Y1qmwfsicrda7xb53kk2

器具

CATEGORY | カテゴリー

ゴルフは素振りを正しく行うことで上達する!必要な器具や場所とは?

2018.11.15

ゴルフの上達はボールを打つ練習も大事ですが、もっと大事なものが素振りです。回数にこだわらず、正しいフォームで素振りをするのが上達のカギ。そんな素振りをポイント別にご紹介。また、タオルやマットを用いた練習やおすすめの器具、場所も。これでゴルフのレベルアップ!

目次

  1. ゴルフの上達のカギは素振り|器具や場所もご紹介
  2. ゴルフの素振りのポイント➀コック
  3. ゴルフの素振りのポイント➁アドレス
  4. ゴルフの素振りのポイント➂テークバック
  5. ゴルフの素振りのポイント➃ダウンスイング
  6. ゴルフの素振りのポイント⑤インパクト
  7. ゴルフの素振りの適正回数はいくら?
  8. ゴルフの素振りをする場所は練習場?自宅?
  9. ゴルフの素振りはタオルでできる➀タオルでスイング
  10. ゴルフの素振りはタオルでできる➁タオルを挟んでスイング
  11. ゴルフの素振りにおすすめの器具➀エリートグリップ ワンスピード スイング練習器
  12. ゴルフの素振りにおすすめの器具➁スウィングトレーナー
  13. ゴルフの素振りにおすすめのマット➀プロゴルフショップ パターマット工房 スーパーベント
  14. ゴルフの素振りにおすすめのマット➁タバタ フルショットマット
  15. ゴルフの上達のカギは素振りのまとめ
A79eafd9d956e26cc618904f289ef560
引用: https://i.pinimg.com/564x/a7/9e/af/a79eafd9d956e26cc618904f289ef560.jpg

ゴルフ場でボールを打つ練習をしているのに、思ったような成果が出ていないとお悩みの方。その練習は間違いではありませんが、ゴルフの基本でもある「素振り」を実践していますか?ここを疎かにすると、いくらボールを打っても思うような結果は残しにくいでしょう。

そこで今回はその素振りをポイント別に解説します。他にも濡れタオルやマットなど器具を用いた練習法もご紹介。さらに、素振りの回数やおすすめの場所もまとめています。ゴルフの上達を志す方は是非、ご覧ください。

はじめに、素振りのポイントをお伝えします。

ゴルフのスイングするとき、コックといわれる手首を折り曲げる動きを伴うと思います。ここが疎かになると飛距離が伸びにくくなるので、素振りから意識して行う必要があります。

コックを作るポイントは、バックスイングの際に手首を親指側、縦方向に向けます。タイミングとしては、左腕が地面と平行になったときです。金づちでくぎを打つように手首に力を入れないことが重要。これにより、バックスイングがしっかりとれて、飛距離の向上に繋がります。

1/8