Yu5eravitvwo1y6jal2k

CATEGORY | 車

アルトターボRS特集!マイナーチェンジやカスタム・内装など。

2018.08.11

スズキの4WDアルトシリーズは息の長い軽自動車。ターボRSに加えて、数々のアルトモデルを継承する車がリリースされている。内装カスタムで車中泊も可能なアルトがマイナーチェンジを予定している。スズキのアルトやターボRSの内装やカスタムをご紹介しよう!

  1. ターボRSの他にも派生車がたくさんある。スズキのアルトとは?
  2. アルトターボRSの原型!スズキのアルトをおさらい!
  3. あらゆる技術を結集した現行のスズキアルト!
  4. アルトの性能をそのままに。アルトターボRSとは?
  5. その他の特徴もご紹介!ターボRSにも生かされているスズキ・アルトの魅力とは?
  6. 2018年の中ごろにマイナーチェンジを施す予定のスズキアルト・アルトターボRSの機能を予想!
  7. カスタム次第で車中泊も可能?スズキアルト・アルトターボRSのカスタム。
  8. アルト・アルトターボRSのカスタムその1:車中泊仕様
  9. アルト・アルトターボRSのカスタムその2:リフトアップ仕様
  10. アルト・アルトターボRSのカスタムその3:エアロパーツ
  11. 小型ながら魅力的なカスタムも可能なアルトターボRSに乗って、カーライフを楽しもう!
引用: https://i.pinimg.com/564x/be/b6/51/beb6516c6ed4b62440c974125563c6db.jpg
価格、デザインやスペックなど、軽自動車を選ぶのなら候補に入れたい、4WDもあるスズキのアルトとターボRS。アルトは、2018年にマイナーチェンジを予定している人気車種。小回りの利く爽快な走りと、コンパクトながらおしゃれなエクステリアが魅力。もちろん内装にも凝っており、内装はカスタムも可能だ。車中泊もできなくもないインテリアだ。
引用: https://i.pinimg.com/564x/f4/35/54/f43554da70a3f324b89b5c1e27b6f148.jpg
日本全国で長年にわたって生産されているスズキアルト。ターボRSと、それ以外にはどんなモデルのラインナップがあるのだろうか?また、スズキのアルトの内装をカスタムすると、車中泊も可能。どれほどゴージャスにカスタムできてしまうのか。マイナーチェンジの内容も含めてご紹介しよう!
引用: https://i.ytimg.com/vi/1VjQXfFXhmw/maxresdefault.jpg
1979年に省エネ省資源、扱いやすさを売りに全国統一価格47万円で発売された初代アルト。あれから35年を経てデビューした8代目アルトには、歴代アルトが追求してきた軽自動車本来の持ち味である経済性の高さ、乗りやすさ、運転しやすさが受け継がれている。

息の長いスズキのアルトは、1979年の発売以来、現在も販売が続いているロングセラーモデル。マイナーチェンジやモデルチェンジを繰り返しながらも、最新の技術やデザインを取り入れながら、現在ではハイブリッド仕様の車よりも燃費性能がいいモデルとしても知られている。2WDと4WDから選べて、その他にもエンジン性能やデザイン性も進化を遂げている。

ベースグレード F 2WD /5MT価格 ¥847,800-

引用: http://www.suzuki.co.jp/car/alto/home/img/styling1.jpg
引用: http://www.suzuki.co.jp/car/alto/home/img/styling2.jpg
2WD・4WD 【車両重量】610~670kg 【乗車定員】4名 【燃費】27.20~29.60 l/km 【総排気量】0.658L
【エンジン】水冷4サイクル直列3気筒【全長】3,395mm 【全幅】1,475mm 【全高】1,475mm 【ホイルベース】2,460mm
進化を続けているアルトは、最初の発表から8代目を数える。2WDと4WDがありグレードはX/S/L/Fの4種類がある。カラーは7種類から選べるラインナップがあり、可愛い車体が特徴。街乗りで気楽に乗れるので、主婦や女性の人はもちろん、男性でも乗り心地のいい仕様となっている。
引用: http://www.suzuki.co.jp/car/alto/home/img/interior1.jpg
引用: http://www.suzuki.co.jp/car/alto/home/img/interior2.jpg
新型のスズキアルトは、ややこしいエクステリアやインテリアデザインは一切なく、シンプルかつプレーンながら、美しいボディラインを実現した。スズキのアルトのコンセプトである「誰からも愛されるデザインを目指して」は、そのまま車体のデザインに表れている。

関連記事

ベースグレード 2WD・5AGS  価格 ¥1,293,840-

引用: http://www.suzuki.co.jp/car/alto_turbo_rs/detail/img/alto_turbo_ZJ3.jpg
引用: http://www.suzuki.co.jp/car/alto_turbo_rs/detail/img/alto_turbo_ZVR.jpg?1527863268755
2WD・4WD【車両重量】670~720kg 【乗車定員】4名 【燃費】24.60~25.60 l/km 【総排気量】0.658L
【エンジン】水冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボ【全長】3,395mm 【全幅】1,475mm 【全高】1,500mm 【ホイルベース】2,460mm
ルーフエンドスポイラーや、パドルシフトなど、ターボ車ならではの装備が充実しているターボRS。こちらも2WDと4WDから選べる。外観のデザインは、いかにもターボらしい配色となっており、エンジンも軽量ながら燃費性能の高いものとなっている。パワフルな走りを見せてくれるアルトターボRS。内装はどのようになっているのだろうか?
引用: http://www.suzuki.co.jp/car/alto_turbo_rs/interior/img/img01.jpg
引用: http://www.suzuki.co.jp/car/alto_turbo_rs/interior/img/img03.jpg
引用: http://www.suzuki.co.jp/car/alto_turbo_rs/interior/img/img02.jpg
デザイン性の高い内装も魅力的だ。コックピットはまさにスポーティなデザインになっており、質の高いアルト本来の居心地の良さも生きている。色遣いや配置、すべてに至るまで考えつくされたインテリアとなっている。メーターデザインも凝っており、運転席に座る人の走りたい心を刺激しそう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/b3/a3/6e/b3a36e4e822f9d48867ffa54872151b3.jpg

心地いい走り

旧型のアルトであれば、大きな大人2人が運転席と助手席に座れば、体が接触してしまうほどに狭い空間がデメリットであったが、現在のスズキアルトには、そのイメージが払しょくされるだろう。広々とした車内とインテリアは居心地がよく、心地よく走ることができる。プレーンでシンプルな内装は、いちいちあれこれ考えさせない。

日常で役立つ燃費の良さ

アルトの最大の魅力のひとつは、燃費性能の良さ。ハイブリッドを除き、ガソリンで走る車の中ではなんとNo1の実力を誇っている。その秘密は、足回りや車体の改良によるもの。アルトは車体の軽量化と、車体の剛性化を両立させている。それによって、格段に燃費性能が上がった。

安全性

アルトは、安全性能の向上にも力を入れており、衝突被害軽減ブレーキであるレーダーブレーキサポートを配備しているほか、誤発信制御機能や、後方に光の合図で急ブレーキを知らせるエマージェンシーストップシグナルを完備している。それにより、より安全な走行を可能にしてくれている。
引用: https://i.pinimg.com/564x/95/a4/5f/95a45fbd7b691adefbcfd87d07fce384.jpg

S・エネチャージ

2018年のマイナーチェンジモデルに搭載されると言われているのが「Sエネチャージ」と呼ばれるシステム。現行モデルには「エネチャージ」と呼ばれるシステムが搭載されている。オルタネータからの電力をリチウムイオンバッテリーと鉛バッテリーに蓄電して、その電気を車のほかの部分に利用るすことによって燃費効率を上げるシステムだ。
Sエネチャージには、エネチャージのシステムに加えて、モーターとバッテリーがさらに追加される。それによりさらなる燃費向上が見込まれる。

燃費の向上

Sエネチャージは、同社のワゴンRにはすでに搭載されている。4年前に発表となったワゴンRのモデルにおいては、全モデルに対して、燃費が2~2.4L/km(JC08モード)も上昇を見せている。今回のスズキアルトに搭載されるであろうSエネチャージも、同等の燃費向上が期待できる。そうなると、アルトは恐ろしいほど燃費のいい軽自動車へとさらなる進化を遂げるだろう。

ハイブリッドの搭載?

すでにスズキの軽自動車に搭載済みのハイブリッド機能を持つ「マイルドハイブリッド」。各方々にて、この機能の搭載があるのではないかという予想がなされている。Sエネチャージに加えて、マイルドハイブリッドを搭載することになれば、燃費向上と走行性能の向上を意味する。
マイルドハイブリッド(英語: Mild hybrid)とはハイブリッドカーの一形式。通常の乗用車に搭載されている発電機(オルタネーター)を強化して、内燃機関(エンジン)の補助モーターとしても利用できるようにしたものである。電動機(モーター)のみで自走可能なハイブリッドシステム(フルハイブリッド)とはシステムが異なる。

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/a8/92/ec/a892eccbdd5dd2a518a4905727b36fe1.jpg
走りと燃費に評価の高いスズキアルト。快適にカスタムすることも可能だ。また、カスタムすることにより車中泊も可能となる。以下に、アルトの車中泊できるカスタムなどをご紹介しよう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/f8/2a/b3/f82ab3fb82ccd8291ca43935a4f78496.jpg
軽自動車ながら4WDもあり、ハイスペックで見事な走りを見せてくれるであろうアルトターボRS。マイナーチェンジが待ち遠しい。いかにも早く走りそうな外観と、実際の走り、内装のゴージャスさが魅力だ。カスタムすれば、車中泊すら可能になってしまう、可能性が詰まったアルトターボRS。小型ながら魅力的なカスタムも可能なアルトターボRSに乗って、カーライフを楽しもう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://www.suzuki.co.jp/car/alto_turbo_rs/detail/img/alto_turbo_ZJ3.jpg