// FourM
Vcrdynwwq9qavkrkbasd

キッチン収納

CATEGORY | キッチン収納

フライパンが焦げる原因とは?対策法と新品同様に復活させる方法!

2018.11.09

フライパンが焦げるという経験をしたことがある人は、かなり多いはずです。しかしその原因と対策を知っておくことで、長持ちさせることができます。今回はフライパンが焦げる原因と対策、そしてテフロン加工を復活させる方法などを紹介していきます。

  1. フライパンは焦げる?
  2. フライパンが焦げる原因と対策:最初の儀式
  3. フライパンが焦げる原因と対策:テフロンとは
  4. フライパンが焦げる原因と対策:強火厳禁
  5. フライパンが焦げる原因と対策:急激な温度変化
  6. フライパンが焦げる原因と対策:料理した後
  7. フライパンが焦げる原因と対策:油の量
  8. フライパンが焦げる原因と対策:洗い方
  9. フライパンが焦げる原因と対策:テフロン復活方法
  10. フライパンはテフロンを復活させれば大丈夫
毎日の料理で必ず欠かせない調理器具であるフライパン。最近ではテフロン加工がされているフライパンも多くなり、焦げにくく、後処理のときにもかなり簡単になるため、使い勝手が非常によいです。しかしそのテフロン加工も、使っていくうちにどんどんはがれてきてしまいます。そして知らずにそのまま使い続けてしまうと、料理が焦げるということが起こったり、フライパンそのものが焦げるということも多くなります。そもそもなぜフライパンが焦げるのか、その原因や対策などを知っておくことで、毎日の料理も美味しくなります。今回はそんなフライパンが焦げる原因と対策、そしてテフロン加工を復活させる方法などについても解説していきます。
引用: https://kosuke-kitchen.com/wp-content/uploads/2016/11/IMG_2282.jpg
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20160107/03/yuyufuin/9a/37/j/o0720096013534007163.jpg?caw=800
テフロン加工がされているフライパンであれば、購入して水洗いすればすぐに使用することができますが、それ以外の鉄製のフライパンは、そのようにはできません。鉄製のフライパンというのは、使用方法としてあらかじめ行わなければいけないことがあります。それは野菜くずで炒めることです。テフロン加工がされていない鉄フライパンの場合、初めて使う前には必ずこの方法をしてから使うことが決まっています。この最初の儀式のときに油の量が少ない場合、フライパンが焦げる原因のひとつとなってしまいます。野菜くずは基本的に食べることはできないため、あえて油を大量に使用して、最初の儀式を行うようにすれば、フライパンが焦げるということはなくなります。
引用: https://image.rakuten.co.jp/scope/cabinet/blog/20160315_2.jpg
引用: https://cdn.yourmystar.jp/relivers/wp-content/uploads/2017/03/09f26a58fb1a041f674e4d906c77f154.jpg
スーパーなどいたるところで売られているフライパンの多くは、テフロン加工がされていたり、マーブルコートがされているものが多いです。そもそもテフロンとは何なのか気になるという人も多いはずです。テフロンというのはフッ素加工のことであり、フライパンの表面にテフロン加工をすることで、フライパンが焦げるということがなくなり、料理をするときにも食材がフライパンにくっつくということもありません。そのようなフライパンを使っていたら、フッ素が体内に入るのではないかと心配する人が多いですが、万が一体内に入っても輩出されるようになっており、体内に入ったとしても、量としてはあまりありません。
引用: https://i0.wp.com/artroot.jp/wp-content/uploads/2015031200.jpg?fit=1280%2C853&ssl=1
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61TOBLgPKVL._SX355_.jpg
多くの人は、料理をするときについつい強火で調理するはずです。料理によっては強火でさっと炒めるという料理がありますが、朝などの忙しいときはどうしても時間短縮のために強火で料理をするという人も多いはずです。しかしこの強火というのが、フライパンにとってはあまりよくないことなのです。確かに強火で調理すると、時間短縮に繋がるのではないかと考えてしまうものですが、実はあまり意味がありません。強火で調理してしまうと、テフロン加工がされたフライパンの場合、テフロンがはがれてしまいやすくなるため、フライパンに負担がかかってしまいます。フライパンで調理するときは、基本的に中火以下で調理をするのがベストです。
引用: http://daidoko.jp/ckeditor_assets/pictures/3/content_p4092217.jpg
引用: http://jisuibu.ikechou.com/wp/wp/wp-content/uploads/2017/01/IMG_3588-580x435.jpg
料理によっては、油を大量に使った料理を作る場合があります。そのときどうしても、料理を皿に盛りつけた跡に、すぐに水につけたりしてしまうという人が多いはずです。少しでも簡単に汚れを取りやすくするため、そのようなことをしているという人もかなり多いですが、実はあまりよくありません。テフロン加工されたフライパンというのは、急激な温度変化に弱く、熱いフライパンの状態で水をかけてしまうと、一気にテフロンがはがれてしまったりなど、フライパンに大きな負担がかかってしまいます。テフロン加工のフライパンの場合は、冷やしてから水につけるなどをするようにしましょう。テフロン加工がされているため、それでもしっかりと汚れなどを落とすことができます。
引用: https://tguchi.s3.amazonaws.com/uploads/topic_item/image/26626/retina_pixta_17480156_M.jpg
引用: https://d1ljasklyxma17.cloudfront.net/wp-content/uploads/2018/08/03172856/%E3%81%8A%E6%96%99%E7%90%86%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%84_%E7%BE%8E%E5%91%B3%E3%81%97%E3%81%8F%E3%82%84%E3%81%91%E3%82%8B%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8F%E3%82%9A%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%84_%E6%B8%A9%E5%BA%A6%E5%A4%89%E5%8C%96-1.jpg
テフロン加工がされている場合、冷やした後でも十分汚れなどを落とすことができますが、テフロン加工がされていない鉄フライパンの場合、そのような行為というのは実はだめです。もちろん料理を盛り付けた後にすぐに水で洗い流したりするということもだめです。鉄フライパンの場合、盛り付けてそのまま放置してしまうと、料理のときに出たタレや油の残りなどが焦げる原因となってしまいます。ではそのようなものをどうやって落とせばよいのかということになりますが、基本的に鉄フライパンの場合は、料理した後はお湯と束子でさっと落とすのがベストです。水だとフライパンに負担がかかるため、必ずお湯を使うようにしましょう。潜在については、かなり汚れなどがひどい場合のみで問題ありません。
引用: https://matomeshi.jp/uploads/content/image/51054/mato_news_tenp-pan_TempPan_niku2.jpg
引用: http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2017/05/132945_main-400x250.jpg
テフロン加工されているフライパンの利点は、少ない油でも焦げることなく料理を作ることができることです。少ない油で料理が出来るということは、カロリーも抑えることができます。しかし鉄フライパンの場合、油の量が少ないと焦げる原因となってしまいます。テフロン加工されたフライパンに慣れてしまった人というのは、どうしても油の量を少なめにしてしまうため、それが原因で焦げてしまうということになります。鉄製のフライパンを使用する場合は、基本的に油を使う寮は多めになってしまいます。こればかりは鉄製フライパンを使う上ではやむをえないことであるため、どうしても油の量を抑えたいという場合は、テフロン加工のフライパンに買い換えましょう。
引用: https://saruwakakun.com/wp-content/uploads/2017/01/aburaraiminngu.png
引用: https://production-orp.s3.amazonaws.com/uploads/ckeditor/pictures/1712/_____08_content.JPG
皆さんは普段どのようにしてフライパンを洗っていますか。中にはフライパンということで、固めのスポンジやたわしなどを使うという人もいますが、実はあまりよくありません。硬めのスポンジを使ってしまうと、テフロン加工を剥がしてしまうということになります。そのためスポンジについては、やわらかめのスポンジを使うようにしましょう。最近ではやわらかめのスポンジでも、汚れをしっかりと落とすことができるものが多いです。また、潜在についても、塩分や油分をしっかりと落とすことができる中性洗剤を使いましょう。塩分や油分が残っていると、それだけでも焦げる原因となってしまいます。だからといって酸性などの洗剤などを使うと、テフロンがはがれてしまうので、中性洗剤がおすすめです。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcS28mQSn7upyJplFbMccZHEPFaR3BnhDUtkOs4RrtRfavHfT0BO0Q
引用: https://mychiebukuro.com/wp-content/uploads/2014/09/ffe6a2bcdfdaacef76ed60843233c46c_s_R.png
テフロン加工というのは、永遠に続くというわけではありません。使えばそのうちテフロン加工ははがれてしまいます。ではテフロン加工を復活させる方法はあるのかということになりますが、実はあります。テフロン加工というのはフッ素加工であるということは最初のほうで説明しましたが、つまりはフライパンにもう一度フッ素をかければよいだけなのです。この方法で復活させることはできますが、新品同様に復活させるというのは厳しいです。また、もうひとつの方法として、業者に頼むという方法もあります。業者の場合であれば、新品同様に復活させることができます。しかしその分費用は高く、フライパンによっては対応していないものもあるため、一概に良いともいえません。
引用: https://phoenixyz.com/wp-content/uploads/2016/02/4111.jpg
引用: https://3.bp.blogspot.com/-R9QQISPKZUc/V3UQzT4fy_I/AAAAAAAAAGA/sCxsLcTzg1k_UTW5v6qBC7QUJaz8u04_wCLcB/s1600/huraipan1.jpg
いかがでしたか。今回はフライパンが焦げる原因や対策、そしてテフロン加工の復活方法などについて解説しました。普段何気なく使用しているフライパンですが、普段の使い方で実はフライパンに負担をかけた使い方をしているということは多くあります。最近ではメーカーによっては保証が付いているフライパンも多くありますが、必ずその期間までもつというわけでもありません。少しでも長持ちさせるには、普段の生活や最初の儀式のときなどをしっかりとすることで、テフロン加工されたフライパンでも長持ちさせることができます。テフロンを復活させる方法というのもありますが、万が一焦げることが頻発した場合は、潔く買い換えるということも賢明です。
引用: https://image.interior-book.jp/item/image/normal/2891954.jpg?time=1467266777
引用: https://marthanew.com/wp-content/uploads/2014/03/tetufuraipankoge.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://huraipan-osusume.up.n.seesaa.net/huraipan-osusume/image/8616421588-thumbnail2.jpg?d=a1