N82sxr5gkzqihf25ho9r

なぜ

CATEGORY | なぜ

夜眠れない?理由は昼寝?毎日の過ごし方改善のために出来ることは?

2018.05.04

夜なのに眠れないと次の日のことを考えてしまい悪循環に陥ります。眠れない原因には昼寝を含めて色々あると思いますが、実際にはどういった改善方法があるのでしょうか。今回は夜眠れない人に向けて毎日の過ごし方の中でも眠りを導入しやすくなる方法を紹介します。

  1. なぜ夜眠れないのか?理由は昼寝?毎日の過ごし方でできることを紹介
  2. 毎日の過ごし方に昼寝は夜眠れない理由の1つ!時間を決めて少しにしよう
  3. なぜ眠れない?夜眠れない理由とは?改善のための毎日の過ごし方「寝る前にはリラックスした状態に」
  4. 昼寝が理由じゃない?なぜ夜眠れないのか?毎日の過ごし方でできること「食事は睡眠の4時間前には済ませよう」
  5. 昼寝が理由じゃない?なぜ夜眠れないのか?毎日の過ごし方でできること「明かりはほぼゼロに」
  6. 昼寝が理由じゃない?なぜ夜眠れないのか?毎日の過ごし方でできること「リラクゼーションBGMを聴こう」
  7. 昼寝が理由じゃない?なぜ夜眠れないのか?毎日の過ごし方「マインドフルネス瞑想をする」
  8. 昼寝が理由じゃない?なぜ夜眠れないのか?毎日の過ごし方「睡眠の1時間より前にストレッチしてみる」
  9. 昼寝が理由じゃない?なぜ夜眠れないのか?毎日の過ごし方「夜更かししない」
  10. 昼寝が理由じゃない?なぜ夜眠れないのか?毎日の過ごし方「寝間着を用意する」
  11. 眠れない理由は昼寝以外にあるかも?毎日の過ごし方を改善して夜の眠りを良くしよう
Pnabfljkc2d45kigu6qm
引用: https://www.instagram.com/p/BiRxh9ZF281/?tagged=%E6%98%BC%E5%AF%9D
毎日の睡眠は人間ならば必ず必要となる時間。そんな大切な睡眠ですが、なぜか寝付くことが出来ずに無駄な時間が過ぎていってしまったという経験は誰にでもあると思います。
しかし寝なければ次の日の仕事や学校に響くため寝なければなりません。それでもなぜか寝れないと今度は焦りが募り始め、次の日は結局寝不足で仕事や学校に集中できないといった結果となってしまいます。
なぜか睡眠が取れなくても睡眠自体は脳の疲労回復から体の成長などにも影響するため必須です。今回はそんな睡眠について寝れない理由や昼寝の関係、改善するための毎日の過ごし方などを紹介していきます。
お昼寝は眠たくなればついついしたくなるものですが、気を付けなければならないのが昼寝時間です。昼寝時間は場合によっては1時間になったり数時間に及んでしまうといった場合もあるもの。
そうなってしまった場合はもはや夜には寝れない理由として明らかになるため注意が必要です。もしも眠たくなったときは15分から30分程度のお昼寝になるようにアラームをかけてお昼寝するなどしてください。

昼食後の短時間のお昼寝はおすすめ

昼食後に必ずといっていいほどあるのが眠気です。食事の後は眠気を発生するのが人間の体の構造上仕方のないことなため避けるのは難しくなります。
こんなときは食事をさっさと済ませて短時間のお昼寝タイムに入ることをおすすめします。これにより昼食後の仕事や学校をリフレッシュした気持ちで取り組めるほか眠気を抑えることもできます。

夕方以降の昼寝は寝れない理由になるのでNG

夕方以降や仕事帰りについついお昼寝をしてしまうというパターンはありがちですが、夜に寝れない理由の1つです。0時ころには寝るという方は夕方以降は眠くても我慢するようにしましょう。
睡眠前にはなるべくリラックスした状態にすることで眠りを快適に促進させることができます。人間には交感神経と副交感神経があるのですが、眠る時に働くのは副交感神経と言われています。
そしてこの副交感神経はリラックスすることで働くのですが、興奮していたり脳を活発に使っていたりすると交感神経が働いて逆に眠ることができない状態へと陥ります。
これを解決するにはリラックスすることで副交感神経を働かせる必要があるので落ち着かなければなりません。
リラックスするためにはどうすればいいかと言えば、スマホを練る前にはいじらない、音楽がリラクゼーション以外聴かない、明かりを薄暗くするか消してしまうといったものが挙げられます。
リラックスする時間は大体1時間前から始めることで寝るころには体も睡眠モードに入るため睡眠の1時間ほど前にはあまり何もせず、落ち着くようにしてください。
食事の内容や消化器官の働きにより人によって違いはありますが、食事は睡眠に入る4時間前には済ませておくことが睡眠導入に役に立ちます。
食事をした場合胃や腸が活発に働くことになるのですが、これは睡眠にも影響を大きく与えることで眠りを妨げることになります。
このとき食事後の胃や腸が活発になる時間はだいたい4時間ほどあれば収まり、それ以降眠りやすい状態となるため4時間前には済ませておこうということになります。
また睡眠前の食事に関しては睡眠を妨げるだけでなく本来成長のために消費されるカロリーなどが胃や腸に使われてしまうため太る原因などにもなってしまいます。
Wospi2thf4pnbmrnvoam
引用: https://www.instagram.com/p/BiRf18JlQkx/?tagged=%E9%A3%9F%E4%BA%8B
体も睡眠も悪い状態をもたらしますので食事はお早めに済ませておきましょう。
夜寝れない理由に明るい環境があります。人によっては明かりがないと寝られないという方もいますが、そうでない方は明かりをほとんどなくすようにしてください。
明かりは眠りの妨げになってしまいます。このとき小さな明かりも目に入らないように心がけるとうまく睡眠に入ることも出来ます。
例えばパソコンの電源や何かしらの家電製品の電源などほんの些細な明かりを見たことはないでしょうか?そういった光は小さく見えて真っ暗にすると案外目立ちます。
寝れないときはなおさらほんの小さな明かりでも脳に刺激が入り寝れ亡くなるという悪循環が起こるため、そういったものも含めて見えないようにするのがポイントです。
Zym3jf4xbqn0i1kqqwud
引用: https://www.instagram.com/p/BiR4gV0HCA4/?tagged=%E3%83%AA%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%BC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3
夜寝れないときはリラクゼーションBGMを聴くのも睡眠導入の1つの手です。睡眠導入のリラクゼーションBGMなんて持ってないという方でも現代ならYoutubeなどにたくさん関連音楽は存在しています。
音があったら逆に寝れないという方もいるかもしれないですが、一度リラクゼーションBGMを聞いてみて眠れないか試してみてはいかがでしょうか。
Ly5id4oqyhxhjeobefu3
引用: https://www.instagram.com/p/BhSnJY1FZBs/?tagged=%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%B9%E7%9E%91%E6%83%B3
瞑想ならなんでもいいと思いますが、マインドフルネス瞑想をすれば睡眠しやすくなるだけでなく人間関係の向上や雑念を取り去ることで集中力アップにつなげられます。
マインドフルネス瞑想は近年企業などでも取り入れられるようになったりテレビで紹介されるなどしているため今から瞑想するなら試す価値ありです。

関連記事

このサイトでもマインドフルネス瞑想のやり方は書いていますのでぜひお試しください。
毎日の疲れが原因で寝れない場合ストレッチをすることで血流を改善させて安眠を促進したりも出来ます。ただしストレッチをする場合は睡眠の1時間前にはしておかなければなりません。
というのもストレッチ後は体が温まり逆に寝れない状態となっています。そこから体温が下がって眠りやすくなるのは1時間ほどかかるため、睡眠の直後には逆に寝れないのです。
ストレッチをするなら睡眠の1時間前には済ませ、ちょうど体温が下がり始める時間に合わせて寝るようにしてください。
Nvkzzdlnf0bydfzfgvwl
引用: https://www.instagram.com/p/BiRoxi4HY_M/?tagged=%E5%A4%9C%E6%9B%B4%E3%81%8B%E3%81%97
夜更かしは体内リズムを狂わせて眠れなくする原因です。特に眠いはずなのに夜更かししたらなぜか寝れ亡くなってしまった・・・なんて経験がある方もいるのではないでしょうか。
このように夜更かしは体に毒でしかありませんので避けるようにしてください。毎日決まった時間に起きて決まった時間に寝るというリズムを乱さないことが眠りをうまく取り入れる方法です。
普段寝るときの格好がいつも外出しているときに着る洋服だったりする方は寝間着を用意してみると睡眠をうまく取れるかもしれません。
その際に選ぶべき寝間着は体に余裕のあるサイズで伸縮性が高いものがおすすめです。ゆとりのある洋服がゆるく体を包むことで睡眠も普段以上に捗ることがわかります。

関連記事

夜眠れないといった方のためにお昼寝に関する注意事項や眠りを導入しやすくする毎日の過ごし方の改善点などを紹介させていただきました。これを機に色々と試してみることで睡眠をより快適に出来るようにしましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BiOjG5-BVX8/?tagged=%E7%9D%A1%E7%9C%A0