G8v8zlhuh74orqjsp3xt

キッチン収納

CATEGORY | キッチン収納

フライパンで揚げ物が簡単にできる!気をつけるポイントを解説!

2018.11.09

フライパンでも簡単に揚げ物を調理することができることをご存知でしょうか。IHなどでも、油の量やその後の処理、調理時間など気をつければ、テフロン加工を傷めることなくできます。今回はそんなフライパンで揚げ物を調理するための注意点などを紹介していきます。

  1. フライパンで揚げ物はできる?
  2. IHでもフライパンで揚げ物をしたい!:天ぷら鍋よりも簡単
  3. IHでもフライパンで揚げ物をしたい!:テフロン加工
  4. IHでもフライパンで揚げ物をしたい!:食材は小さめに
  5. IHでもフライパンで揚げ物をしたい!:油の量と時間
  6. IHでもフライパンで揚げ物をしたい!:後処理
  7. IHでもフライパンで揚げ物をしたい!:とんかつ
  8. IHでもフライパンで揚げ物をしたい!:から揚げ
  9. IHでもフライパンで揚げ物をしたい!:天ぷら
  10. フライパンで揚げ物をするには細心の注意を
天ぷらやから揚げなど、多くの人が好きな揚げ物。今までは揚げ物などをするには天ぷら鍋などの専用のもので揚げ物をするのが一般的でしたが、最近ではフライパンで揚げ物をするという人が増えてきています。IH調理器具が主流となりつつある現在、フライパンの使い道というのはかなり万能なアイテムとされています。テフロン加工がされているものであれば油の量も調理時間も短くなり、さらには後処理のときにもかなり簡単になります。しかし簡単だからこそ、注意しなければいけないということもいくつかあります。今回は揚げ物が簡単になるフライパンでの揚げ物のときに注意すべきことや、実例などを紹介していきます。
引用: https://afun7.com/wp/wp-content/uploads/2017/10/flyflyingpan2-300x169.jpg
引用: https://cdn.macaro-ni.jp/image/summary/34/34358/bbd984c28ea977e93b0a8c11577bece1.jpg
そもそもなぜ最近フライパンで揚げ物をする人が増えているのか、ということになりますが、それは天ぷら油よりも簡単であるためです。フライパンであれば取っ手も付いており、後処理のときなどにもかなり簡単になります。また、テフロン加工がされているため、油の量についても抑えることができ、さらには揚げ物をした後にも別の料理をそのまま作ることができるため、時間も短縮することができます。最近ではフライパンといっても、深めのフライパンもあり、揚げ物はもちろん、炒め物もできるため、IHの調理器具を使用しているという人でも料理がしやすくなります。一人暮らしをしている人にとっても、これはかなりうれしいものです。
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/j/livingut_266662_4
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/516eg5Lj9zL._SX355_.jpg
最近のフライパンの多くは、テフロン加工がされています。テフロン加工と聞くと、多くの人は焦げ付かないということや、後処理が楽であるなどのことを考える人が多いですが、それ以外にもテフロン加工がもたらすものというのはかなりあります。まずは油の量を抑えることができることです。テフロン加工がされているため、少量の油でも調理することができ、さらには焦げ付かないため、油の量を抑えることができます。また揚げ物を調理する場合でも、少量の油で揚げ物をすることができます。油の量を抑えることができれば、時間も短縮することができ、さらには後処理も楽になります。そして油を抑えることができるため、カロリーも抑えることができます。
引用: http://cuuch.up.seesaa.net/image/3-0041-19.jpg
引用: https://nichijou-kissa.com/wp-content/uploads/2014/12/20141229-13.jpg?x41595
ではここからは、フライパンで揚げ物をする際に気をつけるべきことをいくつか紹介していきます。まず一つ目は、揚げ物をするときの食材です。基本的に揚げ物であればどんな食材でも問題ありませんが、あまり大きすぎるのは良くありません。食材が大きいと、それだけ調理時間も長くなってしまい、そして油の温度もそれだけ上がってしまうため、フライパンに負担がかかってしまいます。また、フライパンの場合は食材が大きいと、油がフライパンから溢れてしまうということもあるため、食材は小さめにするようにしましょう。そして揚げ物をするときは、大量に揚げるのではなく、少量ずつこまめに揚げるようにしましょう。
引用: http://www.asahikei.co.jp/note2/common/images/ceap01003/09.jpg
引用: http://econews.jp/idea/images/20150327a.jpg
油を大量に入れれば、それだけ一度に多くの量を揚げることができる、というわけではありません。むしろ油が多すぎると、それだけ調理時間も長くなってしまいます。そのためフライパンで揚げ物をする場合は、油の量や時間などを気をつけましょう。油の量としては、フライパンの半分以下が理想的です。それよりも多いと時間がかかってしまい、温度もそれなりに上がってしまうため、フライパンの寿命を縮めてしまいます。どれだけ油の量を増やしても、フライパンが小さければ一度に揚げることができる食材の量が変わるということはありません。また、油の量が多いと油はねが起こったときにやけどをする恐れがあるため、気をつけましょう。
引用: https://cdn.macaro-ni.jp/image/summary/37/37655/1e8ae1f91dd65920f1f6ae735a89c772.jpg
引用: https://dmoj0uwbbbcrz8.cdn.jp.idcfcloud.com/product/p54577_1518755991_48899_1200x1200.jpg
炒め物や焼き料理などは、そのときに使用した油ごと皿に盛り付けますが、さすがに揚げ物はそうするわけにもいきません。ここで問題となるのは、揚げ物をするときに使用した油をどう処理するのかということになります。さすがに毎日使うフライパンであるため、油を入れたままにするわけにもいきません。揚げ物をした後処理としては、フライパンはオイルポッドに入れて保管するのが一般的です。オイルポッドについては100均などでも売られているため、最低でも1個は用意しておくと良いでしょう。オイルポッドに入れておけば、次に揚げ物をするときにも再利用することができます。また、それ以外にもオイルを固体にして捨てるという後処理の方法もあります。
引用: https://iwiz-chie.c.yimg.jp/im_siggfcgqjcq3dXyxVH6aTMhryw---x320-y320-exp5m-n1/d/iwiz-chie/ans-178687635
引用: https://www.yutori.co.jp/upload/save_image/lyo-0031_2.jpg
ここまでフライパンで揚げ物をする上で気をつけるべきことをいくつか説明しましたが、ここからはフライパンでできる揚げ物をいくつか紹介していきます。揚げ物のなかでも定番の揚げ物といえる料理が、とんかつです。スーパーなどでもとんかつ用の豚肉が販売されていたり、さらにはあらかじめパン粉をまぶしてある冷凍食品のとんかつもあったりと、最近ではさまざまな形態で販売されています。とんかつであればある程度大きいフライパンであっても、作ることができます。また、あえて油の使用量を抑えてあげることで、とんかつのように見えて実は揚げていないという、カツレツにするということもできます。
引用: http://smilehart.com/wp-content/uploads/2016/07/a1600_000185.jpg
引用: https://iwiz-chie.c.yimg.jp/im_siggz.U5VSKwzpcZRQtsJ2ZU.A---x320-y320-exp5m-n1/d/iwiz-chie/ans-152229868
揚げ物に慣れていないという人でも手軽に創ることができるから揚げ。初心者にとってもから揚げ粉を使えば簡単に造ることができ、自信のある人でもこだわればこだわるほど、かなり美味しい仕上がりになります。そんなから揚げも、最近ではさまざまな料理があり、定番の鶏のから揚げはもちろん、たけのこをから揚げ粉でまぶしたたけのこのから揚げを作るのも良いでしょう。から揚げは基本的に油で揚げるためから揚げということになりますが、最近では少量の油で揚げないから揚げというものを作るという人も増えてきています。から揚げを食べたいが、ダイエットでカロリーを抑えたいという人にとっても、かなりおすすめの料理です。
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/3752943/280/7450f0f3b98a9283830373c5056d2d29.jpg?u=2385731&p=1458182888
引用: https://i.gzn.jp/img/2015/04/06/nisshin-karaageko/P2430900.jpg
揚げ物のなかでも、食材本来の味を楽しむことができる料理が、天ぷらです。そのまま料理として食べるのはもちろん、そばやうどんのトッピングとしてもかなりうってつけの料理です。とんかつやから揚げなどの一般的な揚げ物と比べると少々難易度が高く、衣作りに関しても少々コツがいります。最近ではコツのいらない天ぷら粉など、簡単に天ぷらを作ることができるものも増えており、誰でも簡単に天ぷらを作ることができます。天ぷらについては、食材のサイズを小さめにすれば、小さめのフライパンでも作ることができます。油に関してはフライパンに半分ほどいれ、そして少量ずつ揚げれば、誰でもさくさくとした天ぷらを作ることができます。
引用: https://i.ytimg.com/vi/5oUHzhThhKg/maxresdefault.jpg
引用: http://www.nabeko.com/wp-content/uploads/2016/10/IMG_5445.jpg
いかがでしたか。今回はフライパンで揚げ物をするときの注意点や、フライパンでできる揚げ物をいくつか紹介しました。IHが主流となりつつある現在、フライパンの役割というのはかなり多種多様になりつつあります。そしてフライパンについても、一般的な薄型のフライパンのほかにも、さまざまな料理に対応できる深型のフライパンがあります。フライパンで揚げ物をするには深型のほうが簡単であり、天ぷら鍋などのような使い勝手であるため、かなりおすすめです。とはいえ、フライパンで揚げ物をするときは、油はねが多くなるため、くれぐれも料理をするときは、油はねに注意し、やけどをしないように気をつけましょう。
引用: http://blog-imgs-32.fc2.com/k/a/s/kasumiharu/P1020159_R.jpg
引用: http://onreco.net/wp-content/uploads/2015/02/4450613119_df91a87b47-480x360.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://life-dictionary.net/wp-content/uploads/2018/08/7dd4c3f74f006b34bb1d70d7adebd54e.jpg