Qjkvbzpnv61d5xchjdl7

ファッション

CATEGORY | ファッション

ウール生地・素材特集!特性・特徴・種類を基本から丁寧に開設!

2018.05.20

ウール素材を生地に使った服などがありますが、そのウールにはどのような特徴があるのでしょう?また様々な素材がある中で、ウール生地には特性としてメリットやデメリットがあるんです。そこで今回はウール生地の注目して、その特性や特徴、種類などを解説していきます。

  1. 生地に使われるウール素材とは?
  2. メリノウール生地の中でも愛され続けている素材の種類
  3. 【生地に使われるウール素材の特性と特徴】汚れにくい
  4. 【生地に使われるウール素材の特性と特徴】伸縮性と保温性に優れている
  5. 【生地に使われるウール素材の特性と特徴】弾力性がある
  6. 【生地に使われるウール素材の特性と特徴】涼しく感じさせる
  7. 【生地に使われるウール素材の特性と特徴】エコにもなる
  8. 【生地に使われるウール素材の特性と特徴】水の影響を受けやすい
  9. 【生地に使われるウール素材の特性と特徴】毛玉になりやすい
  10. 【生地に使われるウール素材の特性と特徴】虫食いにあいやすい
  11. 生地に使われるウール素材に似ている獣毛の種類
  12. ウール生地・素材特集!特性・特徴・種類を基本から丁寧に開設!のまとめ
引用: https://i.pinimg.com/564x/da/3e/f9/da3ef9afc13949c397e8e8d7896a2997.jpg
様々な生地に使われるウール素材とは、そもそも一体どんなのもなのかというと、羊の毛の事を言います。またオーストラリアは世界の中でも生産量が多い国になっており、ウールの繊維の細さによってもランクがあるんです。

メリノウールは最も高級なウール素材

引用: https://i.pinimg.com/564x/ff/c0/fa/ffc0fa9a87ad470f764a8b62aa1f559b.jpg
そんなウールの中でも最高品質と言われているのが、メリノウールなんです。メリノウールはウール素材のなかでも、代名詞ともされるほどの高級なウールになっているんです。他のウールと比べても、とても柔らかく光沢感が特徴的です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/d0/ce/8e/d0ce8ebd92335b56d1551f1cd0be8d6a.jpg
メリノウールは高品質な事から高級なウール素材とされていますが、そのメリノウールでも様々な種類があるんです。こちらではそんなメリノウールの中でも、最も愛され続けているメリノウールの種類について以下に紹介していきます。

フランスメリノウール

引用: https://i.pinimg.com/564x/fd/e6/f2/fde6f24ad9c4271b19c4b3cdd88d6b05.jpg
メリノウールの中でも愛され続けている種類には、フランスメリノウールがあります。フランスメリノウールは、フランスの中でも限られた地域で飼育されているので、生産量が少なくなってしまっている種類でもあります。

オーストラリアメリノウール

引用: https://i.pinimg.com/564x/f7/d6/57/f7d657aca7686fb76d0aa4d0b8b2ad00.jpg
オーストラリアメリノウールは、他のメリノウールに比べても、繊維が長くその白さが際立つ種類となっています。またその質感も柔らかい事から、メリノの中でも高級素材とされています。

ニュージーランドメリノウール

引用: https://i.pinimg.com/564x/e8/00/03/e800037706552fc21e15625b840fc875.jpg
メリノウールの次の種類には、ニュージーランドメリノウールがあります。ニュージーランドの山岳地帯だけで飼育されていることもあって、オーストラリアメリノウールよりも比較的に生産量が少ない素材でもあります。しかしその希少価値は高く、柔らかな質感が特徴的な種類でもあります。
引用: https://i.pinimg.com/564x/c5/3d/d6/c53dd63f490d025538da7242f2198175.jpg
衣類に使われる素材には様々ありますが、その中でも生地に使われるウール素材には、どのような特徴や特性があるのでしょうか?そんなウールには汚れにくい特性があるんです。ウールはもともと、撥水性に優れた素材になっており、水溶性のものをはじいてくれるので他の素材と比べても、汚れにくい素材でもあるんです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/6c/b2/b3/6cb2b3043124d2f4b76d034e8de644b2.jpg
次のウールの特性と特徴には、伸縮性と保温性に優れた素材になっています。ウールには豊富な空気が含まれているので、伸縮性に優れ繊維が絡み合っている事から高い保温力にも優れているのです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/b2/cd/3e/b2cd3e72eddc4a0662cb71945f9cb109.jpg
ウールの特性と特徴には、伸縮性や保温性に優れているだけでなく、弾力性もあるんです。高い弾力性を誇ることで、型崩れしにくくシワにもなりにくい素材となっているんです。またたとえシワになったとしても、他の素材に比べても簡単に戻すことができます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/8a/46/fb/8a46fb8878f94c59f18fa63c298277bc.jpg
またウールには涼しく感じさせる特性もあります。ウールは空気を豊富に含んでいることもあって、空気中の湿気を吸収し、熱を発散してくれる効果もあるんです。その為、暑い夏でも涼しく感じさせてくれるのです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/8a/f9/5a/8af95a4ac3c8e7afbd50301e47425baf.jpg
ウールは他の素材に比べると、エコにもなる素材となっています。そもそもウールは天然の羊の毛からできているので、土に埋めると微生物が分解してくれ土に還すことができる素材でもあるんです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/1b/ef/29/1bef2922ee268595d87597144d2768c9.jpg
生地に使われるウールの特性や特徴には、水溶性の汚れをはじいてくれる効果もありますが、水の影響を受けやすい素材でもあるんです。その為、洗い方によっては縮んでしまうこともあるので、選択する際には十分に注意しなければいけないのです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/93/1c/41/931c41b46144b80432010d5942b0bee6.jpg
またウールは他の素材に比べると、毛玉ができやすいデメリットもあります。ウールの繊維はうろこ状になっている事から、他の素材に比べると毛玉になってしまうこともあるのです。また絡みやすいということもあって、フェルト状になることもある素材なのです。

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/68/4e/09/684e0928e159291c980054bdcb5490e3.jpg
ウールは天然のたんぱく質からできている素材ということもあって、ナイロン素材やポリエステル素材などに比べると、比較的に虫食いにあいやすい素材でもあります。ウールは地球に優しいエコの素材にもなりますが、それだけ虫食いあいやすい素材でもあるので、保管をする際には十分に注意しなければいけないのです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/c8/c9/9c/c8c99c1125c525e3ae343dcca8be665b.jpg
ウールは羊の毛からできている素材ですが、その他にもウールに似た獣毛の種類もあるんです。ウールの特性や特徴には、熱伝導率が低いので夏は涼しく感じさせ、冬は暖かく感じさせてくれる素材になっていますが、その他の獣毛の種類によっても様々な特徴があるんです。こちらではそんなウールの他の獣毛からできている素材の種類を以下に紹介していきます。

カシミヤ

引用: https://i.pinimg.com/564x/e3/30/1a/e3301a218ebc4b3ddcaa4e9261e849c4.jpg
一つ目の獣毛の種類には、カシミヤがあります。カシミヤは高級素材として知られている素材となっており、カシミヤ山羊からできている素材なのです。その質感はとても柔らかく、快適な肌さわりを提供してくれる素材となっています。

モヘヤ

引用: https://i.pinimg.com/564x/7b/9a/96/7b9a96c6ea7b56ce1985585bcf24cddc.jpg
ウールの他の獣毛の種類には、モヘヤ素材もあります。モヘヤ素材は特殊な技術が必要としている為、ウール素材などよりも生産量が低く高級素材としても知られています。その質感はとても滑らかでありながらも耐久性に優れ、美しい光沢感が特徴の素材となっています。

アルパカ

引用: https://i.pinimg.com/564x/c2/78/79/c27879159b89df31393c40fd1ab92587.jpg
アルパカといえば可愛いイメージがある動物ですが、実はそのアルパカからもできていたんです。またそんなアルパカ素材の中でもスーリー種のアルパカは、とても希少価値が高いため、超高級素材となっているんです。

ラビット

引用: https://i.pinimg.com/564x/12/7a/db/127adb50c450c6c897aa435bd13ff476.jpg
ラビットを素材にしているイメージがあまりないという方もいると思いますが、実はラビットの毛を素材に利用しているんです。そんなラビットの毛を利用している種類には、野ウサギやアンゴラウサギなどの毛を使っていることが多いそうです。またそのラビット素材のなかでも、アンゴラウサギは美しい光沢感の中にも軽量性と吸湿性に優れている事から、高級素材として知られています。

キャメル

引用: https://i.pinimg.com/564x/ea/a7/3a/eaa73aa0d1a871b36ec56dbb08c6f8e1.jpg
キャメルはラクダの毛を使った素材になっており、同じラクダ科のアルパカよりも品質が悪い素材だとされています。またその毛色は脱色することができない事が多く、そのままの毛の色を使って素材にしていることが多いんです。またその毛の色は漂白しても取れないということもあることから、一部の方からは注目されている素材でもあるんです。

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/9a/03/e4/9a03e47e569235db7c014cef78bc870d.jpg
ウール素材とはどのようなものなのかおわかりして頂けましたか?ウール素材は基本的に羊の毛からできていますが、その中でも種類がありメリノウールが最も高品質な素材として人気を集めています。ウールは水の影響が受けやすい特性がある素材ですが、保温性、伸縮性、撥水性、弾力性などの様々な機能性に優れた素材となっているんです。また天然のタンパク質からできていることもあって、地球に優しいエコ素材でもあるんです。そんなウール素材は色々なアイテムにも採用されているので、その機能性を実際に体感してみて下さい。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/bd/72/8b/bd728b37e41b0ffc4c8e3beafeff3331.jpg