Tt4grx6rafld1lbomvms

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

日サロでもシミは出来る?!数年後にほくろ・シワを増やさない対策もご紹介!

2019.05.24

かっこいい外見やセクシーな外見を手に入れることができる日サロの利用にはシミに注意したいですね。ほくろやシワなど、肌の劣化に影響すると言われる日サロについて、その利用方法や肌のシミなどの劣化対策を公開します。安全に日サロを利用するヒントにしてみてくださいね。

  1. 日サロでシミができる?ほくろやシワにならない対策をチェック!
  2. 日サロでシミができない説は勘違い?
  3. シミができないと言われる日サロ!その理由とは
  4. なぜ日サロでシミができるのか?仕組みを解説
  5. シミ・シワ・ほくろ対策!日サロに行く前のスキンケアを公開!
  6. シミを作らないために:スキンケアはジェルやローションを使おう
  7. 焼いた後もケアが大切!日サロに行った後のスキンケアとは?
  8. シミを防ぐ日焼け後のスキンケア①:肌を冷却する
  9. 日焼け後のスキンケア②:日焼け用ジェルやローションを洗い落とす
  10. 日焼け後のスキンケア③:肌の保湿を行う
  11. 日サロに行くならケアをしっかり行って、シミやほくろに気をつけよう!
引用: https://image.freepik.com/free-photo/man-with-sunglasses_1169-88.jpg?1
筋トレなどで体を作りながら日サロで肌を焼いている人も多いのではないでしょうか。日サロに行くことによってセクシーでたくましい肌を演出できるので、外見にこだわる人なら通ってみたいという人もいるでしょう。肌に影響はないと言われている日サロですが、実はシワやほくろなど、肌の劣化に関連すると言われており、対策を知っておきたいところですね。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/handsome-young-man-enjoying-sun_23-2148149999.jpg
日サロでシミなどができないと言われているのは、実際には勘違いなのでしょうか。日サロの利用でシミやシワ、ほくろなどができる仕組みや、その他肌の劣化を防ぐための対策を公開します。仕組みや注意点などを知って、安全で安心に利用したい日サロと肌の関係について公開します。

日サロとは

引用: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/a/ae/715px-Sunbedoff_large.jpg/715px-715px-Sunbedoff_large.jpg
日焼けサロン(ひやけサロン)は、肌に紫外線を人工的に当てて、黒く日焼けを施す店舗のことである。 日サロ(ひサロ)と略されることが多い。 日焼けする場合、日焼けマシーンを用いる。 作用については日焼けマシーンを参照のこと。

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/08/085189bb6eb0d433578126c8400a9ef9_t.jpeg
肌対策を行いたいおなじみの日焼けサロンですが、20年以上も前から若い世代の男女に利用されている施設になります。肌をこんがり焼いて黒くすることで見た目の個性を発揮できる日サロですが、鍛え上げられた肉体が綺麗に褐色に焼けていることで、セクシーさやたくましさをさらに演出することができるので好んで使われています。日サロでシミが出来ないのは勘違いなのでしょうか。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/fd/fd5487f14010633a9fc051e810c9e2ae_t.jpeg
外見を個性的で美しくするために利用される日サロですが、日サロではシミやほくろ、シワができないという説があります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/612gvqfxUIL._SY450_.jpg
この説を信じて日サロを利用する人が多い一方では、国を挙げて日サロ自体を禁止しているところもあるほどです。まずは、日サロではシミができないと言われているその理由について公開していきます。

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41GWPHFA2JL._SY450_.jpg
肌を焼く日サロでシミやほくろ、シワができないと言われている理由を公開します。まず、日サロは肌を焼く機械ということから、「直射日光」と区別して理解されています。「直射日光を利用した海やプールでの日焼けは、紫外線の強い影響を受けるために、肌の劣化や皮膚ガンになりやすい」という説が流布されており、日サロの安全性の謳い文句にもなっています。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/e7/e75ebc13426fc94ad9c64cb0a8e8ab70_t.jpeg
直射日光よりは安全ではあるものの、肌の劣化を招いてしまう日サロ。スキンケアなしではシミが出来てしまう日サロですが、なぜシミやシワ、ほくろが出来てしまうかについて知らない人も多いのではないでしょうか。対策を行いたい日焼けと肌の劣化の仕組みについて解説します。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/12/120e27c6a6ee537f3443f49dc65e7331_t.jpeg
日サロで行う日焼けですが、肌が黒く焼ける仕組みとシミやシワ、ほくろができてしまう原因を公開します。タンニングマシンは日焼け用に光を調整していますが、肌へのダメージは有ると言えます。仕組みを理解することで、リスクを減らした日焼けを行いましょう。

肌が黒くなる原因・メラノサイト

引用: https://image.freepik.com/free-photo/female-applying-sunblock-back-black-male_23-2148142020.jpg
紫外線を当てることによって黒く変色するメラノサイトですが、これは皮膚の中にある細胞です。この細胞が紫外線により黒く変色することで、皮膚を黒く焼くことができます。また、メラノサイトへの紫外線の刺激が蓄積すればするほどシミになりやすく、いくら調整がされているタンニングマシーンでもやはりシミやシワ、ほくろの原因となってしまうのです。

直射日光より安全なタンニングマシン

引用: http://omisesuru.com/img/970/1352438706.jpg
確かに直射日光に比べれば、日サロの利用は安全性が高いと言えます。なぜなら、タンニングの器械による光の調整がなされており、紫外線の成分である有害なUVB、UVCをカットしています。有害度の少ない波長の長めのUVAという成分を主に使用するタンニングマシーンですが、実際には肌を黒くするためのメラノサイトへの働きかけがあり、ダメージになります。

新陳代謝と日焼けの関係

引用: https://image.freepik.com/free-photo/gold-pattern-background_53876-74685.jpg
肌には、ターンオーバーと呼ばれる新陳代謝の仕組みが備わっています。劣化した細胞が剥がれ落ちていき、新しい細胞が生まれて肌を健康に保つというものです。若いうちはシミができてもターンオーバーによってシミは消えていきます。しかしながら、年令を重ねるごとにターンオーバーが落ち着いていき、シミやほくろが残ってしまうことになりかねません。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61KIvI16IxL._SY355_.jpg
シミやシワ、ほくろが気になってしまう日サロの利用ですが、日サロの利用前と利用後のスキンケアを怠らず行えば、比較的安全に利用することができ、なおかつ綺麗なブロンズ肌を作ることが可能です。どうしても肌の劣化のリスクは付きまといますが、肌を綺麗に焼きたいと考えている人には、スキンケアをしっかり行うことをおすすめします。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31wN6nTf%2BrL._SY355_.jpg
肌の劣化や崩壊を防ぐために行える事前の準備は、ジェルの使用によっておこないます。市販のタンニング用ジェルやローションを全身にくまなく塗布することで、紫外線による直接の刺激を妨げ、肌をきれいに焼く準備が整います。日サロを利用するときはもちろん、直射日光で日焼けをする人はジェルやローションを活用しましょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/c8/c8cd0eb3dae9feb1f5d0c48ed9fa3738_t.jpeg
日サロや日光で肌を焼いた後のスキンケアは大切なポイントになってきます。紫外線によってダメージを受けることできれいな色に焼ける肌ですが、日焼け後の肌は弱っており、ケアをすることで肌の劣化などを最小限に抑えることが出来ます。焼いた後のスキンケアを公開します。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/rain-shower_74190-2861.jpg
日焼けという症状は、言い換えれば紫外線による火傷の一種となります。文字通り「肌が焼けている」ことになります。そんな紫外線を受けた肌は、冷却してケアする必要があります。水で濡らしたタオルや、氷や保冷剤を入れたビニール袋を利用して、肌を冷やしていきます。シャワーは刺激が強い場合があるので注意しましょう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/man-having-outdoor-shower_53876-15129.jpg
肌に付いた日焼け用ジェルやローションを洗い落としましょう。ダメージを受けた肌に刺激を与えすぎないためにも、できれば肌に優しい成分を使ったボディーソープなどがおすすめです。スクラブ入りの洗剤など刺激の強いものはNGです。ぬるま湯を使って、肌にできるだけ刺激のないように体を洗いましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61I-QDOA3lL._SY355_.jpg
紫外線により日焼けしている肌は、乾燥状態になっています。日焼けの後のスキンケアとしては、保湿を行うのも基本です。肌に刺激の少ない化粧水を、手のひらを使って肌に塗布していきます。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/5e/5ed52abe158f3cc76f8ffa78d6e638ef_t.jpeg
肌に痛みがある場合は、保湿クリームなどを使ってケアしましょう。肌の保湿を行うことで、シミやシワ、ほくろなどのリスクを軽減できます。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/3f/3f6f266c1a75dfb3b4d64f17ace0e212_t.jpeg
日サロでの日焼けは、紫外線による肌のダメージでシミやシワ、ほくろなどの皮膚の劣化に繋がります。日焼けをする以上は肌へのダメージはやむおえず、肌の劣化はつきまといます。しかしながら、リスクを軽減をすることで、安全性を高めた日サロの利用が可能です。日サロに行くならしっかりケアを行って、肌の劣化に気をつけましょう!

日サロについてもっと知りたい方はこちら