// FourM
Syq6wjfgfcv5tkfunlgk

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

サークルに入らないでも大学は楽しい?友達作りや就職に影響する?

2018.11.01

新しく大学に入学したら気になるサークル。サークルに入らない選択しても大学生活は楽しくやっていけるのだろうか。理系の人なら友達を作れる割合が増えて楽しいメリットがあるのも事実。サークルに入らないことで、友達作りや就職に影響するのかをチェック。

  1. 理系でも友達作りや就職に有利?サークルに入る・入らない選択
  2. 入らない選択もアリ?新大学生が考慮したい「サークル」をおさらい!
  3. 理系でも友達がたくさん作れる?サークルに入らないことで得られるメリットとデメリットとは?
  4. 【メリット】サークルに入らないことで得られるメリット①:人間関係が楽
  5. 【メリット】サークルに入らないことで得られるメリット②:時間が自由
  6. 【デメリット】サークルに入らないことによるデメリット①:出会いが減る
  7. 【デメリット】サークルに入らないことによるデメリット②:就活で使えない
  8. 【デメリット】サークルに入らないことによるデメリット③:充足感が得られない
  9. 【デメリット】サークルに入らないことによるデメリット④:思い出が減る
  10. 現在サークルに入っている人がやめたいと思うなら実践したい「サークルの辞め方」
  11. 大学内・大学外でも友達や恋人を作ることは可能!どんな手段がある?
  12. サークルに入らない選択を行ってもリアルに充実することは出来る!楽しい大学生活を送ろう!
引用: https://image.freepik.com/free-photo/cheerful-students-studying-on-street_23-2147860566.jpg
サークルは、同世代の男女が活動出来る場として、大学生にとっては欠かせない場とも言える。新しい大学生活も、楽しいと思える環境が一番と言える。しかしながら、それもその人によっては楽しくならない選択になる可能性も。サークルに入らない人の割合も一定数あります。サークルに入らないという選択によって、自由を手にする人の割合が多いのも事実だ。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/close-up-team-students-teamwork-stack-hands-together-startup-success-concept_1150-4517.jpg
新大学生が自由に選ぶことが出来るサークルに入る、または入らないという選択。それぞれある程度の割合がいます。果たして、サークルに入らないことで、楽しい大学生活を送ることはできないのだろうか。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/cheerful-students-jumping_23-2147679007.jpg
また、友達づくりに役立つサークルだが、逆にサークルに入らないで得られるメリットはあるのだろうか。大学のサークルに入る・入らないメリットやデメリットについてご紹介しよう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/students-sharing-ideas-while-working_23-2147656144.jpg
第2次世界大戦前は,労働運動や政治運動のなかで,組織の拡大や大衆の掌握の手段として行われたが,戦後,自立的な学習小集団 (サークル) の学習を目的とする独特の活動として,大衆運動のなかから自然発生的に生れた。今日では,社会教育の重要な学習形態の一つとして,計画的,組織的に活用されている。

引用: https://image.freepik.com/free-photo/beautiful-young-women-having-fun-at-the-park_1301-5113.jpg
サークル活動には様々な種類があり、スポーツを主体とするものや、理系のサークルなど、その様相は個性豊か。好きなジャンルを取り扱うサークルがあれば、入りたいと思ってしまうもの。友達作りができて楽しいというメリットがある。しかしながら、サークルに入らないという選択をする人の割合も多い。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/smiling-students-walking-after-lessons_23-2147860642.jpg
サークル活動において、サークルに入らないことによるメリットとデメリットはどんなところになるのだろうか。サークルには入らない選択をすれば就職や友達作りに影響するのか。人間関係が苦手な傾向のある理系の人でもサークルは実生活に影響が少ないのか。サークルに入らないで得られるメリットとデメリットをチェックしてみよう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/guy-with-book-making-thumb-up-gesture_23-2147679277.jpg
サークル活動は、必ずしも参加しなければならないというものではない。ほかの友達に勧誘されて、または人間関係に流されてサークルに入る人もいるが、入らない人もいる。まずは自分の気持を確かめることが大切と言えるだろう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/young-students-talking-on-schoolyard_23-2147659298.jpg
サークルに入らないことで得られるメリットとデメリットをご紹介しよう!
引用: https://image.freepik.com/free-photo/smiling-handsome-traveler-wearing-backpack-in-city_1262-3629.jpg
サークルに入らいないという選択は、人によっては賢明な選択と言える。少なからず発生する人間関係は、場合によってはストレスを生み出すことも。人との付き合いを重視するあまり、自分に向けるエネルギーが減ることがメリットと言える。あまり仲良くない人や、顔と名前が一致しない人たちと長時間過ごすストレスから開放される。人間関係が煩わしいと感じる人の割合は多いようだ。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/silver-alarm-clock-close_1203-2048.jpg
サークル活動は、場合によっては長時間拘束されることも有り、通学に時間をかけているひとなら、大事な時間をサークルに奪われることもある。そのため、大学生活でサークルに使う時間の割合が多くなってしまいます。特に一番後輩の世代は雑用も多く、サークル活動が原因で自分の時間を取りにくいという事態も起こりやすい。自分の時間が自由な割合で使えるのは、サークルに入らない人の最大のメリットと言えるかも知れない。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/young-asian-woman-shoot_53876-31616.jpg
サークルに入らないことによるデメリットで挙げられるのは、新しい人との出会いの場が少なくなるという点。出会いの機会が減ることによって、友達を作れる場面が減るのは事実。しかしながら、ムダに多い人間関係は、自分の時間を圧迫するだけになるので、友達を選んで付き合おうと思うならさして問題にはならない。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/handshake-close-up-of-executives_1098-1384.jpg
就活で必ず参加する面接。面接において、サークル活動や部活動の経歴などは、職歴がない大学生には大いに役立つエピソード。協調性などをアピールできるため、就活生でもサークルの話をする割合が多い。しかしながら、サークルに入らないからといって、就活で不利になることはない。インターンやアルバイト先のエピソードもを使うことも出来る。就活に置いてサークル活動の話が使えなくなるというだけである。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/asian-man-lying-on-floor-at-his-laptop_1262-840.jpg
人にもよるが、仲のいいサークルの友だちに囲まれて過ごすのはじつに気分がいい。また、彼女や彼女候補も居れば、リアルに充足考えられるのは間違いない。とくに理系の人なら、憧れがちなサークル活動と言える。しかしながら、充足感は何もそれだけで得られるとは限らない。サークル活動の代わりにできる活動をすれば問題はなさそうだ。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/education-concept-student-studying-and-brainstorming-campus-concept-close-up-of-students-discussing-their-subject-on-books-or-textbooks-selective-focus_1418-627.jpg
サークルに入らない人が気にすることは、思い出の部分だ。大学生活の思い出を作りたいのならサークル活動は参加すべき。大学の勉強だけでなく、サークル活動にも多くの時間を費やすことになるからだ。それによって、充実した大学生活を演出することが出来る。しかしそれらが過去になれば、誰にアピールするものでもない。自分が大切なものを大切にしたいのなら、サークル活動に参加する必要はないだろう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/group-of-teenage-friends-hanging-out_53876-15400.jpg
現在サークルに所属しており、サークルが楽しくない、または辞めたいと思っている人もいるのではないだろうか。利害関係も少ないサークルなので、いざ辞めるとなってもなかなかきっかけがないと感じる事もある。サークルを辞めるときは、自分の意思を再度確認した上で、サークルの責任者、またはメンバーに伝えるのが適切。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/teen-girl-with-book-looking-at-camera_23-2147860586.jpg
この時、特に理由を伝える必要もなく、辞める意思をストレートに伝えるのが一番効果的。後腐れもなく、スッキリとサークルを辞める事ができる。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/young-attractive-smiling-student-showing-thumb-up-outdoors-on-campus-at-the-university_8353-6394.jpg
それに抵抗のある人なら、理由を添えてサークルを抜ければいいだろう。これで自由な時間とストレスの少ない人間関係を手にすることが出来る。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/loei-thailand-may-10-2017-hand-holding-samsung-s8-with-mobile-application-for-facebook-on-the-screen_1232-4912.jpg
サークルを辞めても、リア充な生活を実現することは出来る。理系の人でもサークルに入らないで楽しい大学生活を送る方法がある。それはSNSや合コン、出会い系サイトなどを使った活動だ。これらのメリットは、自分主体で連絡のやり取りができたり、活動ができる点。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/woman-looking-at-mobile-phone-with-facebook-application-homepage_23-2147844539.jpg
充実できるのがサークル活動だけ、ということはまずありえない。無駄が多いサークル活動に比べて、他の誰にも左右されない自分主体の活動によって、自分も大切にでき、なおかつ活動も活発に行うことが出来るこれらの方法を活用したい。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/young-people-with-laptop-on-stairs_23-2147663431.jpg
サークルは友達作りや恋人作りができる場として人気も高い。しかしながら、自分のペースを大事にしたい人ならサークルに入らないという選択も出来る。学校外の活動を積極的に行えば、文系でも理系の人でも楽しい大学生活を送ることが可能だ。サークルに入らない選択を行っても、リアルに充実することは出来る!楽しい大学生活を送ろう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://image.freepik.com/free-photo/people-jumping-on-street_23-2147679255.jpg