// FourM
Qtfofogy2xooqp6svlka

原因

CATEGORY | 原因

下肢静脈瘤ってどんな病気?症状や原因、治療法など詳しくご紹介!

2018.09.06

人がかかる病気には、実に様々な原因や治療法があります。では、「下肢静脈瘤」という病気には、どんな原因や治療法が存在するのか。今回は、下肢静脈瘤がどんな病気なのか、症状や原因は何なのか、そして治療法はどんなことをするのかを徹底解説します。

  1. 下肢静脈瘤という病気とは?
  2. 下肢静脈瘤の種類①軽症の場合
  3. 下肢静脈瘤の種類➁重症の場合
  4. 【下肢静脈瘤の症状・原因・治療法とは?】症状①足がむくむ
  5. 【下肢静脈瘤の症状・原因・治療法とは?】症状➁足がつる
  6. 【下肢静脈瘤の症状・原因・治療法とは?】症状➂足の血管が浮き出る
  7. 【下肢静脈瘤の症状・原因・治療法とは?】症状④ふくらはぎのだるさ
  8. 【下肢静脈瘤の症状・原因・治療法とは?】症状➄皮膚炎
  9. 【下肢静脈瘤の症状・原因・治療法とは?】症状⑥足がほてる
  10. 【下肢静脈瘤の症状・原因・治療法とは?】原因➆足のむずむず感
  11. 【下肢静脈瘤の症状・原因・治療法とは?】原因①遺伝
  12. 【下肢静脈瘤の症状・原因・治療法とは?】原因➁立ち仕事
  13. 【下肢静脈瘤の症状・原因・治療法とは?】原因➂出産
  14. 【下肢静脈瘤の症状・原因・治療法とは?】原因④肥満
  15. 【下肢静脈瘤の症状・原因・治療法とは?】原因➄便秘
  16. 関連記事
  17. 【下肢静脈瘤の症状・原因・治療法とは?】治療法①硬化療法
  18. 【下肢静脈瘤の症状・原因・治療法とは?】治療法➁レーザー硬化療法
  19. 【下肢静脈瘤の症状・原因・治療法とは?】治療法➂圧迫療法
  20. 【下肢静脈瘤の症状・原因・治療法とは?】治療法④手術
  21. 下肢静脈瘤…病院では何科を受診する?
  22. 下肢静脈瘤ってどんな病気?症状や原因、治療法など詳しくご紹介!のまとめ
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2018/07/31/20/39/woman-3575887__340.jpg
「下肢静脈瘤」という病気とは、一体どんなものなのか、原因・治療法はなにか、皆さんはご存知でしょうか。分からない人のために、ここで簡単に説明します。下肢静脈瘤とは、足の血管が膨れてこぶのようになってしまう病気です。この下肢静脈瘤には、4種類あり、そのほとんどが軽傷なもの。ですが、中には、重症化してしまい様々な合併症を引き起こしてしまう場合があります。今回は、この下肢静脈瘤という病気についてのご紹介です。
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2018/04/23/11/13/computer-3343887__340.jpg
病院は、病気の種類によって受診する科も違ってきます。あまりに科の多い病院ですが、どんな病気なら何科を受診する科ご存知ですか。例えば、骨折した場合は何科でしょう。骨折の場合は整形外科を受診します。では、下肢静脈瘤は何科でしょうか。下肢静脈瘤について、何科を受診し、どんな治療法をするのかもご紹介しますので、病院にいかれた際は、何科に行けばよいのか知ることができます。
引用: http://www.think-vein.jp/common/img/naka/about2_img07.jpg
下肢静脈瘤には、4つの種類があるということを上記でご紹介しました。ここでは、比較的、軽傷である下肢静脈瘤の種類についてご紹介します。下肢静脈瘤が軽傷と呼ばれる種類には、側枝型静脈瘤、網目状静脈瘤、くもの巣状静脈瘤の3種類があります。側枝型静脈瘤とは、枝分かれしたような形になっている静脈瘤で、主に、ふくらはぎにできることが多いそうです。
引用: https://varix-nishinomiya.com/wp-content/uploads/2017/09/ime_tcj3.png
網目状静脈瘤は、皮下の浅いところに位置している細い静脈が大きくなってできる静脈瘤のこと。この網目状静脈瘤は、青色に浮き上がって見るのが特徴です。
引用: https://varix-nishinomiya.com/wp-content/uploads/2017/09/ime_tcj4.png
そして、くもの巣状静脈瘤。このくもの巣状静脈瘤は、まさにくもの巣のように広がって見える静脈瘤です。皮膚に近くにできることが多く、とても細い静脈瘤が特徴。大腿部や下腿部、膝裏になどに多くみられます。また、このくもの巣状静脈瘤には、赤紫色に見えるものと、青白く見えるものの2つが存在します。2つのタイプが一緒に見られたものを「混在型」というそうです。
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/07/31/20/41/people-2560869__340.jpg
ご紹介した3つの下肢静脈瘤は、軽い症状のため、手術は必要としません。ですが、油断は禁物。悪化する前に気になった方は、一度病院で受診されることをおすすめします。
引用: https://varix-nishinomiya.com/wp-content/uploads/2017/09/ime_tcj1.png
続いては、下肢静脈瘤のもう一つの種類でもある伏在型静脈瘤です。伏在型静脈瘤は、下肢静脈瘤の中でも重症なもので、この伏在型静脈瘤には、2つの種類があります。まず一つ目は、大伏在静脈瘤。大伏在静脈瘤は、体の表面の中で最も長い静脈のこと。くるぶしから足の付け根で大腿静脈と合流し、その合流の際に弁が壊れて逆流が起きます。それが徐々に下腿部に広がって、ふくらはぎや足首の内側、大腿部の内側などに静脈のこぶを浮き出させてしまいます。これが、大伏在静脈瘤。
引用: https://varix-nishinomiya.com/wp-content/uploads/2017/09/ime_tcj2.png
そしてもう一つが、小伏在静脈瘤。小伏在静脈瘤とは、ふくらはぎの後面を通って膝の裏で膝窩静脈に合流する静脈のことを言い、弁が壊れて逆流が起き静脈瘤になってしまうことを言います。主に、足首の後ろや膝窩部、膝の後ろになりやすいとされています。
引用: https://www.umeda-vvc.com/wp-content/uploads/2018/06/Fotolia_109968609_XS.jpg
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2015/05/19/23/52/boots-774533__340.jpg
下肢静脈瘤というものがどんな病気なのか、どんな種類が分かったところで、次は、下肢静脈瘤の症状についてご紹介していきましょう。下肢静脈瘤には、実に様々な症状があります。まず初めは、下肢静脈瘤の代表的な症状でもある、足がむくむという症状から。足がむくむという症状は、例えば、長時間の立ち仕事やブーツを履いた後などによくみられる症状だと思います。この「足がむくむ」症状は、下肢静脈瘤だけでなく、様々な病気の原因が潜んでいる可能性がある時にも表れる症状の一つでもあります。
引用: http://healthcare.kao.com/wp-content/uploads/foot-pain4_01.jpg
下肢静脈瘤の症状として次にあげられるのは、足がつるということ。夜中によく足がつるや運動中に足がつるという人も多い症状の一つです。下肢静脈瘤は、血液が逆流するという特徴があるということを上記でご紹介しました。つまり、血液循環が悪いという原因につながります。そのため、足がつるという症状が出てくるのです。

関連記事

引用: http://www.umeda-vvc.com/wp-content/uploads/2018/06/Fotolia_110410091_XS.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41Y8UwDazHL.jpg
下肢静脈瘤の症状として次に挙げるのは、足の血管が浮き出てしまうこと。手のひらやによく血管は浮き出ていますが、足の血管が浮き出てしまうのは、下肢静脈瘤ならではの特徴です。女性であれば、少し気になってしまう症状で、ストッキングなどを履いて、血管が浮き出ているのをカバーしている人も多いそうです。
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2014/09/03/20/15/legs-434918__340.jpg
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/11/14/03/06/woman-1822459__340.jpg
下肢静脈瘤の症状として次に挙げられるのは、ふくらはぎのだるさ。これも血液循環の悪さが原因で引き起こされる症状です。運動不足の人が急に運動を始めると、筋肉痛のようにふくらはぎが重くなってしまうこともあると思います。下肢静脈瘤のふくらはぎのだるさも、まさにそのような状態。動くのもしんどくなってしまいます。

関連記事

引用: https://jp.rohto.com/-/Media/com/learn-more/bodyguide/kayumi/symptom/img01.jpg
下肢静脈瘤の症状として次に挙げられるのは、皮膚炎。つまり湿疹のことです。この皮膚炎は、皮膚の循環障害が原因で、足首あたりがかゆくなってしまうもの。重症化してしまえば、皮膚皮下脂肪の硬化や皮膚潰瘍といった病気の原因になりかねません。皮膚関連は何科を受診すればよいのかは、皆さんもご存知のはず。皮膚関連は皮膚科を受診します。
引用: https://varix-nishinomiya.com/wp-content/themes/biz-vektor-child/img/legimg.png
下肢静脈瘤の症状として次に挙げられるのは、足がほてる、熱く感じるといった症状です。下肢静脈瘤は、男性に比べて女性の方がなりやすい病気でもありますが、女性の中でも冷え性に悩んでいる方は多いとは思います。冷え性は、一般的に足を含む体や指先、が温まりにくい人のことを言いますが、下肢静脈瘤は、冷え性とは逆に、足が熱く感じてしまうという症状を引き起こすことがあります。
引用: https://www.umeda-vvc.com/wp-content/uploads/2018/06/7f2b15ff6365c1868478f4013f269bc4_s.jpg
下肢静脈瘤の症状として次に挙げられるのは、足のむずむず感や不快感といった症状です。このむずむず感は、足のかゆいとは違って、違和感を感じるむずむず感のこと。下肢静脈瘤特有の、血管が詰まっている状態ですから、どんな症状が起きても不思議ではありません。
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2018/07/15/10/44/dna-3539309__340.jpg
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2015/04/30/09/46/love-746678__340.jpg
下肢静脈瘤の症状について、ここまで色々とご紹介しました。では、下肢静脈瘤が起きる原因とは一体何のでしょうか。下肢静脈瘤が起きる原因というのは、症状のように様々なことが考えられます。まず初めは、遺伝が原因で下肢静脈瘤を起こしてしまう場合です。遺伝によって、顔や体の大きさなど色々似るところは多いとは思いますが、病気にも遺伝で起きる場合があります。その一つが、下肢静脈瘤。親族の方に下肢静脈瘤になられた方がいる場合は、下肢静脈瘤を引き起こしやすいのだそう。また、両親とも下肢静脈瘤の場合、その子供も将来的に90パーセントの確率で発症してしまうというデータもあります。

関連記事

引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2015/07/07/11/36/haircut-834280__340.jpg
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/08/07/17/58/cooking-2606279__340.jpg
下肢静脈瘤が起こる原因として次に挙げられるのは、立ち仕事をしていることです。世界には、実に様々なお仕事がありますが、美容師や販売員、調理師など比較的あまり同じ位置から動かない人は、下肢静脈瘤になりやすい傾向があるようです。特に一日10時間以上立ったまま働いている人は、それだけ足に負担をかけているため、重症化してしまう恐れがあるため、注意が必要です。
引用: https://jp.rohto.com/-/Media/com/learn-more/bodyguide/kayumi/symptom/img06.jpg
引用: https://jp.rohto.com/-/Media/com/learn-more/bodyguide/kayumi/symptom/img05.jpg
下肢静脈瘤が起こる原因として次に挙げられるのは、出産中あるいは出産経験のある方。妊娠している時、女性の体は、ホルモンの影響によって静脈が柔らかくなっており、妊娠していない人に比べると、弁が壊れやすくなります。そのため、下肢静脈瘤を引き起こしやすい状態に。妊娠中や出産後に下肢静脈瘤になる女性も少ないと言われていほどで、妊娠・出産の回数が増えれば増えるほど、下肢静脈瘤になる可能性も高くなるそうです。

関連記事

引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/09/08/10/27/slimming-2728331__340.jpg
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2015/10/17/19/29/obesity-993126__340.jpg
下肢静脈瘤が起こる原因として次に挙げられるのは、肥満です。肥満の方は、体重が重いため、標準な方に比べて足にかかる体重が何倍にも増えているもの。足に負担をかければかけるだけ下肢静脈瘤になるリスクも高くなります。また、肥満は、下肢静脈瘤だけではなく、様々な疾患を引き起こしてしまうもの。出来るだけ標準体重でいるように心がけましょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/13/130b02360a1cd85fec815497664fd272_t.jpeg
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/23/233794da47a8e84e439f4152a2b69f93_t.jpeg
下肢静脈瘤が起こる原因として次に挙げられるのは、便秘です。女性にとっては最大の悩みでもある便秘ですが、便秘は腸内環境だけが原因で起こるわけではなく、血液循環の流れも関係しているため、下肢静脈瘤を引き起こしてしまう原因の一つとして考えられています。辛い便秘は、下肢静脈瘤じゃなくても避けたいもの。毎日の生活環境を見直して、腸内環境を整えるようにしましょう。
引用: http://www.umeda-vvc.com/wp-content/uploads/2018/06/kashi1.jpg
下肢静脈瘤の症状や原因について学んだところで、次は治療法についてご紹介しましょう。下肢静脈瘤の治療法は、いくつもあります。下肢静脈瘤の状態によって治療法は異なるため、代表的なものをご説明しましょう。まず初めは、硬化療法と呼ばれている治療法です。硬化療法とは、静脈瘤に薬を注射して、固めてしまう治療です。主に、くもの巣状静脈瘤や網目状静脈瘤、側枝静脈瘤で行われる治療法で、施術時間は10分ほどで終了します。
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fcdn-ak.f.st-hatena.com%2Fimages%2Ffotolife%2Fg%2Fgzutetsu%2F20120607%2F20120607084619.jpg&twidth=1000&theight=0&qlt=80&res_format=jpg&op=r
下肢静脈瘤の範囲が広い場合は、何度か病院に通院することにはなりますが、病院での治療法は傷跡が残りにくかったり、体への負担が少ないといったメリットがあります。ですが、この硬化療法は、再発率が高く、色素沈着などの合併症を起こす可能性があります。色素沈着は、個人差はありますが、数日から数か月で治ります。また、ごくまれにアレルギーになる人がいたり、圧迫の影響で、皮膚に水疱ができてしまうこともあります。簡単に短い時間で行うことができる硬化療法ではありますが、その分やはりリスクも負います。心配な方は病院できちんと医師から説明を聞いたうえで、治療法を判断した方が良さそうです。
引用: http://www.tokyo-veinclinic.com/varix/images/cure_06image02.png
続いての治療法は、レーザー硬化療法。レーザー硬化療法は、下肢静脈瘤の新しい治療法で、「ヤグレーザー」と呼ばれる医療用レーザー機器を使用します。体の外からレーザーを照射することにより、下肢静脈瘤を閉塞させることができます。主にくもの巣状静脈瘤に利用されることが多いそうです。
引用: http://www.umeda-vvc.com/wp-content/uploads/2018/06/03.png
下肢静脈瘤の治療法として、レーザー硬化療法をするメリットしては、針を刺さないこと、傷にならないこと、硬化療法のように、硬化剤などを体内に注入せずに済むこと、一度で広範囲を治療することができることにあります。
引用: https://www.varix.tokyo/wp/img/stocking_att02.png
続いてご紹介する治療法は、圧迫療法。圧迫療法は、医療用弾性ストッキングを着用して行う治療法です。医療用弾性ストッキングは伸縮性があり、静脈うっ滞を改善し、むくみや足の不快感を緩和させることに役立ちます。そのため下肢静脈瘤の予防や進行を防ぐことができるのです。
この圧迫療法は、下肢静脈瘤自体を治すという治療法ではありません。あくまで、下肢静脈瘤の進行や予防のために役立てるもの。ですが、着用しているだけで、血液の流れを良くしてくれるため、立ち仕事をしている人には、最適なアイテムとも言えます。
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2014/11/21/14/03/operation-540597__340.jpg
続いてご紹介する治療法は、手術です。下肢静脈瘤が軽症な場合は、上記でご説明した、硬化療法やレーザー硬化療法といった治療法を行いますが、大伏在静脈瘤や小伏在静脈瘤が重症化して起きるしまうと手術を行う必要があります。手術の方法にもいくつかあるため、ここでは代表的な手術についてご紹介していきます。
引用: http://www.tokyo-veinclinic.com/varix/images/cure_02image01.png
まず初めにご紹介す下肢静脈瘤の治療法をは、血管内焼灼術という手術方法です。血管内焼灼術という手術は、患部の静脈内に極細のカテーテルやレーザーファイバーを入れて、行う手術方法。血管内の壁を熱で焼いて閉塞させます。この手術は、出血などのリスクが少ない手術で、手術直後から歩行することができ、普段通りの日常生活をすぐに行うことができます。翌日からも仕事に復帰することができるため、時間があまりない人にとってもおすすめの手術となっています。この手術は、病院でなくてもクリニックなどで受けることもできる手軽な治療法となっています。
引用: https://www.kekkangeka.com/laser/images/laser_001.jpg
続いてご紹介するのは、下肢静脈瘤レーザー手術。下肢静脈瘤レーザー手術を利用した治療法は、最新のレーザーを使用し、よりまんべんなく均一に焼灼することができる新しい手術方法です。周囲の組織へのダメージを少なくし、時短で治療を行うことができるため、広い範囲に下肢静脈瘤ができている場合に行われるそうです。尚、この手術も血管内焼灼術同様、病院ではなくクリニックで行うことができる治療法です。
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2018/03/13/09/56/checklist-3222079__340.jpg
下肢静脈瘤について原因や治療法についてご紹介しましたが、下肢静脈瘤の場合何科を受診すればよいのか、分からない人も多いはず。病院ですと病気によって何科を受診するか迷い、病院に行ってから何科を受診すればよいか考える人も多いと思います。また、何科がどんな治療をしているのかも不思議。そういったことを踏まえて下肢静脈瘤は何科を受診すればよいのでしょうか。
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/11/14/03/04/hospital-1822457__340.jpg
下肢静脈瘤は、足に関する病気ですので、何科を受診する科というと外科や形成外科が妥当です。何科で迷ったときは、とりあえず、外科や形成外科を受診しましょう。また、下肢静脈瘤は、病院だけでなく、クリニックでも受診が可能な病気です。病院が苦手な方は、クリニックでの受診をおすすめします。
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/02/29/15/01/doctor-1228627__340.jpg
下肢静脈瘤について、ここまで読んでみていかがでしたでしょうか。あなたの足にもこのような症状は出ていませんか。下肢静脈瘤はあくまで良性の病気です。あまり気にしなくても良い病気ではありますが、不安な方は、一度病院を訪れて、医師の診断を仰ぐことをおすすめします。医師の診断を仰ぐことで気持ちも楽になります。病院に行きづらい方は、クリニックをご利用下さい。
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2014/05/21/15/22/door-349807__340.jpg
また、下肢静脈瘤は何科を受診すればよいのかと思ったときは「整形外科」「外科」といことを覚えておくだけでも、病院を訪れた際迷わなくて済みます。是非、何科を受診すればよいのかだけでも覚えておいてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2018/03/13/09/56/checklist-3222079__340.jpg