Qtf2cbodtb5xcyxl0h3l

CATEGORY | 車

スポーツカーおすすめ【2018】国産・外車おすすめ!新車・中古価格も!

2018.05.28

一般的な車とはカッコよさが異なるスポーツカーは主に男性の自己満足度が高く、乗せる女性もキュンとする人が多くいるジャンルとしておすすめです。今回はそんなスポーツカー市場から2018年おすすめの車両を中古から新車まで外車・国産含めて丸っと紹介していきます。

  1. 【2018年版】国産&外車おすすめスポーツカーを新車中古価格を添えてご紹介!
  2. 【2018】国産おすすめスポーツカー「日産 フェアレディZ Heritage edition」
  3. 【2018】国産おすすめスポーツカー「トヨタ 86GR」
  4. 【2018】国産おすすめスポーツカー「マツダ RX-7」
  5. 【2018】国産おすすめスポーツカー「ホンダ NSX」
  6. 【2018】国産おすすめスポーツカー「スバル BRZ」
  7. 【2018】国産おすすめスポーツカー「ダイハツ コペン」
  8. 【2018】外車おすすめスポーツカー「ポルシェ 911」
  9. 【2018】外車おすすめスポーツカー「BMW M2」
  10. 【2018】外車おすすめスポーツカー「アウディ R8」
  11. 【2018】外車おすすめスポーツカー「フォルクスワーゲン The Beetle」
  12. 【2018】外車おすすめスポーツカー「ルーテシア ルノー・スポール」
  13. まとめ【スポーツカーを乗りこなそう】
街に繰り出せばたまに見かけるスポーツカーはどの時代でも男のロマンとして乗り継がれている車の一ジャンルです。最近では若者の車離れなどの影響や排ガス規制などの風を受けて以前よりも見なくなった傾向もありますが、それでも人気は衰えていません。
そんな見てるだけでも目が追いかけてしまう魅力的なスポーツカーは実際どんなものがあるのでしょうか。そこで今回は2018年最新版と称しまして、国産・外車のスポーツカーを新車・中古価格と共にご紹介させていただきます。

関連記事

引用: https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/1112/451/047_l.jpg

新車$4,080,240円~/中古は出たばかりのため不明

1969年に初代S30が誕生した日産のフェアレディZは今もなお根強い人気を持つシリーズとして君臨するモデルです。そんなフェアレディZの新モデルとして2018年に登場したのが「フェアレディZ Heritage edition」。北米で愛されていた1977年の「280Z」のデザインを受け継いだこのモデルは当時人気を得たレーシングストライプが蘇っています。
2018年発売して間もない現在は中古価格が出回っていないですが、新車価格は4,000,000円前後となっていました。
引用: https://d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net/f/16783018/rc/2018/03/19/348a615016b521610f8bc6cc5535eed255553902_xlarge.jpg
Pctniaffzjlywslvpfly
引用: https://www.instagram.com/p/BWsQm0Glean/?tagged=%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF86grmn

新車$4,968,000円~/中古$4,300,000円

モータースポーツで手に入れたノウハウを利用した足回りにこだわりをもつ「トヨタ 86GR」はトヨタの新ブランド「GR」の一角をなす一台です。86GRに施されたインテリアはアルカンターラを使用した専用のレカロシートで高級感と体を包み込む快適な座り心地を実現し、運転中の姿勢をサポートします。
引用: https://toyota.jp/pages/contents/86/001_p_015/image/grade/gr/86_grade_grs_exterior_pic_1.jpg

新車$3,100,000~4,000,000円/中古$1,000,000円~7,000,000円

Uybfoxwhtv7lec0ryeqg
引用: https://www.instagram.com/p/aoRXYamR-Y/?taken-by=rx7nation
マツダがかつて販売していたRX-7は2002年頃に排ガス規制などによって生産を修理したモデルですが、今でも中古車が根強い人気を持ち愛用する人は少なくありません。
そんなRX-7はロータリーエンジンでオイルももりもり食べてしまう燃費ですが、外見がカッコよく数々のレースゲームや「頭文字D」といったアニメ漫画作品にも登場するため知っている人も多数存在すると思います。
すり抜ける様なスラっとしたデザインはスマートで人間で言うなら細身のシェイプをした爽やかイケメンといった顔立ち。

新車$23,700,000円~/中古$4,000,000円~25,000,000円(年式などによる)

1990年に2シーターのスポーツカーとして初代NSXが誕生したこのモデルは今や最高市場価格が数千万円規模にもなる高級スポーツカーの1つです。新型NSXは環境に配慮したハイブリットモデルでありつつ今までとは違った4種のドライブモードを装備しています。
それらはそれぞれ「Quiet」「Sport」「Sport+」「Trac」という4種のモードであり、手元のダイヤルを回せば静音設計になったりスポーツカーとしての走行を味わうモードにしたりと気分でまったく違った走りを見せてくれます。
引用: http://www.honda.co.jp/NSX/image/pic_config.jpg
Zibtoqju3zgguxihgzl3
引用: https://www.instagram.com/p/Biqwq1Fjayb/?tagged=%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%ABbrz

新車$2,430,000円~$3,591,000円~/中古$1,090,000~4,000,000円

スバルと言えばWRCで走る青のインプレッサのイメージが強いですが、2012年にトヨタとの共同開発で生まれた新たなスポーツカーモデル「BRZ」は根強い人気を持つモデルとして開発が進められているモデルです。トヨタとスバルの両方のコンセプトが取り入れられた思いの込められた「BRZ」が安心と運転の楽しさを教えてくれるでしょう。
中でもSTIはBRZの最上位機種として走り、質感、スタイルなどすべてにこだわりが持たれています。
引用: https://www.subaru.jp/brz/brz/content/top/img/top_mainvis.jpg
Rhcryle0w1xkuasp0u12
引用: https://www.instagram.com/p/BjBjLAuj8nq/?tagged=%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%8F%E3%83%84%E3%82%B3%E3%83%9A%E3%83%B3

新車$1,852,200円~/中古$500,000円~1,800,000円

軽自動車のオープンスポーツカーとして人気を持つコペンの新型モデルはコペンの名前を受け継ぎ進化を遂げたモデルです。小さくて可愛らしくもあり、コンパクトなのにカッコいいという外見をしながら独自技術で強度を上げられた装甲、さらにスポーツカーにもかかわらずリッター25km走る燃費の良さを持ちます。
税金も安く済むように設計されているため維持費も他のスポーツカーと比べたら安くコンパクトなスポーツカーを楽しみたい方にはうってつけです。
引用: https://www.daihatsu.co.jp/lineup/copen/img01_index/01_02.png

新車$12,000,000円~/中古$9,800,000円~

外車スポーツカーの定番としてポルシェ911は車好きなら誰もがあこがれを持つモデルです。車体形状や丸くて可愛らしくもあるヘッドランプは初代から今まで受け継がれているデザインで伝統を重んじたトラッドなカーデザインが魅力を持っています。
引用: https://files2.porsche.com/filestore/image/multimedia/none/jdp-2016-991-2nd-c2-editorial-xl/normal/fde0b87d-3452-11e5-8c35-0019999cd470;sB/porsche-normal.jpg

新車$7,680,000円~/中古$5,300,000円~

クラシカルなロゴデザインが目をそそるBMWのMシリーズで最も新しいのがM2。2016年発売の新車でありコンパクトに抑えた車体がギャップを感じさせてくれます。それでいてパワフルなツインパワーターボエンジンが装着されているというのも特徴の1つ。
引用: http://bmw-m-heat.jp/images/index/about_power.jpg
F8g7bbjcsvdvcwh4jg1d
引用: https://www.instagram.com/p/BRw8UjoFCa7/?tagged=%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%87%E3%82%A3r8

新車$24,560,000円~/中古$7,500,000円~

ドイツの4大自働車メーカーの1つに君臨するアウディは4つの輪っかが結ばれるロゴデザインが特徴的なメーカーです。その中でもR8はアウディのスポーツカーのトップに位置するモデルであり、V型8気筒DOHC搭載で誕生しました。
その後のモデルチェンジではさらにスペックを上げてきており、エンジン自体はランボルギーニの車種と同じコンポーネントを使用するなどこだわりを持っています。
引用: https://www.audi.co.jp/content/dam/nemo/jp/models/r8/my17/r8/top/my17_r8_top_ga02.jpg.resize.maxWidth=1180.jpg

新車$2,399,000円~/中古$2,000,000円~

フォルクスワーゲンのビートルはカラフルなデザインが揃えられているポップなスポーツカーとして世界中の人々を笑顔にするモデルです。
引用: https://sp.volkswagen.co.jp/volkswagen-r/r-line/img/beetle/main01.jpg

新車$3,150,000円~/中古$1,300,000円~

ルノーのモータースポーツ活動の中心的存在となるスポールはこれまでのレースで培われた技術が集約した数少ない独自のスペックが組み込まれたモデルです。その走りは過酷なレース環境だけでなく、公道でも他の車とはまったく異なる「ありふれない走行」を可能にしているのが特徴。
引用: http://www.renault.jp/car_lineup/lutecia_rs/img/lutecia_rs_top_img_gallery01_ex.jpg

関連記事

Gpf9joh0lwucuqh15d1o
引用: https://www.instagram.com/p/BjBcwOKDebe/?tagged=%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84%E3%82%AB%E3%83%BC
ここまで2018年版として主に新しめのモデルのスポーツカーを国産・外車ともに紹介させていただきました。排ガス規制の影響などでスポーツカーはメーカーサイドも作るのが大変になっている昨今ですが、作られなくなっても中古スポーツカー市場は盛んに経済が動いています。
それだけ需要のあるスポ-ツカー市場に自らも飛び込んでみてはいかがでしょうか。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BjAAfazgvnT/?tagged=%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84%E3%82%AB%E3%83%BC