Iceovs9gnwugtyyqxcqy

財布

CATEGORY | 財布

革のエイジングが楽しめるおすすめブランド・きれいな色にする秘訣とは?

2019.06.27

革のエイジングとは、革の色ツヤや質感が徐々に自然と変化していくことです。使えば使うほどエイジングが楽しめるので、革が持つ最大の魅力となっています。今回は、革のエイジングを楽しむ方法やおすすめのブランドについてご紹介します。

  1. 革のエイジングできれいな色にする方法
  2. 革のエイジングが楽しめるおすすめブランド①イルビゾンテ
  3. 革のエイジングが楽しめるおすすめブランド②ココマイスター
  4. 革のエイジングが楽しめるおすすめブランド③スロウ
  5. 革のエイジングを楽しむ方法とおすすめブランドまとめ

革のエイジングできれいな色ツヤを出す方法は、まずは毎日使うことが大切です。革の表面には、特有のでこぼこがありますが毎日使うと表面のでこぼこが減りなめらかになっていきます。手の油分がつくことで自然とツヤが出るようになるので財布や手帳、バッグなど革でできたアイテムはなるべく毎日手に取り使うようにしましょう。また、定期的に乾拭きして磨くことも大切です。軽く磨くだけでも、ツヤが増すので柔らかい布で軽く乾拭きすると良いです。

革は乾燥に弱いので、乾燥が気になるようになった時はオイルやクリームをつけて軽く磨くと良いでしょう。保湿されることで表面がなめらかになり、自然なツヤが出てきます。財布やカードケースなどに関しては、ズボンのポケットに入れて置くと、形が崩れてしまうことがあるのでバッグの内ポケットに入れるようにしましょう。バッグの内ポケットに入れるだけでも、表面のツヤは出るようになり綺麗な形を維持することができます。

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41jg2dWZZtL.jpg

革のエイジングが楽しめるおすすめブランドその1は、イルビゾンテです。イルビゾンテは、イタリアは革製品で有名なフィレンツェ発のブランドとして世界的によく知られています。質の高い革製品が多いことで人気が高く、デザインもハイセンスなおしゃれなものがそろっています。バッグや財布を中心にいろいろな革製品を取り扱っているので、男性から女性までファンが多いです。自然な色ツヤと、光沢の変化のあるエイジングが楽しめるブランドです。

[イルビゾンテ] バッグ トートバッグ ハンドバッグ ブラック (A2626 P 153 NERO) [並行輸入品]
価格
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41ftwFlTxEL.jpg

革のエイジングが楽しめるおすすめブランドその2は、ココマイスターです。ココマイスターは日本のブランドですが、使っている革はヨーロッパの高品質なものを使っているので高級感あふれるアイテムがそろっています。落ち着いた色の変化が楽しめる、使えば使うほどエイジングの魅力に引き込まれるブランドとなっています。財布の取り扱いが多いですが、バッグや手帳なども人気が高いです。洗練された大人の魅力がただようおしゃれなデザインのものが多いです。

COCOMEISTER(ココマイスター) 〔長財布〕 GEROGE BRIDLE ROYAL WALLET(ジョージブライドルロイヤルウォレット)
価格
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61ZzxHXJTEL._UL1200_.jpg

革のエイジングが楽しめるおすすめブランドその3は、スロウです。スロウは、日本発のブランドで職人の高いスキルを活かしたアイテムがそろっているブランドです。スロウというネーミングは英語でゆっくりすることを意味する「SLOW」から来ており、長くゆっくり使える革製品という意味が込められています。色ツヤの変化など、自然なエイジングをじっくりと楽しみたい人に特におすすめです。上品な色とシンプルで使いやすいベーシックなデザインのアイテムがそろっています。

スロウ 長財布 bridle SO642G
価格 ¥34,560

今回は革のエイジングを楽しむ方法とおすすめのブランドについてご紹介しました。革はもともと丈夫で耐久性が高いため、長く愛用することができます。時間と共に自然に変化していくエイジングを楽しみましょう。毎日ただ使うだけでもエイジングを楽しむことができますが、時々乾拭きをしたり、乾燥が気になる時はクリームやオイルを使って磨いたりすることでさらに綺麗な色ツヤを引き出すことができます。長く使い続けるためにも定期的にお手入れをするようにしましょう。

定期的なお手入れをすることで、革の極端な劣化を防ぎつつ長く品質を維持できるようになります。雨や汗に弱いので、汚れた時は特にお手入れには気を付けるようにしましょう。

革小物についてもっと知りたい方はこちらから

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BmvBCAQg8Bf/