Rrmx7xzctsoxsszgfevx

ヘアスタイル

CATEGORY | ヘアスタイル

アップバングのやり方!メンズのセット方法のポイントはドライヤー?

2018.04.28

アップバングはメンズの間でも人気のヘアスタイルのひとつ。やり方もそれほど難しくはない。しかし、くせ毛など人それぞれ髪の質も違ってくるので、ヘアアイロンやドライヤーを駆使してスタイリングしたい。メンズアップバングのやり方やポイントをご紹介しよう!

  1. 髪質によってやり方も違う!アップバングの正しいやり方とは?
  2. ベリーショートからミディアムまで。重宝するアップバングとはどんな髪形?
  3. くせ毛のひとはアイロンやドライヤーを駆使!アップバングの作り方とは?
  4. くせ毛を補正。メンズアップバングを作るときのブローのやり方その1:髪の毛をシャワーで濡らす
  5. くせ毛を補正。メンズアップバングを作るときのブローのやり方その2:タオル等で髪の毛を乾かす
  6. くせ毛を補正。メンズアップバングを作るときのブローのやり方その3:ドライヤーで髪を乾かし、形を作る
  7. くせ毛を補正。メンズアップバングを作るときのブローのやり方その4:ドライヤーで完成形を想像しながら髪を整えていく
  8. 整髪料とヘアアイロンを駆使しよう。アップバングのやり方その1:手にワックスやジェルを取る
  9. 整髪料とヘアアイロンを駆使しよう。アップバングのやり方その2:ワックスやジェルをつけていくコツ
  10. 整髪料とヘアアイロンを駆使しよう。アップバングのやり方その3:仕上げはスプレーで固める
  11. メンズアップバングに最適のワックスをご紹介!
  12. アップバングにお勧めのワックスその1:ファイバータイプのワックス
  13. アップバングにお勧めのワックスその2:マットタイプのワックス
  14. アップバングにお勧めのワックスその3:クリームタイプのワックス
  15. メンズに人気のアップバングスタイルをマスターして、クールなヘアスタイルを実現しよう。
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/12/61/B010621261/B010621261_271-361.jpg
メンズの間で人気のアップバングスタイル。スーツを着たフォーマルなスタイルにも合い、デキる男を演出できる。また、休日のデートなど、カジュアルシーンにも対応できるおしゃれな髪形。スタイルを選ばないポイントでも人気だが、人それぞれ髪質が違ってくるので、自分なりのテイストの違うアップバングを作る事も出来る。
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/23/73/B014902373/B014902373_271-361.jpg
しかし、朝に作り上げたアップバングは、時間が経てば崩れやすいデメリットも考えられる。1日中崩れないアップバングスタイルはどのように作ればいいのだろうか?また、ヘアアイロンやドライヤーをどのように駆使すればいいのだろうか?アップバングの作り方の手順やポイントも含めてご紹介しよう!

関連記事

引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/60/91/B023796091/B023796091_271-361.jpg
そもそもアップバングとはどういった髪型かというと、前髪(bangs)をあげた(up)ヘアスタイルのことです。そのアップバングは、アレンジ次第で似合う似合わないの顔の形を選ばず、幅広い年齢層から支持を受けていて、女子ウケも抜群です。前髪を立てればアップバングなのでいろいろなアップバングがあります。

引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/85/82/B022448582/B022448582_271-361.jpg
髪の長さでもいろいろなアレンジが可能なアップバング。特徴はやはりその男らしさを演出できること。爽快感とすっきりした髪形になるので、清潔感も演出することも可能。いろんなスタイルと相性がいい理由は、男性らしい髪形であることがその一つだろう。朝の乱れた髪型を直すついでに、かっこいいアップバングスタイルを作ろう!
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/93/63/B006789363/B006789363_271-361.jpg
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/57/41/B008815741/B008815741_271-361.jpg
クールなアップバングを作るなら、長持ちしてしっかりしたアップバングを作りたい。ところが、しっかり髪形を作りたいがゆえにワックスやジェルを使い過ぎると、髪形が崩れやすいのが髪の毛の特徴。長持ちするアップバングを作るには、どういった手順を踏めばいいのだろうか?アップバングをつくる手順をチェックしてみよう。
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/45/80/B014304580/B014304580_271-361.jpg
アップバングの基本は、ドライヤーを使ったブローにある。ブロー次第できれいなアップバングを作ることが可能だ。まず最初に、基本となるブローの方法をおさらいしてみよう。これができれば、アップバングスタイルを容易に作ることが可能だ。
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/09/71/B011040971/B011040971_271-361.jpg
メンズアップバングの最初の手順は、髪の毛を根元から濡らしてしまう事。これにより、寝ぐせや髪の毛の癖をリセットしてしまおう。シャワーで完全に濡らしてしまうか、洗面所にて髪を水で濡らそう。髪のクセがリセットできたら、次は髪の毛を乾かそう。
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/78/86/B032607886/B032607886_271-361.jpg
バスタオルなどで濡れた髪の毛の水分をふき取る。このとき、タオルで8割から9割ほど髪の毛の水分をふき取ってしまおう。こうすることで、ドライヤーで乾かしながら形を作りやすくなる。また、スタイリングの時間短縮にもつながるので、しっかり水分を取ってしまおう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/hair-dryer-on-white-background_23-2147711548.jpg
乾いた髪の毛を、ドライヤーでさらにドライにしていく。この際の手順としては、トップと前髪は上から下に乾かし、その後左右からブローすることで癖をなおすことができる。そしてサイドは髪を手で押さえながら乾かしていく。ショートヘアなら、後頭部の髪は下から上にブローをして乾かしていこう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/hairdresser-styling-hair-of-anonymous-customer_23-2147778797.jpg
全体がドライになってきたら、前髪は立てるようにブローを行い、完成形の髪形を想像しながら、冷風を使ってブローの段階である程度の形を作ってしまおう。そうすることで、ワックスやジェルで形を作った時にアップバングを形成し易い。もし、くせ毛が目立つようであれば、ヘアアイロンを駆使して、理想の髪形を形作ろう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41ilU2PVHwL._SX425_.jpg
ブローで作り上げたアップバングを作り上げる段階。手にワックスやジェルを取り、伸ばして全体になじませていく。この時のコツは、ワックスやジェルを付けすぎない事。髪を立たせたいのなら、ワックスなどを多めにつけてしまいがちだが、それとは逆に少量の整髪料で対応しよう。
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/G/09/detail/review/hpc_pmfw_ap01.jpg
ワックスやジェルをつける際は、先ずは後頭部から空気を含ませながらスタイリングしていこう。そして前髪と頭頂部もスタイリングしてく。コツとしては、空気を含ませるようにセットしていくこと。また、根元から整髪料をつけて、髪が立つようにセットしていこう。サイドは寝かせることで、トップと前髪が際立つ。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31VmIhKcnxL._SX425_.jpg
全体のスタイリングが完了したら、次は全体が型崩れしないようにスプレーを当てていく。スプレーは、少し話した場所から全体をかためていく。また、前髪も根元へ軽くスプレーしておくと、あとで型崩れしにくい。もし、髪の毛が長くてセットしにくい、またはバランスが悪くなってしまう場合は、ヘアアイロンでセットしてしまう方法もある。
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/G/09/detail/review/hpc_terracuore_TCH010_limone_naturalwax_ap02.jpg
ベリーショートからミディアムまで、重宝するアップバングのヘアスタイル。くせ毛の人も、しっかりスタイリングを行いたいなら、どのワックスを使用するかも大切なポイント。髪の質や長さにあわせて使える、アップバングに最適なヘアワックスを一部ご紹介しよう!
引用: https://shopping.dmkt-sp.jp/images/item/001/4902/4989793929902_large.jpg
ライジングウェーブ フレグランスファイバーワックス ライトブルー 90g
価格 ¥ 921
ファイバータイプのワックスは、手に取った時に繊維のような見た目と動きを見せてくれる。髪の固い人やクセの強い人に最適なのが、このファイバータイプ。髪をしっかりセットしてくれる反面、付けすぎると重くなり、アップバングが崩れやすくなる恐れもあるので、量の調整が必要だ。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51rJxS2h-4L._SX425_.jpg
MUGA ウルトラマットワックス 85g
価格 ¥ 836
マットタイプのワックスは水分をあまり含まないタイプなので、髪が少ない人や、ベリーショートで短い人におすすめだが、毛が多い人には向いていないと言えるワックス。ドライで軽い、空気を含んだ髪の毛のスタイルにはもってこいのアイテムだ。こちらはドライだが、乾ききった成分が粉になってしまうのを避けるために、付けすぎには注意したい所。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41YpjTxl3JL.jpg
スパイス ソフトワックス 100g
価格 ¥ 1,254
クリームタイプのワックスは、伸びが良くホールド力もあり、ファイバーとマットのワックスに比べれば扱いやすいワックスと言えるだろう。髪の毛が少し長めの人や、初心者の人には使いやすいワックスとなるだろう。やはり、重たくなってしまうと髪形が崩れるので、付けすぎには注意しよう。

関連記事

引用: https://imgbp.hotp.jp/IMGDB_HD/28/61/B022812861/B022812861_271-361.jpg
アップバングスタイルは、シーンを問わず男らしくて清潔感のある髪形を実現してくれる。また、爽快感もあるので、ビジネスシーンでも違和感なく溶け込んでくれる。そんなアップバングスタイルは、ブロー次第で崩れにくいスタイルを作ることが可能だ。アップバングスタイルをマスターして、クールなヘアスタイルを実現しよう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://imgbp.hotp.jp/CSP/IMG_SRC/98/67/B015009867/B015009867_154-205.jpg