// FourM
Gcja5itiaor2kimzblbm

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

おでんの大根の下ゆでの方法!レンジや圧力鍋を使えば簡単!

2018.10.26

おでんの大根といえばおでんの中でも大切なポジションですよね。下ゆで方法によって味の染み込み具合も変わります。下ゆでは必要か悩む方もいるのですが、今回は時間短縮可能なレンジや圧力鍋・片栗粉などを使ったおでんの大根下ゆで方法をご紹介します。

  1. おでんの大根の下ゆではどうしたらいい?
  2. おでんの大根の下ゆでは必要か?
  3. おでんの大根!おすすめの下ゆで方法はこちら!
  4. おでんの大根!おすすめの下ゆで方法① 包丁での工夫
  5. おでんの大根!おすすめの下ゆで方法② 米の研ぎ汁
  6. おでんの大根!おすすめの下ゆで方法③ 片栗粉
  7. おでんの大根!おすすめの下ゆで方法④ 圧力鍋
  8. おでんの大根!おすすめの下ゆで方法⑤ 電子レンジ
  9. 【まとめ】おでんの大根を更に美味しいものに!
引用: https://i1.wp.com/mitok.info/wp-content/uploads/2015/08/2015082805_all..jpg?w=600&ssl=1
みなさん普段おでんはどのようにしていますか?最近ではスーパーなどで茹でるだけのパックになっているものやコンビニでも用意されていますよね。そのようなおでんですが、実際に自分で作る方もいると思います。特におでんの中でも大根は外せない食材だと思いますが、今回は大根の下ゆで方法についてご紹介します。
引用: https://production-orp.s3.amazonaws.com/uploads/recipes/image/0000119251/20131003150615_w300hf.jpg
おでんの大根の下ゆでは必要か考える方も多いのですが、必要か・必要でないかは正直人それぞれと言っても過言ではないです。というのも、下ゆでをすることによって味の染み込み具合なども変わるのですが、おでんの大根がメインではなく他の食材が好きな場合はそこまで大根を気にしない方もいます。そのため、好みによって合わせるのが好ましいです。
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/2392631/280/32e04fa5820afda76bd663ce721ffbd9.jpg?u=5063797&p=1383219787
味の染み込み具合や形の崩れにくさが向上するおでんの大根の下ゆでですが、おでんの大根の下ゆでにも方法が複数存在しますので、時間短縮できるおすすめの方法をご紹介していきたいと思います。この下ゆで方法を行うと味の具合も変わりますので是非興味がある方はご参考いただけたらと思います。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRt6rcT-lHUTRgYgK2uuIOXKtJuaBPN941gunjP7-19deHO_1pO
まず最初にご紹介するのは下ゆでよりもさらに前に行っていただきたいおすすめの方法なのですが、包丁での仕込みです。これは次にご紹介するおすすめの下茹で方法全てに併用して行うことができるのですが、上記の画像のように格子状に切込みを入れると味が染み込みやすくなるのでおすすめです。
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/3949389/280/891d698539afa1ed24c200d8dfd06f92.jpg?u=13445048&p=1467202865
さらに、切込みだけでなく、面取りや分厚く皮を切っていると味が更に染み込みやすいです。皮を厚く切るともったいないイメージがありますが、これはやや固くて食べにくいところを落とす意味合いもあるので、できれば分厚く皮を皮を剥いて下茹でするのがおすすめです。
引用: https://www.sirogohan.com/_files/recipe/images/oden/daikon5.JPG
次にご紹介する方法は米の研ぎ汁です。米の研ぎ汁は自炊している方は馴染みがあると思いますが、米の研ぎ汁を一緒に加えて下ゆですると大根のアクも取れ、臭みなどもなくなります。研ぎ汁が用意できない場合はお茶パックにお米を大さじ1杯程度入れて一緒に下ゆでするだけでも大丈夫です。
引用: https://image.kitchen-tips.jp/item/image/normal/465411.jpg?time=1458878152
次にご紹介するのは片栗粉です。片栗粉も下ゆでする時に一緒に入れられることが多いのですが片栗粉の場合は鍋に大根がかぶるくらいの水を入れ、片栗粉を小さじ1を入れて一緒に茹でます。片栗粉を入れて下ゆですることによって大根独特のぬめりなどが取れて味が染み込みやすい状態になります。
引用: https://daizis.com/wp-content/uploads/2012/01/IMG_2016.jpg
次にご紹介するのは圧力鍋を使った方法です。圧力鍋は多くの方がご存知のように、時間短縮にはうってつけです。圧力鍋によって時間は大きく変わるのですが、お米の研ぎ汁を加えて1分前後加圧しましょう。加圧後しっかりと蒸らして上げることによって下ゆでは完成です。
引用: https://gonyoken.com/wp-content/uploads/2017/11/furofuki-tomatostew04-sitayude-e1510756606328.jpg.pagespeed.ce.sD9V56lI6u.jpg
最後にご紹介するのは電子レンジでの方法です。電子レンジで行う場合はできれば上記の画像のような電子レンジ対応のタッパーなどに入れるのがおすすめです。大根がかぶる程度の水を入れ、お米をひとつまみ入れて電子レンジ700wで8分程度加熱します。電子レンジで温める際にはゆるくラップをするといいでしょう。
引用: http://www.zyr.co.jp/syun/img/10/IMG_2290.jpg
今回は大根のおすすめの下ゆでについてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。大根の下ゆではしっかり行うと味の染み込み具合が大きく変わります。しっかりと出汁が染み込む大根は美味しいと好評なので、自宅で作り際にはぜひ下ゆでを実施していただけたらと思います。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://m-uroko.com/wp-content/uploads/2015/02/odendaikon.jpg