Z2bqjuq0bklffiy4kavs

DIY

CATEGORY | DIY

キャンドルの簡単な作り方!グラデーションや花を使ったボタニカルキャンドルも!

2018.11.10

グラデーションキャンドルや花を使うかわいいボタニカルキャンドルの簡単な作り方を紹介します。どちらのキャンドルも簡単に手作りで作ることができます。またボタニカルキャンドルに使うドライフラワーは手作りすることもできるので合わせて紹介します。

  1. かわいいキャンドルの作り方を紹介!グラデーション・ボタニカル
  2. 手作りのグラデーションキャンドルがかわいい!
  3. 【簡単なグラデーションキャンドル作り】作り方
  4. 【簡単なグラデーションキャンドル作り】材料は100均で
  5. 手作りのボタニカルキャンドルでおしゃれに!
  6. 【簡単なボタニカルキャンドル作り】作り方
  7. 【簡単なボタニカルキャンドル作り】注意点
  8. 【簡単なボタニカルキャンドル作り】アロマもおすすめ!
  9. 【簡単なボタニカルキャンドル作り】ドライフラワーは?
  10. 【簡単なボタニカルキャンドル作り】自然乾燥でドライフラワーを
  11. 【簡単なボタニカルキャンドル作り】ドライヤーでドライフラワーを
  12. かわいい手作りのキャンドルは簡単!部屋をおしゃれな空間に!
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20120414/15/kuri-candle/11/39/j/o0480036011915209715.jpg?caw=800
引用: http://static.minne.com/productimages/30420037/large/a1a392c01739379d13cb91304ba73136e5fb5b06.jpeg?1488178832
グラデーションキャンドルやかわいいボタニカルキャンドルは簡単な作り方で手作りをすることができます。キャンドルはパーティーのデコレーションに使うことができたり、自宅のインテリアやプレゼントにすることもできたりと使い勝手に優れているアイテムです。そのキャンドルを手作りすると自分好みのデザインを簡単に作ることができます。グラデーションキャンドルやボタニカルキャンドルの簡単な作り方をここでは紹介しますので参考にして作ってみましょう。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20120817/10/kuri-candle/2e/fd/j/o0480036012139414540.jpg?caw=800
引用: http://trendzatugaku.com/wp-content/uploads/2016/03/6441bcfd-546x410.jpg
おしゃれなキャンドルは女性に人気がありあす。かわいいキャンドルになっているので火を点けて使わなくてもインテリアとして使うこともできます。そのかわいいキャンドルでも人気が高いのがグラデーションキャンドルです。鮮やかな色合がとても綺麗です。グラデーションキャンドルのグラデーションは同じのを作ることができないので世界にこれしかないキャンドルとなります。
そのグラデーションキャンドルは手作りで作ることができ、手作りで作ることに理想のグラデーションにすることができるのでグラデーションキャンドルを手作りするのはおすすめです。また綺麗でかわいい手作りのグラデーションキャンドルは自分用として作る他にプレゼントしてもおすすめです。世界に1つだけしかないオリジナルのグラデーションキャンドルを作ってみましょう。
引用: http://switch-candle.jp/blog/wp-content/uploads/2014/04/DSC01584.jpg
引用: http://livedoor.blogimg.jp/nuinui358/imgs/d/c/dc544488.jpg
まず湯せんをしてろうそくを溶かしていきます。このときはろうそくが液状になるまでしっかりと溶かします。ろうそくの芯のところは後で使うことになるので、アルミホイルの上などに置いて乾かしておきます。次に溶けたろうそくを色付けしていくのですが、使用したい色の数だけを色付けするようにします。塗料としてクレヨンを使うのであればできるだけ細かく砕くか削ってから使うようにしましょう。
そしてキャンドルの芯(紐)を割り箸を使って挟み容器の中央にくるようにしてセットしましょう。セットをしたら溶けたろうそくを流し込んでいきましょう。事前に何層にするのかをイメージしてから均等な高さになるようにして注いでいくようにしましょう。一回注ぎ終えたらすぐには次の色のろうそくは入れないで少し待ちましょう。次のろうそくを入れるタイミングは先にろうそくの表面のところに1mmほどの膜が張ったときがベストタイミングです。これを繰り返してろうそくが固まったらできあがりです。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSg5G8y0OkK25Hz56R5RD63rDVIZ8qBcDKpAw-LpgaCjojcQaDWYg
引用: https://www.universe.co.jp/rasera/images/232_%E3%82%BB%E3%83%AA%E3%82%A2.jpg
簡単でベーシックなデコレーションキャンドルの作り方になっていて、使う材料や道具は全てを100均ショップでも揃えることができますし、アレンジをするのも簡単にすることができるので様々なアレンジを試してみるのもおすすめです。
引用: http://shirahatoshoten.com/wp-content/uploads/2016/11/nasset-event-hananokuchi-16dec-workshop.jpg
引用: https://craftie.jp/blog_images/2018/02/28180741/8O5A2308.jpg
ボタニカルキャンドルのボタニカルは植物のことで、キャンドルに様々な花や植物を閉じ込めたキャンドルをボタニカルキャンドルと言います。手作りでボタニカルキャンドルを作ることで自分の好きな花や植物を使うことができます。手作りのボタニカルキャンドルは部屋に飾るとかわいいので手作りでボタニカルキャンドルを作ってみましょう。
引用: https://cdn.kurashi-no.jp/production/posts/eyecatches/000/012/683/medium.jpg?1512184369
ボタニカルキャンドルを手作りするときは、まず最初にキャンドル用のワックスを鍋に入れて中火で溶かしていきます。次にベースキャンドルをモールドに入れてブリザードフラワーやドライフラワーやドライフルーツなどの材料をモールドとベースキャンドルの間にお好みで好きなように詰めていきます。
先に溶かしておいたワックスの温度が70度まで下がったらフレグランスオイルを使って香りをつけていきます。香りがついたワックスを先ほどのモールドに流し込み、ベースキャンドルの芯が倒れることがないように割り箸で挟みワックスが固まるのを待ちます。固まったらモールドから出したらボタニカルキャンドルの完成です。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20160908/13/yutanbeauty/dc/ee/j/o0480035813743260663.jpg?caw=800
ボタニカルキャンドルを使うときは火をつける前には絶対に耐熱性の皿の上にキャンドルを置きましょう。芯にロウが伝わるようにできるだけ根元に火をつけるようにします。芯は可能な限り真っ直ぐに保つようにして使いましょう。またキャンドルは最後まで使い切らないようにして2cmほど残すようにして使うようにします。
引用: https://iyashimoment.com/wp-content/uploads/2017/05/essential-oils-1958549_1920-e1493908204847.jpg
引用: https://aromalifestyle.tokyo/wp-content/uploads/2016/11/IMG_3284-1024x683.jpg
ボタニカルキャンドルはアロマオイルを入れることで、まるでアロマキャンドルのような癒やしの効果を期待することができます。自分好みの香りを入れてみたりドライフラワーと同じ香りがするアロマオイルを入れると統一感が出るのでおすすめです。香りを楽しめるアロマキャンドルは女性に人気が高いので、ボタニカルキャンドルを作るのであればアロマを入れてみるのもおすすめです
引用: https://img.fril.jp/img/158537547/l/451928283.jpg?1532058411
引用: https://d21csxbgfh7jfq.cloudfront.net/r/w/640/item/1030907/it-583e57402c108-1200.jpg
ボタニカルキャンドルに使うドライフラワーは手作りで作ることもできます。ドライフラワーを作る方法は主に自然乾燥とドライヤーを使う二つの方法があります。自然乾燥の場合のドライフラワーの材料は生花だけです。ドライヤーを使うのであれば材料はドライヤーと生花と紙袋を使います。
引用: https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/6a/26/2224fe5dcb4b32832bf7f18fea00c084.jpg
引用: https://lovegreen.net/wp-content/uploads/2018/03/dry-flower-top.jpg
自然乾燥でドライフラワーを作る方法はとても簡単に作ることができますが時間がかかるのが難点です。まずドライフラワーにしたい花の葉を少なくしておく必要があります。花びらはできるだけ重ならないようにします。次に直射日光は当たらないところで一本ずつ逆さまにして吊るしていきます。そうしたらおよそ2週間ほどでドライフラワーが完成します。花の水分をちゃんと抜くことが重要なので時間をかけて水分を抜くようにしましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71iCdPPmjPL._SY355_.jpg
ドライヤーを使ってドライフラワーを手作りする場合は葉を少なくした花を紙袋に逆さまにして花を入れていきます。次にドライヤーを使って花を入れた紙袋の中に温風を当てましょう。このときは花には直接温風が当たることがないように注意をする必要があります。5分ほど経過したら花を取り出して風通しがいい場所に吊るして1日ほど様子を見て花が乾燥していればドライフラワーのできあがりです。 自然乾燥よりも簡単にできるのでおすすめです。ただ、長時間ドライヤーを使うと、家によってはブレーカーが落ちるリスクも有るので注意しましょう。
引用: https://emmary.weban.jp/wp-content/uploads/2016/11/thumb-809-2.jpg
引用: https://sumau.com/2017/wp-content/uploads/sites/4/2017/01/01.jpg
グラデーションキャンドルやかわいいボタニカルキャンドルの簡単な作り方を中心にここまで紹介してきました。グラデーションキャンドルもボタニカルキャンドルのどちらも手作りをすることで、自分だけの好みのキャンドルを作ることができるので既成品のキャンドルにはない魅力があるキャンドルを手作りすることができます。かわいいキャンドルは普通にキャンドルとして使う以外にも部屋のインテリアとしても使えますし、手作りのキャンドルをプレゼントするときっと喜ばれますのでおすすめです。手作りのキャンドルに挑戦して様々な用途で使ってみましょう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcS10cgwBW_JV88UuerI1ZsU8yyX3e98dMDL9gUyMxp9SzU4Vnpz