2018年04月14日 UPDATE

コーヒー豆も食べるの?健康面やカロリーは?おすすめの商品特集!

コーヒーは普段入れることが多いのですが、本格的なコーヒーを楽しみたい方はコーヒー豆を買う人が多いと思います。しかし、中にはコーヒー豆を食べる人も存在します。今回はコーヒー豆を食べるとどのような味なのか、健康面などによる影響もご紹介したいと思います。

目次

  1. コーヒー豆を食べる人は存在する!
  2. コーヒー豆とは?
  3. コーヒー豆を食べるのは大丈夫?
  4. コーヒー豆を食べる際の健康面への影響 カフェイン
  5. コーヒー豆を食べる際の健康面への影響 カフェストール
  6. コーヒー豆のカロリーは?
  7. コーヒー豆を食べるとどんな味?
  8. コーヒー豆を食べる際に期待できる効果は?
  9. コーヒー豆を食べる際には焙煎度合いが鍵
  10. コーヒー豆を食べる際のおすすめの食べ方 ①チョコと合わせる
  11. コーヒー豆を食べる際のおすすめの食べ方 ②アイスにまぶす
  12. 【まとめ】コーヒー豆を食べることに興味がある方はぜひお試しを!

コーヒー豆を食べる人は存在する!

Index cof
引用: https://www.niconos.co.jp/commodity/img/index_cof.png

皆さんはコーヒー豆を食べたことはありますか?コーヒーといえば普段は飲むことが多いと思いますが、コーヒー好きの方は少なからず食べたことがある人も多いと思います。しかし、コーヒー豆は普段焙煎した物を飲む機会が多いと思いますが、直接食べるとどのような味で、健康やカロリーに問題ないのか疑問に感じる方もいると思います。今回はコーヒー豆を食べる場合についてご紹介したいと思います。

Dsc04984
引用: https://www.chocolabo.com/wp-content/uploads/2015/05/DSC04984.jpg

コーヒー豆を食べるというと、先ほど挙げたようにコーヒー好きか、甘いもの好きだと思います。というのも、上記の画像のように最近ではコーヒー豆をチョコでコーティングしたお菓子も登場しているほどです。このようなお菓子が登場していることから実際に食べてみようと思う人が多いのですが、コーティングされたものと実際のコーヒー豆を食べた感じでは全く違うので、ご注意ください。

関連記事

コーヒー豆とは?

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc%e8%b1%86 1499175275
引用: https://www.zehitomo.com/blog/wp-content/uploads/2017/07/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC%E8%B1%86_1499175275.jpg

コーヒーノキはコーヒー豆の種類からもわかるように世界中で育てられていることが多いのですが、野生のコーヒーの木が存在するのはアフリカ地方となっています。ジャスミンのような白い花を咲かせ、赤い果実を実らせるのがコーヒーノキの特徴となっています。昼夜の寒暖差が激しい環境下でも育つ丈夫な木でもあります。

Coffee bean
引用: http://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/3/33/Coffee_Bean.png

コーヒー豆はコーヒーノキの果実の中にある種子が原料となっています。堅い果皮・果肉に覆われており、果実よりも何分の1にもなる小さな種子が普段皆さん飲んでいるコーヒー豆です。コーヒー豆ももちろんですが、コーヒーの木の果実も可愛いことから人気です。

観葉植物としても人気急上昇中

Coffee
引用: https://www.bloom-s.co.jp/kanri-g/coffee.jpg

最近ではコーヒーの木も観葉植物として育てる人が多いです。途中でも挙げたように、コーヒーノキは非常に丈夫で、しっかりと管理ができる方ならば育てやすい植物です。果実を実らせるには長い年月がかかりますが、白い花を咲かせたり、赤い果実を実らせたりと育てても楽しいので、ガーデニング好きの方には好評です。

コーヒー豆を食べるのは大丈夫?

Europeanblend
引用: http://www.arabicacoffee.co.jp/content/images/coffee/blend/EuropeanBlend.jpg

いよいよ本題に入りたいと思うのですが、先に簡単にご紹介するとコーヒー豆を食べるの大丈夫なのか?大丈夫じゃないのか?を簡単に言うとコーヒー豆は食べても問題ないです。特にコーヒーで有名なのがカフェインですが、カフェインが含まれているといっても直接コーヒー豆をそこまでたくさん食べる人はそうそういないので問題ないです。

コーヒー豆を食べる際の健康面への影響 カフェイン

Coffee 386878 640
引用: http://petty.jp/wp-content/uploads/2016/06/coffee-386878_640.jpg

健康面についてですが、カフェインは先ほど挙げたように最もコーヒーの中では有名な成分だと思います。カフェインは健康面も考えて過剰に摂取しすぎない方が良いと言われていますが、本来皆さんが飲んでいるコーヒーもコーヒー豆に含まれているカフェインの8割から9割のカフェインが抽出されているとされています。そのため、普段コーヒーを飲むのとカフェイン摂取量は変わらないのでご安心ください。

コーヒー豆を食べる際の健康面への影響 カフェストール

Yamato 01
引用: http://syokuki.com/wp-content/uploads/2016/09/yamato-01.jpg

カフェストールもコーヒー豆の中の成分では特徴があります。カフェストールは焙煎抽出してコーヒーを飲む際には問題ないほどの微量しか入っていないのですが、そうでない場合は豊富に含まれています。カフェストールは抗発がん性や抗炎症性の性能があるのですが、コレステロール値の上昇を促す効果もあるのですが、量を接種しすぎなければ健康面に関してはさほど問題ありません。

コーヒー豆のカロリーは?

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc%e8%b1%86 %e9%a3%9f%e3%81%b8%e3%82%99%e3%82%8b %e6%88%90%e5%88%86
引用: https://coffeemecca.jp/wp-content/uploads/2015/11/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC%E8%B1%86_%E9%A3%9F%E3%81%B8%E3%82%99%E3%82%8B_%E6%88%90%E5%88%86.jpg

次はカロリーについて簡単にご紹介したいと思います。コーヒーのカロリーは焙煎具合や豆自体によっても変わるとされているのですが、100gあたり539.9カロリーとなっています。このカロリー数だけ見ると非常にカロリーが高く感じるかもしれませんが、コーヒー豆を100gも食べる人はそこまでいないと思います。そのため、カロリーはあまり意識しなくても大丈夫です。

コーヒー豆を食べるとどんな味?

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc%e8%b1%86 %e9%a3%9f%e3%81%b8%e3%82%99%e3%82%8b %e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88
引用: https://coffeemecca.jp/wp-content/uploads/2015/11/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC%E8%B1%86_%E9%A3%9F%E3%81%B8%E3%82%99%E3%82%8B_%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88.jpg

健康面にはあまり影響しないことや、カロリーもそこまで意識しなくて大丈夫という点をご紹介しましたが、実際にかなり気になる点は味だと思います。コーヒー豆を食べたことがある人は分かると思いますが、コーヒー豆を食べてもやはり苦いです。さらに、渋みが加わるので、美味しいものとは言い難いものです。しかし、他の合わせ物と食べると美味しく感じる場合もあるので、他の食べ物と一緒に食べるのがおすすめです。

関連記事

コーヒー豆を食べる際に期待できる効果は?

禁煙につながる?

Photo
引用: https://research.nttcoms.com/database/data/002078/image/photo.jpg

次はコーヒー豆を食べた際に期待できる効果、メリットについてご紹介したいと思います。まず最初に挙げられるのが、禁煙効果です。実際に日本でも効果を実感している人もいるほどなのですが、コーヒー豆をかじって禁煙に成功したという人もいるようです。苦味、渋みが口に広がるため、口の中の恋しさは解消されます。

口臭の消臭効果

66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde3733
引用: https://biiki.ueb-a.com/wp-content/uploads/2014/12/66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde3733.png

さらにコーヒー豆を食べた際には消臭効果もあるとされています。コーヒーは口臭を抑えてくれることは有名だと思いますが、コーヒー豆を食べた際にも同じ効果があるとされています。お口直しとしてもコーヒーを含む人もいるほどなので、口臭が気になる方はぜひコーヒーやコーヒー豆を試していただけたらと思います。

眠気覚まし

Coffee
引用: http://good-breath.com/wp-content/uploads/img/coffee.jpg

次に挙げられるのが眠気覚ましです。コーヒー豆の味の所でもご紹介しましたが、渋みや苦みが強烈なため眠気覚ましにも効果があるとされています。眠気がおさまらない人などはコーヒー豆を2,3個かじるだけでも効果があるとされていますのでぜひ試していただけたらと思います。

コーヒー豆を食べる際には焙煎度合いが鍵

Img coffee 01s
引用: http://www.coffee-chaco.jp/coffee/images/img_coffee_01s.jpg

コーヒー豆を食べる際にはコーヒーの焙煎度合いが重要とされています。コーヒーを飲む際には焙煎した物を抽出して飲むと思いますが、さすがに食べる際には焙煎していないと食べれません。そのため、コーヒー豆を食べる際には焙煎した物を口に含むようにしましょう。

コーヒーの焙煎度合いは全部で8段階

Ia62pmmysp28wdavvyvi
引用: http://livedoor.blogimg.jp/hontino/imgs/5/4/54db15c0-s.jpg?160106

コーヒーについて詳しい方はご存知だと思いますが、コーヒーを焙煎する際には主に8段階存在します。最も有名なのがシティローストからフレンチローストですが、焙煎度合いが少ないと酸味が強く、焙煎度合いが多いと渋みが強くなります。フレンチロースト、イタリアンローストとまで行くと深煎りと呼ばれることが多いです。

シティローストかフレンチローストがおすすめ

Efu0itweopzgfwx2i6wl
引用: http://img13.shop-pro.jp/PA01280/157/product/78083831_th.jpg?20140723091240

コーヒーを食べる際にはフレンチローストやシティローストの状態が好ましいです。他のロースト加減だと渋みが強すぎたり、酸味が強すぎる場合があります。コーヒーを飲む際に選ばれることが多い焙煎度合いですが、コーヒー豆を食べる際にもおすすめの焙煎度合いと言えます。

イタリアンローストまでいくと焙煎しすぎ!

Ekxjgeo1k5a7xpgrcigz
引用: http://livedoor.blogimg.jp/kochab/imgs/0/1/01d574ca-s.JPG

イタリアンローストを食べる際には強い苦みを感じる場合が多いです。イタリアンローストだと焙煎しすぎといっても過言ではない状態で、渋みが非常に強いです。口に入れてもすぐ出してしまうような段階なので、イタリアンローストは口に含まないのがおすすめです。

コーヒー豆を食べる際のおすすめの食べ方 ①チョコと合わせる

9121
引用: http://www.kahori.biz/wp-content/uploads/9121.jpg

コーヒー豆を食べる際にはチョコと一緒に食べるのがおすすめです。チョコでコーティングしているお菓子があるように、コーヒーとチョコの相性は抜群です。ほんのりとした甘みの中に少し苦みを感じる程度なので、初めて食べる方はチョコと一緒に食べるのがおすすめです。

コーヒー豆を食べる際のおすすめの食べ方 ②アイスにまぶす

9112
引用: http://www.kahori.biz/wp-content/uploads/9112.jpg

さらに、アイスと食べるのもおすすめといえます。アイスで食べる場合はコーヒー豆を砕いた状態でまぶすのもおすすめで、渋みがアクセントとなってさらにアイスの甘さを引き立てることができます。もちろん見栄えも美しく、大人の味覚を楽しめるので、甘いもの好きの方にもおすすめです。

【まとめ】コーヒー豆を食べることに興味がある方はぜひお試しを!

240f7e4a1f453b793daf1173a823ce73
引用: https://lucky1234.net/wp-content/uploads/2017/12/240f7e4a1f453b793daf1173a823ce73.jpg

今回はコーヒー豆についてご紹介しましたがいかがだったでしょうかコーヒー豆を食べるという方は少ないと思いますが、実際に興味本位から食べる人もいます。大量に食べなければそこまで体に害はありませんので、興味がある方はぜひ試していただけたらと思います。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://coffeemecca.jp/wp-content/uploads/2017/01/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC%E8%B1%86_%E7%84%99%E7%85%8E_%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%99%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%AB.jpg