// FourM
Hbjaegb4lxuyptsl3vx3

家電

CATEGORY | 家電

ルンバを犬が怖がる場合どうする?ルンバとペットを仲良くさせる方法!

2018.12.02

ロボット掃除機であるルンバは、部屋を自由に動き回る分、犬などのペットとの関係が気なる。犬が乗る程度ならいいものの、吠える、または怖がるならストレスになってしまう可能性もある。事故や故障を防ぐためにも、犬とルンバを仲良くさせる方法をご紹介しよう!

  1. 犬が乗る!吠える!怖がる!ルンバとペットを仲良くさせる方法とは?
  2. 大切にしたい愛犬とルンバの関係!事故や故障にも繋がる実例とは?
  3. 事故や故障にも繋がりかねない?ペットとルンバの実例①:興味津々の犬
  4. 事故や故障にも繋がりかねない?ペットとルンバの実例②:電源オフしてしまう犬
  5. 事故や故障にも繋がりかねない?ペットとルンバの実例③:ルンバに乗る犬
  6. 故障や事故を避けるためのルンバと犬を仲良くさせる方法とは?
  7. 吠える・怖がるをやめさせたい!ルンバと犬の関係を作る方法その①:ご褒美を活用する
  8. 吠える・怖がるをやめさせたい!ルンバと犬の関係を作る方法その②:ルンバは動かさずに良いイメージを付ける
  9. 吠える・怖がるをやめさせたい!ルンバと犬の関係を作る方法その③:ルンバを使いながらおもちゃで犬と遊ぶ
  10. どうやって関係修復する?もうすでにルンバと犬の関係が良くない場合
  11. 犬がルンバに乗る・吠える!関係修復の手順その①:時間をかけて犬をルンバに慣らせる
  12. 犬がルンバに乗る・吠える!関係修復の手順その②:ルンバを少しづつ動かしながら犬にご褒美
  13. 犬がルンバに乗る・吠える!関係修復の手順その③:掃除中はルンバに近づかないことを目標にする
  14. 愛犬がいない間にルンバを活用するのも効果的
  15. 愛犬とルンバの良好な関係を作って、掃除を快適に行おう!
引用: https://i.pinimg.com/564x/f8/e9/00/f8e9002b3279462681d6a49f07da5c00.jpg
便利で使い勝手のいいロボット掃除機であるルンバ。部屋中を動き回って、床掃除のサポートをしてくれる。プロブラム次第で部屋中の隅々まで掃除してくれるルンバだが、ペットを飼っている場合は、そのペットとの関係性が気になる所。もし、犬が吠える、怖がるなどの動作を見せるならストレスになっている可能性も考えられる。
引用: https://i.pinimg.com/564x/be/f8/b4/bef8b40d9a1a15a4d2687c612aebd648.jpg
ルンバに乗ることで遊んでいる犬などもよく居るようだが、実際にルンバとの関係とはどのようになっているのだろうか。
引用: https://i.pinimg.com/564x/60/41/06/60410641876a86faebe9879da34b0705.jpg
また、犬とルンバの関係性によってルンバを故障させる、または事故にならないようにするためにはどうすればいいのか。犬とルンバを仲良くさせるための工夫などをチェックしてみよう!
引用: https://i.pinimg.com/564x/78/ac/54/78ac54b3dea57f8c75a532fd600fea5c.jpg
吠える、怖がるといった素振りをみせているようなら、犬のストレスとなってしまっている可能性が高いルンバと犬の関係。ストレスは病気につながるので、できるだけストレスを与えないようにしたい。その他故障や事故にも繋がりかねないので、犬とルンバが仲良く共存する必要があるのではないだろうか。ペットの犬とルンバに間に起こった実例をチェック。

犬の糞に要注意!

引用: https://i.pinimg.com/564x/ab/42/d7/ab42d79343db3a841671c9ace144f0a8.jpg
部屋に愛犬がフンをした場合は、ルンバが認識することなくフンを引きずってしまう事例もあり、部屋中が愛犬のフンまみれになることもあるので、犬とルンバの関係性はしっかり保っておきたい。

関連記事

ルンバに興味津々の犬は、ルンバが通るたびに吠えて追いかける習性がある。犬はしっぽを振っているため、怖がる雰囲気ではないものの、ここまでルンバに反応すれば、ルンバと犬の関係が自然ではないということ。楽しんでいるうちはいいが、毎回犬に吠えられるのも困りもの。ルンバと犬を仲良くさせたいところだ。
賢いペットは、ルンバがどのようにすれば停止するかを知っている場合もある。自動操縦で掃除をしている際に、ルンバを停止ボタンで停止させてしまうなら、ルンバに違和感やストレスを感じている可能性も考えられる。両者の関係が良好でない場合は、できれば修復して掃除も快適に行いたいところである。

関連記事

ペットが快適にルンバに乗っている。見た目も可愛い光景ではあるものの、実際にルンバには荷物を載せて走るという作られ方はしていない。そのため、重量が重いものを運び続けると劣化する可能性も考えられる。ルンバと犬が仲良くできれば、その心配もないだろう。犬とルンバを仲良くさせる方法にはどんなものがあるのだろうか。
引用: https://i.pinimg.com/564x/d7/ef/78/d7ef7856836c99c392cdc0cdc9796616.jpg
ルンバと犬の関係を作るのは、やはり一番最初の出会いの場面になるのだろう。ルンバが何者なのかを犬に知らせるためにも、出会った時の瞬間を大事にしたい。
引用: https://i.pinimg.com/564x/56/7a/d5/567ad5cd1fb123d79aed59ef7fda4856.jpg
目指すところは、ルンバが作動していても、犬が反応を起こさないというポイント。ここでは、ルンバと犬が初めて出会う時に、両者の関係を良好に築くためのアイデアをご紹介。これらを応用して、犬とルンバの良好な関係を築こう!
引用: https://i.pinimg.com/564x/bf/11/1c/bf111c24376d11e6d95730d56433bea8.jpg
ルンバに良いイメージを与えたい最初の出会い。犬とルンバが出会う時には、犬のご褒美になるお菓子などを手元に用意しよう。ルンバを箱から取り出して見せる際に、同時にお菓子などのご褒美を振る舞ってあげよう。これだけで初対面のイメージが大きく違い、犬に良い印象を与えることが出来るだろう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/a6/32/c8/a632c8257bcf72eddb31da630ca76dc0.jpg
ルンバは動かさずに、まずは犬に良いイメージを付けることに専念しよう。ご褒美作戦はもちろんのこと、犬がルンバを気にするたびにご褒美をあげる、またはルンバの上に犬の餌をおいて食べさせるなど、自然にルンバに触れさせることによって、犬がもつルンバへのイメージをさらに良いものに仕立てて行こう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/8c/27/ce/8c27ce39f59d29cad0a1425c03dbba5a.jpg
ルンバを作動させてみよう。犬はやはりルンバの動きに気を取られがちになるが、目標はルンバが作動しても犬が気にしないというポイント。ルンバを作動させながら、おもちゃを使って犬と遊んでみよう。おもちゃに気を取られているうちに、ルンバの動作が気にならなくなり、ついにはルンバと犬の関係が良好に出来上がる結果になる。
引用: https://i.pinimg.com/564x/b4/9a/3b/b49a3bab758447dc376d00bf99dbc7ee.jpg
ルンバと犬の関係性がもうすでに崩れてしまっている家庭もあるのではないだろうか。そんな場合でも、ルンバと犬の関係を修復することは可能だ。
引用: https://i.pinimg.com/564x/66/89/fd/6689fdca21228a7d78560c5510a2ab41.jpg
根気よく付き合う必要はあるものの、どうやって関係修復までもっていけばいいのか。ルンバと犬がすでに仲良くない家庭で応用できる、関係修復の方法をチェックしよう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/5c/0a/3a/5c0a3aca0e504e2c6fc4b1defd060b41.jpg
犬とルンバの関係がもうすでに悪い場合は、ルンバを見るだけで犬も興奮してしまう場合も考えられる。まず最初に両者に出来ることは、距離を置くこと。距離をおいて、犬にご褒美を挙げてみよう。ルンバという存在に慣れてきたら、さらに距離を近づけて、ご褒美をあげることでいい気分にさせてあげよう。コツは、ゆっくり時間をかけて行うという点だ。
引用: https://i.pinimg.com/564x/71/9a/e3/719ae30509cefeb2a333096b7fb8129d.jpg
犬がルンバに少し慣れてきたら、ご褒美を犬にあげながら、リモコンでルンバを少しづつ動かそう。次は、動くルンバに犬を慣らせていく。ルンバは少しづつ動かし、犬にはご褒美をあげ続ける。そうすることで、徐々に犬はルンバに意識がいかなくなる。慣れてきたら、徐々にルンバを犬に近づけてみよう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/cb/46/70/cb4670c17285b2d174bf41fc3599c675.jpg
動くルンバに犬が慣れてきたら、最終的には掃除中はルンバに触れないことを目的にしてしつけていこう。掃除中は自分の居場所で待つような形が理想形といえるだろう。犬がルンバとの良好な関係を築くことができれば、それが可能になるだろう。リモコンで少しずつルンバを動かしながら、犬の反応をみて、時間をかけて慣らしていこう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/07/67/e4/0767e457d125c74586fac49e6021f90d.jpg
ルンバと犬の関係がどうしても修復しない、または犬を怖がらせる等の場合は、犬が居ないスキにルンバを活用するという手段もある。
引用: https://i.pinimg.com/564x/f8/33/9c/f8339cb5d5e81c61ef28062a8d9f34a5.jpg
散歩に行く時に、または愛犬がいない時間帯を狙ってルンバを使用すれば、犬もストレスを軽減することが出来る。関係修復が難しい、または性格上怖がりな愛犬ならこの集団が得策と言える。
引用: https://i.pinimg.com/564x/dd/93/28/dd93280c5357789ee9288799b22e6fa8.jpg
何にでも興味津々な犬なら、ルンバに乗る、または吠えるなどの動作をするだろう。しかし、怖がっていたりしているなら、それがストレスになる可能性も。ルンバに愛犬が乗ることで事故などが起きないように、関係性を良好に保ちたい所だ。関係性は出会いの瞬間からでもしつけができる。また、すでに関係性が崩れていても修復が可能だ。愛犬とルンバの良好な関係を作って、掃除を快適に行おう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/811KR-WBUfL._SY355_.jpg