Hodd2ftxenyd9utabryb

スポーツ

CATEGORY | スポーツ

アジアンタイヤの実力とは?おすすめメーカーと種類を紹介!

2018.11.03

近年注目度が高まり続けているアジアンタイヤとは何なのか?アジアンタイヤの気になる「寿命」「静粛性」「スポーツ・サーキット走行」についてやアジアンタイヤのおすすめメーカーと種類について知らない損をするかもしれないアジアンタイヤ情報をご紹介します。

目次

  1. アジアンタイヤの実力とは?
  2. アジアンタイヤの気になるポイント:「寿命」
  3. アジアンタイヤの気になるポイント:「静粛性」
  4. アジアンタイヤの気になるポイント:「スポーツ・サーキット走行」
  5. 安さだけが魅力じゃない!アジアンタイヤのおすすめメーカー①:「ハンコックタイヤ」
  6. 安さだけが魅力じゃない!アジアンタイヤのおすすめメーカー②:「正新ゴム工業/MAXXIS」
  7. 安さだけが魅力じゃない!アジアンタイヤのおすすめメーカー③:「クムホタイヤ」
  8. 安さだけが魅力じゃない!アジアンタイヤのおすすめメーカー④:「ネクセンタイヤ」
  9. 安さだけが魅力じゃない!アジアンタイヤのおすすめメーカー⑤:「ナンカンタイヤ」
  10. 有名タイヤメーカーにも引けを取らないアジアンタイヤ【まとめ】
Ulljfsnydhuiyojisbnt
引用: https://instagram.com/p/BpA1XSdBLrf/

そもそもアジアンタイヤとは何なのかと言うと、その名前の通りアジア各国のメーカーで製造されているタイヤのことをアジアンタイヤと言います。そんなアジアンタイヤは日本にも輸入されていて近年注目度が高まり続けているタイヤの種類でもあります。アジアンタイヤが注目されている理由に挙げられるのは「価格の安さ」です。ブリヂストンやミシュランタイヤとアジアンタイヤを比較すると価格は半値、もしくは半値以下という安さがアジアンタイヤの魅力だと言えます。

Ysvahgsmsm86olsi2agj
引用: https://instagram.com/p/BoO1Yc1gVhD/

そこまでの安さを実現しているアジアンタイヤの性能面などに不安を覚える人は多いと思いますが、現在のアジアンタイヤの性能は有名タイヤメーカーにも引けを取らないレベルまで質が上がってきているのが利用者が増えている要因にもなっています。実際、日産、ダイハツ、ミツビシ、フォルクスワーゲン、アウディなどでは新車の純正タイヤにアジアンタイヤを使用しているところからも信頼性が伺えます。

Mvxzrpkxig6suiygfths
引用: https://instagram.com/p/BlQnfixHrcP/

その他、アジアンタイヤの気になるポイント「寿命」「静粛性」「スポーツ・サーキット走行」について解説していきます。

Syu1vi0aomb8b06erskt
引用: https://instagram.com/p/Bjq8ja1F_Ky/

一昔前のアジアンタイヤは性能が悪く、寿命、静粛性の良いものではありませんでした。しかし近年では技術的にも向上するなどアジアンタイヤの寿命も国産タイヤメーカーにも引けを取らないものが増えてきました。特にアジアンタイヤのメーカーであるハンコックタイヤは横浜ゴムと技術提携を結んでいて、寿命を含めた性能面で優れたタイヤを作り出しています。しかし、アジアンタイヤのメーカーや種類によって寿命などの性能は様々なのでアジアンタイヤ選びは大事になります。

O6iefecbhdol30azgh9u
引用: https://instagram.com/p/BjjcZI_HBnY/

アジアンタイヤはグリップ性能の高い硬めのタイヤが多いのが特徴です。そのため、スポーツ・サーキット走行などには比較的向いているタイヤが多くなり、街乗りなどの静粛性には少し弱い印象があります。しかし、徐々に街乗りも意識したアジアンタイヤが増えてきたので、静粛性にもこだわったものにも力を入れています。アジアンタイヤの中でも静粛性にこだわった種類を選べば国産タイヤメーカーにも引けを取らない静粛性能を味わえるかもしれません。

Oikhfuvyhhatkkkq6tog
引用: https://instagram.com/p/BanPbIDnSkB/

先ほども挙げましたが、アジアンタイヤはグリップ性能の高い硬めのタイヤが多いのが特徴です。街乗りの繊細な快適性よりもスポーツ・サーキット走行の方が向いているので、スポーツカーやサーキット走行をする人にはおすすめです。それからもうひとつアジアンタイヤがスポーツ・サーキット走行におすすめなポイントがあります。それは「安さ」です。スポーツ・サーキット走行はタイヤの消耗が著しく早くなってしまいます。特にサーキット走行すればタイヤ交換の頻度は非常に早くなってしまうのでコストを下げられるアジアンタイヤは魅力なのです。

1 / 3