Ucvikvrmkgdrcegi7bug

腹筋

CATEGORY | 腹筋

ランニングで腹筋が割れる?その理由や痩せるための走り方とは?

2019.03.19

腹筋が割れるためには痩せる必要があり、痩せるためにはランニングの走り方を工夫する必要があります。ランニングで腹筋が割れる理由や、具体的な走り方について解説します。背筋の使い方や筋肉痛の有無など、痩せるために必要な情報も盛りだくさんです。

  1. ランニングで腹筋が鍛えられる?その理由やおすすめの走り方とは?
  2. ランニングで腹筋が割れる理由①もともと腹筋は割れている
  3. ランニングで腹筋が割れる理由②痩せることで腹筋が見えてくる
  4. 腹筋が割れるランニングの走り方①痩せるのが目的であることを忘れない
  5. 腹筋が割れるランニングの走り方②呼吸を止めない
  6. 腹筋が割れるランニングの走り方③ゆっくりでもいいので長時間走る
  7. 腹筋が割れるランニングの走り方④背筋にも力を入れて良いフォームを保つ
  8. 腹筋が割れるランニングの走り方⑤筋トレをした後に走ると効果的に痩せる!
  9. 腹筋が割れるランニングの走り方⑥痩せることを意識して食事を減らし過ぎない!
  10. 腹筋が割れるランニングの走り方⑦腹筋に筋肉痛を感じなくてもOK!
  11. 腹筋が割れるランニングの走り方⑧腹筋トレーニングも併用して効果を高めよう
  12. ランニングで腹筋が鍛えられる?その理由やおすすめの走り方とは?のまとめ
引用: https://tk.ismcdn.jp/mwimgs/7/d/1140/img_7d4d69309aa1c4f6f5b9a23fb7d94431119737.jpg
皆さん、ランニングが腹筋を割ることに効果があるって知っていましたか?実は、腹筋を割るのとランニングには関係性があるんです。今回はランニングで腹筋が割れる理由、そして腹筋を割るためのおすすめの走り方はをご紹介します!
腹筋を割るためのランニング方法を紹介する前に、なぜランニングで腹筋が割れるのか理由を解説していきます。腹筋が割れる理由を知ることで、日々のトレーニングをより良いものにすることができるでしょう。
腹筋はどれだけ太っている人であっても、割れいています。割れた腹筋の上に皮下脂肪が乗っているから、腹筋が割れて見えないだけなんです。そのため、腹筋を割るために必要なことは、辛いトレーニングや筋肉痛に耐えて腹筋を鍛えることではなく、脂肪を落として痩せることが重要になってきます。多くの人が勘違いしていることなので、これを知っているだけでも周りの人よりも簡単に腹筋を割ることができるでしょう。
喘息持ちの人は腹筋が割れていることが多いです。この理由は、痩せている人が多いというものだけではなく、毎日の咳で筋肉痛うになるほど腹筋が強く鍛えれているからです。ダイエットをして脂肪を少なくすることで、腹筋が割れて見えますが、よりカッコいい理想的なシックスパックを目指す場合には筋トレも必要だということが分かりますね。

関連記事

引用: https://4.bp.blogspot.com/-mwrOHiqunvc/VxC3dlnJD1I/AAAAAAAA57g/lw8cxzYfNrALYgjS1Q7N3wXESy_uAkYQACLcB/s400/fukkin_wareta.png
ランニングで腹筋が割れる理由はすごく簡単で、ランニングのような有酸素運動を行うことによって皮下脂肪が減少し腹筋の割れ目が見えてくる、ということになります。腹筋が割れて見える体脂肪率の目安は10%前後と言われています。もちろん、人によって腹筋の形が違いますし、腹筋の鍛えられ方も違いますので一概には言えませんが、体脂肪率が一桁台に入ってくれば大抵の人の腹筋は割れてきます。何よりも体脂肪率を落とすことを目標にダイエットを行うことが、シックスパックへの近道と言えるでしょう。
ただし、溝の深い割れ目を実現したい場合には、筋肉痛が起きるようなハードな筋トレが必要になってきます。ボディビルダーのようなカッコいい腹筋を目指したい人は上の動画のような腹筋トレーニングを行ってきましょう。腹筋は、ほとんどが自分の体を重りとして使う「自重トレーニング」だけで鍛えられるので、高いお金を払ってジムに通う必要はありません。
ここからは腹筋を割るためのランニングにおいて、重要な走り方について具体的に解説していきます。何も考えずガムシャラにランニングをするよりも、理論を理解してから効率の良いトレーニングを行っていきましょう。
学生時代に運動部に所属していた人は、たとえダイエットのためのランニングだとしても、思いっきり走ってしまうことがあります。ただただ全力で走るだけでは筋肉痛になるだけで、ダイエットにおいて効果的な運動とは言えません。腹筋を割るためのランニングは、脚をトレーニングするのが目的ではなく、有酸素運動を行って脂肪を燃焼させることが目的です。
それほど運動が好きではないという人であっても、走り始めるとアドレナリンが分泌されて筋肉痛になるくらい全力で走りたくなる気持ちは分かりますが、出来るだけスピードを抑えてギリギリ鼻で呼吸できない程度の辛さをキープして走ることを忘れないでください。ランニングを始めた初日は別ですが、基本的に翌日に筋肉痛が来るような走り方では脚の筋力トレーニングになってしまいますので、腹筋を割るためのトレーニングになっているのか確認するには、筋肉痛の有無を目安にしてみてはいかがでしょうか。
腹筋を割るためのランニングは、有酸素運動を正しく行う必要があります。有酸素運動を行う際に絶対に忘れていけないこととして、「呼吸を止めない」という注意点があります。背筋に力を入れて背筋を伸ばして、腹式呼吸を意識的に行っていきましょう。背筋に力を入れて強く吸うことを意識するのではなく、腹筋に力を入れて強く吐くことに集中してください。肺の中に入った空気を全部吐き出してしまえば、自然と深く息を吸い込むことができます。
呼吸を止めてしまうと、本来であれば体の隅々まで届けられる酸素が送れず、筋肉が酸欠状態になってしまい、疲れをすぐに感じるようになってしまいます。背筋に力を入れて背筋を伸ばし深い呼吸を心がけることで、スタミナが持続するのでより長い時間、有酸素運動を続けることができます。有酸素運動は長く続ければ続けるほど脂肪の燃焼が促進されるので、どんどん割れた腹筋が近づいてきます。筋トレは楽しくできるけど、ランニングなどの有酸素運動は楽しめないという人は、「自分は今割れた腹筋に向かって走っているんだ」と想像しながら走ってみてください。これまでよりは、ランニングに対してやる気が出ると思います。
脂肪を燃焼させるための有酸素運動を行う際は、走るスピードを一切気にする必要がありません。運動強度の指標となるのは心拍数です。有酸素運動領域の心拍数であれば、ゆっくりでも全く問題ありませんので、周りでスピードを出して走っている人に影響されてスピードを出す必要はありません。ただし、ゆっくりとしてスピードで走ると、だらしないフォームになってしまい、膝や腰のケガを誘発する原因となってしまいます。しっかりと背筋に力を入れて背筋を伸ばしたランニングフォームを意識していきましょう。
マラソンのタイムを縮めるためのトレーニングでは、体を前傾姿勢にしてスピードを出すことが重要ですが、有酸素運動が目的で長い時間にわたって運動を継続したい場合には、背筋に力を入れて背筋を伸ばすことが重要です。このような姿勢をとることで、呼吸が楽になるので長時間のランニングも快適に行うことができるでしょう。
準備運動だけを行ってからランニングを行うよりも、筋トレを行ってからランニングをした方が、脂肪の燃焼が多くなると言われています。これは、筋トレによって「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンが分泌され、この男性ホルモンが分泌されているタイミングでは脂肪の燃焼量が増えるからです。時間に余裕がある人は、自宅で腕立て伏せや腹筋などの筋トレを行ってから、ランニングに出かけるようにしてみてください。
引用: https://eigo-jouhou.com/wp-content/uploads/2017/06/eat-less-1080x675.jpg
腹筋を割るためには、脂肪を落とすことが何よりも重要ですが、必要以上に食事を減らしてしまうのは逆効果になってしまうことがあります。ランニングでも筋トレでも、体を動かすためには食事から得たエネルギーが必要です。食事を必要以上に減らしてしまうと、体を動かすためのエネルギーが無いので効率的な運動ができなくなってしまいます。食事制限はほどほどにしておくのがおすすめです。
腹筋を割るためのランニングは、脂肪を減らすのが目的なので脚に筋肉痛を感じるほどハードなランニングを行う必要はありません。
引用: https://1.bp.blogspot.com/-mIHSu1wpEuY/Vkb_AQ37OhI/AAAAAAAA0ZE/nEB-LDQZf04/s400/fukkin_man.png
最速で腹筋を割るためには、ランニングで脂肪を落とすのと同時に、腹筋の凹凸を深くするために腹筋トレーニングを行うと良いでしょう。

関連記事

引用: http://outinlook.com/wp-content/uploads/2016/04/8eb9d74db0bcd4176de5f4061d589373.jpg
いかがでしたでしょうか?腹筋が割れるポイントを意識しながらランニングをして、素敵な腹筋を手に入れてくださいね!