形を成型していきます。この方法のよいところは、強度が強くなることと、軽量化にもメリットを出すことができるところになります。次の章でもう少し詳しく見てみましょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSqQw0mgYu8PEOlLZVEkKaaXGlI9X2obEQ2HMT5Q7159TvXfv5y
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSUl01lXNOMjl_WItMnq6gLPCgE1JINLlgq8Rt6QGg8ngP7DnY2
鋳造ホイールは、アルミニウム合金を型に入れていき、冷やすことで成型をしていくことを紹介しました。これは、デザインを自由に作ることができるメリットがあるのです。鍛造になると、どうしてもデザインの制約が出てくるので、形状を自由に考えていきたいときには鋳造がおすすめです。しかし、デメリットもあります。それは、強度を保つためには厚みを出す必要があることです。そうなると、重量が重くなってしまうというデメリットが出てきます。こうしたデメリットもありますが、コストパフォーマンスの面から考えると、比較的、鋳造で作られているホイールが多くなっています。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRyy8yfjnip5kvZpyDMlxB97osrT-sKUBsspihloMul4aJIN77_
こちらの鍛造は軽合金を高圧プレスにより、成型することを紹介しました。生産するのに手間がかかり、またデザインの自由度が少ないことがデメリットとして挙げられます。しかし、鋳造と比較すると、軽量に作ることができることが大きなメリットではないでしょうか。引っ張り強度が強く曲げ強度が弱いという傾向はありますが、鍛造ホイールは鍛造ホイールでメリットがあります。
引用: https://with-car.com/wp-content/uploads/2017/04/12873fe10473911ca22a54efd8bc5039.jpg
車のホイール交換と、車を持っているメリット・デメリットについて紹介してきました。車のホイール交換は比較的簡単に行うことができることがわかったのではないでしょうか。ホイール交換はディーラーにお願いすると、かなりの工賃や値段がかかってしまうこともわかりました。安心してプロに任せたい場合は、それでもよいでしょうが、できる限り費用は抑えていきたいものですよね。今回紹介したホイール交換は比較的簡単に行うことができるものだと思うので、ぜひ、トライしてみてください。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSqJj5nicOqOUuWOT7MiwuXTLpuKDTXbdJgaeLzFDgQuzy0VlfQyQ
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSIGxGDa2HGIMxtX98wB-q-xlvpWcRPDoeiARRB23USpkBqFgEQVw