Tmqtytnbqosl6adxtct5

趣味

CATEGORY | 趣味

深い睡眠の方法!短時間でも疲れを取ることができる快眠の方法とは?

2018.04.22

世界で最もよく働く人が多いと言われる日本。特に近年は24時間営業など仕事の方法も多様化したことで勤勉さに拍車がかかり、睡眠時間を削って働く人が多くなっているようです。疲れを取るのに必要な睡眠時間の確保、短時間でも深い睡眠で快眠する方法を取らないと危険です!

目次

  1. 睡眠時間が短いとされる日本
  2. 短時間でも深い睡眠をとると快眠に繋がる
  3. 深い睡眠の方法に必要な物質➀セロトニン
  4. 深い睡眠の方法に必要な物質➁メラトニン
  5. 短時間睡眠でも疲れを取る快眠方法①ぬるめのお湯につかろう
  6. 短時間睡眠でも疲れを取る快眠方法➁香りで全身をリラックス
  7. 短時間睡眠でも疲れを取る快眠方法➂部屋の灯り
  8. 短時間睡眠でも疲れを取る快眠方法➃音楽をかけて寝る
  9. 短時間睡眠でも疲れを取る快眠方法⑤トリプトファンを含む食べ物を摂取
  10. 短時間睡眠でも疲れを取る快眠方法➅ストレッチで手軽にリラックス
  11. 深い睡眠の方法でNGなこと➀寝る前のブルーライトは厳禁
  12. 深い睡眠の方法でNGなこと➁お酒の効果で快眠に繋げる
  13. 短時間でも快眠の方法を身につけて疲れを取ろう
C85c49d1bb3de74f55a6d809fd5babc9
引用: https://i.pinimg.com/564x/c8/5c/49/c85c49d1bb3de74f55a6d809fd5babc9.jpg

まずは、日本の睡眠時間から入っていきたいと思います。2014年のものになりますが、経済協力開発機構(OECD)によって世界29カ国の15~64歳の国民平均睡眠時間を調査したデータによると、日本は28番目の7時間43分と低い数字となっています。アメリカを始めとした先進国と比べると1時間も少ないのです。

44f0c35f6aa78e9ca1f43bf1a16da11a
引用: https://i.pinimg.com/564x/44/f0/c3/44f0c35f6aa78e9ca1f43bf1a16da11a.jpg

また、これは2014年のデータで4年後の現在はもっと睡眠時間が少なくなったと言われており、働き過ぎて体調を崩す方、最悪死に至るケースも見受けられます。

2bfc0c9755f90cce5d4807808315484f
引用: https://i.pinimg.com/564x/2b/fc/0c/2bfc0c9755f90cce5d4807808315484f.jpg

コンビニエンスストアの24時間営業、資金不足から一人当たりの仕事量が激増することで帰宅してからも仕事をする必要があるなどで、睡眠時間がないに等しい方がいるのも事実です。

9fc3491c0ecf3aa0d826826b24f26218
引用: https://i.pinimg.com/564x/9f/c3/49/9fc3491c0ecf3aa0d826826b24f26218.jpg

関連記事

Fb97fbbfba26d74d1d5ec38212666ffc
引用: https://i.pinimg.com/564x/fb/97/fb/fb97fbbfba26d74d1d5ec38212666ffc.jpg

理想の睡眠時間は7、8時間と言われていますが、確保したから必ず疲れがとれるとは限りません。短時間でも深い睡眠を実践することで少しでも疲れを取ることができる方法が存在します。まずは、それに必要な情報から見ていきましょう。

9ff8d3c21afd0b886927066995fab52a
引用: https://i.pinimg.com/564x/9f/f8/d3/9ff8d3c21afd0b886927066995fab52a.jpg

セロトニンとはストレスの溜まった体を落ち着かせる物質になり、不足すると食欲の減退、寝つきの悪さ、キレやすくなるなど数々のデメリットを引き起こします。このセロトニンは体内においてそのほとんどが腸に存在しており、他は血液の中や脳といったところにあるようです。必須アミノ酸であるトリプトファンを吸収することでセロトニンが生成されます。

87abaff7fc88b72ad8bc0623c14ae28d
引用: https://i.pinimg.com/564x/87/ab/af/87abaff7fc88b72ad8bc0623c14ae28d.jpg

先ほど説明したセロトニンは深い睡眠に必要なメラトニンの原料になります。どういうことかと言うと、太陽の光を浴びることでセロトニンが分泌され、それが睡眠ホルモンと言われるメラトニンの原動力となるのです。セロトニンとメラトニンはセットのような関係になり、しっかり分泌させることで体内時計を正し、自律神経を整えるなど規則正しい生活を送る上で欠かせない物質になります。

では、次からはそれら物質の分泌を促す方法を紹介していきます。

3b25172fc5313f7b71c6d4cb2ad8eb24
引用: https://i.pinimg.com/564x/3b/25/17/3b25172fc5313f7b71c6d4cb2ad8eb24.jpg
1 / 4