Ysfbmswuvwmwlz6hurpw

おすすめ

CATEGORY | おすすめ

ハーブにまつわる資格の種類とは?仕事にもできるおすすめも紹介!

2018.10.26

ハーブといえば最近では注目されている植物でもありますよね。実際に育てる人もいるのですが、資格も複数存在し、国際的にも注目され、仕事としても使える資格が存在します。今回はおすすめのハーブの資格の種類や比較をご紹介したいと思います。

  1. ハーブには複数の資格が存在!国政的にも注目されている!
  2. ハーブの資格とは?
  3. おすすめのハーブの資格の種類・比較はこちら!
  4. おすすめのハーブの資格の種類・比較① ハーブ&ライフコーディネーター
  5. おすすめのハーブの資格の種類・比較② メディカルハーブコーディネーター
  6. おすすめのハーブの資格の種類・比較③ ハーバルセラピスト
  7. おすすめのハーブの資格の種類・比較④ シニアハーバルセラピスト
  8. おすすめのハーブの資格の種類・比較⑤ ハーバルプラクティショナー
  9. おすすめのハーブの資格の種類・比較⑥ ホリスティックハーバルプラクティショナー
  10. ハーブの資格に関する本も存在!
  11. ハーブの資格は仕事でも活躍できやすい!
  12. ハーブのおすすめの使い方は?
  13. 【まとめ】ハーブの資格を持ってプライベートや仕事に活かそう!
引用: https://www.designlearn.co.jp/images/herb2/her_i_02_01.jpg
皆さんは普段どのくらいハーブを利用していますか?ハーブは身近になっている植物でもあり、実際に自分で観葉植物の一種として育てている人もいるほどです。そのようなハーブでも今では資格が存在するほどで、ハーブの資格も国際的に注目されています。今回はそのような人気が急増しているハーブの資格についてご紹介していきたいと思います。
引用: https://shingaku.mynavi.jp/img/work/158/170228204922/1.png
ハーブの資格とはまさに名前からもわかるように、ハーブに関する知識を持った資格のことを指します。実はこのハーブの資格は国際的にも注目され、仕事にも活かしている人がいるほどです。ハーブの資格では特に有名なのがハーブ&ライフコーディネーターやメディカルハーブコーディネーターなどが挙げられます。もちろんこの他にも沢山の種類があるので、興味がある方はぜひチェックしていただけたらと思います。
引用: https://five-r.co.jp/renew/wp-content/uploads/2018/02/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%96%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%82%B4-300x200.jpg
次は実際にハーブの資格の種類とその資格は他の資格とどのように違うのかをご紹介していきたいと思います。ハーブでは資格別に検定があるほどで、賞状や認定カードが発行されるほどしっかりとしたものです。メディカルハーブ協会などもあるので、受験をしたいかたはぜひそちらもチェックしていただけたらと思います。
引用: https://phyto-therapy.xyz/wp-content/uploads/2016/05/DSC_0661-300x225.jpg
まず最初にご紹介するのはハーブ&ライフコーディネーターです。こちらは名前からもニュアンスが分かるように、生活にハーブを活用していく資格となっています。日本のハーブをいかに日常生活で有効活用できるかなどの資格になるので、趣味として取る人もいるほどです。もちろんこちらも国際的に注目されている資格でもあります。
引用: http://img-cdn.jg.jugem.jp/6cf/1606277/20111118_2632151.jpg
次にご紹介するハーブの資格はメディカルハーブコーディネーターです。こちらはメディカルハーブの有効性や安全性をしっかりと学んで検定を受けるものとなっています。使い方も勉強するので特に仕事などでも活躍し、こちらが特に国際的にも注目されています。国際的にも現在アロマブームと言っても過言ではないので、アロマテラピニストやエステサロンなどで持っていると活躍しやすいです。
引用: http://hidamari-herbgarden.com/wp-content/uploads/sites/7/images/161120140534-58312f1e1c2ae_l.jpg
次にご紹介するのはハーバルセラピストです。こちらはメディカルハーブの資格のさらに上位版というようなイメージだとわかりやすいのですが、科学的観点からも勉強する資格でもあります。30種類のメディカルハーブと12種類の精油などをじっくりと勉強し、いかに日常的に有効的に使用できるかを勉強する資格でもあります。
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/herballife/20180628/20180628231954.jpg
次にご紹介するのはシニアハーバルセラピストです。こちらは先程ご紹介した資格「ハーバルセラピスト」の更に上の上位版です。30種類のメディカルハーブと12種類の精油の安全性や有効性などをさらに研究・勉強し、植物療法の観点で実践していく専門家と考えてもいいです。こちらも国際的に注目し、この資格を持っていると仕事などでも活躍しやすいと考えられています。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20180626/15/fullbloom1008/59/89/j/o0640048014218220637.jpg?caw=800
次にご紹介するのはハーバルプラクティショナーです。こちらは一言でわかりやすく言うと植物化学の専門家となる資格と言えます。植物療法でも使用される40種類のメディカルハーブの安全性と有効性について具体的に勉強し、ハーブを化学の点で勉強していくスペシャリストです。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20170524/11/fleuge-kobe/a9/d5/j/o0720096013944617094.jpg?caw=800
最後にご紹介するハーブの資格はホリスティックハーバルプラクティショナーです。こちらは専門家などが取ることが多いのですが、医療的観点を含めてメディカルハーブをいかに有効活用・安全性が高いかを勉強していく資格となります。医療基礎も勉強するため難易度はかなり高めとなっていますが、実際に持っていると国際的な仕事でもかなり役立ちます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41utCstXdvL._SX354_BO1,204,203,200_.jpg
ハーブに関する資格についてご紹介しましたがハーブの資格は最近ではしっかりと勉強できるように本も登場しています。この本は最初にも触れたハーブセラピスト協会などでも認定されている本で、しっかりとハーブについて勉強したい方が愛用している方が多いです。ハーブ検定1級や2級の勉強ができるので、初心者の方にもおすすめです。
ハーブ検定1・2級―ハーブのある暮らしを実現する (日本ハーブセラピスト協会認定図書)
価格 ¥ 1,944
引用: http://salondechelsea.com/wp-content/themes/chelsea_aroma/images/shop/staff_kawaguchi.jpg
ハーブの資格を持っていると様々な仕事に活かすことが可能です。特に最近では注目されている資格と言っても過言ではなく、アロマテラピストなどは持っていることが多いです。アロマと言っても最近では色々な香りが存在しますが、やはりアロマの中でもハーブの種類はかなり多いです。そのため、このようなハーブの資格を持っているとかなり仕事の役立ちやすいです。
引用: https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/00/f5/0f39c86c0813597fcd35df23a268e711.jpg
さらに、アロマテラピストなどだけでなく、ハーブを生産する仕事などでも活かすことができます。ハーブの資格についてご紹介しましたが、ハーブの資格ではハーブの育て方や有効活用の仕方などを勉強します。そのため、本格的にハーブを育ててみようと考える方も多いです。もちろん資格を持っている方だと仕事面でも受かりやすいのでおすすめです。
引用: https://images.keizai.biz/oita_keizai/photonews/1533602277_b.jpg
ハーブを取り扱った薬剤師の方も存在します。最近では特に増えているのですが、薬剤師でもメディカルハーブを使った調合を行い、リラックス・リフレッシュ効果を感じやすいものを調合してくれる人もいるほどです。このような仕事に付きたい場合もやはりハーブの資格を持っている必要があるので、今の時代に最もニーズが高い職業と言えます。
引用: https://www.designlearn.co.jp/images/herb2/her_i_03_01.jpg
ハーブの資格についてご紹介しましたが、最後はハーブのおすすめの使い方について簡単にご紹介していきたいと思います。ハーブの使い方はたくさん存在し、今は日常的に身近なものとなっています。特に人気の使い方をご紹介しますので、ハーブを好きな人を始めこれからハーブを楽しみたいという方はぜひご参考いただけたらと思います。

ハーブのおすすめの使い方① ハーブティー

引用: https://www.e-cha.co.jp/contents/wp-content/uploads/2018/01/93c6acbf121e8f4c9098c166156b38ac_s.jpg
まず最初にご紹介するおすすめのハーブの使い方はハーブティーです。ハーブティーではフレッシュハーブなどを使うことが多いのですが、今ではティーパックタイプなども多く登場し、ドライハーブを使って楽しむ人もいますよね。ハーブティーで楽しむことによって味覚でも楽しむことができ、お湯を注いだときの上品なハーブの香りは多くの人にリラックス効果を与えます。

ハーブのおすすめの使い方② ハーブバス

引用: http://www.karuizawa.co.jp/business/080624.jpg
さらにハーブが好きな方はハーブバスもおすすめです。こちらもドライハーブやフレッシュハーブを使うのが一般的なのですが、浴室をハーブの香りで満たすことができるので高いリラックス効果・リフレッシュ効果を生み出すことができます。ハーブは薬草としても使うことが多いので、このような使い方もかなりおすすめです。

ハーブのおすすめの使い方③ アロマ

引用: https://ar-flower.com/wp-content/uploads/2016/05/Essential-Oils-Peppermint-Oil-Or-Tea-Tree-Oil-Nail-Growth.jpg
次にご紹介するおすすめのハーブの使い方はアロマです。こちらはどちらかというとドライハーブなどで抽出されることが多いのですが、今はアロマブームでもあることからハーブのエキスを楽しむ人が多いです。デュフューザーなども最近では進化しているのでハーブをより楽しみやすい環境になっていると言っても過言ではないです。

ハーブのおすすめの使い方④ 料理

引用: https://storage.tenki.jp/storage/static-images/suppl/article/image/2/27/276/27651/1/large.jpg
最後にご紹介するハーブのおすすめの使い方は料理です。この料理ではローズマリーなどが有名ですが、もちろん他のハーブでもおすすめです。ハーブの資格について勉強するとさらに料理に使えるハーブのバリエーションも増えるのですが、香りも上品で肉の臭みなどもとってくれるので、パーティーなどを良くする方などは特に豪華に見せて味、香りもさらにいいものにできるのでおすすめです。
引用: https://www.designlearn.co.jp/wp-content/uploads/2018/07/her_i_02_05.png
今回はハーブの資格についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。ハーブの資格と言ってもたくさん種類が存在し、上位資格ではかなり専門的なことまで学びます。一度勉強してみるとどんどんハーブの世界に引き込まれる方も多いのでぜひ皆さんもハーブの資格について調べて受講してみていただけたらと思います。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://an-herb.com/images/ls_herb.jpg