Xqcvowdmiqxzoxhdshyn

CATEGORY | 車

ハイエースフォグランプled化がおすすめ?純正品の後付け交換方法など!

2018.06.10

ハイエースのフォグランプをled化させることがおすすめという情報がいろいろなところでいわれています。純正バルブからイエローに交換したり後付けなど、さまざまな方法があります。今回はおすすめのハイエースフォグランプのled化について書いていきます。

  1. ハイエースおすすめのフォグランプled化とは
  2. 純正バルブのイエローに交換?後付け?ハイエースおすすめのフォグランプled化:純正のワット数
  3. 純正バルブのイエローに交換?後付け?ハイエースおすすめのフォグランプled化:ledの利点
  4. 純正バルブのイエローに交換?後付け?ハイエースおすすめのフォグランプled化:浸水対策
  5. 純正バルブのイエローに交換?後付け?ハイエースおすすめのフォグランプled化:3型の交換方法
  6. 純正バルブのイエローに交換?後付け?ハイエースおすすめのフォグランプled化:4型の交換方法
  7. 純正バルブのイエローに交換?後付け?ハイエースおすすめのフォグランプled化:オールインワン
  8. 純正バルブのイエローに交換?後付け?ハイエースおすすめのフォグランプled化:valenti
  9. 純正バルブのイエローに交換?後付け?ハイエースおすすめのフォグランプled化:信玄
  10. ハイエースのフォグランプled化はおすすめ
ハイエースは純正装備として、フォグランプが付いております。しかし純正の場合はメインのフロントライトと比べると非常に暗く、色もイエローとなっており、いまひとつ統一感が無い状態にあります。特にハイエースの3型以降はフォグランプの明るさが今までよりも半分以上暗くなってしまっているため、これでは夜道での運転が少し不安になってしまいます。そのため、多くの人は購入してすぐにこのフォグランプの部分をled化させているという人が多いです。やはり日中にのみ運転するとは限りません。特に危険の多い夜道の運転をする際に、少しでも明るいほうが安心します。
1000000088 1
引用: http://www.hearts-hiace.jp/localhost_img/feel_image/mng_parts_img/1000000088_1.jpg
10061811 561390515024a
引用: https://www.auto-acp.com/hiace/upload/save_image/10061811_561390515024a.jpg

関連記事

3型以降フォグランプの明るさは一気に半分以下となってしまいましたが、それよりも前の型はどのくらいの明るさだったのかということとなりますが、3型よりも前の時点ではフォグランプは51ワットであり、明るさの単位であるルーメンに換算すると約1200ルーメンと、補助の電灯であるフォグランプとしてはそれなりの性能を持っていました。しかし3型以降は約半分の26ワットの電球が使用されるようになり、明るさについても約600ルーメン相当になってしまいました。最近の車にフォグランプが付いている車が無いためか、はたまた設計者側で飾りであると判断したためかは定かではありませんが、これでは物足りないものです。
P1020410
引用: https://48rider.com/wp-content/uploads/2017/07/P1020410.jpg
P1020801
引用: https://48rider.com/wp-content/uploads/2017/07/P1020801.jpg
ワット数が足りないのであればワット数の大きい電球に交換すればよいのではと考える方も中にはいますが、ワット数が大きくなると、それだけ発生させる熱量も大きくなってしまいます。3型以降の場合はあくまで26ワットの熱量に対応されたつくりとなっているため、ワット数を上げてしまうと周辺のパーツが熱で溶けてしまうということがあります。そこで役立つものが、最近では定番となりつつあるledです。今までの白熱電球と比べても熱の発生が非常に低く、それでいて明るさについても白熱電球の倍以上であるため、むしろフォグランプではあるもののメインライト並みに光るようになります。
1 / 4