// FourM
Yxfyyiysjwbddwgwpdqa

ファッション

CATEGORY | ファッション

ビジネス本のおすすめ20選【2018】ビジネスマン必読の名著はこれ。

2018.04.29

ビジネスはいつの時代にも通じるものがあり、先人から学ぶことは数多くあります。特に過去の名著・ベストセラーは2018年の今でも読んで絶対に損はしないのでおすすめです。そこで本記事では、ビジネスマンにおすすめの必読ロングセラービジネス本を紹介していきます!

  1. 2018年おすすめのビジネス本とは
  2. ベストセラーからロングセラーまで!2018年必読のおすすめビジネス本名著:人生と財産
  3. ベストセラーからロングセラーまで!2018年必読のおすすめビジネス本名著:孫子
  4. ベストセラーからロングセラーまで!2018年必読のおすすめビジネス本名著:ネクスト・ソサエティ
  5. ベストセラーからロングセラーまで!2018年必読のおすすめビジネス本名著:世界は感情で動く
  6. ベストセラーからロングセラーまで!2018年必読のおすすめビジネス本名著:「原因」と「結果」の法則
  7. ベストセラーからロングセラーまで!2018年必読のおすすめビジネス本名著:ユダヤ人大富豪の教え
  8. ベストセラーからロングセラーまで!2018年必読のおすすめビジネス本名著:さあ、才能(じぶん)に目覚めよう
  9. ベストセラーからロングセラーまで!2018年必読のおすすめビジネス本名著:天才!成功する人々の法則
  10. ベストセラーからロングセラーまで!2018年必読のおすすめビジネス本名著:仕事は楽しいかね?
  11. ベストセラーからロングセラーまで!2018年必読のおすすめビジネス本名著:チーズはどこへ消えた
  12. ベストセラーからロングセラーまで!2018年必読のおすすめビジネス本名著:プロフェッショナルの条件
  13. ベストセラーからロングセラーまで!2018年必読のおすすめビジネス本名著:生き方
  14. ベストセラーからロングセラーまで!2018年必読のおすすめビジネス本名著:君主論
  15. ベストセラーからロングセラーまで!2018年必読のおすすめビジネス本名著:ザ・コピーライティング
  16. ベストセラーからロングセラーまで!2018年必読のおすすめビジネス本名著:道は開ける
  17. ベストセラーからロングセラーまで!2018年必読のおすすめビジネス本名著:FREE〈無料〉からお金を生みだす新戦略
  18. ベストセラーからロングセラーまで!2018年必読のおすすめビジネス本名著:思考は現実化する
  19. ベストセラーからロングセラーまで!2018年必読のおすすめビジネス本名著:7つの習慣
  20. ベストセラーからロングセラーまで!2018年必読のおすすめビジネス本名著:金持ち父さん 貧乏父さん
  21. ベストセラーからロングセラーまで!2018年必読のおすすめビジネス本名著:お金2.0
  22. 2018年おすすめのビジネス本は名著がおすすめ
仮想通貨や働き方改革、シェアリングエコノミーなど、去年の空前の仮想通貨ブームを皮切りに世界は大きく変わろうとしています。技術面での進歩以外にも、過労死や残業の問題など、今まで表に表れなかった部分が一気に露呈した去年のこともあり、2018年のビジネス本の特徴としては、その部分を含めた話が盛り込まれている本が売れていきます。とはいっても、名著と呼ばれるものの売り上げが落ちたわけではありません。むしろ昨年の数々の出来事をきっかけに人生を見直そうと、多くの人がビジネス本を求めるようになりました。今回はその中でも2018年必読といっても過言でもない本を紹介していきます。
引用: https://orenocloud.tokyo/cloudinfo/cloudblog_businessM.png
引用: http://career-theory.net/wp-content/uploads/2015/11/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88-2015-11-24-01.10.28.png

関連記事

会社員として働く場合でも、フリーライターとして自宅で執筆活動する場合でも共通して言えることは、常に健康であることです。この本は人生において欠かせない存在であるお金を基軸に、毎日の生活で気をつけるべき健康面や生活習慣、人付き合いなど、基本的でありながらも、豊かな生活を送るための方法などがかかれております。時代は変わってもこの部分は変わらず、そういうところから健康な生活や、効率的にお金をためる方法を学ぶことができます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51T7TBN2K3L._SX344_BO1,204,203,200_.jpg
引用: https://auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/dr000/auc0403/users/8/2/3/0/y_y19731022-img640x480-15203084980qnz9214445.jpg
国語や歴史、特に中国の歴史で必ずといってよいほど登場する孫子。特に孫子の記した孫子兵法という書物は、古代中国においては戦争の戦略などを記した書物にもかかわらず、現代でも十分通用するものとして、ビジネスマンを中心に今でも愛読している人が数多くいます。兵法というだけあり、戦略的なことが中心となりますが、それ以外にも人の知識やあり方にも触れているため、現代においては企業の戦略はもちろん、上級管理職層の方との会話にも非常に役立ちます。これから独立などを検討している方は一読することをおすすめします。
引用: https://shop.r10s.jp/book/cabinet/0033/00332071.jpg
引用: http://blog-imgs-43.fc2.com/t/l/i/tlife2/IMG_1282.jpg
ソウルソサエティとなると、それは違う漫画の世界のこととなりますのでお間違いなく。こちらはもしドラで有名になったドラッガー氏の著書である、ネクストソサエティです。発行されたのは2002年と意外にも最近ではあります。とはいってもビジネス書においてあまり古いと昔の常識ということで現代に当てはめることが難しいものも中にはあります。しかしこの本に書かれている内容は、恐ろしいほど現代の現状に当てはまっています。書いている内容は今の現状そのままだと思うかもしれませんが、これが2002年の時点で書かれていたと想像すると、恐ろしいものです。
引用: http://blogs.itmedia.co.jp/hirose/images/2012/03/05/309826861.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51TJEKA2QRL._SX330_BO1,204,203,200_.jpg
ここ最近経済のジャンルでもさまざまなものがはやっています。そのひとつに行動経済学というものがあります。この本はその行動経済学について書かれている本です。専門用語が多く書かれていますが、それにあわせた事例も一緒に書かれているため、行動経済学って何かわからないという人にも読みやすい、まさに入門書といっても過言でもありません。いかに自分の常識や判断が当てにならないかということが良くわかります。セールスマンや営業の方はもちろん、消費者側である人たちにも読んで欲しい一冊となっています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/512-Z%2BzMd1L._SX347_BO1,204,203,200_.jpg
引用: https://wing-auctions.c.yimg.jp/sim?furl=auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/dr000/auc0308/users/4/7/8/9/bookoff20507-img600x450-1503397139edyvdb28800.jpg&dc=1&sr.fs=20000
よく使われる四字熟語で因果応報という四字熟語があります。こういうことをしていたからこういう結果になるのだ、ということを暗に伝えているという意味です。この本は現在多く出回っている自己啓発本が参考にしている参考元として有名であり、実際の本文にこの本の一部分を引用しているという本が多くあります。この本を通して、筆者は環境ではなく自分の思いが自分が過ごしたい本当の自分の人生であることを伝えています。もし自分の人生がつまらないと感じているのであれば、ぜひ一度読んでみるべきです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41DXPHP16KL.jpg
引用: https://www.kinokuniya.co.jp/images/goods/ar2/web/imgdata2/large/47631/4763195093.jpg
日本のビジネス書の愛読者たちは必ず読んでいるといっても過言でもないほどビジネス書では有名なこの本は、別名なける自己啓発本とも呼ばれています。日本人には、お金儲けをする人は悪い人だという認識を持つ人が多くします。もしかしたら今この文を読んでいる人の中にもそのような考えの人はいるはずです。しかしこの本は、お金儲けは決して悪いことではないということを伝えていると同時に、むしろ幸せなお金持ちになろうと決心する人が出てくるほど、すばらしいビジネス書となっています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41AB782Q5RL._SX321_BO1,204,203,200_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/5106MZN9T6L.jpg
人間には良いところもあれば欠点もあります。たまたま入社した会社や始めた職業が転職であれば問題ありませんが、すべての人間がそういうわけではありません。中には偶然合わなくてそれが原因で自信を失ってしまうという人もいるはずです。この本の中に書いているストレングスファインダーと呼ばれている180ものテストをすることにより、34個もある強みとなりうる資質の中の5つの才能、すなわち世界に通用する強みが築ける最も確率の高い分野を見つけることができます。もし自分にはどんなことが向いているのかがわからないという方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51A7ZKPW20L._SX327_BO1,204,203,200_.jpg
引用: https://www.kinokuniya.co.jp/images/goods/ar2/web/imgdata2/large/45321/4532149479.jpg
天才と呼ばれる人たちは生まれたときから天才だからだろう、と考える人が多いはずです。しかし、この本に書かれていることは、まったく違います。たとえ生まれたときは天才だと思わなくても、環境と努力や鍛錬の長さによって天才となる、ということをこの本では伝えています。子供が興味を持つ分野に親が環境をサポートしてあげることが大事なことは、イチロー選手を見ればよくわかります。自分や自分の子供を天災にしたいという親御さんにはおすすめの一冊です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/4175BCL68%2BL._SX333_BO1,204,203,200_.jpg
引用: http://ec2.images-amazon.com/images/I/51ZWlMA6YgL._SS400_.jpg
この本の題名となっている質問をそのままして、果たしてどれくらいの人が楽しいと答えるのでしょうか。題名からしてまさに現在の日本をあらわしてそうな題名です。この本を通して伝えたいことは、決して楽しくないなら転職をしようということではありません。その環境にいる中でも、ほんの小さな挑戦でも、試してみることに失敗はないということをといています。毎日の生活がつまらないと感じている方にはぜひ読んで欲しい一冊です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/717z8keSY7L.jpg
引用: http://kikoshobo.com/wp/wp-content/uploads/2010/12/9784877710781.jpg
おそらく昨日の夜中にお父さんがつまみ食いしてたからそれが原因だ、ということではありません。この本においてチーズとは、チーズそのものではなく、人生で求めていることや大事なこと、例えば仕事や家族、お金など、人生において大きく影響しているものが突然なくなったときにどう対応するかをわかりやすく書いた本です。これだけ会社というものが非常に不安定だといわれている世の中にもかかわらず、そのようなものを当たり前だと考える人たちにぜひ読んで欲しい一冊です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41X08M5EC2L.jpg
引用: https://www.kinokuniya.co.jp/images/goods/ar2/web/imgdata2/large/45940/459403019X.jpg
会社などでよく言われることとして、お金をもらった時点でプロであるということを聞かされたという人は多くいるはずです。しかしそれだけがプロの定義かといわれるとなかなかしっくり来ないものです。この本もドラッガー氏の著書であります。ドラッガー氏の実体験をもとにまとめられた本であるこちらは、本当の意味での一流になりたい人や、プロの壁を破りたいと考えている人にとってはうってつけの本です。パートごとに分けられていますが、1パートごとの内容がビジネス本1冊相当の内容の濃さです
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51EG2EG9X3L._SX321_BO1,204,203,200_.jpg
引用: https://auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/dr000/auc0403/users/9/3/2/9/altoids_light-img1200x1200-1519900424lpdmue6757.jpg
単純でありながらも、一番人生において難しい部分である生き方。この本の著者は京セラやKDDIを創業した日本を代表する実業家の一人である稲盛和夫氏です。この本はそんな稲盛和夫氏が自らの場合の生き方を示している著書です。人としての正しい道を進むことが成功や幸せに繋がることを実感し、常に感謝の気持ちとプラスに考えることが大切であるととかれています。関連企業の方とのお話の際にこの本の話題で盛り上がるのも良いですね。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41TPQ6NDT3L._SX322_BO1,204,203,200_.jpg
引用: http://terajima-kaikei.jp/wp/wp-content/uploads/2014/05/37e3808047553cedb34daa9b1d7ab2a3.jpg
高校の授業、特に公民の授業で聞いたことのあるという方は多いはずです。マキアヴェリの君主論です。とはいっても授業で聞いたところといっても、作者の名前と題名とその中の一文だけだという方も多いはずです。君主というのは、今でいう総理大臣や大統領など、国の政治においてトップの人間のことを指します。この本が書かれている当時は戦争が盛んであったために内容は戦争についてですが、それでも現代においては経営やマネジメントなど、リーダー層の人たちにとっては役立つことが多く書かれています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51SSQRXD3AL.jpg
引用: https://shop.r10s.jp/book/cabinet/5468/9784122065468.jpg
ここ最近試験にもなるほど重要視されるようになったコピーライティングの知識。こうして記事を執筆しているライターはもちろん、広告業に勤めている人や営業の方も必要となってくる知識です。そのコピーライティングについて学ぶことができる本が、このザ・コピーライティングです。上手な書き方や見出しの重要性だけでなく、テストマーケティングについても触れられているため、政府が副業を解禁したことをきっかけにライターになったという方には、ぜひ読んで欲しい一冊となっています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51G-2Ib1bZL._SX350_BO1,204,203,200_.jpg
引用: http://blog-imgs-52.fc2.com/a/k/i/akit1974/20121216185140be9.jpg
ゴールデンウィークや夏休みのとき、高速道路の渋滞などで慈悲深そうなお父さんがこういうことを言い出しそうです。とはいっても開けないものです。こちらはビジネス書においてはドラッガーと同じぐらい有名な著者であるカーネギー氏が書いた道は開けるという本です。人間生きている限り必ず悩むことはあります。たとえそれが小さなことでも少なからず悩みます。そんなときにこそ読んで欲しい一冊です。悩みやストレスを抱えやすい現代においては、読む精神安定剤とも呼ばれています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51zNfmR4wXL._SX355_BO1,204,203,200_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51ZFwLiYXcL._SX348_BO1,204,203,200_.jpg
ここ最近30日間無料でお試し、など無料をうたっているものが多くあります。そんな無料にして大丈夫なのかと疑問に思う方も多いはずです。しかしこの本を読むと、なぜこうした無料のものが多くなっているのかが良くわかります。これから新しい事業の立ち上げを検討している人はもちろんですが、既存の経営者も、アマゾンやグーグルがこれから仕掛けようとしているものを知るためにもぜひ読んで欲しい一冊です。
引用: https://static-mercari-jp-imgtr2.akamaized.net/photos/m69775944246_1.jpg?1506022792
引用: https://image.yodobashi.com/product/100/000/009/002/567/622/100000009002567622_10204.jpg
ここ最近で起業した人、特に若い起業家の多くは読んでいるといっても過言ではない本が、この思考は現実化するという本です。発売されたのは1937年と意外にも古く、現在でも十分通用する内容となっています。もし起業したばかりでどういうことをすればわからないと悩んでいる人は、まずはこの本を読みましょう。成功に関することは、すべてこの本に書かれているといっても過言でもありません。
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51o-k4BbdxL.jpg
引用: https://i.ytimg.com/vi/X5blsBXxE7M/hqdefault.jpg
こちらも若い起業家の方でも読んだことのある人は多いはずです。自分が会社に勤めていても、どうしたら成功するかを教えてくれる先輩や上司というのはあまりいないはずです。ではもし成功したいと思うのであればどのようなことを意識すればよいのか、ということがこの本には書かれています。普段の生活から成功を意識した生活を送りたいという人にはおすすめの一冊です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51JHD9GEK0L._SX319_BO1,204,203,200_.jpg
引用: https://images.otobank.co.jp/febe/medium/book_img/147399.jpg
今までのビジネス本は、考え方やいき方など、人間の本質的な部分にしか触れていないものが多くありました。しかしこれほどまでにお金持ちになる方法を書いたビジネス本は、よほど専門的なものでない限りではこの本意外ないはずです。特にこの本に書かれてあるキャッシュフロークワドラントというものは、現代における4つの収入のがあり、これがきっかけで脱サラして起業家になったという人も多数います。もし脱サラしたいと考えており、かといって変なビジネスに手をつけるのは嫌だと考えている人は、この本を読んでみることをおすすめします。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51GQxBvUiBL._SX353_BO1,204,203,200_.jpg
引用: http://shikougenjitu.com/wp-content/uploads/2017/05/2ae9082384d032860832e687aa4ee529.png
仮想通貨やフィンテック、シェアリングエコノミーなど、2017年は良い意味でも悪い意味でも社会が大きく変わった年でありました。このお金2.0の著者である株式会社メタップスの代表取締役である佐藤航陽氏は、この本を通じて、去年起こったことは、これからの社会においてはほんの序章でしかないことを伝えていると同時に、今よりもさらに社会や経済が大きく変わることをといています。仮想通貨をはじめとする多くのものが個人でできるようになった現在において、これからどのようなことをして生きていけばよいか、どのようなものが経済をまわすのか、まさにこれからの経済のすべてがこの本に詰まっています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61Zf0U6ha7L._SX338_BO1,204,203,200_.jpg
引用: http://mystereoman.com/wp-content/uploads/2018/01/IMG_0821-1024x1024.jpg

関連記事

いかがでしたか。ビジネス書といっても、例えば人間の本質を基にした生き方や考え方など、普段生活するうえで気をつけるべきことを書いたものから、実践的なビジネス用語を用いて、いかに効率よく仕事するかなどの実践的なものもあったりと、さまざまなものが出ています。特に最近では、最後に紹介したお金2.0をはじめとする、これから大きく変わる経済において、このようなものが経済を動かすようになるということを書いている、要はこれからの社会の未来像とその対応策が書かれた著書が人気となっています。今回紹介したビジネス書以外にも、面白いものも多くあります。この機会にビジネス書を読んでみてはいかがでしょうか。
引用: http://www.nusacm.org/wp-content/uploads/2014/11/suguyaru.jpg
引用: https://4.bp.blogspot.com/-Pwp-dam4OfQ/WhaLMs_swxI/AAAAAAAAAGM/o7PZOcwOVDkMjHcdEd9Y0QU-cVmqxyH3wCEwYBhgL/s1600/%25E5%2589%258D%25E7%2594%25B0.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://hdk-prod-static-contents.s3.amazonaws.com/uploads/images/paragraphs/8805/cc7fade3-5551-43bb-bd00-fbb6a6fafea2.jpg