Yz5wpzmzucg1m7bste3l

ダイエット

CATEGORY | ダイエット

ウォーキングマシンおすすめ5選!使い方は?効果はあるの?

2020.07.20

ウォーキングマシンのおすすめをご紹介します。ウォーキングマシンで得ることの出来る効果や使い道などウォーキングマシンの分からないことを解説します。また、自走式がいいのか電動式がいいのかなどメリットデメリットなどもご紹介します。

  1. ウォーキングマシンとは?
  2. ウォーキングマシンの使い方
  3. ウォーキングマシンの正しい使い方
  4. ウォーキングマシンは自走式か電動式か
  5. 自走式ウォーキングマシンのメリットデメリット
  6. 自走式ウォーキングマシンのメリット①電動式よりカロリー消費が良い
  7. 自走式ウォーキングマシンのメリット②自走なのでスピードを調整できる
  8. 自走式ウォーキングマシンのメリット③リハビリなどにも使える
  9. 自走式ウォーキングマシンのメリット④節電
  10. 自走式ウォーキングマシンのメリット⑤価格が安い
  11. 自走式ウォーキングマシンのデメリット①体力が無いと続かない
  12. 自走式ウォーキングマシンのデメリット②足を痛める可能性がある
  13. 自走式ウォーキングマシンのデメリット③目標が無いと続かない
  14. おすすめのウォーキングマシン①BARWING(バーウィング) ルームランナー MAX20km/h 準業務用 ランニングマシン ウォーキングマシン 傾斜角電動式
  15. おすすめのウォーキングマシン②ALINCO(アルインコ) ルームランナー ランニングマシン AFR1016
  16. おすすめのウォーキングマシン③Horizon(ホライズン) Adventure3 ViewFit
  17. おすすめのウォーキングマシン④パラディニア(Paladineer)ランニングマシン
  18. おすすめのウォーキングマシン⑤Reebok(リーボック) JET300
  19. まとめ
引用: https://i.pinimg.com/564x/37/39/6c/37396c83292182b5a82cf1480e413cdd.jpg
ウォーキングマシンとは主にダイエットや体力づくりを行うためのランニングやウォーキングが室内で行うことができるトレーニング器具です。ウォーキングマシンの使い方次第で様々な効果を得ることが出来ます。また、基本的にはランニングやウォーキングと言ったトレーニングは外で行うため天候により行える日や行えない日があるため毎日続けることが難しいですがウォーキングマシンがあれば天候を気にすることなく毎日トレーニングすることが出来ます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/35/a8/bc/35a8bcb18f00789cf3000d0878df1dab.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/74/70/99/7470998e4f99fabad1e0a60eeafd4128.jpg
ウォーキングマシンの使い方はその人次第で使い方が違ってきますが、主な使い方はランニングとウォーキングが行えます。また、外ではなかなか行うことが出来ない長い距離の坂道だったりフラットな長距離を移動できない場合でもウォーキングマシンがあれば坂道でも長距離でも走ることが可能です。また、足を傷めた方のリハビリも行うことが可能です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/f0/38/51/f03851158f3228f8976f2bc64c62ae77.jpg
ウォーキングマシンの正しい使い方は、まずはウォーキングマシンを使う前に怪我防止のためストレッチなど行い走れる体にしておきましょう。ウォーキングマシンを使用時は室内とはいえ走るため足に衝撃がきます。足を痛めないためにも必ずランニングシューズを履きましょう。ウォーキングマシンから降りるときは徐々にスピードを落としてから降りましょう。速い速度から急に降りると店頭の危険性があるためやめましょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/10/0c/ca/100ccac678c54d3f42c2e388305aee42.jpg
ウォーキングマシンには自走式と電動式と言うのがあります。名前の通り自走式は歩くことで自力でベルトをまわし動かす方法です。電動式は自動でモーターを回しその上を歩いたり走ったり出来ます。どちらにもメリットでメリットがあります。あなたの環境下によってメリット・デメリットが有る為あなた自身の環境下に合わしたウォーキングマシンをお選びください。
引用: https://i.pinimg.com/564x/d9/fc/18/d9fc189f9d82a057705c3d054ad17e31.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/94/f8/ba/94f8ba1b5462153301395b3b381a64a7.jpg
自走式ウォーキングマシンのメリット・デメリットをご紹介します。メリット・デメリットが有る為あなたに合うものなのか判断を行いましょう。合わないもので行っても効果を得ることは出来ません。
引用: https://i.pinimg.com/564x/b3/a9/5b/b3a95bb44151c3aa07e873eeafc14b29.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/1d/3d/86/1d3d868f2f90248c3066e2995d5f2e0e.jpg
自走式ウォーキングマシンのメリットには電動式ウォーキングマシンよりもカロリー消費がいいのです。自動式は電動式と比べウォーキングマシン自体動かすのに体力を使います。また速度を上げたいときなども自力で上げる必要があるためそういった行為が電動式ウォーキングマシンよりも消費カロリーを多くします。
引用: https://i.pinimg.com/564x/62/5f/03/625f033223c0e0a198a18118d4d6786b.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/c3/8b/28/c38b28d5db1473a53be7e463d92feed5.jpg
自走式ウォーキングマシンのメリットには細かい速度調整を行うことが出来ます。電動式ウォーキングマシンはボタンひとつで速度調整を行えます。1km/lずつ速度を上げたり下げたりしますが体感で1km/lは少し早く感じたり遅く感じたり自分のちょうど良い無理の無いスピードで走る事が難しいため自分の速度で走ることが出来る自走式ウォーキングマシンがおすすめです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/70/bf/a1/70bfa1aa0445090627e658bd638ea7a0.jpg

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/1a/90/64/1a9064ee477c75777fd06c98b53bd21d.jpg
自走式ウォーキングマシンは自分の速度で走ることや歩くことが出来るため足を痛めた方のリハビリに使うことが出来ます。外で歩くことでもリハビリは出来ますが、地面がでこぼこしていてそのデコボコなどで足をさらに痛める可能性があるためにフラットでアスファルトやコンクリートより柔らかいので、藍をいためることなく無理のない範囲で行えます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/e0/6a/be/e06abeb9e4a62bc4e385d48628a721a0.jpg
自走式ウォーキングマシンのメリットは節電が出来ることです。電動式ウォーキングマシンはかなりの電気代がかかるため電気代のことを考えると出来ないというか互いますが自走式ウォーキングマシンなら電気代がかからないので思う存分走ることが出来ます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/2e/4e/f3/2e4ef334f0a300ecb80c714a184603db.jpg
自走式ウォーキングマシンは安い価格で購入できることです。自走式ウォーキングマシンは1万円以下の価格で購入することができ丈夫な設計となっているため安心してお使いいただけます。電動式ウォーキングマシンは1万円以上の価格がし、3万円程度の価格のウォーキングマシンはコストを抑えるために1年程度で壊れたと言う口コミがあるほどなので、丈夫で安心して使える自走式ウォーキングマシンがおすすめです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/b4/77/07/b4770771af79e234c3a9d6f0df910b57.jpg
自走式ウォーキングマシンのデメリットは体力が無いと続けれません。自走式も電動式も走るのだから体力が無いと続けられないのは事実ですが、自走式は自力でベルトをまわすため電動式よりそういった体力が必要となってきます。また、速度を上げるときも電動式ならボタンひとつで操作できますが、自走式は自力で上げる必要があるため速度を上げる動作だけでも電動式では使わなくて良い体力を使うため体力が無いと続けることが出来ません。
引用: https://i.pinimg.com/564x/9d/91/2b/9d912bac6d425e136a2f993659bcb742.jpg
自走式ウォーキングマシンのデメリットは足を痛めることがあります。自走式は自力でベルトをまわす事によって動かすことが出来ますが、動き出すときや速度を変えたいときなどは自力で上げ下げを行わなければいけませんので、足に負担がかかる場合があります。特に自走式ウォーキングマシン似なれていない初期の時期に足を痛めてしまう可能性があります。足を痛めた場合効果がでる前にやめてしまう可能性があがります。
引用: https://i.pinimg.com/564x/62/1e/c3/621ec3c283341c78c27f9a370b2ee2cd.jpg
自走式ウォーキングマシンのデメリットとして上げられるのが目標が無いと続かないことです。電動式はプログラムによりいろいろ設定があり距離やスピード、時間などで運動時間が決められ目標を持つことなく設定した距離や時間を走るだけでsダイエット効果などに期待できますが、自走式の場合は設定など何も無いため走る時間やスピードは全て自信のやる気に繋がるため真剣に痩せたいと考える方だけが効果のあるものだと思います。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/813xwzO3AJL._SL1500_.jpg
「BARWING(バーウィング)」 は自宅用では珍しい20km/lまでの速度対応があり、傾斜角度も自動変更できるためジムのような効果を発揮できるウォーキングマシンです。価格は少しお高い金額ですが買って後悔の無いウォーキングマシンです。
BARWING(バーウィング) ルームランナー MAX20km/h 準業務用 ランニングマシン ウォーキングマシン 傾斜角電動式
価格
■MAX20km/hの準業務用タイプ ■ワイドな走行面1400×510mm  ■傾斜角15段階電動調整機能 ■衝撃吸収マルチショックアブソーバーシステム  ■12種類の走行プログラム搭載 ■本体サイズ:幅約860mm×長さ約1800mm×高さ約1390mm ■梱包サイズ:幅約900mm×長さ約1910mm×高さ約380mm ■重量=組立時:約77kg/梱包時:約89kg ■耐荷重:約150kg ■速度:0.8km/h~20km/h ■生産国:中国 ■付属品:工具・説明書
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61jQO%2B3Wj0L._SL1200_.jpg
ALINCO(アルインコ) ルームランナー ランニングマシン AFR1016 は時速1km/lから16km/lまで選べるウォーキングマシンです。スピード・時間・距離・カロリー・心拍数・プログラムコースなど選べるので目標を持ったランニングを行えます。
ALINCO(アルインコ) ルームランナー ランニングマシン AFR1016 時速1~16km 歩行面40×120cm 2種トレーニングプログラム 音声ガイド機能 専用マット 折りたたみ可能 移動キャスター
価格
ルームランナー (ランニングマシン) 速度1.0~16.0km 保証期間: 1年 主な機能: トレーニングプログラム / 傾斜調整 / 折りたたみ機構 / 移動用キャスター付 傾斜角度(約): 1度、2度、3度(手動調整) メーター表示: スピード・時間・距離・カロリー・心拍数・プログラムコース 本体サイズ(収納時)/重さ: 幅73×奥行153×高さ122cm (73×67×144cm)/50kg ベルトサイズ: 幅40×奥行120cm
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71Zs-UkYLNL._SL1500_.jpg
「Horizon(ホライズン) Adventure3 ViewFit」はジムにあるような本格的なランニングを行えるウォーキングマシンで、内蔵されたプログラムはなんと12種類もある魅力あるダイエットの効果を発揮できるウォーキングマシンです。価格は高額ですが買う価値のある1台です。
Horizon(ホライズン) 高機能ルームランナー トレッドミル Adventure3 アドベンチャースリー 運動データ記録システム ViewFit
価格
1年間メーカー無償保証付(公共施設等、不特定多数の使用の場合は、対象外) ■本体寸法:(L×W×H) 182×89×138㎝ ■折畳み時寸法:114×89×155㎝ ■梱包寸法:191×81×30㎝ ■ランニング面:140×49.5㎝ ■ベルト厚み:1.6㎜ ■衝撃緩和クッション:VRC(バリアブルレスポンスクッション) 本体重量:81㎏、梱包重量100㎏ 最大使用者重量:137㎏ ■ドライブモーター:2.0CHP(通常時)、3.75HP(最大時) ■速度:0.8~18㎞/h(0.1㎞/h 単位) ■傾斜:0~10%(0.5%単位) ■ディスプレイ:5.75インチ LCD ディスプレイ ■プログラム数:12種類
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51s110M1gkL._SL1000_.jpg
「パラディニア(Paladineer)ランニングマシン」は自走式にしては少し価格の高いウォーキングマシンですが、軽量化された軽いボディに折りたたみ式という収納に困らない器具です。
パラディニア(Paladineer)ランニングマシン ルームランナー 家庭用 自走式 電源不要 折りたたみ 高さ調節 耐荷重150kg トレッドミル フィットネス 腰筋トレーニング器具付 2人同時に使用可能 キャスター付
価格
お手軽に運動ができる自走式のルームランナーです。電源不要でどこにいても簡単にトレーニングが可能です。耐荷重は150KGに達します。 iPad置きスタンド付きなので、トレーニングしながら映画、アニメなどを楽しめます。運動中、つまらないと感じさせない! 高さ調節が可能なので自分の身長に合わせてトレーニングができます。手すりも設置されているので、安全性もアップし、より安心にトレーニングします。 折りたたみ式で使わないときはコンパクトに収納できます。脚部にはキャスターが付いているので、女性の方でも楽に移動が行え便利です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41kxv3TSQ%2BL.jpg
「Reebok(リーボック) JET300」は最高速度20km/h、傾斜15% まで可能な本格的なウォーキングマシンです。価格はある程度しますがジムに通う手間や費用を考えればお求め安い価格です。ジムのような本格的なウォーキングマシンが欲しい方におすすめです。
Reebok(リーボック) Reebok(リーボック) JET300 トレッドミルRVJF-10721BK-1BT Bluetooth付 120V RVJF-10721BK-1BT
価格
家庭用トレッドミル 最高レベルの2.5馬力モーター搭載。 ラバー&エアークッションデッキの組み合わせで、走行に優れた吸収力と静音性を実現 スピード、傾斜はタッチパネルの他にスピード、傾斜は手元スイッチにもあり、走りながらでも簡単操作。 心拍センサー付き 走行面は広々とした長さ150cm×幅51cmと業務用と同等サイズ。ゆったりと走れます。 27種類のプログラム内蔵。最高速度20km/h、傾斜15% まで可能です。 折りたたみは、ガスアシスト機能付きで簡単、掃除も楽々、ホイール付きで移動も簡単。 クーリングファン仕様、フロント2スピーカー、Bluetooth付
ウォーキングマシンいついて参考になったでしょうか。ウォーキングマシンには自走式ウォーキングマシンと電動式ウォーキングマシンがあるためあなたに合ったメリットデメリットを考え購入するひつようがあります。あなたに合った1台を見つけてください。

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://assets.media-platform.com/roomie/dist/images/2017/07/170726ECCITTA.jpg