Xs203authjgtwr1hnttc

お酒

CATEGORY | お酒

ビールは太る?その理由や太らない飲み方、糖質|プリン体について解説!

2018.06.30

糖質やプリン体、聞いたことはあるけど正直よくわからないという方も多いのでは。ビールを飲むと本当に太るのか、太らないで痩せる飲み方とは?そこで、今回はビールで太る理由・太らない理由を解説。あなたは今晩、泡がはじけるビールを飲みますか?

  1. ビールは太る?太らない?
  2. ビールは太る?太らない?それぞれの理由 ① おつまみを食べないと健康に悪い
  3. ビールは太る?太らない?それぞれの理由 ② そのおつまみで太ってしまう
  4. ビールは太る?太らない?それぞれの理由 ③ ビールのカロリーは実は高い
  5. ビールは太る?太らない?それぞれの理由 ④ 食欲が増すので太ってしまう
  6. ビールは太る?太らない?それぞれの理由 ⑤ 揚げ物で太ってしまう
  7. ビールは太る?太らない?それぞれの理由 ⑥ プリン体は影響あるのか
  8. ビールは太る?太らない?それぞれの理由 ⑦ ビールの糖質はどうだろう
  9. ビールは太る?太らない?それぞれの理由 ⑧ ビールで痩せる“新理論”も
  10. 適量のビールを健康的に飲もう
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/700/366/aa_news/article/2017/05/31/592e983b2c45f.jpeg
グラスに注がれた琥珀色の液体、そして純白の泡。その泡を押しのけるようにして喉まで届く液体。思わず「プハーッ!」と発しそうになるような光景ですね。1日の疲れを癒してくれるビールは、日々のつらいことを忘れさせてくれる、魔法の飲み物です。
引用: https://dietplus.jp/public/ui/contents/100/article/2017/0802/5810_3.jpg
でも、“コイツ”のせいで、日々の痩せる努力が“水の泡”になっているのだとしたら、それこそこの“泡”との付き合い方を、変えないといけないかもしれませんね。そこで、“泡”との付き合い方を考えるべく、ビールと痩せることの因果関係を見ていきましょう。

関連記事

引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/wp-recipebook/wp-content/uploads/2017/11/beer-food-1-1024x683.jpeg
よく、ビールだけなら太らない、という声を聞きます。それは、カロリー消費の順番が影響しています。ビールを含むお酒、アルコールのもつカロリーは、他の食事のカロリーよりも優先して消費される傾向にあります。つまり、飲んだビールのカロリーは真っ先に飛んでいくため、太らないのです。でも、ビールだけ飲んでいるのは、健康にはよくありません。
引用: http://www.shend-trend.com/wp-content/uploads/2016/05/bf6d8d604ec306fb4a29f22a443ffd02-300x222.png
すきっ腹の状態で、食事をとらずにビールだけ飲む、という飲み方の場合、アルコールが体内に吸収されるスピードが速く、肝臓で行うアルコール分解のスピードも速くなります。分解スピードが速いということは、それだけ肝臓に負担をかけるということ。これは身体に良くありません。
引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/wp-recipebook/wp-content/uploads/2017/11/beer-food-2-1024x684.jpeg
肝臓への負担を減らすには、アルコール分解のスピードを緩めること。それには、アルコールを体内に吸収するスピードを抑える必要があります。そこで、おつまみの出番です。
引用: http://nonbey.com/wp/wp-content/uploads/2018/02/rf37472260_o-790x527.jpg
飲み方を変えて、おつまみと一緒にビールを飲むようにすれば、アルコール以外の食物も体内に吸収させるため、必然的にアルコールの吸収スピードは緩めることができます。また、“食べながら飲む”ため、飲むペースを落とすことができ、このことも身体へのアルコール吸収速度を抑え込むのに役立ちます。
引用: https://www.orosidonya.com/ProductImages/00/0000/03/41/81/T-2.jpg
しかし、カロリー消費の面では、アルコールが優先的に消費されるため、おつまみのカロリー消費は後回しになってしまいます。この後回しになったカロリーが、消費されずに体内に蓄積していくことで、太ってしまうのです。
引用: https://cdn.macaro-ni.jp/image/summary/14/14231/ef91d7f08484720ebdaad8075efb2607.jpg
また、ビールそのもののカロリーにも注意する必要があります。缶ピール1本350mlのカロリーは、およそ140キロカロリー。これは、ご飯軽く1杯分。3本も空ければ、それはご飯3杯食べているのと同じこと。
引用: http://www.ozmall.co.jp/Content/upload/images/a0af43682a604b148a56d692da780ab7.jpg
いくらアルコールのカロリーを優先的に消費するとはいえ、3杯分のご飯のカロリーを消費するのは、なかなか大変。ウォーキングなら2時間半はかかるカロリーです。それだけ消費しても、無くなったのはビールの分だけ。おつまみのカロリーまでチャラにするには、もっと多くのカロリー消費が必要なのです。なんだか、日頃のダイエットの努力は、ビールですべて水の泡になってしまいそうです…。
引用: https://cdn.macaro-ni.jp/assets/img/shutterstock/shutterstock_552644986.jpg
さらにビールで太る理由。それは、食欲が増してしまうから。太古の昔、ビールは胃薬として飲まれていたこともあり、ビールには胃酸を分泌して、食欲を増進させる効果があるのです。
引用: https://cdn.macaro-ni.jp/image/summary/37/37097/525cc86bf366219dfd8c9f4743a31145.jpg
酒を飲まずに食事するよりも、食事の量が増える。そこに酒のカロリーがプラスされる。太らない方がおかしいですよね。
引用: https://imgfp.hotp.jp/magazine/images/325dec19-8e6c-41bb-9b5d-592363210059.jpg
そして、ビールを飲んだら、何を食べたくなりますか?から揚げ?フライドポテト?それともピザ?
引用: https://d35omnrtvqomev.cloudfront.net/photo/article/article_part/image_path_1/57818/0070ddf8c10a2a4276258ab123fc1e.jpg
このような揚げ物に含まれる脂質や糖質は、身体を太らせるには最適な栄養素。そして、ビールのような炭酸は、口の中の脂っこさを洗い流し宇てくれる、いわばお口直し。だからこそ、飲まない時以上にたくさん食べられるのです。
引用: https://www.ei-publishing.co.jp/wp/wp-content/uploads/2017/07/04112017/1200atari__X6A5630.jpg
まずは、おつまみには低カロリーのものをチョイスするといった工夫が必要なようです。そうでないと、せっかくの日頃の運動も、水の泡になっちゃいますよ。
引用: https://www.nikkei.com/content/pic/20140902/96958A9E93819688E2E09A919A8DE2E0E2EBE0E2E3E6869BE2E2E2E2-DSXBZO7652169002092014I00002-PB1-4.jpg
ところで、ビールといえば「プリン体」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。最近はプリン体ゼロを謳ったビールも登場するなど、プリン体にはビンカンになっている人も多いですね。
少なくとも、太る要因になるのかといわれれば、プリン体はその要因にはなりません。ただし、プリン体の取りすぎは、痛風につながるので、注意が必要。また、痩せる要因にもならないので、できればプリン体は摂取を控えたいですね。
引用: http://crea.bunshun.jp/mwimgs/c/a/586/img_ca0fecb69836c8bf6faf703d49eb8613103991.jpg
最近は、糖質制限ダイエットで痩せる努力をしている人も多いですね。この糖質制限ダイエット、ビールは飲んでも大丈夫でしょうか。
結論から言うと、糖質制限ダイエット中のビールは、まさに「水の泡」。350ml缶1本の糖質はおよそ10グラム。1日の糖質をビール以外から摂らないならともかく、ほかでも糖質を摂取するのなら、ビールは控えた方が無難ですね。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/612ZYz9heUL._SX348_BO1,204,203,200_.jpg
ここまで、ビールで痩せるのは難しいという話をしてきましたが、“ビールこそ痩せる”という人もいます。この説によれば、ビールに含まれるビタミンB2の脂肪をエネルギーに変換する作用により、脂肪燃焼効果が高まるのだとか。
引用: http://c2h5oh.jp/wp-content/uploads/2016/10/sub2-2.jpg
また、ビールの炭酸が胃腸を活発にしてくれるので、便秘解消に一役買うのだそう。確かに、便秘が解消できれば、痩せる効果も高まりそうです。さらに、ホップによる抗酸化作用や、香りによる癒し効果まで、ビールがもたらす効果は多岐にわたるのです。
ただし、ただビールを飲めばよいというわけではありません。以下の3点を守った飲み方が大切です。
飲み方①夕食前にゆっくり飲む。《一気に飲むと、血糖値を急上昇させてしまう。》
飲み方②ご飯は食べない。《糖質を必要以上に取らない。》
飲み方③ビールと同量の水を飲む。《満腹感は水で満たす。悪酔い防止にも効果的。》
引用: https://kaoase-stop.com/wp-content/uploads/2017/03/beer2.jpg
また、飲む量にも注意。多くても1日1リットルまでとすること。350ml缶なら3本が限度。もちろん飲みすぎは肝臓の負担も高まるので、注意しましょう。

関連記事

引用: http://articleimage.nicoblomaga.jp/image/267/2014/b/0/b0a3ac00e1e765a80322f3867eca5a05d28adfb11406541016.jpg
健康的な飲み方であれば、ストレス発散もできて、精神的にも有効なビール。でも、飲みすぎたり食べ過ぎたりは、あなたの痩せる努力を水の泡にしてしまいます。努力を無駄にしないためにも、ビールの飲み方にはくれぐれも気を付けてくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://dietplus.jp/public/ui/contents/100/article/2017/0802/5810_3.jpg