Iembzwnkjyrwbyxo2is5

カロリー

CATEGORY | カロリー

ジョギングとウォーキングの消費カロリーは?交互にやると効果的?

2018.04.19

ジョギングやウォーキングは簡単に行いやすい運動ですが、交互にやると効果的なのをご存知ですか?ジョギングやウォーキングはそれぞれ消費カロリーが違うのですが、交互にするとより効果的とされています。今回はジョギングやウォーキングについてご紹介したいと思います。

  1. ジョギングやウォーキングどちらが消費カロリー多いの?
  2. ジョギングやウォーキングといえば!
  3. ジョギングとウォーキングでは消費カロリーが異なる
  4. ジョギングのメリット・デメリットは?
  5. ジョギングの消費カロリーは?
  6. ウォーキングのメリット・デメリットは?
  7. ウォーキングの消費カロリーは?
  8. ジョギングとウォーキング消費カロリーが多いのは「ジョギング」
  9. 交互に行うインターバルトレーニングはさらにおすすめ!
  10. ジョギングとウォーキングを交互に行うインターバルトレーニングのやり方
  11. インターバルトレーニングの効果はこちら!
  12. 交互に行うインターバルトレーニングの効果① 怪我の負担を減らす
  13. 交互に行うインターバルトレーニングの効果② 体力が作れる
  14. 交互に行うインターバルトレーニングの効果③ 継続しやすい
  15. 交互に行うインターバルトレーニングの効果④ 飽きない
  16. 【まとめ】ジョギング・ウォーキング交互に行うのがおすすめ!
引用: https://column.asken.jp/wp-content/uploads/2014/08/2da10f195029ab4b58f8eafba40ca197-310x206.jpg
ダイエットをしようと考えた際に思いつきやすいのがジョギングやウォーキングだと思います。しかし、ダイエットをする上で運動すると考えるとより効果的な方を選びたいと感じる方やしんどくないものがいいと考える人が多いと思います。今回はそのようなウォーキングとジョギングの消費カロリーについてご紹介していきたいと思います。
引用: https://www.life-rhythm.net/wp-content/uploads/2016/07/slow-jog-e1468032401886.jpg
ジョギングとウォーキングといえば、皆さんもご存知のように有酸素運動となります。有酸素運動は軽く始めることができることから激しい運動と比べて継続しやすく、さらに効果を感じやすい運動となっています。有酸素運動は消費カロリー自体は少ないですが、継続しやすいのでダイエットには効果的とされています。
引用: http://kaigo-garden.com/wp-content/uploads/2016/09/20160912_man.jpg
ジョギングとウォーキングではそれぞれ運動の激しさが異なると思いますが、運動の激しさが異なることからやはり消費カロリーが異なります。消費カロリーが大きければ大きいほど激しい動きになりやすいので、自分にあったスタイルを選ぶのが好ましいです。

関連記事

カロリー消費量が多い

引用: https://ignite.jp/wp-content/uploads/2015/01/shutterstock_139649552-640x426.jpg
次は簡単にジョギングのメリット・デメリットについてご紹介していきたいと思います。ジョギングのメリットとして挙げられるのがカロリー消費量が多いという点です。カロリー消費が大きいことからダイエット効果をより早く実感できやすいという魅力があります。早くダイエット効果を出したい場合にはうってつけです。

長時間走るとしんどい

引用: http://blog.gannoclinic.jp/files/cache/6ffdd24610ba4aedab4e0e57a2e327cd_f170.jpg
つぎに挙げられるのがデメリットになるのですが、ジョギングは長距離走った際にはしんどく感じやすいです。ジョギングはウォーキングと比べるとはるかに大きい運動量になるため、疲れを感じやすいです。運動になれていない人にとっては大変になりやすいのが欠点です。

足や膝に負担が大きい

引用: https://ichimokusan.info/wp-content/uploads/2017/08/20170716145421.jpg
さらにジョギングの場合は足や膝に負担がかかりやすいです。特にダイエット目的の人にはより下半身に負荷がかかりやすく、無理をしたジョギングは足や膝の怪我につながります。ダイエットをするためにジョギングを始めたのにも関わらず、怪我をしたら元も子もないので注意しましょう。
引用: https://drdoo.net/wp-content/uploads/2014/03/medium_6108386713-e1396957026850.jpg
次はジョギングの消費カロリーについてご紹介したいと思います。ジョギングは目安として50キロの人が1時間走った場合600kcal消費するとされています。この600kcalはウォーキングと比べて3倍近く高いとされています。そのため、高いカロリーを消費することができるので、ジョギングはおすすめです。

体に負担が少ない

引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/4/7/0/0/7/9/201707101302/pixta_24691224_L.jpg
次はウォーキングのメリット・デメリットについてご紹介したいと思います。ウォーキングのメリットとしてまず挙げられるのが体に負担がないです。ウォーキングは自分の歩くペースに合わせて行うことができることからしんどくなりにくく、負担が少ないです。そのため、運動が苦手な人でも挑戦しやすいのが魅力的です。

継続しやすい

引用: https://avenue-life.jp/blog/wp-content/uploads/2017/06/walking.jpg
さらにウォーキングは継続しやすいという魅力もあります。ウォーキングは体に負担が少ないことから長く歩きやすく、楽しめやすいです。そのため、気軽に歩くことができ、ウォーキング自体を楽しむことができやすいと好評です。

消費カロリーが少ない

To6coycja1mjr0lbclcs
引用: https://i0.wp.com/dietbi.com/wp-content/uploads/2016/01/wlkgdt1.jpg?fit=640%2C366&ssl=1
ウォーキングのデメリットとして消費カロリーが少ないのがデメリットになります。これはもちろんダイエット目的でウォーキングしている人に言える点で、そうでない人は気にならない点だと思います。早くダイエット効果を感じたい方には大きなデメリットと言えるので、その点は注意しましょう。
引用: http://www.dm-net.co.jp/calendar/2016ima/20160720-8.jpg
次はウォーキングの消費カロリーについてご紹介したいと思います。ウォーキングの消費カロリーは50キロの人が1時間続けた場合260kcalの消費があるとされています。これはジョギングの2分の1から3分の1程度の消費量と言えます。しかし、長く続けやすいのが魅力なので、どちらを選ぶかも重要です。
引用: http://style.irobot-jp.com/wp-content/uploads/2016/05/running01.jpg
ダイエットをする上でより効果的な方を選びたいと感じる人が多いと思いますが、消費カロリーだけを見た場合はやはりジョギングの方が消費カロリーが大きく、効果が出やすいです。しかし、ご紹介したことからもわかるように、ジョギングとウォーキングにはそれぞれメリット・デメリットが存在します。自分のスタイルに合わせて選択するのが好ましいです。
引用: http://www.budosuki.com/img/933221e205926bc1a78e9311e01abfc2_s.jpg
ウォーキングとジョギングを交互に行うとさらに効果が出やすいのはご存知ですか?交互に行うような緩急がある運動をインターバルトレーニングといいます。このインターバルトレーニングは主に激しい運動をした後休憩を短時間取り、また運動を続けるという繰り返しの運動ですが、ジョギングとウォーキングでもこのインターバルトレーニングとして効果があります。
引用: http://lifeorder-lab.com/wp-content/uploads/2016/11/726271fd4d37c17f84006ea61078b383_s-1.jpg
ジョギングとウォーキングを組み合わせインターバルトレーニングを行う場合は1セット30分の組み合わせで大丈夫です。よりダイエット効果を高めたい方は1時間でも大丈夫なのですが、ウォーキング・ジョギン・ウォーキングという順番に10分間ずつ行っていくだけで大丈夫です。慣れてきたらこの間隔を変更してトレーニングを行います。

関連記事

引用: http://everyman.client.jp/jog51.jpg
次は実際にウォーキングとジョギングを組み合わせたインターバルトレーニングによって得られる効果について簡単にご紹介したいと思います。ジョギングとウォーキングどちらにしようか悩んでいる方はインターバルトレーニングもおすすめなのでご参考ください。
引用: https://d3nmge69q1fbex.cloudfront.net/wp-content/uploads/2017/06/07154210/pixta_7625412_M-728x484.jpg
インターバルトレーニングでは怪我をしにくいのが特徴的です。ウォーキングメインでトレーニングを行うため、無理な負担も少なく行いやすいです。ジョギングの時につかれたり、体に異変を感じた際にはウォーキングに切り替えたので大丈夫なので、怪我はしにくいです。
引用: http://www.models.tokyo/images/diet-women14.jpg
インターバルトレーニングは体力をつけやすいのも魅力的です。ウォーキングとジョギングを組み合わせることによって筋肉を激しく使う時間・筋肉を休ませる時間が生まれるので、体にとっては刺激をすることができます。筋肉にとってはいい刺激なので、体力が上昇しやすいです。
引用: http://aruaru.noor.jp/img/header.jpg
インターバルトレーニングは継続しやすいのも大きなポイントです。しんどくなったらウォーキングに変えたので大丈夫なので、気軽に行いやすく継続がしやすいです。毎日長距離走るのもしんどいけどダイエット効果を高めたいという方にもおすすめなので、ぜひ挑戦してみていただけたらと思います。
引用: http://aruaru.noor.jp/img/gv046_l.jpg
インターバルトレーニングは飽きにくいという魅力もあります。というのも、長時間歩く、又は、長時間走るのはやはり気持ちの維持が大変です。そのため、ウォーキングとジョギングの緩急をつけることによって飽きにくい運動に変えることができます。そのため、飽きやすい人はインターバルトレーニングが特におすすめと言えます。
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/taiheiex/20170618/20170618212411.jpg
今回はジョギングとウォーキングについてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。ジョギングとウォーキングは取り組みやすい運動ですが、できればどちらも合わせたインターバルトレーニングがおすすめです。ぜひ皆さんも運動に挑戦して魅力的な体作りを行っていただけたらと思います。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://sukoty.jp/wp-content/uploads/2016/09/9k.jpg