Inm1cpbhaemsuhghpmff

パーカー

CATEGORY | パーカー

オレンジのニットコーデ特集!冬におすすめのあったか着こなし術!

2018.02.28

オレンジは赤より激しくなく、周りに温かさや親しみを感じてもらえるカラーです。コーデにも華やかさを創れる魅力のオレンジ!ニットなどコーデに取り入れ幅広いオシャレも楽しめるオレンジ!そこで今回は、冬におすすめのメンズオレンジニットあったかコーデをご紹介します。

目次

  1. オレンジの魅力
  2. ニットってナニ?
  3. ニットの種類・特徴・良し悪し
  4. ニット選びのポイント
  5. 冬におすすめのメンズオレンジニットあったかコーデ(パーカー)
  6. 冬におすすめのメンズオレンジニットあったかコーデ(マウンテンパーカー)
  7. 冬におすすめのメンズオレンジニットあったかコーデ(ブルゾン)
  8. 冬におすすめのメンズオレンジニットあったかコーデ(クルーネックシャツその1)
  9. 冬におすすめのメンズオレンジニットあったかコーデ(クルーネックシャツその2)
  10. 冬におすすめのメンズオレンジニットあったかコーデ(コットンシャツ)
  11. 冬におすすめのメンズオレンジニットあったかコーデ(モヘアニット)
  12. 冬におすすめのメンズオレンジニットあったかコーデ(ダッフルコート)
  13. 冬におすすめのメンズオレンジニットあったかコーデ(Pコート)
  14. 冬におすすめのメンズオレンジニットあったかコーデ(カシミヤセーター)
  15. 冬におすすめのメンズオレンジニットあったかコーデ(タートルネック)
  16. 冬におすすめのメンズオレンジニットあったかコーデ(クールネックスウェット)
  17. 「オレンジのニットコーデ特集!冬におすすめのあったか着こなし術!」のまとめ

オレンジは、レッドとイエローの間のカラーで、親しみや温かさなど好意的に感じてもらえることが多い魅力を持っています。

25782539 32 d 500
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/539/25782539/25782539_32_D_500.jpg

やわらかく何本かをひねって1本にした糸を編んで作られたもののことを、まとめて「ニット」と言います。例えば、セーターやマフラー、帽子、カーディガンなどは、ニットのひとつの種類(ジャンル)ということになります。

14567660b b 17 500
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/660/14567660/14567660B_b_17_500.jpg
25051153 32 d 500
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/153/25051153/25051153_32_D_500.jpg
26036106 461 d 500
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/106/26036106/26036106_461_D_500.jpg

ミス東大生が選ぶニットの着こなしとは?

代表的なニットの種類その1(植物性天然繊維:綿や麻・リネンなど)

綿(コットン)の「メリット」は、軽くて伸縮性もあり、柔らかくサラッとした肌触りなので着心地が良いことです。また繊維が強く、お洗濯の繰り返しもできる点も挙げられます。保温力や吸湿性も高いです。「デメリット」は、縮みやすくシワになりやすい点です。

6729166 32 d 500
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/166/6729166/6729166_32_D_500.jpg

麻やリネンの「メリット」は、綿よりも丈夫で長持し、風通しが良いので涼しく、発散力や吸湿力が高い点です。「デメリット」は、シワや摩擦で毛羽立ちやすく、保温力が低い点です。

4480989 32 d 500
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/989/4480989/4480989_32_D_500.jpg

代表的なニットの種類その2(動物性天然繊維:羊毛などのウールやカシミヤ、シルクなど)

羊毛などのウールのメリットは
・シワになりにくい
・吸湿性が高い
・保温性が高い
・長持ちする

・・・デメリットは・・・。
・毛玉ができやすい
・虫がつきやすい
・縮みやすい

25860676 32 d 500
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/676/25860676/25860676_32_D_500.jpg

カシミヤの「メリット」は、軽くて肌触り良く、光沢があって型崩れがしにくい点です。また保温力や保湿力も高いです。「デメリット」は、縮みや毛玉ができやすく、虫の被害を受けやすい点です。また採取量が多くないので、お値段が上がりがちです。

25523310 32 d 500
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/310/25523310/25523310_32_D_500.jpg

シルク(絹)の「メリット」は、キレイな光沢があり肌触りが良く、保温力や吸湿力が高い点です。「デメリット」は、色落ちやシミになりやすく、虫の被害を受けやすい点です。

代表的なニットの種類その3(化学繊維:レーヨンなど)

レーヨンの「メリット」は、光沢があって発色がキレイ目で、吸湿性が高く肌触りが良い点です。「デメリット」は、縮みやすくて摩擦に弱く、シワになりやすい点です。また水ジミができやすいこともあります。

1 / 5