// FourM
Aelq3ockrwfjgff5qa5w

家電

CATEGORY | 家電

ルンバは段差に弱い?段差で止まらず乗り越えさせるにはどうする?

2018.12.02

ロボット掃除機のルンバは、室内の段差はどのように乗り越えるのか。あまり大きい段差だと止まる傾向もあるので、スロープやジョイントマットなどで落ちるのを防ぎたい。ロボット掃除機であるルンバの自動操縦で段差を乗り越えさせるにはどうすればいいのかをチェック!

  1. 止まる・落ちるルンバをスロープやジョイントマットで工夫しよう!ルンバで段差を乗り越える方法とは?
  2. 少しの段差なら軽々と乗り越える!ロボット掃除機「ルンバ」をおさらいしよう!
  3. ルンバが乗り越えられる段差の限界は?メーカーの公式見解は2CM!
  4. それでもルンバを導入する価値はある?段差が多い家でルンバを使う時のポイントとは?
  5. 止まる・落ちるのを防ぐために!段差が多い家でルンバを使う時のポイント①:エリアを分けてルンバを使う
  6. 止まる・落ちるのを防ぐために!段差が多い家でルンバを使う時のポイント②:狭いスペースは手動で掃除する
  7. 止まる・落ちるのを防ぐために!段差が多い家でルンバを使う時のポイント③:木造住宅は細かい傷が付かない工夫を
  8. 止まる・落ちるのを防ぐために!段差が多い家でルンバを使う時のポイント④:メンテナンスは忘れない
  9. 便利に使えるルンバ!段差は自作スロープを活用して解決しよう!
  10. ルンバが段差を乗り越える!スロープを作る上でのポイント①:たわむことがない硬い素材を使用する
  11. ルンバが段差を乗り越える!スロープを作る上でのポイント②:滑り止めも有効
  12. ルンバが段差を乗り越える!スロープを作る上でのポイント③:傾斜を考えてスロープを設置する
  13. 乗り越えられない段差もあるルンバは、自作スロープで使い勝手を広げてみよう!
引用: https://i.pinimg.com/564x/11/05/fe/1105fef720eb7b35f807f65d37c5dc6b.jpg
最近ようやく日本でも人気に火がつきだしているロボット掃除機。欧米やヨーロッパではよく使われているロボット掃除機である。機種の多いロボット掃除機だが、各メーカーとも高性能で使い勝手のいいロボット掃除機をリリースしている。評価が高いルンバのロボット掃除機だが、やはり部屋のジョイント部分やジョイントマットの段差を乗り越えられるかどうかも大きな課題となるだろう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/38/ce/ae/38ceaea854ed5b45e66b796b5e995c48.jpg
家屋によって違ってくる段差の大きさだが、はたしてルンバはどれほどの段差を乗り越える事ができるのだろうか。また、段差を超えられない場合は落ちる・止まるなどという事態に陥るのか。
引用: https://i.pinimg.com/564x/b0/b2/50/b0b250917caa1ea64d6fb8e66dcd9d6d.jpg
スロープやジョイントマットでルンバの使い勝手を広げることは可能なのか。ルンバが段差を乗り越えるためにできる工夫なども含めてチェックしてみよう!
引用: https://i.pinimg.com/564x/a6/32/c8/a632c8257bcf72eddb31da630ca76dc0.jpg
ルンバ(英: Roomba)は、iRobotが製造・販売するロボット掃除機である。

引用: https://i.pinimg.com/564x/50/fa/c7/50fac710539f4865a0edd5ebe4b8e1f9.jpg
人の手による掃除と比較して、ルンバはベッドや家具の下の掃除は得意としている。だが、ルンバは毛足の長いじゅうたんの掃除には向いていない。また、敷物の端、ひも状のもの、電気コードなどとからまって動けなくなってしまうことがある。そうしたものが多い部屋ではしばしば動けなくなってしまう。動けなくなった場合、動ける範囲だけを掃除するか、あるいは停止してエラー音声により異常を知らせる。

引用: https://i.pinimg.com/564x/b2/6c/cb/b26ccb2b3757fee24e6aa87dbe4a443e.jpg
自動で床掃除の90%を行ってくれるというロボット掃除機のルンバ。自動で動き回ってゴミを収集するアイテムとなっており、忙しい主婦の掃除のサポートアイテムとして使用することが出来る。細かい
引用: https://i.pinimg.com/564x/89/15/fa/8915fa6624861bfcf996468a74893898.jpg
隙間などをはのぞき、床の面の殆どをキレイにしてくれるルンバだが、自動操縦にあたり気になるのが段差。果たしてメーカーアナウンスはどのようなものになっているのか。

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/95/d7/8f/95d78fa155044d1a242858dca41156ed.jpg
ルンバを製造するメーカーiRobotの公式見解によれば、ルンバが乗り越えられる段差の限界はなんと2cm。ジョイントマットならなんとか乗り越えられそうな高さだ。
引用: https://i.pinimg.com/564x/32/89/49/3289496fee920284e56b761ee3016d44.jpg
海外の家屋は段差が少ない場合も多く、ルンバを使うのに適しているが、日本家屋ともなれば段差が割と多く、ルンバが行き来するには少々難しいかも?と思う人も居るのではないだろうか。この段差の問題はどのように解決するべきなのだろうか?
引用: https://i.pinimg.com/564x/f8/33/9c/f8339cb5d5e81c61ef28062a8d9f34a5.jpg
ルンバは主婦の強い味方になるだろう。唯一考えたいのがこの段差の問題。乗り越えられない段差をルンバが察知すれば止まる、または段差を落ちるようなことも考えられる。日本家屋など、段差の多い家に住む人なら、ルンバをどのように活用できるのかをチェック。より便利にルンバを活用するためのポイントを確認しておこう!

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/66/89/fd/6689fdca21228a7d78560c5510a2ab41.jpg
段差が多い家ならば考慮したいエリア分け。一度にすべての部屋を掃除する設定にすると、ルンバが乗り越えられる段差と、そうでない段差によってルンバが止まる、または段差から落ちるなどの自体も考えられる。ジョイントマットを使ってる部屋なら大丈夫そうだが、大きな段差がある場合は、部屋の段差を加味して、幾つかのエリアに分けてしまえば、エリアごとにルンバを使うことでよりスムーズな掃除が可能になる。
引用: https://i.pinimg.com/564x/da/39/7e/da397e9d3649fd568f59df44de32aa3a.jpg
階段の角などの狭いスペース、またはサッシ付近などの細かい部分はルンバでは掃除をすることができない。また、段差のある角の部分も同様である。段差を乗り越えられたとしても、角の部分は手動で掃除をする必要がある。ルンバを使用した後に、細かい部分や角の部分は手動で掃除を行うように心がけよう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/ef/d0/65/efd065fd37861e5c2a165e80d7acacbe.jpg
家中をアルゴリズムによって動き回るルンバだが、乗り越えられる段差を乗り越えているうちに、木造住宅なら細かい傷が目立ってくる。木造の日本家屋ならば、柱などにルンバがぶつかった後の細かい傷が目立ち始める。それほど気にならないのであれば問題はないが、貴重な品や傷つけたくない部屋などがあればルンバを使わないようにしたい。
引用: https://i.pinimg.com/564x/49/d8/cd/49d8cdeebe9bde7fdfc605fad61d236c.jpg
ルンバにはブラシなどの部品が付属しており、使い続けることによって消耗してしまうことを覚えておきたい。また、センサー系統などもメンテナンスや掃除によってクリアにしておきたい。形がよく似ているラインナップのあるルンバ。ルンバの型番に沿って、必要な部品を取り揃えるようにしよう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/6f/0e/8a/6f0e8a98877ae3fd62547f662b27fefd.jpg
非常に便利に使うことが出来るルンバ。できれば一回で多くの部屋を回る設定にして、楽に掃除を行いたい所。段差が多い日本の家屋なので、ルンバが行き来できるように工夫してみることで、ルンバを更に活用できるのではないだろうか。
引用: https://i.pinimg.com/564x/dd/85/02/dd8502225fd0eaf2b32fd18f991a4b72.jpg
ルンバがより部屋の行き来をスムーズにするための自作スロープやジョイントマットの工夫をチェックしてみよう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/a5/2d/71/a52d71007c313a325294862e03afd8fe.jpg
ルンバが部屋を行き来するにあたって解消したい段差の問題。スロープを作る際には、ルンバが乗っても歪んだりたわむことのない素材が適している。ジョイントマットなどではすこし役不足かもしれない。乗り越えたい段差と床に、硬い素材の橋渡しをすれば、ルンバが上手く行き来できる。100均のMDF材なども有効。
引用: https://i.pinimg.com/564x/a6/32/c8/a632c8257bcf72eddb31da630ca76dc0.jpg
重さのあるルンバなので、滑りやすい素材の上を行き来する際には滑り落ちる可能性も考えられる。その他、場合によっては止まることもあるかもしれない。スロープを設置する時に、ゴム製品などを取り付けて、滑り止めを作るのも一つの方法。それによって、ルンバがよりスムーズに部屋を行き来することが出来る。
引用: https://i.pinimg.com/564x/dc/35/cb/dc35cb709433f3023b8b07938ad95841.jpg
場合によっては大きな段差があることも考えられる日本家屋。ルンバが上手く隣の部屋へ移動する時に使うスロープは、それなりの傾斜角度をつけなければルンバが止まることが考えられる。段差が大きければ大きいほど、距離をとって、ルンバが登れる程度の傾斜を付けるのが妥当と言える。何度がテストしながら、ルンバが登りやすい傾斜を作るように心がけよう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/ee/82/27/ee822724b1cb5cffa9e1573109f9a602.jpg
自作スロープによって部屋の行き来がスムーズになるルンバ。あまりに大きい段差のある日本家屋なら、スロープを自作することで多くの部屋を一度に掃除できる。スロープはたわまない固い素材がおすすめ。その他、ルンバの重さも考えて滑り止めを設置するなどの工夫も必要かもしれない。乗り越えられない段差もあるルンバは、自作スロープで使い勝手を広げてみよう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51jA3nnnAVL._SY355_.jpg