// FourM
Vqaivg2i8uff2y0xlfgi

家電

CATEGORY | 家電

ルンバとカーペットの相性は?掃除機が止まったりラグの削れを防ぐには?

2018.12.02

乗り越える段差に制限があるルンバのカーペットとの相性はいいのだろうか。ラグなども厚みがあれば削れる可能性も考えられる。大事にしているラグやカーペットがめくれる、またははげる可能性があれば心もとない。ルンバのカーペットとの相性などについてチェックしよう。

  1. めくれたりはげてしまうと困るラグやカーペット!ルンバとカーペットの相性は?
  2. 床掃除の便利なサポート機器!ロボット掃除機「ルンバ」をおさらいしてみよう
  3. カーペットやラグは大丈夫?ルンバが乗り越えられる段差は2cm!
  4. ラグやカーペットとの相性が気になる!ルンバを導入する上でチェックしたいポイントとは
  5. カーペットやラグの段差を和らげる!ルンバ導入時にチェックしておきたいポイント①:ラグ・カーペットの高さをチェック
  6. カーペットやラグの段差を和らげる!ルンバ導入時にチェックしておきたいポイント②:ラグ・カーペットの固定
  7. カーペットやラグの段差を和らげる!ルンバ導入時にチェックしておきたいポイント③:吸着タイルマットも使える
  8. カーペットやラグの段差を和らげる!ルンバ導入時にチェックしておきたいポイント④:起毛のラグ・カーペット
  9. ルンバ導入にあたってラグやカーペット以外にチェックしておきたいポイントとは?
  10. ラグやカーペット以外も!「めくれる・削れる・はげる」を避けるためのその他の準備①:配線
  11. ラグやカーペット以外も!「めくれる・削れる・はげる」を避けるためのその他の準備②:家具の底上げ
  12. ラグやカーペット以外も!「めくれる・削れる・はげる」を避けるためのその他の準備③:椅子などを上げてバリアフリーに
  13. 導入には下準備が大切。ラグやカーペット、家具をチェックしてルンバで部屋をキレイにしよう!
引用: https://i.pinimg.com/564x/78/3f/34/783f346ff040ca5373b8bbaaefbbaa58.jpg
部屋中を自動で掃除してくれる便利なロボット掃除機であるルンバ。基本的には室内の段差を乗り越えられる設計にはなっているものの、実際にお気に入りのカーペットやラグがはげる、またはめくれたり、削れてしまえば元も子もない。便利な掃除サポート機器ではあるものの、部屋にダメージを与えてしまうかどうかは気になるところなのではないだろうか。
引用: https://i.pinimg.com/564x/b1/dc/d4/b1dcd4e79f94239a6b01739dd90d3277.jpg
便利なロボット掃除機のルンバだが、果たしてカーペットとの相性はどのようになっているのだろうか。また、おしゃれなお気に入りのラグやカーペットがめくれてしまったり、削れることではげるなどの自体は起こりやすいのだろうか。
引用: https://i.pinimg.com/564x/ed/07/bc/ed07bcb0ce38808068d763da8f9f6a49.jpg
乗り越えられる段差に限界のあるルンバのカーペットなどとの相性についてチェックしてみよう!
引用: https://i.pinimg.com/564x/eb/33/1d/eb331d8324ae79bc8be1d1029f15ff03.jpg
ロボット掃除機ルンバ,ロボット掃除機Roomba Roombaとは、米国のiRobotが開発した、いわゆるロボット掃除機である。家庭用ロボット掃除機の嚆矢として知られ、ロボット掃除機の代名詞的商品として認知されている。 Roombaは内を回してチリ・ホコリを回収し、掃除が終わるとホームベースに帰還する。早いペースで改良が加えられた新モデルが発売されている。

引用: https://i.pinimg.com/564x/3e/a2/98/3ea29899b8cea9b89744c159e0ddb529.jpg
iRobotというメーカーが開発してるルンバは、ロボット掃除機として世界中で人気を博している。他のメーカーがリリースするロボット掃除機も好評だが、その中でもルンバは評価が高い。さまざまな機種のあるルンバは、それぞれの型に応じて個性が異なってくる。
引用: https://i.pinimg.com/564x/4f/80/51/4f8051864d7b2eee14f5fdbcc3f435ed.jpg
基本的にはどのルンバも同じカタチをしており、乗り越えられる段差もその限界が定められている。

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/34/2f/c6/342fc6be30be5ee3926008d1b54830cd.jpg
ルンバをリリースしているメーカーのアナウンスによれば、ルンバが室内で乗り越えられる高さはなんと2cm。海外の家屋なら床がフラットな場合が多いが、日本の家屋では大小含めて段差がおおい。
引用: https://i.pinimg.com/564x/fc/ae/4b/fcae4b7b9ac8a80213a4823b1fa2547c.jpg
マンションの室内においても、段差だけでなく、カーペットやラグを敷いていた場合は、めくれたり、削れることではげる自体も考えられなくはない。ルンバとカーペットの相性が気になるところだ。
引用: https://i.pinimg.com/564x/b5/d8/00/b5d800b4bba895dc0f355c5228ace2f5.jpg
自動で室内の床を掃除してくれるルンバは、設定して放置しておけば細かいホコリまで吸い取ってくれるスグレモノだ。しかしながら、起毛で厚手のカーペットやラグなら、乗り越えるのに一苦労だろう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/80/c3/ea/80c3eab223e20f7916a794957d096fa2.jpg
もともと高さ2cmまでしか乗り越えられない設定になっているので、ルンバを導入する時にチェックしたいポイントを確認してみよう。

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/c3/1b/ff/c31bfff72bfe19563261ba045a8fa7a7.jpg
ラグやカーペットにも様々な種類がある。また重量のあるものや厚手のものなどもさまざま。その中で、ルンバを走らせるにあたってはやはり高さの問題がある。カーペットやラグの厚みが2cm以上だった場合は、ルンバがラグに乗り上げる事が難しい可能性もある。まずは、部屋に敷いてあるカーペットやラグの厚さをチェックしておこう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/e4/8e/5a/e48e5a2b86d4ddb2b847ba25deb7fe02.jpg
ラグやカーペットは、比較的重量の軽いものや薄手のものであればめくれる可能性があり、そのままルンバに絡まって停止してしまう事も。それ故、ラグやカーペット類でも薄手のものは固定する必要がある。固定の方法としては、滑り止めテープを活用する方法がある。しっかり固定しなくとも、テープを利用するだけで大きく違ってくるので活用したい。
引用: https://i.pinimg.com/564x/cc/e3/13/cce3134d280972f74c90edd3e7236ac7.jpg
ラグやカーペットがどうしてめくれる、削れる、またははげるなどの症状がある場合は、ルンバにそぐわないと考えていいだろう。それらのかわりに吸着タイルマットなどをしきつめることで、床掃除をスムーズに行うことが出来る。冬場は断熱効果もあるので、ラグやカーペットの代わりとして室内で使うことが出来るので便利。
引用: https://i.pinimg.com/564x/33/23/f9/3323f9b6f22155b599f8824aa3411f98.jpg
起毛のラグやカーペットのなかでも、毛の長さが2cmを超えるものであれば、ルンバが毛を巻き込んでカーペットやラグがめくれる可能性もある。そのまま使い続ければ、ラグやカーペットを削れることではげることになってしまう。起毛のラグやカーペットを使用する際は、あまり毛の長さが長くないものを使用するのがベターだろう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/1c/86/ed/1c86ed67938f4172b1a658903c477fb2.jpg
ルンバは部屋中を探索して掃除を行うロボット掃除機なので、薄手のラグやカーペットなら、乗り越える際にめくれる可能性もある。また、ラグやカーペットが削れることではげる可能性も捨てきれない。
引用: https://i.pinimg.com/564x/89/15/fa/8915fa6624861bfcf996468a74893898.jpg
乗り越える高さが重要なルンバだが、ラグやカーペット以外に気をつけておいたい箇所をチェック。スムーズにルンバを走らせて室内を清潔にしよう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/77/4a/e8/774ae81c1975b47b95b6265301d43a72.jpg
パソコンや電子機器を使っている家庭なら、配線が床に走っている事も珍しくはない。ルンバで掃除をする際には、こういった配線類に配慮する必要がある。ルンバが巻き込んでしまう可能性があるからだ。ルンバの強力な吸引で配線を吸い込んでしまい、配線が削れてしまう事も考えられる。配線をまとめて、ルンバのじゃまにならないように整備しよう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/74/16/7a/74167a6a490ab0f9179981d655c2e7c9.jpg
家具などにぶつかって進路を決める場面もあるルンバなので、はげる、または削れるのを避けたい家具などは、底上げをすることで守ることが出来る。また、普段掃除しない床をキレイにすることができるので便利。ルンバが入る隙間が出来る高さまで底上げすれば、フロア全体をキレイにしてくれる。
引用: https://i.pinimg.com/564x/6a/31/36/6a3136ccc37cc2f078519ca73cfed177.jpg
部屋を自在に行き来しながら掃除を行うルンバ。普段使っている椅子などを収納する場所を確保しておきたい。その他、ラックやミニテーブルなども片付ける場所を確保して、床面をバリアフリーにしてしまおう。高い段差は、硬い素材の板をつかえばスロープにすることも出来る。家具を守るためにも、直すべきものを直す場所を確保しよう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/c0/c2/b5/c0c2b5afcec7b6efffefcc938cdde94e.jpg
ルンバが乗り越えられる高さは2cmまでと決まっている。それゆえに、部屋に敷いてあるラグやカーペットの厚みも今一度チェックしたほうがよさそうだ。また、起毛のカーペットなどは、毛の長さが2cm以上あるような場合、ルンバが起毛を吸って絡まり、停止してしまう恐れもある。他の家具も傷がつかないように工夫しよう。導入には下準備が大切。ラグやカーペット、家具をチェックしてルンバで部屋をキレイにしよう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41GrmDGQpJL.jpg