Xbbarjvnqmck7rse1e4v

DIY

CATEGORY | DIY

スパンコールの付け方のコツ!手芸が苦手な初心者でも作業が捗る方法!

2018.10.26

手芸のスパンコールは付け方のコツさえ分かれば綺麗な模様を描くことが出来る。初心者の人でも、糸で縫い付けるスパンコールが苦手という人でも動画でチェックしていけば、簡単に作業も捗る。手芸のスパンコールの付け方のコツをご紹介しよう!

  1. 手芸を楽しむ!動画で簡単に作業も捗るスパンコールの付け方のコツとは?
  2. 手芸のお供!付け方のコツを知りたいスパンコール
  3. 動画でコツをチェック!手芸のスパンコールの糸を使った縫い付け方をご紹介!
  4. 綺麗な手芸を実現するために!スパンコールの縫い付け方のポイントをチェック!
  5. 動画チェックの前に!スパンコールを縫い付けるポイント①:スパンコールに近い色の糸を選ぶ
  6. 動画チェックの前に!スパンコールを縫い付けるポイント②:スパンコールの向き
  7. 動画チェックの前に!スパンコールを縫い付けるポイント③:スパンコールのサイズ
  8. 動画をチェックして初心者でも簡単手芸!スパンコールの付け方とコツ①:重ね刺し
  9. 動画をチェックして初心者でも簡単手芸!スパンコールの付け方とコツ②:ビーズ留め
  10. 動画をチェックして初心者でも簡単手芸!スパンコールの付け方とコツ③:ビーズとステッチ
  11. 付け方のコツを押さえて手芸作品を作る!スパンコールを使ったアイデアとは
  12. コツを押さえて作る!スパンコールを使った手芸のアイデア①:髪留めのゴム
  13. コツを押さえて作る!スパンコールを使った手芸のアイデア②:スパンコールのピアス
  14. コツを押さえて作る!スパンコールを使った手芸のアイデア③:スパンコールの髪留め
  15. コツを押さえて作る!スパンコールを使った手芸のアイデア④:スパンコールのブローチ
  16. スパンコールの縫い付け方をマスターして、様々なアイテムをゴージャスに飾ろう!
引用: https://i.pinimg.com/564x/cd/e0/1a/cde01a6375b65da1167795041684550a.jpg
手芸において、作品をカラフルに、また綺麗に飾ることが出来るスパンコール。イメージは出来ているけど、得意ではないという人もいるのではないだろうか。スパンコールの付け方のコツさえわかれば、初心者の人でも簡単に作業が捗る。やはりスパンコールは付け方とそのコツをおさえていくのがベストと言えるだろう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/10/9e/df/109edf402455c283a93b347300db046c.jpg
楽しい手芸をさらに捗らせることが出来るスパンコールの付け方だが、はたしてスパンコールを縫い付けるにあたって押さえるべきコツはどんなところになるのだろうか。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51-JjjWHU5L._SX425_.jpg
また、初心者の人でも簡単に作業が捗るポイントはあるのだろうか。動画もチェックして、スパンコールの付け方とコツに着いてご紹介しよう!
引用: https://i.pinimg.com/564x/8e/2f/b0/8e2fb0c7bcdb470381bbc32b4c3b90e4.jpg
光を反射させるために使用する装飾で、穴の開いた金属やプラスチックの小片のこと。 キラキラと美しく輝くため、ドレスをより豪華に見せるために用いられる。 中央に穴の開いた円形のものが多く、そのままあるいは糸を通してリボン状にしたものがある。

引用: https://i.pinimg.com/564x/bb/0f/a3/bb0fa3ae02e344836d68554360720aca.jpg
スパンコールはプラスチックで出来た装飾品であり、その小片は細かく、重ね縫いなどをすることで、ゴージャスな手芸の作品を作ることが可能。その種類は多岐にわたり、亀の甲羅のような形のものや円形のものなど、好みに応じて使い分けることが出来る。初心者の人でも糸を使って縫い付けるコツがわかっていれば作業も捗るだろう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/a9/71/02/a971029ee7da21161f999b5922473b9d.jpg
糸で縫い付けるスパンコールの方法を動画でご紹介しよう。スパンコールは形状によって糸での縫い付け方を使いかければ、作品に様々な表情を浸けることが出来る。初心者の人なら難しいと思いがちだが、動画でコツをチェックすれば作業も捗るだろう。動画をチェックしながら簡単に作業を行ってみよう。

ビーズ刺繍に必要な道具

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41JOQ5W118L.jpg
糸(ミシン糸60番・ポリエステル糸・)・糸通し・針(9号針とビーズ針)・ハサミ・ビーズマット(ビーズやスパンコールを置く)
引用: https://i.pinimg.com/564x/1a/fb/47/1afb47904f8b005b801bcc4b7df67616.jpg
スパンコールを縫い付ける方法をチェックする前に、スパンコールを縫い付けるにあたって押さえておきたいポイントをチェックしてみよう。初心者の人でも、ポイントさえ押さえておけば、出来上がりが綺麗な作品が作れる。作業が捗るためにも、準備としてポイントをチェックしておこう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/06/d9/71/06d97168e9fc7912919c84a2c99d9251.jpg
手芸の作品に使うスパンコールには実に様々な形や色があり、作りたい作品によって選ぶスパンコールも様々。初心者の人も、スパンコールで作品を作る時は、縫い付ける糸の色について着目しよう。もし、スパンコールの色と糸の色が全く違う場合は、仕上がりが綺麗にならない。できるだけ色が近いスパンコールと糸を使うようにしよう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/811Uwp6cmXL._SX425_.jpg
スパンコールの形によって、裏表の向きなども重要になる。完成した形を想像した上で、どの向きで縫い付ければ良いかもチェックするようにしよう。また、ビーズを一緒に挟む場合も同様、どのような向きで縫い付ければいいのかを事前にチェックしよう。
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61VimVvSrhL._AC_US200_.jpg
作りたい作品に対して、ビーズやスパンコールのサイズ感も重要。どんなビーズとスパンコールを使うかを決めたら、そのサイズについて考慮しようビーズが大きすぎても、縫い付けた時にバランスが悪い。手芸のやり易さも変わってくるので、サイズ感は重要となる。
スパンコールの縫い付け方の基本となる重ね刺しは、手芸の練習にも最適。まずは土台となる布から糸を通し、スパンコールの半径分を戻った場所に針を通す。次のスパンコールが来る場所に針を通して、スパンコールの穴に針を通し、この作業を繰り返していく。そうすることで、スパンコールが一列に並んだ綺麗なラインを形成することが出来る。
綺麗なスパンコールは、ビーズを使って留めていけば、花を思わせるような綺麗な柄を作り出すことが出来る。まずはスパンコールとビーズが来るポイントをペンでチェック。針と糸を布へ通して、スパンコールを通す。次にビーズを針と糸に通して、先程通したスパンコールの穴に戻していく。カラーや素材を変えて縫い付ければ、さらに鮮やかな手芸が可能になる。
ビーズとスパンコールを使ってステッチを作る。布へ針と糸を通し、ビーズとスパンコールを通す。ビーズの長さに合わせてステッチし、コレを繰り返す。五角形などを意識して作れば、花が咲いたような形を作ることが可能だ。その他、ビーズの種類なども変えれば、また表情の違う手芸作品を作ることが出来る。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91Y5zyz6vPL._SY355_.jpg
スパンコールの基本的な縫い付け方が出来るようになれば、早速作品を作ってみたい所。スパンコールやビーズを縫い付ければ、ゴージャスな作品を作ることが出来る。アクセサリーやその他のアイテムを、スパンコールを使って作るアイデアをご紹介。これらを参考に、手芸をもっと楽しもう!
引用: https://i.pinimg.com/564x/a2/a8/8c/a2a88cc652c7e209e4c8b331626b081c.jpg
ファッションのアクセントにも使えるスパンコールの髪留め。ビーズを使って留めて、カラフルな花のような印象の髪留めを作ることが出来る。
引用: https://i.pinimg.com/564x/57/90/fd/5790fd3adaacd7bc7d31c735bc9e0432.jpg
オシャレでポップなスパンコールを活用すれば、ファッションアイテムとしてのピアスも作ることが可能。ビーズをあしらえば、さらにゴージャスな作品になる。スパンコールの基本的な縫い方をマスターするだけで作ることが出来るので挑戦してみたい。
引用: https://i.pinimg.com/564x/8d/43/e4/8d43e46abc1b1e78d19ecc0250cc90b1.jpg
面積の広い髪留めは、スパンコールやビーズを使えば小さなキャンバスとして活用できる。髪留めとして使えば、ファッションアイテムとして応用出来て便利
引用: https://i.pinimg.com/564x/45/87/d2/4587d2994c37687317a2c4d949ccd66b.jpg
ブローチにも応用できるスパンコール。配色のセンスよくスパンコールをあしらえば、おしゃれなアイテムとして使うことが出来る。糸の色とスパンコールの色のバランスにも気をつけて、オシャレなブローチを作ってみよう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51e-QmL-N6L._SY355_.jpg
手芸で活用できるスパンコールは、初心者の人でも簡単に縫い付けることが出来る。スパンコールの縫い付けに必要な道具と、押さえておきたいポイントをチェックしておけば、後は動画に従ってゆっくり作業を行ってみよう。慣れてくれば、様々な作品に挑戦できるだろう。スパンコールの縫い付け方をマスターして、様々なアイテムをゴージャスに飾ろう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/6c/53/3c/6c533c92b80d5a3d86edc644aa5adbd2.jpg