Nsxg6gyr5wvnfb64fscv

ファッション

CATEGORY | ファッション

ポリエステルの毛玉の取り方!洗濯のコツと素材の特徴を解説!

2018.05.05

ポリエステル素材を使った衣類は、強度があり丈夫で重宝する印象がある。一方では、セーターやカーディガンなどは毛玉ができやすく、取り除くのには苦労する。ポリエステル素材の特徴や、衣類の毛玉の取り方、洗濯のコツまでを一挙紹介しよう!

  1. 寒い季節にも重宝するポリエステル素材。毛玉の取り方や洗濯のコツはあるの?
  2. 強度が高いが、毛玉も付きやすい特徴のポリエステル素材。その由来とは?
  3. 一度できると取りにくい。ポリエステル素材のアイテムに毛玉が出来てしまう理由とは?
  4. ポリエステル素材や合成素材に発生する毛玉を抑える方法とは?
  5. 毛玉を抑制する方法その1:ブラシで毛を整える
  6. 毛玉を抑制する方法その2:洗濯を工夫する
  7. 毛玉を抑制する方法その2:静電気防止スプレーを使う
  8. 毛玉を抑制する方法その2:衣服やアイテムの素材同士がこすれないように心がける
  9. 毛玉が出来てしまったら!ポリエステル素材の毛玉の取り方とは?
  10. 毛玉の取り方・方法その1:毛玉クリーナーを使用する
  11. 毛玉の取り方・方法その1:T字カミソリを使用する
  12. 毛玉の取り方・方法その1:毛玉取りブラシを使用する
  13. 毛玉のケアをしながら、重宝するポリエステル素材のアイテムをうまく活用しよう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/woman-with-child-near-washing-machine_1398-5175.jpg
ポリエステル素材は日常的に使用し、また目にする素材である。セーターやカーディガンはもちろん、ワイシャツやユニフォームの素材としても重宝している。また、生活の中では車の下敷きや車両のシートにもポリエステル素材が使われており、ポリエステル素材のケアの方法や洗濯の仕方などを知っておけば便利。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/healthy-woman-running-with-blurred-background_23-2147600427.jpg
使用頻度が高ければ高いほどできてしまう毛玉の取り方などはあるのだろうか?また、洗濯の際に気をつけたいポイントや、干し方なども含めて知っておきたいところだ。便利ながら特徴のあるポリエステル素材の扱い方から、洗濯方法、乾燥させる方法をチェックしよう!
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/712LyfMmsiL._SL1467_.jpg
ポリエステルは1941年にイギリスで誕生しました。 日本では、1958年に登場し、現在国内の合成繊維生産量の約半分を占めております。 ナイロンに次ぐ強度を持っており、摩耗に強く耐久性があるのが特徴です。 その他のメリットとしては、弾力性がありシワになりにくく、熱伝導率が低い為羊毛などと混紡しても機能性を損なうことがありません。

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31U2QaJNy%2BL.jpg
現代では重宝する素材として利用価値の高いポリエステル。日本で衣類などに使われている素材の半数は、このポリエステルを使用していると言われている。この素材の特徴として、沢山のメリットがあるが、それと同時にデメリットも存在している。ポリエステルを使う上でのメリットとデメリットをチェックしてみよう。

関連記事

ポリエステル素材を使う上でのメリット

引用: https://image.freepik.com/free-photo/texture-backgrounds_1122-2049.jpg
ポリエステルが衣類などに使われる理由のひとつは、圧倒的な耐久性が挙げられる。他の素材に比べて強い素材であることが特徴で、吸湿性が高く、あまり時間をかけることなく乾いてくれる。また、保温性にすぐれており、高温に耐えられるというメリットも挙げられる。これらの理由から、衣類に向いている素材と言えるだろう。

ポリエステル素材を使う上でのデメリット

引用: https://image.freepik.com/free-photo/rug-1_2571282.jpg
メリットばかりが目立つ便利なポリエステルにも、デメリットが存在する。まずは、やはり挙げられるのはセーターやカーディガンにおける毛玉だろう。繊維同士がこすれ合った結果絡み合い、無数の毛玉が出来てしまう。また、静電気を帯びやすく、冬の時期などはパチパチと不快な思いをすることもある。これらのデメリットを考えても、メリットがデメリットを大きく上回る優秀な素材と言えるだろう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/short-pants-for-clothing_1203-2871.jpg
ポリエステルを使った素材は、毛玉ができやすいことで知られている。そもそも、なぜ毛玉が出来てしまうのだろうか?それは、使用している素材に原因があった。比較的、天然素材に比べて安価で手に入れることができるポリエステル素材だが、毛玉が出来てしまう理由も理解しておこう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/rug-2_2771057.jpg
ポリエステルを使ったアイテムの中には、ポリエステルと他の素材との合成素材がある。たとえば、毛とポリエステルの合成素材になると、毛同士が絡まり合う事によってしっかりとロックされてしまう。アイテムや衣服のこすれてしまう場所に毛玉が集中するのはそのためである。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/plastic-texture_2742464.jpg
ポリエステルを使った素材に毛玉が出来る理由が分かったところで、これを防ぐ方法をチェックしてみよう。日々使用するアイテムや衣服になってくると、完璧に毛玉を抑制することが難しいのは理解できるはずだ。しかし、毛玉が付かないように工夫することは可能。どんな手段が考えられるだろうか?

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61x-8-1jECL._SX425_.jpg
ポリエステル素材を使ったアイテムや衣類を使用した後に、ブラシでケアしてあげるのも、毛玉発生を抑える方法のひとつ。使ったその日に、ブラシで毛を慣らしてやることによって、毛の絡まりを防ぐことが出来る。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51hEuLmxNkL._SY445_.jpg
毛玉を防ぐために、もうひとつ考えられる方法のひとつは、洗濯方法を工夫する事だ。やはり毛玉が出来るもう一つのファクターは洗濯方法。ここでいくつかの、毛玉を防ぐ洗濯方法をチェックしてみよう。

ネットを使って洗濯する

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61v7zESOCAL._SX466_.jpg
自動で洗濯を行ってしまうと、脱水や乾燥などもふくめて、衣類同士が絡まり毛玉ができやすい。ポリエステル以外にも洗濯をするとなれば、なおさら毛玉を発生させる可能性が考えられる。乾燥器にかけるなら、静電気の問題もおきやすいので、洗濯用ネットに入れて洗濯するのが得策と言えるだろう。

生地を裏返して洗濯する

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51q8FNrRGGL._SX342_.jpg
洗濯時にできる工夫のひとつとして、ポリエステル繊維が絡まないように裏返して洗濯することが挙げられる。アイテムや衣類の内側に毛玉ができる分には、さほど気にならないはず。裏返しを意識して選択することで、多少毛玉の発生を抑制する効果が期待できる。

洗濯を短時間で終わらせる

引用: https://image.freepik.com/free-photo/washer-inside-the-washing-machine_1204-450.jpg
洗濯の時間をあえて短縮させ、毛玉の発生を抑制する方法も考えられる。長時間の洗濯は、やはり繊維は動き続けるので、繊維が絡まりやすくなってしまうだろう。短時間での洗濯なら、ポリエステルなどの繊維が絡まってしまう機会を少なくする事が出来るだろう。

アイテムを手洗いする

引用: https://image.freepik.com/free-photo/abstract-blue-polyester-texture_21283737.jpg
洗濯機で他の衣類と一緒に洗濯してしまうと、繊維が絡まりやすい。洗剤を使って、ポリエステル素材を使っているアイテムや衣類を手洗いすることで、自動洗濯の繊維がからまるリスクを軽減することが可能だ。手間と時間がかかってしまうが、あまりにも毛玉が気になるようならおすすめの対処法。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51Oh8zVNNjL._SX342_.jpg
静電気防止スプレーを使用することで、ポリエステル繊維同士が絡まり合ってしまうのを防ぐことが可能だ。静電気によって繊維同士が重なり合い、絡まってロックされてしまう事を防ぐことが出来るのだが、アイテムや衣服の風合いを損なう可能性があるので、目立たない部分でテストしてから使用することをおすすめした。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/knitted-shawl_2385491.jpg
普段の生活で、ポリエステル素材のアイテムを着用したまま行動すると、どうしても繊維が絡まってしまう状況ができてしまう。たとえば、わきから腰に掛けて、腕を動かす事によって、素材同士がこすれ合うことが考えられる。いすに座ったりするときも同様、ポリエステル素材と他の素材をこすり合わせることが無いように工夫することで、毛玉の発生を抑制できるだろう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/rug_2729378.jpg
ポリエステル素材を使用するなら、どうしても多少は出来てしまう毛玉。毛玉ができてしまったら、どのように対処すればいいだろうか?指先で引っ張ると、アイテムや衣類自体を損なう可能性も考えられる。毛玉の取り方もチェックしてみよう!
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61ja3wzOzhL._SY550_.jpg
便利な毛玉クリーナーを使用することで、スムーズに毛玉を除去することが出来る。しかし、あまりにも大きい毛玉や、強い毛玉を無理やり除去すると、アイテムや服にダメージを与えかねないので注意しよう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71rcbFFWZZL._SY355_.jpg
家庭にあるアイテムを使って毛玉を除去するなら、T字カミソリを使って、丁寧に毛玉を除去する方法がある。こちらも注意したいのが、毛玉を無理やり力任せで取ろうとすると、穴が開いてしまったり、衣服やアイテムにダメージを与えかねないので注意しよう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/6168pltJwtL._SX466_.jpg
安価で購入することが出来、毛玉を落とすことが出来る毛玉とりブラシを活用するのも、毛玉を取るのに有効な方法。電動の毛玉とり機よりも丁寧に作業が出来る。毛玉がしっかり取れると定評のあるアイテムなので、トライしてみることをおすすめした。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71ln90pnyAL._SX679_.jpg
セーターやカーディガンなどを使う上で毛玉が出来るのはポリエステル素材の特徴のひとつ。ポリエステル素材を使ったアイテムや衣類の特徴が分かったら、毛玉対策がしやすい。洗濯の方法などを周到しつつ、使用後のブラシや、毛玉とり機などを活用することで、重宝するアイテムたちをうまく活用しよう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://image.freepik.com/free-photo/texture-backgrounds_1122-2050.jpg