Bklqitkkja8nbg63yjpo

ギター

CATEGORY | ギター

ギターのメーカーをマイナーなものまで紹介!初心者が弾きやすいのは?

2018.11.04

日本や海外のエレキギターやアコギを出しているメーカーを有名なのからマイナーなのまでご紹介します。ギターを出している数多くあるメーカーの特徴などをチェックしてみましょう。またギターはロゴにも注目してみるのも面白いのでおすすめです。

  1. エレキギターやアコギを出しているメーカーは数多くある
  2. エレキギターやアコギのメーカーを有名なのからマイナーなのまで紹介!1 GIBSON(ギブソン)
  3. エレキギターやアコギのメーカーを有名なのからマイナーなのまで紹介!2 Fender(フェンダー)
  4. エレキギターやアコギのメーカーを有名なのからマイナーなのまで紹介!3 Rickenbacker(リッケンバッカー)
  5. エレキギターやアコギのメーカーを有名なのからマイナーなのまで紹介!4 Strandberg(ストランドバーグ)
  6. エレキギターやアコギのメーカーを有名なのからマイナーなのまで紹介!5 Mayones (メイワンズ)
  7. エレキギターやアコギのメーカーを有名なのからマイナーなのまで紹介!6 John Page Guitars(ジョンペイジギターズ)
  8. エレキギターやアコギのメーカーを有名なのからマイナーなのまで紹介!7 MARTIN(マーティン)
  9. エレキギターやアコギのメーカーを有名なのからマイナーなのまで紹介!8 TAYLOR(テイラー)
  10. エレキギターやアコギのメーカーを有名なのからマイナーなのまで紹介!9 ESP(イーエスピー)
  11. エレキギターやアコギのメーカーを有名なのからマイナーなのまで紹介!10 YAMAHA(ヤマハ)
  12. エレキギターやアコギのメーカーを有名なのからマイナーなのまで紹介!11 Sugi(スギ)
  13. ギターのロゴは様々なロゴがある
  14. 気になるのが見つかったらまずはショップで触ってみるのがおすすめ
引用: https://www.soundhouse.co.jp/images/shop/prod_img/y/yamaha_fg82012a_la.jpg
エレキギターやアコギを販売しているメーカーは日本国内、海外を問わずに数多く存在します。多くあるのは悪いことではありませんが多くありすぎるので、ギターの購入を検討しているときにはどのようなエレキギターやアコギのメーカーやブランドがあるのかわからなくて、どのギターを購入すればいいのかわからなくなってしまう人もいます。ここではエレキギターやアコギを販売しているメーカーを有名なのからマイナーなのまでご紹介しますので、ギターを選ぶときの参考にしてみて下さい。
引用: https://www.shimamura.co.jp/cms/media/72/20160428-rogo.jpg
引用: https://info.shimamura.co.jp/guitar/img/uploads/shimastaff/lps2016_4.jpg
GIBSONは1902年に創業したアメリカのブランドです。ハムバッキングピックアップを導入するなど革新的なギターを出してきていて、GIBSONのギターを愛用しているアーティストもかなり多く世界でもっとも知られているギターブランドの一つです。
引用: http://bridge-co.com/pick/wp/wp-content/uploads/2017/08/fender_logo.jpg
引用: https://image.rakuten.co.jp/digirex/cabinet/6457/63-11/89132-1.jpg
Fenderは1946年に創業したアメリカのブランドで、数多くの音楽ジャンルで幅広く使われていることで知られています。ギター以外にもアンプも有名なブランドでGIBSONと並び世界2大ギターブランドと称されることもあるほどの有名ブランドです。
引用: https://i2.wp.com/guitar-hakase.com/wp-content/uploads/2013/08/rickenbacker1.jpg?ssl=1
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71xoBZGQcqL._SX355_.jpg
Rickenbackerは1931年にアメリカのロサンゼルスで創業したブランドで、1960年台にビートルズが愛用したことにより世界中に知られることになったブランドです。個性が溢れている特徴的なサウンドや高級感があるデザインにより多数のギタリストが愛用しているギターブランドです。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/musicman_/imgs/8/a/8af8b106.jpg
引用: https://i1.wp.com/guitar-hakase.com/wp-content/uploads/2016/02/strandberg.jpg?ssl=1
2007にスウェーデンで設立されたメーカーで有名なメーカーと比較するとマイナーなメーカーです。人間工学をベースに機能性とデザイン性の両立をコンセプトしているメーカーです。ワイドレンジで現代的な音がすることや合理的に突き詰められている演奏性が特徴となっている、マイナーメーカーですが海外で愛用している人が増えています。
引用: http://sleekelite.com/wp-content/uploads/m_logo_mop-219x300.jpg
引用: http://sleekelite.com/wp-content/uploads/REGIUS6TREDBG.jpg
ポーランドで1982年に設立がされたマイナーなギターメーカーですが、良質な木材の調達力や伝統がある製造工程に基づいている楽器製作によりヨーロッパを中心として強い支持を集めてます。日本ではメイワンズと言われることが多いのですが本来の発音ではメェイヨーネスという言い方のほうが近くなっています。最大の特徴となっているのは厳選されている美しい木材を貼り合わせているラミネート構造によるデザインから生まれる美しいルックスとタイトなサウンドであることです。
引用: https://i1.wp.com/guitar-hakase.com/wp-content/uploads/2017/05/john-page-classic-guitar.jpg?resize=716%2C443&ssl=1
フェンダー社のカスタムショップの創立メンバーで1998年まで責任者を務めていて、ギタービルダーとしての評価が高かったジョン・ペイジが2006年に立ち上げた、まだマイナーなメーカーではありますがビザールギターを思わせてくれるような特徴的なルックスをしていて、フェンダーを踏襲していながらも現代的にアレンジされているサウンドが特徴になっています。
引用: https://www.shimamura.co.jp/cms/media/147/20150914-martin-logo-s.jpg
引用: https://nihon-meisho.com/wp-content/uploads/2015/04/martin-guitar.jpg
現在の全てのアコギの基準となっているトップブランドで創業したのは1833年と長い歴史があります。昔から世界中のミュージシャンが愛用し続けていることでCDやレコードなどでも聞き慣れている音にもなっていて、イメージ通りのアコギの音を出すことができます。アコギが含まれる音楽ならオールマイティな対応することができるので幅広く活躍することができます。
引用: https://nihon-meisho.com/wp-content/uploads/2015/09/taylor-logo.jpg
引用: https://nihon-meisho.com/wp-content/uploads/2015/04/taylor-acoustic-guitar.jpg
創業したのは1973年ですが有名になったのは比較的最近なメーカーです。エレキギターっぽいネック形状や引き心地をしていたり、ボルトオンジョイントやUV塗装など現代的なアプローチをしているのが特徴です。
引用: https://espguitars.co.jp/wp-content/uploads/2018/03/museum_1920x1080.jpg
引用: http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/012/860/30/N000/000/004/126043338534816228419_DSCF5360.JPG
日本国内のブランドで1975年に創業したブランドです。ドラえもんやガンダムなどとのコラボしたエレキギターをこれまでに作っていたりと、様々な独創的なエレキギターを制作してきています。ESPはナビゲーターやエドワーズやLTDなどのブランドも傘下に抱えています。
引用: https://www.soundhouse.co.jp/images/shop/prod_img/y/yamaha_ll6arefff.jpg
引用: https://jp.yamaha.com/files/SG_540x540_396x396_b46b3eb13d528d2914c4c616f866e368.jpg
楽器や音響機器以外にも半導体や自動車部品製造の発売までしている日本の大手メーカーのYAMAHAは、もともとは1897年に日本楽器製造株式会社(ニチガク)として1897年に発足した歴史があるブランドです。ピアノの生産量が世界シェアでトップなことでも知られています。そしてギターの分野でもクオリティが高くなっていて、様々な楽器製造に培われているノウハウが活かされているのがYAMAHAの大きな特徴となっています。YAMAHAのアコギの初心者セットは初心者でも弾きやすくこれだけで様々アイテムを揃えられるので初心者にはおすすめです。
引用: https://www.shimamura.co.jp/cms/media/18/20160702-20150330-20140722-20121225-sugi_logo.jpg
引用: https://i0.wp.com/guitar-hakase.com/wp-content/uploads/2013/08/sugi-2.jpg?resize=640%2C480&ssl=1
もともとはフジゲンの職人としてギターを作られていた杉本眞により2002年に設立がされた日本国内のハイエンドブランです。とても丁寧で質も高いギターになっていることから日本国内だけではなく世界からも高く評価されていて、希少なウッドマテリアルが使われている美しさがあるデザインやモデルごとに合わせてあるピックアップ、そして幅広いジャンルに対応することができるサウンドにより数多くのギタリストを魅了しています。
引用: http://www.on-do.net/shop/waits/8177-01.jpg
ギターのロゴはメーカーやブランドにより特徴が出ているロゴになっていて、手書き風の文字のロゴになっていたり同じエレキギターやアコギのメーカーやブランドであっても年代によってロゴが異なっていたりします。様々なロゴがあるのでエレキギターやアコギのメーカーやブランドをチェックするときには、ロゴにも注目してみると様々なロゴを見ることができますしデザイン的にもロゴは重要です。
引用: https://p-store.r10s.jp/images/brand/1000000007/brand.jpg
ここまでエレキギターやアコギを出している日本や海外のメーカーやブランドを有名なのからマイナーなのまでご紹介してきました。それぞれに特徴があるのでどのメーカーやブランドが良いと言うことはできないですが、気になるメーカーやブランドが見つかったらまずはショップに行ってみて触ってみるのがおすすめです。触ってみることでそれぞれのメーカーやブランドの特徴などもわかりやすくなるので購入する前には触ってから購入するようにしましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://shop.r10s.jp/fuushikaden/cabinet/cat/loog/logma003.jpg