// FourM
Kv1znvl6hbtttqxecj8v

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

野球のイップスとはどんな症状?原因や治し方・改善方法を多数紹介!

2018.11.09

野球におけるイップスは精神的な事柄が原因と言われている。投手があらぬ方向へボールを投げてしまうことは、通常であれば練習を重ねているがゆえに考えにくいこと。その原因の改善は可能なのだろうか。野球のイップスとその直し方などをご紹介!

  1. 原因は何?野球のイップスの改善方法と直し方とは?
  2. 野球で暴投する投手!その原因とは?イップスについておさらいしよう!
  3. もともとは野球ではなくゴルフ用語だった?直し方を知りたいイップスという言葉が生まれた歴史
  4. 原因改善のためにチェック!野球やスポーツにおけるイップスという症状
  5. 原因を知り改善策を知るために!イップスを動画でチェック①:ゴルフ
  6. 原因を知り改善策を知るために!イップスを動画でチェック②:野球・バスケ等
  7. 直し方を知って改善させたい!野球の投手に見られるイップスの原因とは?
  8. 野球の投手やプロ選手が実践しておきたい!イップスを改善させる直し方とは?
  9. 暴投の原因を打破!プロ選手や野球投手が抱えるイップスを改善させる方法①:周囲の理解を得る
  10. 暴投の原因を打破!プロ選手や野球投手が抱えるイップスを改善させる方法②:動作を見直す
  11. 暴投の原因を打破!プロ選手や野球投手が抱えるイップスを改善させる方法③:プレー方法・環境を変える
  12. 暴投の原因を打破!プロ選手や野球投手が抱えるイップスを改善させる方法④:ルーティンを取り入れる
  13. 野球投手には仇となるイップスの原因を見直して、症状を改善させよう!
引用: https://image.freepik.com/free-photo/baseballs_53876-33526.jpg
通常、野球選手であれば日々の練習を重ねているので、ボールをあらぬ方向へ投げてしまうということはありえない。しかしながら、イップスを抱えている選手なら、暴投する投手をみかけることもしばしばある。観戦しているほうからすれば、急なことなので驚くことも多いのではないだろうか。イップスとは、一体どういうことなのだろうか。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/background-of-mixed-color-holi-powder_23-2147924648.jpg
プロ野球選手に限らず、プロゴルファーやそのほかのスポーツでも使われる用語となってきたイップスだが、果たしてその原因とはどんなところになるのだろうか。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/baseball-game_1204-430.jpg
また、野球でイップスを抱える選手を改善させるにはどうすればいいのだろうか。投手が抱えるイップスの原因と直し方、改善方法についてご紹介しよう!
引用: https://image.freepik.com/free-photo/stitched-white-baseball-on-pitch_23-2147924612.jpg
イップス (yips) は、精神的な原因などによりスポーツの動作に支障をきたし、突然自分の思い通りのプレー(動き)や意識が出来なくなる症状のことである。本来はゴルフの分野で用いられ始めた言葉だが、現在ではスポーツ全般で使われるようになっている。

引用: https://image.freepik.com/free-photo/closeup-of-baseball-ball_53876-32046.jpg
イップスはいわゆる精神疾患。同じ動作を繰り返して練習するスポーツ選手に見られる。様々な要因を原因として、通常の動作に異常をきたしてしまう症状のことをさす。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/baseball-close-up_1098-930.jpg
確かに、日常生活においても動作がおかしくなることもあり得る話だ。もともとはゴルフ選手に対する用語として使われていたが、現在では野球やパスケなど、様々な分野でこの言葉が使われる様になっている。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/man-playing-golf_1286-128.jpg
イップスという用語は、1930年前後に活躍したプロゴルファーのトミー・アーマー(英語版)が、この症状によってトーナメントからの引退を余儀なくされたことで知られるようになった。アーマーは1967年に出版された自著『ABCゴルフ』の中で、今までスムーズにパッティングをしていたゴルファーがある日突然緊張のあまり、カップのはるか手前のところで止まるようなパットしか打てなかったりカップをはるかにオーバーするようなパットを打ったりするようになる病気にイップス(YIPS、うめき病、yipeは感嘆詞で「ひゃあ」「きゃあ」「うわっ」といった意味)と名づけた

引用: https://image.freepik.com/free-photo/golf-ball-and-flag_1160-444.jpg
イップスという言葉にも歴史があり、プロゴルファーの機能不全のような状態をイップスと呼ぶようになっている。原因と直し方を知りたいイップスはどんな動作になってしまうのかを動画でチェックしてみよう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/baseball-game_1204-423.jpg
言葉だけではイメージがつかないイップス。はたしてイップスとはどんな症状なのだろうか。原因を紐解いて改善するための直し方をチェックする前に、イップスとはどんな症状なのかを動画でチェックしてみよう。
こちらはプロゴルファーのタイガー・ウッズが抱えるイップス。ボールをカップに向けて打つのが得意なはずの彼だが、ボールは思っている場所から遠く離れて向こう側へ飛んでしまう。こういったプレイがたまに起きる事によって成績が悪くなり、スランプに陥るといった事が起こる。原因の究明と改善策が気になる所。
こちらはメジャーリーグで起こるイップス。ひどいものになれば投手が大暴投してしまうなど、プレーに多大な影響を及ぼしかねないプレーになる。その他バスケにおいてもイップスは起こる。そして、動画の後半は映画に出てくるイップスの症状。これらのイップスの症状は、緊張感漂うプロスポーツにおいては恥ずかしいミスをしてしまったという精神的トラウマになりやすい。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/professional-single-object-baseball-bat-communication-expertise_1134-1207.jpg
精神的な緊張を余儀なくされるスポーツにおいて、イップスという精神疾患は現れる。その原因とは、過去に自分がしてしまったミスなどのストレスを精神的に抱えたままであることが挙げられる。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/baseball-ball-near-apple-and-school-supplies_23-2147846204.jpg
それによってプレイ中に筋肉が硬直するなどの症状が起き、普段の動作とは違う動きによって暴投などにつながっていく。では、これらを改善させるにはどういった直し方があるのだろうか。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/baseball-game_1204-427.jpg
過去のミスやストレスなど、トラウマを抱えてしまったプロ選手が陥るイップスの症状は、原因が分かれば改善させていくことが可能だ。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/closeup-of-baseball_53876-33669.jpg
そんなイップスの直し方をチェックしてみよう。ひとつひとつの動作を見直すことはもちろん、精神的なアプローチも必要となってくる。原因と改善方法をチェックしてスランプを脱したい。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/sports-center_1127-4170.jpg
野球やゴルフなどのプロ選手にありがちなイップスは精神疾患だ。とくに悪気もなく、ふざけているわけでもない。しかしながら、観戦している人やチームメイトなら、どうしてそうなるのか理解ができないという人もいる。スランプが長引かないためにも、イップスが精神疾患であることを知ってもらうことは重要。周囲の理解が、精神的な安定につながり改善へと繋がる。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/baseball-game_1204-424.jpg
普段慣れている動作を繰り返しているうちに、イップスの症状は起こりやすい。普段の自分の動きを1から見直すという心がけは、イップス改善においては重要となる。自分の普段の体の動かし方はどのようになっているのかを、順を追って見直して見よう。脚の動かし方、手や腕の動きなどを意識しながら、いつもの動きが出来るように緊張をほぐしていこう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/sports-center_1127-4159.jpg
同じ動作をく返す人が陥りやすいイップス。もしイップスの症状を感じたら、動作を見直すだけでなく、思い切ってプレー方法を変える、またはポジションなどの環境をかえてしまうのも一つの手段。いつもの動作を変えるという事をコンセプトに挑戦してみよう。これでイップス改善に至った野球選手も実際に居る。環境の変化がイップス改善へと繋がる。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/raining-athlete-house-home-clouds_1134-1253.jpg
プロスポーツ選手の間で話題になっていたルーティン。普段の動きにルーティンを取り入れることで、精神的な安定や達成・成功を意識しやすくする方法。たとえば、野球投手であれば右脚からマウンドに上がる、などの簡単なものでも効果が期待できる。ルーティンを取り入れることで、自分を呼び覚ますためのトリガーとなり得る。ルーティンについて考えてみよう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/friends-cheering-sport-league-together_53876-13660.jpg
プロスポーツにおける精神的負担は、思っている以上に大きい。期待を背負う状況のなかで結果を出せず、大きなミスをしてしまえばトラウマになってしまうことも大いに有り得る。そんな負担がイップスの症状を起こしてしまう。しかしながら、動作の見直しなどを行うことで改善ができる。野球投手には仇となるイップスの原因を見直して、症状を改善させよう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://image.freepik.com/free-photo/closeup-of-baseball-ball_53876-32046.jpg