Ut6uthba7yxq0gutnrw6

健康

CATEGORY | 健康

日サロの効果と正しい頻度とは?健康面にどんな影響がある?

2019.08.07

日サロは体を焼く場所でもありますが、どのように利用すれば効果が出るのかわからないという方もいると思います。また日サロの健康面にどんな影響が出るのか不安に思う方も。そこで今回は日サロの効果的な回数や時間、健康面にどんな影響が出るのかを詳しく解説していきます。

  1. 日サロの効果を徹底解説!
  2. 【日サロの効果的な焼き方】最初は回数を多めにする
  3. 【日サロの効果的な焼き方】時間は20分ほど
  4. 【日サロの効果的な焼き方】ベースができたら回数を少なくする
  5. 【日サロの効果的な焼き方】時間を調整することもポイント
  6. 【日サロの効果的な焼き方】タイプによって合わせる
  7. 【日サロの効果的な焼き方】写真をとって焼き加減を確認する
  8. 【日サロの効果的な焼き方】長時間利用しないことも大切
  9. 【日サロで効果のあるメリット】顔色を良く見せれる
  10. 【日サロで効果のあるメリット】筋肉ラインはっきり出る
  11. 【日サロで効果のあるメリット】ストレスの発散
  12. 【日サロで効果のあるメリット】ビタミンDを作り出せる
  13. 【日サロの効果で健康にでる影響】シミやシワの原因に
  14. 【日サロの効果で健康にでる影響】発がんの危険もある
  15. 【日サロの効果で健康にでる影響】皮膚の免疫反応を抑えることも
  16. 【日サロの効果で健康にでる影響】目の障害
  17. 【日サロの効果で健康にでる影響】火ぶくれ
  18. 日サロの効果で注意するポイント
  19. 日サロの効果とは?正しい頻度は?健康面にどんな影響がある?

日サロに興味があるけど、効果的な焼き方に必要な回数や時間がわからない、、また健康面にどんな影響がでるのか気になるという方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、日サロの効果や健康面への影響について解説していきます。

引用: https://i.pinimg.com/564x/33/3a/ee/333aee1ee273326cb2b2143b1e7c52f8.jpg

まずはじめに日サロの効果的な焼き方のポイントとして、最初は回数を多めにすることです。日サロで焼くには下地を作ることが大切で、はじめのうちから回数を少なくしてしまうと、下地を作ることかできずに上手く焼くことができないのです。その為最初のうちは、回数を多めにして下地をきちんと作る必要があります。そんな回数のおおよその目安として、1週間に5回ほど日サロで焼くと良いと思います。

引用: https://i.pinimg.com/564x/77/49/9e/77499e7b7f1768386eec1902c746841f.jpg

日サロの効果的な焼き方の次のポイントは、時間はおよそ20分程度にすることをおすすめします。最初のうちからいきなり目標としている焼き色になることはなく、下地を作る為にも20分ほどの時間で焼くことが大切なのです。もしそれ以上の時間を日サロで焼いてしまうと、肌がヒリヒリとしてきて、火傷のような状態になることもあるので注意が必要です。また一番弱い出力で、徐々に焼くこともポイントです。

引用: https://i.pinimg.com/564x/a9/0b/f1/a90bf128b2648b778d45a251e228a3b8.jpg

次に時間と回数を守りベースが出来上がったら、回数を少なくしていくことも大切です。ベースが出来上がっても同じ回数で焼くと、体に害を及ぼす危険性もあるので注意が必要です。しかし肌を真っ黒にしたいと思う方の場合は、さらにこまめに通う必要もありますが、時間を短くすることも大切です。

引用: https://i.pinimg.com/564x/7c/c3/c1/7cc3c12753d016388592dd0e023fa7ad.jpg

また日サロでベースが出来上がったら、時間を調整することもポイントになります。はじめのうちと焼く時間を同じにするのではなく、焼く人の体質によっては、最短の時間でも多すぎることもあるので、体がヒリついてきたら必ずやめるようにすることをおすすめします。

引用: https://i.pinimg.com/564x/a1/21/38/a1213883e75fb8a0ea9bbfac920b6968.jpg

日サロのマシンには2つのタイプがあり、そのタイプによって焼き方が変わってきます。そんなタイプに合わせて、自分好みの効果的な焼き方をするのもポイントです。そのタイプ別にどのような焼き方になるのか、以下に紹介していきますので参考にしておいて下さい。

スタンディングタイプ

引用: https://i.pinimg.com/564x/3a/a8/4d/3aa84dc775ddea027c2ee4d80a687ccc.jpg

一つ目のタイプは写真のように、立った状態で焼くスタンディングタイプがあります。写真でみて分かるように中央に立った状態で焼くことができ、全身の360度焼けるタイプです。

ベッドタイプ

引用: https://i.pinimg.com/564x/5a/a4/7a/5aa47a9c7d52bb301ef54157d6eeb6aa.jpg

次のタイプはこの写真のように寝た状態で焼くことができるベットタイプです。ベットタイプは寝ながら焼くことはできますが、スタンディングタイプとは違い、紫外線が当たらない箇所が出てくるので、定期的に体勢を変えなければいけないデメリットがあります。

引用: https://i.pinimg.com/564x/68/f8/cb/68f8cb8dd756d1aca7f2d994629f389e.jpg

次の日サロの効果的な焼き方のポイントとして、自分の体の写真をとって焼き加減を確認することも大切です。たとえ日サロにいったとしても、部分的に紫外線が当たらない所も必ず出てくるので、写真をとって焼けていない部分を確認しながら焼いたほうがいいのです。

引用: https://i.pinimg.com/564x/34/b8/78/34b878ca636037658cdb720a8f2b028b.jpg

日サロを長時間利用するとそれだけ効果的に焼けるイメージがありますが、それだけ肌に負担をかけてしまい体の健康を害する恐れもあるので、長時間の利用はあまりおすすめはできないです。

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/e8/65/f7/e865f78c3d65c22c6a28a0e5b3571f70.jpg

日サロで効果のあるメリットも様々あるんです。そんな一つ目のメリットは、顔色を良く見せることができます。どうしても白い肌でいると、不健康に見られがちですが日サロで効果を出すことで、顔色が良くなり健康的に見られることもあるんです。

引用: https://i.pinimg.com/564x/57/a9/5f/57a95fa3ab7ef80cc8e039f9c930bdb0.jpg

日サロで焼いた後、自分で写真をとってみても分かるように筋肉のラインがはっきりと出てマッチョ体型に見えるメリットもあります。もともと筋肉体質な方はより、腹筋や胸筋のラインを見せることもできますので写真をとって一度焼いた状態と焼いてない状態を見比べてみるのも良いと思います。

引用: https://i.pinimg.com/564x/9b/0f/97/9b0f97ea57bf30e5b46b245c5a37b734.jpg

また日焼けで効果のあるメリットとして、日サロの空間がリラックスすることができストレスの発散に繋げることもできます。その一人の空間で音楽を聞いたり、寝たりなどしているとリラックス効果を高めることができるんです。

引用: https://i.pinimg.com/564x/aa/33/c6/aa33c60b63599ba3c21e12c455bef6d3.jpg

日サロで紫外線を浴びることで、ビタミンDを作り出せるメリットもあるんです。ビタミンDは太陽などの日光を浴びることでも合成されますが、日サロの紫外線でも体内で合成させることができるんです。またビタミンDには、骨や歯を丈夫にしたり免疫力を高める健康効果もあります。

引用: https://i.pinimg.com/564x/75/f8/d8/75f8d855961641e2bcb7ae197c33f89e.jpg

日サロは体を効果的に焼くことができますが、実はその効果で健康に出る影響もあるんです。日サロの紫外線が肌へダメージを与えてしまい、シミやシワの原因になるともされています。

引用: https://i.pinimg.com/564x/ac/c1/5b/acc15ba773fa84c40052480ba5b1d41c.jpg

次の日サロで焼いたことで健康にでる影響は、発がんの危険性もあるんです。日サロで紫外線を発するライトには種類があり、その特定の紫外線を浴びてしまうとガンになるリスクを伴うこともあるんです。

引用: https://i.pinimg.com/564x/ba/2f/a9/ba2fa9ffded543e96e922e7e0a2f3feb.jpg

また日サロの高価で健康にでる影響には、皮膚の免疫反応を抑えてしまう可能性もあります。日サロの紫外線にはその見た目の効果とは逆に、皮膚の免疫反応を抑えてしまい、皮膚の深部まで到達してしまうので、肌へのダメージが何年も経ってから出てくることもあるんです。

引用: https://i.pinimg.com/564x/83/df/8c/83df8c65904a2629c0d0569c232f56f7.jpg

また日サロの紫外線が、目の障害を与えてしまうことも考えられます。日サロの紫外線は太陽を見た時と同じ作用があり、日サロの中で目をあけた状態でいると目に障害を与える危険性もあるので注意しなければいけないのです。

引用: https://i.pinimg.com/236x/dd/c0/53/ddc053447f26e5b66e1c8dafe66b0b40.jpg

その他には日サロで、肌をあて過ぎてしまうと火ぶくれになる恐れもあります。特にはじめて日サロにいく方に多く、肌が真っ赤になってしまい火傷のような状態になってしまうので、あて過ぎには注意する必要もあります。

引用: https://i.pinimg.com/564x/ba/4d/af/ba4daf42f661dca57e19b5411e2a33ff.jpg

日サロは日焼けをする効果がありますが、その際には注意しなければいけないポイントがいくつかあります。当然短い時間にすることも大切ですが、日焼けオイルを体にまんべんなくつけて、必ず目を閉じるか紫外線カットのゴーグルをつけることも重要です。また焼き終わった後は、シャワーの温度を低めにして、クリームで体全体を保湿することも大切なポイントです。その他にも、アクセサリーは必ず外したり、女性であればメイクをとってから焼くことをおすすめします。

引用: https://i.pinimg.com/564x/66/1f/d5/661fd51575339f425101bc6e69ec5f0a.jpg

日サロで効果のある焼き方はおわかりして頂けましたか?日サロは健康を害する恐れもありますが、基本的なことを守っていればその効果でメリットも得ることができます。しかし紫外線の種類によっては、発がんの危険性もあるので、日サロの紫外線も必ず確認しておくことが大切です。そんな日サロの効果的な焼き方を参考に、きれいな小麦肌に仕上げてみるのも良いと思いますよ。