Kithgvdjlzpb8a2t947u

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

ギターの値段の平均は?初心者が選ぶべきギターの値段の目安を解説!

2018.11.04

初心者が選ぶのにおすすめのギターの値段の目安や、ギターの値段の平均などを解説していきます。中古の安いギターでも問題ないのかや、初心者はエレキギターとアコースティックギターのどちらを選ぶのが良いのかも解説しますので、ギター選びに悩んでいる初心者は必見です!

  1. 初心者におすすめのギターの選び方やポイントを紹介!
  2. 初心者はギターは値段が安い中古よりも新品を選ぶのがおすすめ
  3. 初心者は高価な値段のギターが合うわけではない
  4. 初心者は高価な値段のギターを購入しても台無しになってしまう可能性もある
  5. 初心者におすすめのギターの値段の目安
  6. ギターは通販ではなく実物を見てから購入するのがおすすめ
  7. 初心者がギター選びに悩んだら値段ではなく憧れているギタリストが使っているギターを購入する方法もある
  8. 初心者がギターを購入するときはギターの値段の他に付属品も忘れないようにすることが重要
  9. ギターの値段の平均について
  10. 初心者はアコースティックギターよりもエレキギターを選ぶのがおすすめ
  11. エレキギターの方がアコースティックギターよりも練習がしやすい
  12. 初心者は最初は3万円ほどの値段のエレキギターを選ぶと腕前が上達しやすいのでおすすめ!
引用: https://invincible-yoshioka.com/wp-content/uploads/186.jpg
引用: https://introduction-guitar.info/img/eleki.jpg
ギターに興味があっても初心者がショップに行ってみると数千円の安いギターから高いのは数百万円の値段のギターまであったりと、どれを購入すれば良いのかわからなくなってしまうこともあります。ショップで気に入ったギターが見つかっても値段が高いと初心者が購入して問題ないギターなのか悩んでしまうこともありますし、数千円のギターだと安すぎて大丈夫なのか不安になってしまいます。ここでは初心者向けのギターを選び方やポイント、値段をご紹介しますので、ギター選びに悩んでいるのなら参考にしてみてください。
引用: https://p-store.r10s.jp/images/brand/1000000007/brand.jpg
引用: http://www.on-do.net/shop/waits/8177-01.jpg
ギターは目利きができるようになるまで中古は控えて新品を購入するのがおすすめです。安いから中古でも問題ないと思われるかもしれません。しかし中古はしっかりとした知識や中古のギターを調整することができる人が購入すると安いのでお得ですが、中古のギターは状態に問題があることも多いので、中古のギターは状態を判断することができるかやメンテナンスをしっかりとできることが重要であったりと、初心者には安い中古のギターは難しいことも多いので初心者はできるだけ新品のギターを購入するようにしましょう。
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/totalguitarmethod/20180219/20180219083528.jpg
引用: https://www.shimamura.co.jp/cms/media/98/20150225-ZEMA.jpg
ギターの価値は値段を目安にして考えることができますが、高価なギターが自分に合うギターなのかというとそうではありません。高価なギターの場合は装飾なども凝っていて良い音がでるように作られているので、演奏性は少し犠牲になっていることがあります。そして作りが繊細なので丁寧なメンテナンスをする必要もあります。なのでギターの初心者が高価なギターを購入したとしても、ギターの良さを引き出して演奏することはできません。
引用: http://staff.kaitorigakki.com/wp-content/uploads/2014/03/1.jpg
引用: https://www.shimamura.co.jp/cms/media/184/20151030-PC152368s-.jpg
初心者の場合はギターのメンテナンスをするのにも慣れていないので、高価なギターを購入しても台無しになってしまうこともあります。初心者用のギターであれば多少は雑に扱うこともできますし初心者でも弾きやすい形に作れているのが多くなっています。なので初心者の場合はギターは最初は弾きやすいギターを選ぶのがおすすめです。
引用: https://d2l930y2yx77uc.cloudfront.net/production/uploads/images/3851223/picture_pc_e6b942981d00d86b7de929906c7bcd84.jpg
初心者におすすめギターの値段は3万円ほどのギターです。これよりも安いギターも多くありますが安すぎるギターの場合はネックやボディーが弱いので変形しやすくなっていますし、チューニングが不安定で音がすぐに狂ってしまったりもします。ギターを出しているメーカーが初心者向けに力を注いでいる値段が3万円ほどのモデルになっています。初心者は頑丈で弾きやすくて音もそれなりに良いギターを選ぶようにするのがおすすめです。
ギターを購入する予算に余裕があるのならもっと値段が高いギターを購入することもできます。ギターを上達するためにモチベーションを上げることができるのが好きなギターを弾いて練習することなのですが、初心者の演奏は荒くなってしまうことが多いですし痛みやすくなってしまいます。しかしギターに遠慮をして練習していると上達することはできません。どれほど値段が高いなギターや初心者向けのギターであったとしても最初の1本は弾き潰す覚悟が上達するためには必要です。一生弾くことができるギターは2本目以降に考えるようにしましょう。
引用: http://vancouverbrothers.com/wp-content/uploads/2013/07/P1080179-1024x768.jpg
引用: https://www.rockin.co.jp/files/16106f5e27b10c9d821e3377bde8bfdb.jpg
ギターの原材料は気になっているので、どのような高級なギターであったとしてもそれぞれに違いがり音の鳴りにも個体差があります。その逆に安いギターであったとしてもしっかりとした音が鳴るギターもあるので、予算に合わせて納得することができるギターを選ぶのがおすすめです。
特に予算の都合で安いギターを購入するのであれば実物の試奏してから決めるようにしましょう。最初は音の違いはわからないかもしれませんが、自分の手で弾いてみることで自分の手や感覚に合うギターを選ぶことができるので、できるだけ通販ではなく実物を見てから購入するようにしましょう。
引用: https://www.soundhouse.co.jp/howto/guitar/first/image/pt_d7eng.jpg
どうしてもギター選びに悩んだら憧れているギタリストと同じギターを購入してみる方法もあります。このときの同じは全く同じギターではなく、予算が足らなければ見た目が似ているギターでも問題ありません。憧れている人が使っているギターと同じか似ているギターを使うことで自然とギターを練習するのにやる気が出てきます。なのでどうしてもギターを選ぶのに迷ってしまうのであればこのような方法でギターを選んでみるのもおすすめです。
引用: http://www.soundhouse.co.jp/images/shop/prod_img/h/hosco_ac0707baa.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/615B3IpXCSL._SY355_.jpg
ギターを購入するための予算を考えるときに忘れてしまうことが多いのが付属品です。ギターケースやチューナーなどの必需品の他にもギターには多くの必要なものがあります。消耗品の弦やピックの替えやギタースタンドやストラップも必要ですしギターを綺麗にするためのクロスなども必要です。これらの付属品もギターと一緒に購入する必要があります。また必要な付属品がセットになっている商品もあります。付属品は合計で数千円から1万円ほど必要になるので、ギターの予算を考えるときにはこれらの金額も組み込む必要があります。
引用: https://3.bp.blogspot.com/-wMf7rPliw_8/WPGMp_vgj6I/AAAAAAAADvg/wSTJ9cEEa8MLWDOy2FCTMQ1tzwlKnWlhACLcB/s1600/P1010424.jpg
ギターの値段の平均はギターの値段が幅広いので、数千円の安いギターから100万円を超えるようなギターもあることから、ギターの平均値段を考えるのはそれほど意味がありません。なのでギターを購入するときには平均値段を考えずに必要な状況や予算に合わせてギターの値段を考えるようにすると、様々な値段があるギターの平均値段に悩まないでギターを選ぶことができるので、平均値段は気にしないようにするのがおすすめです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71vzR4zVvzL._SY355_.jpg
引用: https://www.yamaha.com/ja/musical_instrument_guide/common/images/electric_guitar/parts_viewer01.jpg
初心者の場合はアコースティックギターよりもエレキギターを選ぶのがおすすめです。その理由はまず弦の抑えやすさです。アコースティックギターは弦が固くて押さえるために力が必要になるので、慣れないと音を鳴らすことすらできません。アコースティックギターと比べるとエレキギターはアンプにつなぐことで音はすぐに鳴らすことができます。
引用: https://guitarportal.info/wp-content/uploads/2015/02/guitar.jpg
エレキギターはアンプを通さなければ小さい音しか鳴らないですし大きな音を鳴らして練習をしたいときはヘッドフォン・ギター・アンプを使えば問題ありません。アコースティックギターは消音処理をしても音が大きいので住宅事情に問題がない人を除いてエレキギターの方がアコースティックギターよりも普段の練習がしやすくなります。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQrKj3kehk7m5SdU9M626fFktgfvojYDA4z5pTxhKTZspcB3ltx
引用: http://ecx.images-amazon.com/images/I/41EhhNz1HCL._SL320_.jpg
ギターの値段は本当に幅広いので、どのくらいのギターが妥当なのかはわかりにくくなっています。おもちゃのようなギターを避けるためには高いギターを購入すれば問題ありませんが、あまり高いギターだと初心者には向いていないことも多いので3万円ほどのエレキギターを選ぶのがおすすめです。しっかりとしているエレキギターを購入して練習をすることでギターの腕前もしっかりと上達していきます。逆におもちゃのようなギターは成長の妨げになってしまうこともあるので、初心者でも安すぎるギターは避けるようにしましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://masatomy.com/wp/wp-content/uploads/150-01Electric-guitar.png