Asakoy5vonvnj4hv26du

CATEGORY | 車

フォレスターで車中泊を!窓に合うカーテンは?人気のベッドマットも!

2018.08.05

フォレスターはその室内の広さで車中泊が容易に出来るようになっています。しかしどうしても段差が出来てしまうものです。それらを解消するために窓のカーテン、マットやベッドなどは効果があるのでしょうか。今回はフォレスターの車中泊について書いていきます。

  1. フォレスターで車中泊をするには?
  2. 段差解消できる?フォレスターの車中泊に必要な窓のカーテンやマット、ベッド:パワーリアゲート
  3. 段差解消できる?フォレスターの車中泊に必要な窓のカーテンやマット、ベッド:カーゴトレーマット
  4. 段差解消できる?フォレスターの車中泊に必要な窓のカーテンやマット、ベッド:リアビューカメラ
  5. 段差解消できる?フォレスターの車中泊に必要な窓のカーテンやマット、ベッド:車中泊専用マットセット
  6. 段差解消できる?フォレスターの車中泊に必要な窓のカーテンやマット、ベッド:サンシェード
  7. 段差解消できる?フォレスターの車中泊に必要な窓のカーテンやマット、ベッド:車中泊用炊飯器
  8. 段差解消できる?フォレスターの車中泊に必要な窓のカーテンやマット、ベッド:車載用冷蔵庫
  9. 段差解消できる?フォレスターの車中泊に必要な窓のカーテンやマット、ベッド:寝袋
  10. フォレスターの車中泊は段差をなくして快適に
スバルのクロスカントリーSUVとしてデビューしたフォレスター。現在ではクロスオーバーSUVとなっており、その居住性は他のコンパクトSUVと比べても非常に高いです。また、ラゲッジスペースが非常に大容量のため、荷物も多くつむことが出来ます。これだけ居住性が高いとなると、車中泊をするには非常におすすめの車となります。とはいえ、何も用意しなくても車中泊が出来るというわけではありません。フォレスターの場合は後部座席を倒すことが出来るとしても、どうしても段差が出来てしまいます。そのため、マットなどはどうしても必要となってきます。今回はフォレスターで車中泊をするために必要なグッズなどを紹介します。
引用: https://picture1.goo-net.com/7000400074/30170408/J/70004000743017040800200.jpg
引用: https://tk.ismcdn.jp/mwimgs/1/5/1140/img_15d9a1dd85b85cc486a2c0b992fb5641293329.jpg
フォレスターという車は、アウトドアなどのアクティビティを楽しみたいという人に向けた車作りをしています。そのため、最初に購入する時点でオプション装備を取り付けることでさらに車中泊を快適に過ごすための環境づくりが出来ます。パワーリアゲートは車中泊以外にも、荷物を積み込む際などにも非常に便利な装備です。リモコンや運転席から操作が可能であり、手がふさがっている状態でも用意にリアゲートを空けることが可能となっています。車中泊においては、価格は約16万円と高めですが、車を購入する際のオプションとして装備することを考えると、つけておいて損はありません。
引用: https://i.ytimg.com/vi/rZNguHG1U-E/maxresdefault.jpg
引用: https://cdn.snsimg.carview.co.jp/minkara/parts/000/006/760/834/6760834/p1.jpg?ct=6967d6321f9c
夏場はアウトドアグッズやカヤックなど、そして冬場はスキーやスノーボードなどを積み込んだりと、さまざまなものを積み込むことが出来ます。しかし、それらをつむとどうしても座席が濡れてしまったり汚れてしまいます。せっかく居住性が良い装備が充実しているとしても、シートが汚れたりしてしまっては意味がありません。そんなときに便利なものが、カーゴトレーマットです。樹脂製のトレーとなっているため、スキーやマリンスポーツ用具などを入れても座席が濡れることを抑えることが出来ます。価格は約2万円であり、社外品と比べると高いのですが、オプションのため性能は非常に性能が良いです。
引用: https://cdn.snsimg.carview.co.jp/minkara/parts/000/002/575/181/2575181/p1.jpg?ct=4900ae805c3f
引用: https://artsc.ocnk.net/data/artsc/product/20141210_e93747.jpg
最近の自動車の多くには、このリアビューカメラが標準装備されているという車が非常に多いです。フォレスターの場合はオプション装備として用意されています。リアビューカメラについては、最近では社外品として販売されているものもありますが、やはりオプションとして用意されているものの方が非常に性能が良く、さらには、駐車の際のナビゲーション機能も付いているため、駐車が非常に楽になります。車中泊においては、車を止めておく場所の安全などを確認するために使用できたりと非常に便利なアイテムです。価格は約3万5千円なので、購入時につけておくと色々便利です。
引用: http://kura1.photozou.jp/pub/726/2999726/photo/181005825_624.jpg
引用: http://subarufan.com/wp-content/uploads/2015/06/mfd_cable-2.jpg

関連記事

フォレスターの後部座席は倒すことが可能となっています。しかし、座席を倒すことが出来たとしても、どうしても段差は生じてしまいます。そんな段差をなくすためのアイテムが、マットです。マットといってもさまざまな種類がありますが、中には車中泊専用のマットセットというものも存在します。セットの内容としては、マットのほかに簡易電源などもセットになっているものもあります。フォレスターの場合は電源ソケットやUSB電源ソケットが2つ付いていますが、どうしても家族などの複数で車中泊をしたり、アイテムなどを充実させて車中泊をしたいという場合はかなり必要となってきます。
引用: http://www.rakuten.ne.jp/gold/onlystyle/carmatrev/nissan/xtreil/572.jpg
引用: http://shachu-haku.com/English/dbhmset/images/006.jpg
車中泊で快適に寝ようとすると、どうしても日光などが入ってきます。また、車中泊において問題となることは、窓から車内が見えるため、プライベートを見られてしまいやすいという問題もあります。そのようなときにおすすめのグッズが、カーテンやサンシェードです。オプション装備には残念ながら用意されていませんが、社外品ではあるものの車種専用のものが販売されています。しかしかなり高いため、多くの人はカーテンやサンシェードを自作するという人が多いです。自作の場合でも、100均で材料などをすべてそろえることが可能であるため、費用も安く済ませることが可能となります。
引用: https://cdn.snsimg.carview.co.jp/minkara/note/000/001/267/601/1267601/p1.jpg?ct=f7b5bc4c3be9
引用: http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/29/0000649429/84/img6765a933zik9zj.jpeg
車中泊の場合、外で本格的にキャンプファイヤーなどの火をたいて料理をするということも出来ますが、中には事前にコンビニなどで用意しておくという人もいます。しかしその場間と高くついてしまったりということもあります。また、バーベキューなどをする際にどうしても炊き立てのご飯を食べたいという人もいるはずです。そんな人におすすめのアイテムが、車中泊用炊飯器です。一回で炊くことが出来る量は少ないですが、車中泊においては丁度良いサイズです。通常の炊飯器はコンセントとなっていますが、車中泊用炊飯器の場合は、シガーソケットに対応しているため、車でも炊き立てのご飯を味わうことが可能となっています。
引用: https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4d/91/b2f084ea58c02fde386243339c7240c2.jpg
引用: http://www.appbank.net/wp-content/uploads/2014/06/TAKERUKUN-1.jpg

関連記事

車中泊に限らず、ドライブなどでどうしても問題となるものは、飲み物です。購入したときは冷たい飲み物でも、車内に置いておくとどうしてもぬるくなってしまいます。特に夏場の場合、施設などに遊びに行ってから車に戻るとホットなコーラになってしまうということが良くあります。この車載用冷蔵庫を車内に置いておくと、買ったときの冷たい状態を維持させることが可能となります。車中泊においては飲み物以外にも、食材を保存しておくことも可能となっています。容量は小さいため、冷蔵庫と一緒にクーラーボックスを合わせて使用するとかなりおすすめです。コンパクトのため場所もあまり取りません。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61-UX33qrEL._SX342_.jpg
引用: https://image.rakuten.co.jp/pickupshop/cabinet/reizouko/mt60f/imgrc0069683314.jpg
マットを敷いたところで、そのまま寝ても問題ありませんが、その場間と風邪を引いてしまうという可能性もあります。最低限寝袋などの寝具は用意しておいたほうが良いです。特に寝袋の場合、最近では布団のような寝心地の寝袋があったりと、寝袋もここ最近でかなり進化しています。寝袋といってもさまざまな形がありますが、その中でも非常に車中泊に向いているものが、封筒型とと呼ばれているものです。封筒型の多くは他の寝袋と接続できるものが多く、家族での使用にもおすすめです。そのほかにも、人の形をしている寝袋もあるなど、定番の形からユニークな形のものまで好みで選ぶことも可能となっています。
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41jlMoXoaXL.jpg
引用: https://yy5zymc9.user.webaccel.jp/wp-content/uploads/2016/06/4560464243543.jpg
いかがでしたか。フォレスターの車中泊はある程度グッズをそろえることでさらに快適になることがわかったと思います。フォレスターは元々がアクティビティ向けの車であるため、標準装備の時点でも車中泊に役立つアイテムがいくつか装備されています。しかし、より快適に車中泊を楽しむためにはオプション装備を装備したり、そのほかのグッズをそろえておくことがおすすめです。皆さんも、フォレスターで車中泊を楽しんでみてはいかがでしょうか。
引用: https://d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net/f/16783018/rc/2018/03/06/6d6d696858448d39238eaa6825018467efe3d2f2_xlarge.jpg
引用: https://amd.c.yimg.jp/amd/20180418-05000380-autocone-000-1-view.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://picture1.goo-net.com/7000803297/30171226/J/70008032973017122600100.jpg