Hgkusxazwungkgm9ckxg

ジム

CATEGORY | ジム

ボディメイク(男性)のトレーニングとは?ジム通いやシート・パッドは必要?

2018.06.05

ボディメイクトレーニングをやってみたいけどどんなトレーニングをしたらいいか分からない男性も多いのでは?今回は男性向けボディメイクトレーニング方法から、ボディメイクシートやパッドなどの便利グッズまでご紹介します!またボディメイクを競うグランプリについてもご紹介!

  1. ボディメイク(男)のトレーニングとは?
  2. ボディメイク(男)のトレーニングにジムやトレーナーは必要?
  3. 男のボディメイクにおすすめのトレーニング①腕立て伏せ(自重トレーニング)
  4. 男のボディメイクにおすすめのトレーニング②スクワット(自重トレーニング)
  5. 男のボディメイクにおすすめのトレーニング③バイシクルクランチ(自重トレーニング)
  6. 男のボディメイクにおすすめのトレーニング④ベンチプレス(ジムトレーニング)
  7. 男のボディメイクにおすすめのトレーニング⑤ラッドプルダウン(ジムトレーニング)
  8. ボディメイクシートとは?
  9. ボディメイクトレーニングに便利?ボディメイクパッドとは?
  10. ボディメイクトレーニングに便利?ボディメイクグランプリとは?
  11. ボディメイクトレーニングで男らしい体を作ろう!
ボディメイクという言葉は、女性に対してキレイな体を作るといった意味で使われることが多いので、男性としては馴染みの少ない言葉ですが、男性に対してもボディメイクという言葉を使います。女性に対してボディメイクという言葉を使う場合には、女性らしい曲線美を残してマッチョになりすぎないということを意識しますが、男性に対してボディメイクという言葉を使う場合には上の画像のように、まるで彫刻のような筋肉隆々の体に対して使うことが多いです。
上の画像のようなカッコいい体を作るためには、筋肉のボリュームを大きくするのと同時に脂肪を削ぎ落とすという行程が必要になります。そのため、ハードなトレーニングを行うだけでなく、カロリーから栄養バランスまでしっかりと食事を管理していくことも必要になってきます。男性のボディメイクは、女性のボディメイクに比べて難易度が高くなっているのが特徴です。
男性のボディメイクは女性のボディメイクに比べて、見た目の変化が非常に大きいのが特徴です。ボディメイクトレーニング前の体はガリガリだったり、ぽっちゃりしていても上の画像のような誰が見てもカッコいい体まで到達することができます。もちろん人によって、筋肉が付きにくい体質だったり、脂肪が落ちにくいという体質だったりしますが、トレーニングの量を増やしたり栄養バランスを調整してあげることで、カッコいい体に近づけていくことは誰であっても可能です。
「自分は体質的に太りやすいから」といった言い訳をする前に、ボディメイクのためにトレーニングや食事の管理を始めてみましょう。自分から動き出さなければ絶対に体に変化を出すことはできないので、最初の一歩は面倒ですが踏み出してしまえば後はスイスイ行くので、勇気を出して一歩目を踏み出してください。
「夏までにカッコいい体に仕上げたい」、「今年中に昔のスーツを着れる体になりたい」という具体的な目標があり、それに向けて最速で進んで行きたいのならば、ジムに通うことをオススメします。トレーニングジムには、自宅では到底用意できないような専用の器具が沢山あります。一台1,000,000円する様な高級なトレーニング機材から、自宅に置いたら6畳分のスペースを占領するような大規模なトレーニング機材も、ジムには置いてあります。
自宅で一切の器具を使わずに行える自重トレーニングでも、徐々に体を変えていくことは可能ですが、トレーニングの成果をできるだけ早く出したいのならば、効率よくトレーニングを行える器具が自由に使えるジムに通いましょう。ジムに通うためには、入会費や月会費を払う必要がありますが、自分の体がカッコよくなって健康体に近づくことを考えればそれほど高い投資ではありませんよね?
これまで本格的なトレーニングをしたことが無いという人は、自己流でトレーニングをするよりも筋トレの専門家である「トレーナー」に指導してもらうことをオススメします。自己流で行うトレーニングは、残念ながら効果が低くなってしまう可能性が高く、大きく間違ってしまっている場合には「怪我」を招いてしまうこともあります。
一対一でトレーニングを指導してくれる「パーソナルトレーニングジム」は、月会費が100,000円近くなることも普通で非常に高額なのですが、自己流で時間を無駄にするよりは良いかもしれませんね。また、最初だけパーソナルトレーニングを付けて、ある程度の期間教えてもらい、筋トレや栄養バランスについてのノウハウを勉強できたらパーソナルトレーニングを解約して、後は自分だけでトレーニングするという方法も良いでしょう。

関連記事

ここからは、ボディメイクにオススメのトレーニングを具体的に紹介していきます。写真だけではなくYouTube動画もあるので、しっかりと全部見てから注意点なども覚えていきましょう。いきなり自己流でトレーニングを始めると、怪我をしてしまう可能性もあるので注意してください。
腕立て伏せは、自宅で行える自重トレーニングの中でも、様々な部位を同時に鍛えられる効果の高い種目です。鍛えられる部位は、主に腕の外側にある「上腕三頭筋」、厚い胸板を作るための「大胸筋」といった場所になります。
スクワットは、畳一畳分のスペースさえあれば、どんな格好でも行える自重トレーニングになります。全身の中でも最も大きい筋肉が集まっている、脚全体を鍛えられるので基礎代謝を高めるという効果にも期待できます。
バイシクルクランチは、腹筋全体を同時に鍛えるトレーニングになります。体育の授業などでも行われる一般的な上体起こしでは、腹筋の真ん中にある腹直筋しか鍛えられませんが、このバイシクルクランチならば腹斜筋郡や腹横筋も同時に鍛えられるので、カッコいいお腹を目指している人にオススメのトレーニングです。
ベンチプレスは、シートに寝そべってバーベルを持ち上げることで、大胸筋を鍛えるトレーニングになっています。やっていても楽しいトレーニングなので、是非チャレンジしてみてください。
ラッドプルダウンは、背中にある広背筋を鍛えるトレーニングになっています。男らしい大きな背中を作るために必要なので、積極的に取り入れていきましょう。
Googleなどで「ボディメイク」と検索すると、「ボディメイクシート」という言葉ヒットすることがあります。このボディメイクシートとは、椅子に姿勢良く座るための器具なので、カッコいい体を作るための商品ではありません。しかし、ボディメイクシートなどを使って正しい姿勢になるだけでもカッコよく見えるので、パソコンを使う時間が長い人などはボディメイクシートを使ってみるのも良いでしょう。
ボディメイクパッドとは、国内の業者が販売しているEMSの商品名です。ボディメイクパッドは、体に専用のパッドを貼り付けて電気信号で流し、直接筋肉を動かしてトレーニングするというものです。パッドを貼り付けるだけでトレーニングが行えるので、どうしてもジムなどで大変な筋トレをやりたくないという人は、ボディメイクパッドを試してみるのも良いかもしれませんね。
ボディメイクグランプリとは、パーソナルトレーニングジムブームの火付け役となった「RIZAP」が主催するボディメイクのグランプリコンテストになります。ボディメイクグランプリは、筋肉の大きさだけではなく、そこまでの過程や変化などの要素を総合して行われるグランプリ形式のコンテストになっています。自分の変化を多くの人の前で披露したいという人は、RIZAPに入会してボディメイクグランプリに参加してみましょう。
ボディメイクはカッコいい体を作るのが目的なので、ボディメイクシートやボディメイクパッドなどの道具も積極的に取り入れていきましょう。RIZAPボディメイクグランプリなどにエントリーするのも、モチベーション維持に良いかもしれませんね。