Ih1rn4bc2s046z5ixzh3

ファッション

CATEGORY | ファッション

ポリエステル100%の服の洗濯方法と注意点!しわや毛玉の取り方は?

2018.05.20

ポリエステル100%の服を洗濯する時、何を注意したら良いのでしょうか?服のトラブルはしわや毛玉等たくさんあります。ポリエステル100%の服も例外ではなく、そのような問題があります。今回この記事では、しわや毛玉にならないための洗濯方法やその取り方を解説します。

  1. ポリエステル100%の特徴とは?
  2. ポリエステル100%衣類にしわ等の問題が起きない洗濯の仕方①そもそも洗濯機は大丈夫?
  3. ポリエステル100%衣類にしわ等の問題が起きない洗濯の仕方②汚れに注意
  4. ポリエステル100%衣類にしわ等の問題が起きない洗濯の仕方③洗濯機のモード
  5. ポリエステル100%衣類にしわや毛玉ができてしまったら①布を当ててアイロン
  6. ポリエステル100%衣類にしわや毛玉ができてしまったら②眉切りやハサミ
  7. ポリエステル100%衣類にしわや毛玉ができてしまったら③カミソリ
  8. ポリエステル100%衣類にしわや毛玉ができてしまったら④スポンジ
  9. ポリエステル100%衣類にしわや毛玉ができてしまったら⑤市販の毛玉取り
  10. まとめ
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51OBGOZ0c3L._SY355_.jpg
様々な衣類に使われているポリエステルなのですが、これだけたくさんの衣類に使われるということはそれだけの理由やメリットがあるためです。ワイシャツやブラウス、ジャケットやカバン等々衣類だけではなく、他のものにもたくさん使われうポリエステルなのですが、何より待機力に強い点が評価され多くの衣類に使われております。ポリエステルは自然の繊維ではなく、化学合成繊維のため力強くなっており、多少乱暴に扱っても破れたりすることはありません。また、植物由来等ではないため、虫食いからも予防することができ管理も非常にしやすい素材となります。そのほかにも、他の繊維とは違い、しわができにくい構造となっており、そしてポリエステル繊維の衣類は軽いため、旅行等に多少持って行っても他の衣類に比べても重さがありません。ポリエステル繊維の衣類は色々なものに使われますが、吸湿性が低いという特性から、夏用の衣類やスポーツ用品等によく使われます。汗等でベタつくと嫌がる人にはもってこいのものになります。風も通しやすいので汗がすぐ乾くし、洗濯しても乾燥機等を使わなくても簡単に乾いてくれます。このように、ポリエステル繊維の衣類は、使い勝手がよく管理も簡単なので人気があるのです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91Q2kdu3S4L._SX425_.jpg

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71bWAavAKKL._SX679_.jpg
ポリエステル100%との衣類と聞くと、そもそも普段通り洗濯して良いのか悩みますよね。変な洗濯の仕方をしたら、しわや毛玉の原因にならないか心配になります。結論から言えば洗濯機にかけてしまっても全く問題はありません。しかしそれには例外ももちろんあります。必ずポリエステル100%の衣類を洗濯する場合は、タグについている洗濯表示をまずは確認してください。その中で気をつけなければならないのは、洗濯表示が水洗い不可になっているものです。当然ながらそのような衣類は、普通に洗濯しては痛みの原因になりますので、必ずそのような表示がないか確認を行なってください。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81lej2-T%2BqL._SX679_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/918VIzBFz7L._SX425_.jpg
ポリエステルは色々とメリットもあるのですが、その反面どうしてもデメリットも存在します。そのデメリットの一つとして、汚れが落ちにくいということがあります。通常の衣類と違いポリエステルの衣類は、繊維の吸湿性が低くそのせいで水が止まりにくくなっております。そのせいで汚れをしっかりと落とすことができずに、汚れが洗濯のたびに蓄積していくのです。その結果、なかなか取れない汚れが蓄積のため頑固となり、最終的には落としにくくなるということです。こうなる前に、まずは洗濯をする時には汚れたものと一緒にして洗濯を行わないことです。できることなら洗濯を分けてやりたいのですが、そうもいかない場合はちゃんと洗濯ネットに入れて分けるようにしてください。そして汚れがついてしまったら、洗濯用洗剤を汚れの部分につけて、つけ起きしてから洗濯すると汚れが落ちやすくなります。どうしてもポリエステルの衣類は汚れが蓄積しやすいので、汚れが目立ってきたらこまめに下処理をしてから洗濯機を使うようにしましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71DXQWe0%2BmL._SX679_.jpg
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41%2Bu5FtCAGL._SX342_QL70_.jpg
ポリエステルの衣類を洗濯する場合は、洗濯機のモードも適切なものにしなくてはなりません。なぜならそれを怠ると、ポリエステル衣類に毛玉ができやすくなるからです。洗濯機のモードはドライコースにして、水流を抑えるのが望ましいのです。何故なら水流が強かったりすると、ポリエステル衣類に余計な力がかかることになります。服同士が擦れることで、摩擦が生まれて毛玉が生成されやすくなります。毛玉の取り方は非常に慎重にやらないと、繊維が強いためそのまま服にダメージを与えます。毛玉の取り方を熟知していないととても危険なのです。そのような危険にならないためにも、なるべく洗濯の場合は摩擦を減らすために余計な力がかからないモードで洗濯することが望ましいのです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71d5y1fg3iL._SX679_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71GcyU-SzyL._SX355_.jpg
ポリエステル100%の衣類は比較的丈夫であり、しわができにく構造となっておりますが、少なからずしわができます。もしできてしまった場合は、しわができにくい分できたら頑固なのです。その時に安直にアイロンかければ良いやと思ったら危険です。最終的にはアイロンでしわを伸ばすのですが、アイロンを直にポリエステル100%の衣類に当てると記事が縮んでしまいます。何故ならあまりの高温にはポリエステル100%の衣類が耐えられないのです。これは乾燥機にも言えることなのですが、多少耐熱性はあれど高温に対する耐性はないのです。そのため、アイロンをかける前には当て布をしてからアイロンをするようにしましょう。決して直にアイロンをしてはいけません。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71-dSlwvdVL._SX425_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81iE2ty2lkL._SX679_.jpg
続いてはポリエステル100%衣類に毛玉ができてしまった時の対処方法です。色々と対処方法はあるので、順に説明をしていきます。まず最初に眉切りやハサミを使って地道に毛玉を取る取り方があります。この取り方は非常に面倒ではありますが、どのご家庭でもあるもので行えるので汎用性は高いのです。一部分だけ毛玉ができてしまった場合は、この取り方で十分なのですが、もし広範囲に毛玉ができてしまったらこの取り方では非常に労力がかかります。その場合は次から説明する毛玉の取り方を参考にしてください。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71-9P%2BrIH9L._SX355_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71Tj6%2BdHnGL._SX355_.jpg
続いてポリエステル100%衣類にできた毛玉の取り方は、カミソリを使った取り方になります。これもどのご家庭にでもあるアイテムですよね。本来の使い方とは違うのですが、これはポリエステル100%衣類について毛玉を落とすのに使えます。これは普段ムダ毛を取る要領で行えばそれだけで取れます。しかし、あまり何回も行なっていると、次はポリエステル100%衣類の繊維がダメになりそこからほつれてくるので無理は禁物です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71U4t2GddDL._SX466_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71bWG5TmcVL._SX385_.jpg
続いてもどこのご家庭にでもあるアイテムで、ポリエステル100%衣類の毛玉を取っていきましょう。そのアイテムはスポンジです。どのご家庭にでも台所にありますよね。スポンジを使うと広範囲にある毛玉を取ることができるのです。やり方は簡単で、スポンジを毛玉のあるとこで撫でるだけです。この時あまり力を入れすぎると繊維が傷んでしまうので注意です。先ほどのカミソリと同様で、あまりやりすぎるとポリエステル100%衣類の繊維が傷んできてしまうので、やりすぎは禁物です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71Da54BEAFL._SX425_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71-TQL8eL7L._SX425_.jpg
最後の毛玉の取り方は市販で売られている毛玉取りを使うことです。毛玉を取る方法としては、こちらが一番安全で簡単です。毛玉取り機自体もそこまで高いものでもなく、おおよそ1,000円程度で購入することができます。一度買っておけば壊れるまではそれを使えば楽ができます。ポリエステル100%衣類自体にもダメージになりにくいので、一番これがオススメです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61jUWgvV55L._SX342_.jpg

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61ZtpdLAlDL._SX342_.jpg
いかがでしたでしょうか?以上が今回の記事「ポリエステル100%の服の洗濯方法と注意点!しわや毛玉の取り方」になります。毛玉の取り方を少し間違えてしまうと、一気に生地が傷んでしまいます。それを防ぐめにも、専用の毛玉取り機は一台買っておいたほうが、楽ですし生地にも良いので是非とも検討してみてください。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71tbFCcxX5L._SX679_.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71eubuHF6OL._SX679_.jpg