Noimage vvtcu3

お酒

CATEGORY | お酒

ウイスキーのシングル・ダブル・ショットの違いとは?おすすめは?

2018.04.22

バーで「シングルのストレート」等というフレーズを耳にしたことはありませんか?ウイスキーはシングル・ダブル・ショットのいずれかで飲むのが基本です。今回はウイスキーのシングル・ダブル・ショットの量等をチェックしていきましょう!

  1. ウイスキーのシングル・ダブル・ショットの違いは何?グラスに注ぐ量によって値段が違うの?
  2. 値段も変わる?!シングル・ダブル・ショットとはウイスキーのグラスに注ぐ量のこと① 基本編
  3. 値段も変わる?!シングル・ダブル・ショットとはウイスキーのグラスに注ぐ量のこと② 番外編
  4. ウイスキーのシングル・ダブル・ショット!グラスに注いだ時の量の値段はいくらなの?
  5. ウイスキーのシングル・ダブル・ショットの値段はグラスに注ぐ量によって違う!ビギナーにおすすめのウイスキーは?
  6. ウイスキーのシングル・ダブル・ショットの値段はグラスに注ぐ量によって違う!おすすめの飲み方① シングル 
  7. ウイスキーのシングル・ダブル・ショットの値段はグラスに注ぐ量によって違う!おすすめの飲み方② シングル 
  8. ウイスキーのシングル・ダブル・ショットの値段はグラスに注ぐ量によって違う!おすすめの飲み方③ ダブル
  9. ウイスキーのシングル・ダブル・ショットの値段はグラスに注ぐ量によって違う!おすすめの飲み方④ ショット
  10. シングル・ダブル・ショットとはウイスキーのグラスに注ぐ量のこと!値段も把握してお酒を楽しもう!
引用: https://images.unsplash.com/photo-1522877341927-e5dc72935d29?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=36c6911711fdedadbdc0adbf64c390ed&auto=format&fit=crop&w=334&q=80
ウィスキーにはシングル・ダブル・ショットがあります。ウィスキーはグラスに注ぐ量によって値段が違う等、何となく耳にしたことがある男性もいるでしょう。では一体、シングル・ダブル・ショットとはどういうことなのでしょうか?早速、ご紹介します。

関連記事

引用: https://images.unsplash.com/photo-1452933006409-19b87dc327b7?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=e22dd455aafa6e1780512e2d2451df6d&auto=format&fit=crop&w=750&q=80
引用: https://images.unsplash.com/photo-1496560963059-71f771ddb41f?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=6159a9b1402d52e037f25eeea48f7e9c&auto=format&fit=crop&w=334&q=80
ウイスキーのシングル・ダブル・ショットとは量を表しています。ウイスキーの量を測るために指や軽量カップ等を使って測ります。ウィスキーを美味しく飲むために……まずはシングル・ダブル・ショットの量についてチェックしましょう。

シングル

シングルの量は約30mlです。指を使って量を測るときはグラスの横に指を1本置きます。指1本分の横幅と同じ量のウイスキーを注ぐと約30mlになります。このことを別名「ワンフィンガー」とも言い、ウイスキー通の人達はこの言葉を使うことがあります。ウイスキーの量にはシングル・ダブル・ショットがありますが、シングルがベースです。バー等へ行き、特にウイスキーの量を指定しない時はシングルで出てくることが多いです。

ダブル

ダブルの量は約60mlです。指を使った測り方はシングルと同じですが、ダブルの時は指の横幅2本分の量のウイスキーを注ぎます。ワンフィンガーに続いてツーフィンガーとも呼ばれています。ウイスキー好きの中には90ml=トリプルをオーダーする人もいます。

ショット

ショットに関しては例外でシングルやダブルのように明確な量が決まっていません。そのため店舗によってショットの量は異なりますが、ほとんどの場合、約30mlで出てくることが多いでしょう。アルコール度数が高いウイスキー=強めのウイスキーを飲む時は「ワンショット」と言ってオーダーすることもあります。またハーフショットという量(約15ml)もあり、値段が高いウイスキーを試しに飲んでみたい時等はハーフショットでオーダーできます。店舗によって対応していない場合もあるので確認しましょう。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1496501956688-b2b505df8c6d?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=f87263ff80c860fb314beb36ef233de3&auto=format&fit=crop&w=747&q=80
引用: https://images.unsplash.com/photo-1511860417479-51b32ce45217?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=8385786f40925f8441a9fb8cee7dea0d&auto=format&fit=crop&w=751&q=80
ウイスキーの量はシングル・ダブル・ショットが基本とご紹介しました。実はジガーという量もあります。ジガーは約45mlで指の横幅は1.5本分(シングルとダブルの中間の量)です。ただし日本とイギリスではジガーの量が違います。日本では約45mlですがイギリスは約60mlで1ジガーと呼ぶこともあります。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1500316124030-4cffa46f10f0?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=7c3583c9e0a39944ac510280a55bcc0b&auto=format&fit=crop&w=750&q=80
ウイスキーの量はシングル・ダブル・ショットが基本ですが、グラスに注ぐ量が変われば値段も変わります。ウイスキーの量のベースはシングルなのでシングルをベースに値段を想定します。例えばダブルをオーダーするとシングルの2倍の値段、ジガーはシングルの1.5倍の値段と考えるといいでしょう。でも店舗によって値段は異なります。ダブルの値段が1.8倍等、安い店舗もあるでしょう。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1509157774525-cd6d6cbf00a7?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=248c1166a9905ca8718e9c466fa347ee&auto=format&fit=crop&w=750&q=80
引用: https://images.unsplash.com/photo-1501721147534-ddd8f40aaa1f?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=524b19abe91e611d9177a6af2a989fab&auto=format&fit=crop&w=750&q=80
ウイスキーのビギナーさんは「どれを飲めばいいのか迷う!」という人もいるでしょう。ビギナーさんにおすすめのウイスキーは「シングルモルトのグレンフィディック12年」です。とても飲みやすいウイスキーでバーの店員さんもおすすめする位です。少々値段はしますがビギナーさんでもきっと、美味しく飲めるでしょう。迷った時は是非、オーダーしてみてはいかがでしょうか?
引用: https://images.unsplash.com/photo-1510308243477-e66a37485ede?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=f026686749f46704cf3bb03018df2b5c&auto=format&fit=crop&w=689&q=80
シングル・ダブル・ショットやおすすめのウイスキーがわかったところで、今度はおすすめの飲み方をチェックしていきましょう。まずはシングルのおすすめの飲み方からご紹介します。

シングルで飲む時はストーレートかロックがおすすめ

ウイスキーの量の中で最も少ないのがシングルです。ウイスキーの深みや味、美味しさ等を知るために最初はシングルで飲みましょう。シングルで飲むことで「辛口のウイスキーが好きなのか?」等の好みもわかります。シングルで飲む時はストレートやロックがおすすめです。シングルならアルコール度数が高いウイスキーも堪能できるでしょう。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1501708881774-9e6edfc73b8a?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=b5f47c6c79268b6777a560a824bddb01&auto=format&fit=crop&w=580&q=80
次にご紹介するのもシングルのおすすめの飲み方です。特に寒い冬やキャンプ等のアウトドアの時にピッタリでしょう。冷えた身体を温めてくれます。

シングルで飲む時はホットウイスキーで身体を温める

ホットウイスキーを知っていますか?ホットウイスキーとは温かいウイスキーのことです。作り方も簡単で耐熱グラスやマグカップ等にウイスキーを注ぎます。次に注いだウイスキーの約3倍程度の量のお湯(約80度)を注いだら完成です。80度以上の熱いお湯を注ぐと、ウイスキーの風味や香りが熱で消えてしまうので注意しましょう。レモンピールやシナモン等のスパイスをプラスすると、さらに美味しくなります。ホットワインは身体を温めてくれますが酔いやすいので、お酒に弱い男性は注意しましょう。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1502197996753-841c0e19d607?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=e5a33d7858c75b01cc743554f0b433a3&auto=format&fit=crop&w=750&q=80
ダブルになるとウイスキーの量も増えます。濃いめのウイスキーが好きな男性はダブルで飲むといいでしょう。

ダブルで飲む時はハイボールがおすすめ

ウイスキーの定番と言えばハイボールでしょう。ハイボールとはソーダで割ったウイスキーのことです。おすすめはダブルのハイボールです。シングルよりも濃いウイスキーを味わえ、のどごしもスッキリしています。ダブルになるとウイスキーの量は増えますが、ソーダーで割っているので飲みやすいです。また甘くないので、どんなおつまみにも合うでしょう。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1522128483605-23607c944cbb?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=89c442b8ed5fd57c3a00e59113298a90&auto=format&fit=crop&w=749&q=80
最後はショットのおすすめの飲み方です。お酒が強い男性は是非、ショットでウイスキーを味わってみてはいかがでしょうか?

ショットで飲む時はハーフショットもあり

アルコール度数が高く強めのウイスキーを飲む時はショットがおすすめです。口に少しウイスキーを含ませ、味わうようにしてゆっくり飲むといいでしょう。「強めのウイスキーを色々飲んでみたい!」という人はハーフショットがおすすめです。でもハーフショットで飲む時はマナーがあります。ハーフショット以外にシングル等、他のオーダーもすることと、ハーフショットばかりオーダーしないことです。店舗側は面倒なのでハーフショットを対応していない店舗や、値段設定を高くしている場合もあります。

関連記事

引用: https://images.unsplash.com/photo-1514713350662-6c9e9d505330?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=c97daa1d0365dc10f351e617d491db03&auto=format&fit=crop&w=401&q=80
ウイスキーのシングル・ダブル・ショットや値段、おすすめの飲み方等……よくわかったのではないでしょうか?ウイスキーは量や割り物によっても、味や風味が変わります。ウイスキーの知識増やして美味しく飲みましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images.unsplash.com/photo-1514713350662-6c9e9d505330?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=c97daa1d0365dc10f351e617d491db03&auto=format&fit=crop&w=401&q=80