// FourM
Torkzzqtndekhckhzqp3

おすすめ

CATEGORY | おすすめ

クラシックおすすめ人気12選【オーケストラ、ピアノ】ショパン、ベートーヴェン等

2018.11.10

ショパンやベートーヴェンやモーツァルト等が作曲をした、オーケストラやピアノのクラシックの定番のおすすめで人気の名曲を紹介します。オーケストラやピアノのクラシックの名曲は様々な作品のBGMとして使われる名曲も多い、おすすめのクラシックの名曲をチェックしましょう。

  1. オーケストラやピアノのクラシックの人気で定番のおすすめの名曲を紹介!
  2. 【オーケストラ・ピアノ|おすすめのクラシック】1 ショパン 練習曲作品10-3(別れの曲)
  3. 【オーケストラ・ピアノ|おすすめのクラシック】2 パッヘルベル カノン
  4. 【オーケストラ・ピアノ|おすすめのクラシック】3 ヘンデル オラトリオ 「メサイア」より ハレルヤコーラス
  5. 【オーケストラ・ピアノ|おすすめのクラシック】4 グリーグ 朝
  6. 【オーケストラ・ピアノ|おすすめのクラシック】5 ヴェルディ 怒りの日
  7. 【オーケストラ・ピアノ|おすすめのクラシック】6 J.Sバッハ G線上のアリア
  8. 【オーケストラ・ピアノ|おすすめのクラシック】7 ベートーヴェン ピアノソナタ 悲愴 第二楽章
  9. 【オーケストラ・ピアノ|おすすめのクラシック】8 モーツァルト アイネ・クライネ・ナハトムジーク
  10. 【オーケストラ・ピアノ|おすすめのクラシック】9 モーツァルト トルコ行進曲
  11. 【オーケストラ・ピアノ|おすすめのクラシック】10 幻想即興曲 嬰ハ短調 (遺作)
  12. 【オーケストラ・ピアノ|おすすめのクラシック】11 ホルスト 惑星より『木星』
  13. 【オーケストラ・ピアノ|おすすめのクラシック】12 ビゼー レ・トレアドール
  14. クラシックのおすすめ[ピアノ・オーケストラ]まとめ
引用: http://www.worldfolksong.com/classical/common/img/05/violin_piano01.jpg
引用: https://dot.asahi.com/S2000/upload/2017020800044_1.jpg
クラシックは堅苦しい音楽というイメージも強いので、とっつきにくいと思っている人も多いのですが、作曲されてから長い年月が経過したとしても色褪せることがない、時代を超えて愛され続けている音楽が多く揃っているクラシックの名曲は、映画やドラマやアニメなどのBGMとしても使われることが多いですし、改めてじっくりとクラシックの名曲を聴いてみると心が動かされる名曲も多くなっています。そのクラシックの定番の有名なおすすめの曲をここでは紹介をしていきます。
日本では別れの曲という名で広く知られているこのピアノの曲はクラシックの名曲の中でも大勢の人から愛せています。この曲は日本では別れの曲として知られていてとても美しいメロディなのですが、この曲はショパンの伝記映画の題から取られているので原題は練習曲作品10-3という素っ気ない原題になっています。しかし原題にも悲しみという副題がつけられていたという説もあるピアノのクラシックの名曲中の名曲です。ショパンの別れの曲は様々な作品にも使われているのでクラシックに興味がない人も聴いたことがある人も多い曲です。
この曲はもっともポピュラーなクラシックの名曲の一つであり、3つパートに構成がされている美しいハーモニーは聴いていると心地よくなれるのでBGMとして流すのもおすすめです。ちなみにカノンとは温顔のスタイルの一つのことで同じ旋律を時間をずらし、繰り返し演奏をすることにより絶妙なハーモニーが生まれますが、この曲はとても美しいメロディをしているので心の琴線に触れるクラシックの名曲です。
このオーケストラの曲は合唱による効果が絶妙です。ハレルヤと歌われているのですが、曲の内容はヘンデルの宗教的な作品となっているとされています。またはじめてスタンディングオベーションが起きた曲であるとも言われているクラシックの定番の名曲です。
グリーグが作曲をしたこの曲は神秘的な雰囲気の北欧の自然を盛大に感じることができる曲です。まるで大自然の中に1人でたたずんでいるような感覚になれる曲です。ちなみにグリーグはたぐいまれな作曲センスがあったことから、北欧のショパンとも呼ばれています。
怒りの日はヴェルディが作曲をしたレクイエムの一曲で、劇場版エヴァンゲリオンのBGMやバトル・ロワイアルのBGMとしても使われていて、緊迫感に溢れている曲になっています。モーツァルトやフォーレの作品とともに、三大レクイエムの一つに数えられているヴェルディが作曲をしたオーケストラのクラシックの名曲です。
ヴァイオリンの弦の中の最低音であるG線で演奏がされるG線上のアリアは、ドラマのBGMやアニメのBMGやCMなどでも使われることが多いので、クラシックに特に興味がない人も聴いたことがある人が多いクラシックの定番の名曲です。ゆるやかに展開されるヴァイオリン旋律がとても美しいので疲れていて元気がない人にもBGMとして流すのにおすすめの癒やされる音楽になっています。
ベートーヴェンは現代でも広く親しまれている多くの名曲を残しているのですが、その中でもベートーヴェンのピアノソナタ 悲愴 第二楽章はベートーヴェンが創作をしたもっとも有名なメロディの一つとも言われるほどです。この名曲はベートーヴェンが27歳ごろの名曲で、現代でも多くのジャンルの音楽で様々なアーティストがカバーをしている時代を超えて愛され続けています。
この曲はモーツァルトが作曲をした曲の中ではもっとも日本人が好きな曲と言われています。モーツァルトの曲は天才的や完成されたという言葉が使われて紹介がされることが多いですが、この曲はその表現がピッタリな天才的で完成されているというイメージが強いモーツァルトのオーケストラの曲になっています。
トルコ行進曲は作曲家のモーツァルトがとある軍楽隊の音楽にインスピレーションを受けたことで作曲された行進曲です。モーツァルトのトルコ行進曲の独自のリズムやメロディは当時のヨーロッパに人たちにとても大きな衝撃を与えたと言われています。作曲をされた歴史的な背景を知ることで曲が違って見えてくるのもクラシック音楽の魅力の一つです。
この曲は数多くあるピアノ曲の中でも、もっとも知られている曲の一つです。ショパンが作曲をした4曲の即興曲の中で最後に作曲がされて曲で、もともとはベートーヴェンの月光を土台として作られています。ショパン自身はこの曲は公表はしないつもりだったのですが、ショパンの死後に友人の手によってこの世に送り出されました。現代ではフィギュアスケートの人気曲にもなっていて、多くの人に受け入れられて愛されているショパンの名曲になっています。
この曲は日本では平原綾香さんがジュピターのタイトルでカバーをして大ヒットをしたことでも有名な名曲です。ホルストの組曲惑星の中の木星は第4主題の雄大でありながらも美しい旋律によりとても高い人気があるオーケストラのクラシックの名曲になっています。少しだけ哀愁を帯びている第4主題のフレーズは一度聴くと忘れない人も多い、日本人にも広く愛されているクラシックの名曲です。
クラシックの名曲ではあるのですが運動会の玉転がし競争の定番のBGMとなっているので、玉転がし競争を思いかべる人も多い曲になっています。この曲は発表された当初は不評だったようですが、ビゼーの死後エルネスト・ギローによって改作がされたことで人気の曲となりました。

普段クラシックの曲を聴かない人もおすすめの名曲ぞろい!

引用: https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-ca-e5/darkside624/folder/921397/11/19351211/img_0
引用: https://i.ytimg.com/vi/uuQcW8VLfxA/maxresdefault.jpg
ここまでピアノやオーケストラのクラシックの定番の人気の名曲を紹介してきました。どれもクラシックの曲が好きな人には説明する必要もないほど定番で人気の曲ばかりですが、普段クラシックの曲を聴かない人も一度聴いてみてほしい定番の名曲ばかりですしBGMとして流すのもおすすめです。クラシックには気持ちを落ちるける効果もあります。まずは一度聴いてみて時代を超えて愛され続けているクラシックの素晴らしい音楽の世界を感じてみてはいかがでしょうか?
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://jp.yamaha.com/sp/services/myujin/wp-content/uploads/2014/12/3148_1.png