Wgekl1j6u8yeph1dpyzi

ショート

CATEGORY | ショート

野球のショートポジションの役割や動き方!プロ選手で人気なのは?

2018.11.21

野球のショートポジションの役割や動き方や、プロ選手で人気があるかっこいい守備をするショートの選手をここでは紹介します。野球のショートポジションは特に守備力が求めれる内野守備では特に重要なポジションです。そのショートの役割や動き方をチェックしてみましょう!

  1. 野球のショートは内野守備の花形のポジション
  2. 野球のショートのことを表す遊撃手の語源は明治時代に生まれた
  3. 野球のショートに求められる役割や能力とは?
  4. 野球のショートの2塁への盗塁や牽制時のベースカバーのときの役割や動き方
  5. 野球のショートのダブルプレーを狙うときの役割や動き方
  6. 野球のショートの中継プレーをするときの役割や動き方
  7. プロ野球のショートの守備がかっこいい選手を紹介!1 坂本勇人
  8. プロ野球のショートの守備がかっこいい選手を紹介!2 今宮健太
  9. プロ野球のショートの守備がかっこいい選手を紹介!3 安達了一
  10. プロ野球のショートの守備がかっこいい選手を紹介!4 源田壮亮
  11. 野球のショートポジションの守備に注目をするとより面白く野球の試合を見ることができる!
引用: http://kerokero-info.com/wp-content/uploads/2017/11/short1.jpg
引用: http://al-sportings.com/wp-content/uploads/2013/11/d6b15fb6874d2ec4b9ebe4bb4af80ca7.png
野球のショートは二塁と三塁の中間付近を守備する内野手のポジションのことです。野球の内野守備の花形とも言われるほど野球の守備では重要な役割があるポジションになので、守備力が特に重視されるポジションです。プロ野球の世界ではショートとして入団をしてもアマチュアとはレベルが違う強いプロの選手の打球に対応をすることができずに他のポジションにコンバートされることも多くなっています。それほどプロ野球でショートを守ることは難しいことなのです。そのショートの役割や動き方や人気があるプロ選手をここではご紹介していきます。
引用: https://i.ytimg.com/vi/pARQHAxzLtA/maxresdefault.jpg
引用: https://radichubu.jp/files/topics/13812_ext_01_0.jpg
野球のショートの英語名はShortstopなのですが、日本のショートのことを表す遊撃手という名称の語源は日本へと野球が伝えられた明治時代に生まれました。Baseballを野球と訳したと知られる中馬庚がShortstopのことを「ショート・ストップは戦列で時期を見て待機し、動き回ってあちこちを固める遊軍のようだ」と形容をしたことで日本では遊撃手という名称が使われるようになりました。
引用: https://www.nikkansports.com/baseball/professional/draft/2010/column/img/f-bb-abe-2010-1004-0001-460x270.jpg
引用: https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180807003286_commL.jpg
ショートは三遊間から二遊間を守る他にもレフトやセンター前の打球の処理をしたりすることもありますし、盗塁や牽制のときのベースカバーやダブルプレーや中継プレーなどの連携プレーにも精度が求められます。野球の守備で担当をしなければいけない守備範囲の広さや関与をしなければいけないプレーの数の多さ野球のポジションの中でもトップクラスの多さになっています。ショートを守る選手に必要となる能力は肩が強いことや足も速いことに加え堅実な捕球能力が必要ですし、野球のゲーム進行をしっかりと理解をしていることも求められます。
ショートはセカンドと比較をされることも多いですが真逆の動きが多くなるので野球のポジションをコンバートしたときに違和感を抱いてしまう選手も多くなっています。またショートに限った話ではありませんが一塁手以外の内野を守る選手の場合は左利きだと内野手の基本の動きとなるゴロを捌いてから一塁に投げるときの動作が右利きの人よりも遅れてしまうことになるので右利きであることが求められます。
引用: https://baseball-365.com/uploads/article/image/118/card_key.jpg
野球の守備のときに1塁ランナーがいるときには一塁ランナーが盗塁した場合にはセカンドベース入り、キャッチャーからの送球を受けてタッチアウトを狙う役割があります。基本的には左打者の場合はショートが入ることなり右打者の場合はセカンドが入ることになります。この理由はそれぞれの打者の打球の飛ぶ方向の確率が左打者の場合はセカンドに飛ぶことが多く、右打者の場合はショートに飛ぶことが多くなっているからです。
また2塁ランナーがいる場合にはセカンドベースに入ることでピッチャーからの牽制球を受けることでタッチアウトを狙う役割があります。特にランナーからはショートやセカンドの位置が見えなくなるのでタイミング次第でアウトにする確率を高められます。これらはサインプレーで行われることが多いので、ショートを守る場合には事前に内野手間の連携をとって動きを確認しておく必要があります。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcR8_Hoej2K_yejsxYbz2GLPn2pM8W4dQotBCakwZRl_JkXu9xsA
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcR0kRqJ98WOTkwDgV-1Ai6Rp-DQavV0f5T-SEryZpA11p9JSXcc
野球の守備のときにはランナーが1塁にいるときに内野ゴロの場合はダブルプレーを狙えることがあります。ピッチャーゴロやキャッチャーゴロ、セカンドゴロ、ファーストゴロの場合にはショートはセカンドベースカバーに入る動き方をする必要があります。ショートがセカンドベースに入るときには打球を捕球する位置によってベースの入る側が変わってきます。内野手の捕球位置が1塁と2塁をラインで結んだときに内側になるのであればベースの内側に入る動き方をすることになります。その逆に外側になる場合にはベースの外側に入る動き方をすることになります。
この理由は走者と接触をすることや走者に打球が当たってしまうことを防ぐためになっています。ショートのベースの踏み方は片足で軽く触れるだけで問題ありません。しっかりとベースを踏むことを意識してしまうとダブルプレーに間に合わなくなることがあります。打球がショートに飛んできた場合にはすぐにセカンドに送球をしてダブルプレーを狙う動き方をする役割があります。
引用: https://cdn.mainichi.jp/vol1/2018/08/16/20180816k0000m050044000p/7.jpg?1
引用: http://89oshiete.com/wp/wp-content/uploads/2016/09/catchball-important.png
打球が外野に抜けたときにはショートがカットマンの役割をすることが多くなります。主な中継プレーのシチュエーションはレフトに飛んだときのバックセカンド、センターに飛んだときのバックサード、左中間や右中間などに飛んだときのバックサードやバックホームです。またレフトからのバックホームのときにサードが中継に入る場合にはショートはサードベースカバーに入る役割があります。
引用: http://bunshun.ismcdn.jp/mwimgs/0/4/-/img_04624609d81fd51a9bec332d7bf21ed3153295.jpg
引用: http://yoshilover.com/wp-content/uploads/2018/09/que-12180914327.jpg
巨人の坂本勇人選手は守備範囲が広くて肩も強い攻撃的なかっこいい守備が魅力的な選手です。以前は失策も多い選手でしたが攻撃的なスタイルが開花をしたことで2016年にゴールデングラブ賞を受賞しています。見た目がかっこいいなことからも人気がある選手で打撃も素晴らしいのでWBCの日本代表ではレギュラーとしても活躍をした選手です。
引用: https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2017/images/ImamiyaKenta20171125.jpg
引用: https://pbs.twimg.com/profile_images/684701380297138176/4BVjNIGL_400x400.jpg
ソフトバンクの今宮健太選手は身長は171cmとプロ野球選手としては高くはありませんが、運動能力や野球センスに優れているので守備範囲は異常とも思えるほど広い選手です。とにかく打球に追いついてしまうことが多いのでエラーも多い選手ではありますがこれは仕方がないことではあります。本来であればレフトやセンターのポジションの選手が前進をしてきて捕球をするようなフライまで今宮健太選手は追いつきますし、ときには普通のレフトフライを取ってしまうこともあるほどです。肩も強い選手で高校のときにはピッチャーとして154キロを出したほどの肩の強さも魅力の人気選手です。
引用: http://bunshun.ismcdn.jp/mwimgs/4/7/-/img_470cd43529e728fd699838f9e7b53ebe201098.jpg
引用: http://saitomo0908.com/wp-content/uploads/2017/10/adachi-ryouichi.png
オリックスの安達了一選手は打撃はあまり良くはありませんがショートとしての能力が高いかっこいい選手です。守備範囲やグラブさばき、送球など全てが高いレベルの選手です。
引用: http://sp.baseball.findfriends.jp/player_image.php?player_id=19930109
引用: https://number.ismcdn.jp/mwimgs/1/7/-/img_1772521e1d7f77c2ae8d18365b86f5aa210333.jpg
西武の源田壮亮選手はドラフトでは3位の選手で、ドラフト前は守備力でしか評価がされていませんでしたが、プロ入り後は守備だけではなく打撃面でも活躍をしている選手です。走塁も上手いので走攻守が揃っているかっこいい選手です。守備はフットワークが軽くて守備範囲も広いですし打球の判断力も優れています。また強肩でもあるので三遊間の深いゴロもアウトにすることができる人気が高いショートの選手です。
引用: https://kotobank.jp/image/dictionary/daijisen/media/115217.jpg
引用: http://kerokero-info.com/wp-content/uploads/2017/11/short2.jpg
ここまで野球のショートポジションの役割や動き方やプロ野球で人気が高いショートの選手を紹介してきました。ショートは内野守備の花形とも称されることがある守備の面での高い能力が必要となるポジションです。プロの世界で厳しいポジションであるショートを守っている選手は高く評価がされて人気も高くなる傾向が強くなっています。野球の試合を見るときにはショートの守備にも注目をするとより面白く見ることができるので注目をしてみてください!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://bb-training.net/wp-content/uploads/2016/11/c9ae6e58c9a5d3fba6d849d7c589a460.jpg