Ur19fqhcmj8ad5yxi3xq

旅行

CATEGORY | 旅行

旅行中の洗濯:脱水・洗剤・洗濯袋・手洗い…これで旅行の洗濯は完璧!

2018.05.19

二泊三日以上の旅行になると困るのが、洗濯。長期になる旅行や出張は1週間以上になると着る服が無くなりそこで旅行中に使える洗洗濯の必要がでてきます。洗濯方法や脱水方法、手洗いの方法から、ロープ・袋などの役に立つグッズまでご紹介します!洗濯方法を知れば楽しい旅行を!

  1. 旅行中困るのが洗濯
  2. 旅行中に使える洗濯アイテム①洗剤
  3. 旅行中に使える洗濯アイテム②ロープ
  4. 旅行中に使える洗濯アイテム③洗濯袋
  5. 旅行中に使える洗濯アイテム④洗濯板
  6. 旅行中の手洗い洗濯方法
  7. 旅行中の手洗い洗濯方法①洗浄力を上げるならお湯
  8. 旅行中の手洗い洗濯方法②泡はしっかり落とす
  9. 旅行中の手洗い洗濯方法③汚れが無くなるまで念入りに
  10. 旅行中の手洗い洗濯方法④脱水はしっかりと
  11. 旅行中の手洗い洗濯方法⑤干すのは乾燥した部屋に
  12. まとめ
引用: https://i.pinimg.com/564x/63/80/e9/6380e9d4c74ba54ddbcd53c318a95e61.jpg
旅行先で困るのが洗濯ものです。旅行先によって洗濯機があったり近くにコインランドリーがあるとは限りません。そこで、どうしても洗わなくてはならない時があります。そうなったときにあるとうれしいアイテムをご紹介します。旅行が1泊2日でも汚れてしまうこともあります。旅行が長くなってしまうとさらにそのケースが増えてきます。旅行するなら最低取り揃えて置きたいアイテムは次の通りです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/00/a1/1e/00a11e2e450eef5374776e7d9958483d.jpg

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/41/1c/21/411c21f9e2fca5196a8db381f782504c.jpg
旅行中に必ず準備したいアイテムは「洗濯洗剤」です。旅行先で洗濯機があったとしても洗剤が無くては使えません。そしてすべての宿泊先に洗剤がある訳でもありません。なので、洗濯するしない関係なく旅行の準備に少しは入れておきたいアイテムです。もし、洗濯が必要となった場合、コンビニなどあればいいのですが、基本的にない所もありますので、準備が必要です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/5b/a4/35/5ba4350cc7d9263ddc44c52dd5bd2a03.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/97/62/7e/97627e5f98722a71ee52400d15b05308.jpg
旅行中に選択するのに必要なのはロープです。洗濯物を干すのにハンガーを持っていくのはいい案ですが、ハンガーは荷物としてはかさばるもので、詰め込むことでハンガーが破損してしまう可能性もありますので、基本的には持っていきたくないアイテムです。その代わりソープは助かります。ロープは荷物にかさばることなく荷物に詰め込めます。そして、ハンガーでは干せる数が限られてきますが、ロープなら部屋の端から部屋の端まで干すこともできます。旅行には準備しておきたいアイテムです。洗濯ロープは近年ホテルなどに完備されているところもあります。宿泊先に確認することで荷物を減らすことも出来るかもしれません。
引用: https://i.pinimg.com/564x/5b/64/ed/5b64ed649451f05514a5649602b84e7a.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/37/0b/4c/370b4c786af81806795f38a6736f5041.jpg
旅行中に使えるアイテムは「洗濯袋」です。手洗いする方には必要ないものですが、洗濯機で洗う方は必ず持っていきたいアイテムです。洗濯機で洗う場合は洗濯袋がない場合忘れてしまったりしてしまいます。そうならないためにも洗濯袋は準備しておきたいアイテムです。洗濯袋があれば忘れることもなく衣類を傷める可能性が抑えることができます。洗濯機で選択するなら必ず洗濯袋を持っていくことをおすすめします。
引用: https://i.pinimg.com/564x/dc/01/61/dc0161b6b3690857759dee264a74ceb2.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/15/82/f0/1582f07457508de63e8837ed8b0fe30c.jpg
旅行中にもっていきたい使えるアイテムは「洗濯板」です。旅行先に必ず洗濯機があるとは限りません。そうなると手洗いしかありませんが、手洗いだと落とせる汚れにも限界があります。そこでおすすめするのが洗濯板です。洗濯板は手間がかかりますがしっかり汚れの落とせるアイテムで旅行には役立つアイテムです。そして、洗濯板は100均一などで購入でき、100均一などで購入できる洗濯板はコンパ口なものが多くあるので旅行バックの中に邪魔になることなく持ち運ぶことができます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/e6/21/f6/e621f654e0532c511fb404968627b8f2.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/75/af/7b/75af7b52df9474d0b23f32c41f20a03e.jpg
旅行中の基本的な手洗い方法をご紹介します。また、手洗いにおけるコツをご紹介します。旅行中における手洗い方法は1、浴槽があれば浴槽に選択する衣類を入れます。2、衣類がつかるまで水を入れ適量の洗剤を入れます。3、洗濯ものが多い場合は踏み洗いをし、少ない場合は1つずつ洗います。4、しっかりと濯ぎロープなどに引っ掛けて干します。これが基本的な手洗い方法です。洗濯板などがあればしっかりと洗うことができますが、わざわざ旅行のために洗濯板を購入するのは手間だという方はしっかりと手洗いすることをおすすめします。
引用: https://i.pinimg.com/564x/a4/94/00/a49400771943632331b1454bf411a989.jpg

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/1c/a0/6d/1ca06daa1e58615f281149c4d6010175.jpg
手洗いはどうしても洗浄力が弱くなり洗剤を多く使ってします。そうすることで手や衣類を傷めてしまいますのであまりしたくないことですが、洗濯機のように洗浄力のように出したいときにおすすめする洗い方は「お湯」です。お湯は汚れを浮かせることができ水で洗うよりも洗浄力が上がります。なので、旅行中の洗濯で手洗いをするときは水でなくお湯を使って洗濯をすることをおすすめします。洗濯機を使用してお湯で洗う場合は50℃ほどのお湯が適温なのですが、手洗いをするのに50℃は厳しいので、手洗いする時は40℃から42℃ほどの人が触っても熱いと感じない程度がおすすめです。40℃から42℃のお湯で洗っても皮脂汚れや洗剤の効果が高まりますので旅行先で洗う時はお湯がおすすめです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/2d/af/0a/2daf0aca504c313c8edcab40d320c50d.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/c3/d7/66/c3d76620bd58f852855674cc1ac78220.jpg
手洗いするとどうしても洗剤が残ってしまうことがあります。洗剤が残ることでせっかく落とした汚れや匂いを服に付けていると同じ事になり、一生懸命洗っても臭いが落ちなかったり、乾いたときにくさい臭いとなってしまいます。なので、しっかり洗剤は落とすようにしましょう。洗剤を服に残さない方法は洗剤量を少なくすして洗う方法と衣類に洗剤を直接つけない方法があります。洗剤量を少なくして洗うことで衣類に洗剤は残りにくくなりますが洗浄力が落ちますので、少ない洗剤で確実に汚れを落とさなければなりません。衣類に直接洗剤を付けない方法ですが、バケツや洗面器などで泡を立てたり薄めてから洗う方法です。こちらの洗い方は汚れも落とせます。ですが、バケツや洗面器などが必要となってきます。旅行先にこういったものは邪魔なアイテムとなります。
引用: https://i.pinimg.com/564x/c5/4e/62/c54e62991c9fbd33ab27ce0ee4c2f73f.jpg
旅行中関係なく手洗いは今の洗濯機の何倍も洗浄力がなく汚れが落ちません。なので、汚れている部分はしっかりと汚れが落ちるまで念入りに洗わなければなりません。洗い残しがあると洗濯物は特に嫌な臭いになって悪臭へと変わります。なので汚れが落ちるまで洗うようにしましょう。特に夏場のシャツや下着は念入りに洗うことをおすすめします。ただし、洗いすぎや力を入れ過ぎて洗うと服が傷みます。洗剤量や力を加減して洗うようにしましょう。洗濯はを洗剤量を増やしても洗浄力が上がるものではありません。洗剤量を増やすことで服を傷め手も傷めることになるので規定量を守りよごれを落とすようにしましょう
引用: https://i.pinimg.com/564x/ef/c1/8b/efc18b61b50c92590dcb00efe1ace38f.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/08/f1/ea/08f1eafeccf79f6c2e49446ada90c475.jpg
手洗いで1番難しく困難になるのが、脱水です。洗濯機ではボタン一つで遠心力を活かし簡単に脱水を行ってくれますが、人力で脱水するのはかなり力がいりしっかりと脱水しないと乾きません。そして、生乾きのようなにおい残りもします。といって力ずよくやりすぎると服が傷みます。なので、手洗いの脱水方法は雑巾のように絞るのが1番脱水できますが服が傷みますので、足で踏むように脱水をすることをおすすめします。少し時間がかかりますが、服を傷めずに脱水することができます。脱水するのが手間だという方はエアコンなどの掛かった換気の良い部屋で水が垂れない程度まで脱水すれば下着やシャツぐらいなら半日で乾きます。ただし、靴下は半日では乾きません。
引用: https://i.pinimg.com/564x/a3/bc/a1/a3bca1dead92a003c43e33e44067ef89.jpg
ホテルなどに泊まると部屋の中ではなくお風呂場の中にロープを貼れるような設備になっている場所が多くあります。そして、お風呂場内の換気を良くするために調整もついていて普通の家よりも喚起力が強くなっています。経験がある方が多いと思いますが、実は換気を強めたお風呂場に洗濯物を干していても乾くことはありません。そして、ロープが張られている場所も多いですが、ロープ自体清潔とは言えません。また、お風呂場で干すことにより部屋干し用洗剤を使っても生乾きのようなにおいを発してしまうこともをあります。なので、1日で早く乾かしたい方は寒気のいい場所で干すことをおすすめします。特にエアコンを使う時期はエアコンの風が流れやすい所に洗濯物を干すようにしましょう。エアコンの付いた部屋で干すと薄いシャツ類や下着などは半日もかからず乾きます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/e3/b5/09/e3b50950a5d49cf58d0d766a70e40f1b.jpg
旅行先の洗濯の方法は参考になったでしょうか。旅行中の洗濯に必ず必要なのは「洗剤」「洗濯袋」「洗濯板」「ロープ」です。どれもかさばるアイテムではないので、旅行には準備しておくと何かしら助かるアイテムです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/15/82/f0/1582f07457508de63e8837ed8b0fe30c.jpg