S97dubg5r8deekuwadvg

バイク

CATEGORY | バイク

バイクの荷物の積載方法!ネットやフック・ベルトでしっかり固定!

2018.08.02

バイクで荷物を積んで走る時はどのように固定するのか迷いませんか?バイクに荷物を積んで走る時は固定するためのネットやベルトで積載して走行しますがベルトでフックで引っ掛けたりして積む方法など知らない方もいるでしょう。バイクで荷物を積載する方法をご紹介します。

  1. バイクで荷物を積載する方法
  2. バイクで荷物を積載する方法【リアボックス】
  3. バイクで荷物を積載する方法【サイドパニアケース】
  4. バイクで荷物を積載する方法【サイドバック】
  5. バイクで荷物を積載する方法【サイドバックを選ぶ時の注意点】
  6. バイクで荷物を積載する方法【シートバック】
  7. バイクで荷物を積載する方法【ネット】
  8. バイクで荷物を積載する方法【タンクバック】
  9. バイクで荷物積むときの注意点
  10. バイクで荷物を積載する方法【まとめ】
Atu3qt5cjc439k8smmdm
引用: http://hiyokko-dot-blog.com/motorcycle/how-to-load...
Cakufws8jmntrkx38vr4
引用: http://www.touringtalk.com/column_tool/11/
バイクでツーリングするときなどで遠距離の場合はそれなりに荷物がいりますよね。その時はバイクにどのように荷物を積めばいいでしょうか?荷物の積み方次第で持っていける量も全く違ってきます。大型バイクになればなるほど積載量が多く詰めるので有利ですが運転技術も荷物が多くなってくると左右してきます。運転がまだ未熟な方はの持つは出来る限り少量で控え気味で行きましょう。特に高速道路に乗る場合は荷物を積んでいると運転技術が未熟な方は危険を伴うこともあります。荷物んお積載量が多いとそれだけバランス感覚も必要になってきます。それでは荷物の載せ方はどのようにすればいいのか見ていきましょう。

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61vLbI8tq-L._SY355_.jpg
引用: https://img.webike.net/photo/impression/4e/4eb1c0e9df48334c9e4c0bfc6521a1f5L.jpg
バイクで荷物を積載するにはリアボックスが一番安定して運転できますね。固定されているボックスに荷物を入れるだけで重みは感じますが偏りにくいため荷物も固定された感じで運べます。リアボックスは標準装備されているものもありますがリアボックスもしっかり固定されているか確認しましょう。リアボックスに荷物を積載しすぎたらバランスがとりにくくなるため耐荷重以上の荷物は載せないようにしましょう。初心者の方もリアボックスがの持つ積載は一番のおすすめです。取り付けには専用のリアキャリアで固定する必要がありますので手間がかかってもきっちりと固定しましょう。
引用: http://img.bikebros.co.jp/com_images/crp_img/img/56/61/14835_cccaf52477bb26cf105d45c999e82d0b.jpg
引用: http://superster-pohto.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2013/07/08/p10101811.jpg
次に荷物積載に便利なアイテムはサイドパニアケースです。サイドパニアケースの場合は左右のサイドに固定して取り付けられるため積載量が増やせます。バイクの車種にもよりますがケースとデザインが合うものが多いです。サイドパニアケースの場合は固定する際に専用のフレームが必要なため取り付け工賃など含めると高額になります。また車幅が増えるため狭い道の走行時はサイドパニアケースを付けていることを忘れていると擦ったりしてしまうため注意が必要です。デメリットもありますが積載量が増えて左右にバランスよく荷物を詰め込むと運転にも支障が無いなどのメリットもたくさんあります。お好みに合わせて利用してみてください。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/tatti4/imgs/9/8/988597af.jpg
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/n/degner-jp_sb55db
次にご紹介する荷物積載に便利なアイテムはサイドバックです。サイドバックはサイドパニアケースと違って脱着が簡単で両サイドに荷物の積載ができるため便利です。また脱着が簡単で色々なバイクへの取り付けもできるため互換性があります。ただ、サイドパニアケースに比べると防水性能が乏しく重量物を入れるには不向きのようです。防水性能はありとはなっているが生活防水程度ですので無いに等しいと考えて購入した方がいいでしょう。一応防水カバーもあるようです。荷物をフックやベルトを使って固定する時代で育ってきた僕らには今の技術、アイデアは想像をはるかに超える進み具合ですね。
Zyvmvfa50wkbfy7qhdez
引用: http://www.bikejin.jp/camp-780/
Lamg6kfprh67bsv4pamn
引用: https://my-best.com/5128
サイドバックを選ぶ時の注意点はまずバイクのに一般的に固定するどバックですがパニアケースに比べると強度もあまり強いものではないので重量制限をされているものに比べると良いかもですね。サイドバックは脱着は簡単ですがサイドバックを選ぶ時には色々と考えてしまいますよね。サイドバックでなくベルトとフックで固定するだけでしてみようかとかベルトフックした後にネット掛けをすればいいとか考えはありますよね。また、バイクがかっこよくみえなくはなりますが安全面ではやはりサイドバックやサイドパニアケースなどを取り付けることをお勧めします。
引用: http://image.rakuten.co.jp/degner/cabinet/nb/imgrc0063935594.jpg
M9e2aur5yaf0rzji27v7
引用: http://baico.jp/lb-08938
次にご紹介する荷物積載に便利なアイテムはシートバックです。シートバックは大きさでざいんが多種多様です。また最大のメリットは大容量の荷物を運べることです。安くて性能がいいため人気のアイテムですね。また大容量でも行けますがこのシートバックは荷物が少ない時と多い時でだいぶんバランスも変わってきます。シートバックは可変式のため少量でも固定が可能で便利なアイテムです。しかし大きい荷物を入れたりするとバイクに乗る時に邪魔になりますね。また防水機能は生活防水ぐらいンお機能はあるかと思いきや全く防水性能はありません。
引用: http://www.bikebros.co.jp/vb_img/goods/gimpre/img/128/main680.jpg
Ifffv8fi3r0im2qlnykp
引用: https://imp.webike.net/article/122976/
バイクで荷物を積載するアイテムで次にご紹介するアイテムはネットです。ネットはフックをひっかけるだけですのでバランスも悪く危険なこともあります。ネットはフックが6か所から8か所付いているものが多くあり、フックで固定がきっちりできなければベルトなどで補助的な固定も必要になってきます。ネットの固定がフックだけというところが運転中にも不安になりますね。バイクの荷台にネットでかぶせるだけの固定ですので積載量も少なくあまり高速では走れないため実用性には乏しいですね。まだまだ工夫が必要なアイテムですね。ネットは自転車に乗っている方が良く使われていたのを見かけましたが自転車でもフックが外れることがあるようですね。
引用: https://shop.r10s.jp/degner/cabinet/02244268/nb-15a-rd-thm_02.jpg
引用: http://morizo-frc.up.n.seesaa.net/morizo-frc/image/2015-04-252011.43.56.jpg?d=a1
次にご紹介する荷物積載に便利なアイテムはタンクバックです。タンクバックの良いところはバイクから降りなくても荷物の出し入れができる便利なアイテムです。すぐに使いたいものはすぐに出せますね。また地図や携帯を 入れるのにも便利でしたね。デメリットといえば色々と干渉しやすい。やはりこれが一番の欠点でもある容量が少ないため荷物積載量が少ない。ハンドルに干渉することもあるため少しの荷物を運ぶ以外ではあまり向いてはいないようですね。どちらかといえば近距離ツーリング向けとなっているそうです。
Zfihvz1f5mt4pghn0uqd
引用: http://3cars3.kaoridondon.net/touring-bike-pop-up-...
引用: http://livedoor.blogimg.jp/kinoshita_yasuki/imgs/0/9/0908f3f6.jpg
バイクに荷物を積載する時の注意点はまずは荷物の重量のバランスです。荷物の重量が重くて適当に積んでいると運転中にバランスを崩してフラツキの原因となることもありますね。荷物の重量が重いとやはり左右にふらついたりもすることが稀にありますので運転には注意が必要です。また荷物を積載する場所によっては狭い道路などはとおりにくくなってしまいます。特にサイドバックなど横に付ける時は注意が必要です。また積み込みができるからと言って無理に詰め込み過ぎると転んだ時に恥ずかしい思いをすることも良くある話です。バイクで荷物を積載する時には必要最低限でおさえるように運営していきましょう。

関連記事

バイクで荷物を積載するには昔のイメージでは荷台にベルトをかけて固定するイメージが強いですが今ではパニアケースやサイドバックのような便利な物が多数でています。また荷台の固定にネットで固定する方法は高速道路とかでは危険ですのできちんとしたアイテムで固定、積載するようにしましょう。また、安全面を重視して荷物が入るだけ詰め込むのも危険です。荷物を乗せると高速道路では落とす危険性もあります。公道で荷物を落とした場合アh落とした人の責任です。ですので荷物を積載するのならきっちりとしたパニアケースやサイドバックなどをバイク本体に取り付けてから荷物は積載するようにしましょう。一番事故の原因となるのが荷物の落下と自身が運転している時のバランスを崩した事故が最も多く危険ですので荷物の積載には安全面重視で慎重になりましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1526225253/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cDovL3dhbmRlcmluZ2xpZmU1NS5jb20vd3AtY29udGVudC91cGxvYWRzLzIwMTcvMDQvYmlrZV9zZWtpc2FpLmpwZw--/RS=%5EADBdMHDn6iuMuQFeLxY_Kfpn80dw68-;_ylt=A2RCMZHlB_dariQAe0SU3uV7