Nbewblnhicwzhlfqgz4f

バイク

CATEGORY | バイク

バイク用グローブ 夏のおすすめランキング|革/メッシュの選び方も!

2018.06.23

夏用バイクグローブを探している方におすすめの夏用バイクグローブランキングを紹介します。夏用バイクグローブは暑くてしてられないという方やグローブに毎年困っているという方におすすめの夏用バイクグローブをご紹介します。メッシュや革など材質の選び方も解説します。

  1. バイクグローブは夏に必要?
  2. 【夏におすすめ】バイクグローブの材質種類
  3. 【夏におすすめ】バイクグローブの種類
  4. 【夏におすすめ】バイクグローブの選び方
  5. 革グローブ、メッシュグローブランキング
  6. 【夏におすすめ】バイク革グローブランキング③デイトナ ゴートスキングローブ
  7. 【夏におすすめ】バイク革グローブランキング②DEGNER TG-47i
  8. 【夏におすすめ】バイク革グローブランキング①ワイズギア TT-419 ウォッシャブルレザーグローブ
  9. 【夏におすすめ】バイクメッシュグローブランキング③RS TAICHI:RST443
  10. 【夏におすすめ】バイクメッシュグローブランキング②RS TAICHI:RST438
  11. 【夏におすすめ】バイクメッシュグローブランキング①KOMINE:GK-183
  12. まとめ
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61pPzgUleGL._SL1001_.jpg
夏の暑い季節にグローブなんで必要なのか、と考える方も多いでしょう。確かに暑すぎる季節走行中は涼しくバイクらしい爽快感を味わえるものですが、信号待ちなどはエンジンから放たれる熱と太陽の熱そして、地面からの照り返しなどそんな暑い季節にグローブは必要ないと感じられますが、そんなあつい夏だこそグローブが必要となってきます。夏は暑い季節ですがハンドルを握る手には汗が溜まりやすくなりハンドルやクラッチ操作時やブレーキ操作時に汗で滑ることがあります。そうなってしまうと転倒の可能性があります。そして、夏のバイクは熱されるためやけどする危険性もあるためグローブは必ず必要になってきます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61Siz0fXU-L._SL1000_.jpg

グローブ自体使いにくいという方

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41%2Bd7JGmtOL.jpg
バイクに乗り時につけておきたいアイテムのグローブですが、使いにくい、使いやすは人それぞれでグローブがすべての方に使いやすくなるというものではありません。バイクグローブは操作性を高める効果があるとされていますが、グローブの影響で操作が鈍るという方もいますので、そういった方は無理につけなくてもいいのではないかと思います。つけたことが原因で事故を招くというのは避けたいことです。バイクグローブをつけたほうがいいという方は春や秋のシーズンはグローブを使用するが夏は暑いからしないというかたです。そういった方は付けるようにしましょう。元々グローブが苦手な方にはおすすめしません。

関連記事

バイクグローブの種類をご紹介します。バイクグローブの材質の種類には革、メッシュ、ネオプレーン、ゴアテックが主な種類となってきます。バイクグローブの材質には夏用や3シーズン使えるもの寒い時期に適したものなどがあります。その時々に合わせたグローブを選びましょう。また、材質によって使いやすい使いにくいがありますので、あなたがこれならバイクの運転に使用がでないと思えるグローブを選びましょう。ではバイクグローブの材質を詳しくご紹介します。

バイク革グローブ

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71oHleM7dHL._SL1001_.jpg
革グローブは夏の暑い時期や冬の寒い時期、雨でも雪でも対応してくれるオールドタイプの万能グローブです。かwグローブには夏用、冬用とあり3シーズ使えるグローブとなっています。革グローブは夏には不向きと考える方もいますが、夏の時期でもストレス無く操作できます。夏に革グローブを使用するときのデメリットは汗をかいたときに洗うことがあまり出来ないことです。革グローブによっては洗濯できるものがありますので、 夏に使用することを考慮するならば洗濯できる革グローブがおすすめです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71AlLPWBoFL._SL1001_.jpg

バイクメッシュグローブ

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61PzpHyiIYL._SL1000_.jpg
バイクメッシュグローブはゴアテックタイプグローブよりも薄い生地でできているグローブでメッシュ加工になっているので春夏秋の3シーズン問題なく使うことが出来ます。メッシュグローブは通気性もいいので暑い時期のツーリングにもストレス無く付けることが出来ます。メッシュグローブは薄い生地で出来ていますが雨や耐久氏絵が弱くなっています。価格も安く操作しやすく夏には欠かせないグローブなので、操作性と通気性を重視する方におすすめのグローブです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61TSmNDlQ3L._SL1000_.jpg

バイクネオプレーンタイプグローブ

ネオプレーンタイプグローブはウエットスーツの素材で出来たグローブです。ウエットスーツ素材ならではの伸縮性と雨や風を通さない素材となっています。ネオプレーンタイプグローブは夏には不向きなグローブかと思われますが、春秋冬の3シーズンは問題なく使うことが出来ます。特に寒くなって来る秋から冬にかけておすすめのグローブです。

バイクゴアテックタイプグローブ

ゴアテックタイプグローブは透湿性と防水性が強いことです。ゴアテックタイプグローブは雨の時期や冬の時期に欠かせないグローブとなっています。ただし、夏には不向きなアイテムです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61Lx-G9fiML._SL1000_.jpg
バイクのグローブには手首までしかないショートタイプのグローブと腕の半分まで多い被せることが出来るロンググローブタイプ、オフロードグローブ、レーシンググローブの4つがあります。夏などの暑い季節はショートタイプがおすすめですが、冬などの寒い季節はロングタイプがおすすめです。オフロードやレーシングといったグローブは用途用途に合わせて使用することをおすすめします。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71ogYfuJkSL._SL1000_.jpg
バイクグローブの選び方をご紹介します。選び方はまずは使いやすいことです。操作性を上げるために使用するので使いやすいものを選びましょう。そして、2つ目の選び方は用途です。オフロード用やレーシング用または、雨の日や寒い季節の日などオールシーズン使えるものは無いので3シーズン使えるものを選びましょう。3つ目の選び方は価格です。高額な金額を出したからいいものが手に入るわけではありません。高額な金額のグローンは使いやすいわけではありません。価格ではなく使いやすさが大切です。安いものでも高額なものでも使いやすい使いにくいがありますで高額というだけに惑わされないようにしましょう。基本的なグローブの選び方です。

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41Gq5I8ipGL.jpg
革グローブランキングとメッシュグローブランキングをご紹介します。ここでご紹介するグローブはランキング3位から1位までご紹介しますがどのグローブも特徴がありおすすめです。では、革グローブランキングからご紹介します。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71sWrxJH6kL._SL1001_.jpg
デイトナ ゴートスキングローブは山羊の革をしよしたグローグデザインも良く初心者ライダーからベテランライダーまで使用することが出来ます。革製品に多くあるフィット感のなさが革グローブの欠点ともいえますが、デイトナ ゴートスキングローブはフィット感を実感できます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71zybPqc3-L._SL1001_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41Z7ASsj9mL._SX425_.jpg
DEGNER TG-47iはスマートフォン対応のグローブです。長距離のツーリングなどのナビ操作には欠かせにグローブとなっています。DEGNER TG-47iは山羊の革で出来ていて柔らかくフィット性のある革です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41SNb7fjyWL._SX425_.jpg
引用: https://www.ysgear.co.jp/share/images/Products/90792G000W00/90792G000W00.jpg
ワイズギア TT-419 ウォッシャブルレザーグローブは牛の革からできているグローブで水洗いすることが出来ます。耐久性もありフィット感も良くデザインもいいので革グローブを探している方におすすめのグローブです。カラーはブラックとブラウンがあります。革の高級感を味わえる「ワイズギア TT-419 ウォッシャブルレザーグローブ」はいかがでしょうか。
引用: https://www.ysgear.co.jp/share/images/Products/90792G000W00/90792G000W00_01_02_vDv.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91oxHKHllVL._SL1500_.jpg
RS TAICHI:RST443はメッシュ生地だけでなく山羊の革を使用したメッシュグローブとなっています。そしてRS TAICHIのオリジナルプロテクターを採用した頼れるグローブとなっています。品質のいいRS TAICHI:RST443が3位になって理由は価格です。品質はいいのですがメッシュグローのなかでは少し高額なグローブとなっています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51bjCqLMPeL.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51iq-s7ZtjL.jpg
RS TAICHI:RST438はスマートフォンの操作無できる優れたグローブで品質性能共に優れたアイテムです。RS TAICHI:RST438はカラーが豊富にありブラック、レッド、ブラック/レッド、ブルーから選ぶことが出来ます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51WtkW4FeGL.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71YaEWf6faL._SL1200_.jpg
KOMINE:GK-183ははスマートフォンの操作やフィット性が優れているグローブです。また、3シーズン使うことが出来るグローブで冬の季節以外の使用におすすめです。メッシュグローブの中では価格も安くなっているため初心者ライダーにもおすすめできるグローブです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71w22NDyOoL._SL1200_.jpg
バイクグローブの夏に使うおすすめや3シーズン使えるもの、選び方などは参考になったでしょうか。バイクグローブは使いやすさや性能があり、使う方によってそれぞれです。バイクグローブは1シーズンものではないので基本的に3シーズン使えるものを選びましょう。春夏秋に使えるものなら冬だけのグローグを購入し春秋冬の3シーズングローブを購入するなら夏用のグローブの購入をおすすめします。バイク用のグローブの種類や選び方は色々ありますが使いやすいものを選びましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71AlLPWBoFL._SL1001_.jpg