Gb7bcfsyzsdpiii2w9va

DIY

CATEGORY | DIY

キャンドルの簡単な作り方!アロマ、ボタニカルキャンドルの材料や型も!

2018.11.08

アロマ、ボタニカルキャンドルの簡単な作り方や材料や型や芯などの情報をここでは紹介します。オリジナルのキャンドルを作って飾ることで日頃の疲れを癒やしてくれたりしますので、簡単な作り方で作れるオリジナルのキャンドルを作ってみましょう!

  1. キャンドルの簡単な作り方をご紹介!
  2. 男性でも簡単!キャンドルの作り方
  3. 【キャンドルの簡単な作り方】アロマキャンドルスティックの材料
  4. 【キャンドルの簡単な作り方】アロマキャンドルスティックを作る
  5. ボタニカルキャンドルとは??
  6. ボタニカルキャンドルの魅力
  7. 【簡単なボタニカルキャンドルの作り方】材料
  8. 【簡単なボタニカルキャンドルの作り方】手順を解説
  9. 【簡単なボタニカルキャンドルの作り方】上手に作るポイント
  10. 【簡単なボタニカルキャンドルの作り方】色合いを重視!
  11. キャンドルを作るときのモールド(型)の選び方
  12. キャンドルを作るときに花が燃えない芯の選び方
  13. 【簡単なボタニカルキャンドルの作り方】保存可能目安は?
  14. 【簡単なボタニカルキャンドルの作り方】保存するときの注意点
  15. 意外と簡単!安価!キャンドルの作り方まとめ
引用: http://www.kanebocos.net/article/2016/0610-5972/20160606_-Candle_01.jpg
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSiAFHIXCCtmD-67oIHEf6YJq0q6L8eWTpf-fooMAZZ1HAKjumP
キャンドルは日頃の疲れを癒やしてくれます。キャンドルのゆらゆらと揺れいてる炎を見ているだけで、穏やかな気持になることができるキャンドルはお店やカフェなどで見かけることが多いですが、アロマキャンドルやボタニカルキャンドルは簡単な作り方でオリジナルのキャンドルを作ることができます。ここではキャンドルを作るための材料や作り方を紹介しますので、参考にしてオリジナルのキャンドルを作ってみて下さい!
引用: https://kinarino.k-img.com/system/press_eye_catches/000/030/947/6b022cf0690ea485b0332be95e00bb725547314c.jpg?1491193605
引用: http://mirez.jp/wp-content/uploads/TKI-5-200x3001-200x300.jpg
ボタニカルキャンドルは植物の独特なデザインや色や香りを楽しむことができます。キャンドルは女性向けというイメージも強いですが、キャンドルを作るための材料は100均ショップでも購入することができることからクラフトキャンドルに興味を持つ男性も増えてきています。地域でボタニカルキャンドル教室のワークショップが開催されていることもあるので、興味があるのなら体験してみたりするのもおすすめです。
引用: https://www.hanadonya.com/magazine/wp-content/uploads/2018/03/0eba6744a4b1ab0d9b633aabe2910703-768x1024.jpg
・キャンドルワックス・ドライフラワーなど・モールド(型)・フラグランスワックスやアロマオイル(好みの香り)・キャンドルを溶かすための鍋など・ピンセット
引用: https://www.hanadonya.com/magazine/wp-content/uploads/2018/03/11-768x1024.jpeg
こちらのモールド(型)はスティック用の製氷皿。好みのドライフラワーを敷き詰めたらワックスを流し込んでいきます。
引用: https://www.hanadonya.com/magazine/wp-content/uploads/2018/03/IMG_0609-1024x768.jpg
モールド(型)から外すことで完成です。製氷皿なので氷を取り出す容量で簡単で綺麗に取り外すことができます。アロマキャンドルスティックはほのかに香りがするので、玄関などに飾ったりするのにも向いています。玄関に入ったときにアロマキャンドルスティックの香りがしますし見た目も可愛いのでおすすめです。
引用: https://img.fril.jp/img/130062337/l/368537789.jpg?1520006124
ボタニカルキャンドルはキャンドルの一種でボタニカルは植物という意味があります。なのでボタニカルキャンドルはキャンドルに植物を入れることで部屋に飾ったりすることで、彩りや香りを楽しむということになります。キャンドルと植物を合わせて楽しむことができるインテリアアロマのようなイメージで、誕生日プレゼントやクリスマスのプレゼントとしてもボタニカルキャンドルはおすすめです。中身に使うのはドライフラワーや生花などを使って、固めるためにはジェルや蝋などを使います。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41AXtV-J6EL._SY450_.jpg
ボタニカルキャンドルはドライフラワーやドライフルーツが練り込まれているので、見た目の美しさを見て楽しむことができるのがボタニカルキャンドルの魅力になっています。また嗅覚によりアロマオイルの香りを感じることで連想することができる花々を視覚的にも捉えることができるので、より癒やし効果が高いキャンドルになっています。
引用: https://i.pinimg.com/originals/3c/29/b6/3c29b6262d2af378b89df124cd6bce6a.jpg
・パラフィンワックス・お好みでキャンドル用着色料(クレヨンでも代用可能)・既成品のキャンドル(筒状になっていて太めのキャンドル。燃焼用に中心に埋め込む)・既成品キャンドルを入れることができるサイズの耐熱性ガラス容器(サイズはぴったりサイズではなくガラスととの隙間に花を入れることができるスペースを作れる大きさの容器)・ドライフラワーかブリザードフラワー・ピンセット・湯専用の鍋・湯専用の耐熱容器
引用: https://craftie.jp/blog_images/2018/02/28192041/8O5A2235.jpg
まずガラス容器の中央に燃焼用となる既成品キャンドルを置いて、ガラス容器と燃焼用キャンドルの間にできた隙間にピンセットを使ってドライフラワーなどを差し込んでいきます。このときは仕上がりをイメージしながら配置をしていくようにしましょう。次に湯煎でパラフィンワックスを溶かしていきます。色をつけるのであればこのときに着色料かカッターなどで刻んだクレヨンを入れてしっかりと混ぜて溶かしていきます。ドライフラワーは優しい色合いをしている花なので、キャンドルの色は薄めにすると綺麗に仕上げることができます。
ワックスが溶けたらガラス容器と燃焼用キャンドルの間(ドライフラワーをセットしたスペース)のところにゆっくりと一定の速度になるようにして流し込んでいきます。急いで流し込んでしまうと花が動いてしまうので注意をする必要があります。流し込んだワックスがしっかりと固まっていることを確認したらできあがりです。
引用: https://media-01.creema.net/user/1267444/exhibits/2621541/0_b7d00e06ebd4f1c6c3cf5b066fd70c7b_583x585.jpg
ボタニカルキャンドルはドライフラワーが多く入っている方が華やかで明るい印象にすることができるので、ボタニカルキャンドルを作るときにはドライフラワーは多めに用意するようにしておくのがおすすめです。
引用: http://static.minne.com/productimages/15452534/large/35af17a159026633446453f73946b7e0653018de.JPG?1460426699
キャンドルのデザインを考えるときには、キャンドルとドライフラワーの色の兼ね合いがとても重要になります。キャンドルを選ぶときにはドライフラワーが映える色にするようにしましょう。また色は相性が良いのとそうではない色が決められているので、色彩図など参考にして細かい配色にもこだわるようにすることで、より魅力的なキャンドルに仕上げることができます。
引用: https://tshop.r10s.jp/life-candle/cabinet/mold/dsm-23.jpg?fitin=275:275
キャンドルを作るときには基本的にはロウを型に流し込んで形成することで作ります。この型のことをモールドと呼びます。モールド(型)ベーシックなキャンドルを作るときに役立つアイテムになっていて、有名なのは熱伝導性が低くて比較的早めに熱が取れるペーパーモールドやアルミ製になっていて軽量なのが特徴のアルミモールドがあります。
その他にも中身が見えやすいボタニカルキャンドルを作るのに便利なクリアポリカーボネイトモールドなどの素材もあります。モールド(型)は形状やサイズも様々なので、使用する用途や好みや作りたい大きさに合わせて選ぶようにしましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61lylLAgMtL._SY355_.jpg
キャンドルの芯は多くの種類の芯がありますが、芯が太くなるほど炎の高さやプール(灯したときに溶けてロウが丸く溜まるところ)の幅が大きくなります。芯は作りたいキャンドルの大きさにて選ぶべき心の太さが変わっていきます。芯を選んだらプールの幅を考えて花を飾っていきます。芯のプールの幅の外側のところに花を飾るようにすれば花が燃えることはありません。
引用: http://static.minne.com/productimages/8783674/large/b86963f3b16f009a9483aa7b1e9f0f39edd8c68f.jpg?1441609989
ボタニカルキャンドルは半年から1年ほど保存をすることができます。花材によっては1年以上保存できるものもあります。
引用: http://img.masi-maro.com/imgdet_12198_398015_imgdet_org.jpg
引用: https://base-ec2.akamaized.net/images/item/origin/1aa2dc8bd1270073f9990941a35da869.jpg
ボタニカルキャンドルは保存するときには日当たりがいいところに置くと綺麗ですが、色があせてしまうドライフラワーが多くなっています。なので長持ちさせるためにはあまり日当たりがいいところに置くのは避けるようにしましょう。しかしインテリアとしてボタニカルキャンドルを飾るのであれば日当たりがいいところに置いたほうが綺麗に飾ることはできます。
引用: http://mscandle.com/wp-content/uploads/2016/02/IMG_52711.jpg
引用: https://www.chintai.net/news/wp-content/uploads/2018/03/Bota0-01.jpg
オリジナルのキャンドルを作るための材料は比較的安く揃えることができます。自分で作るので好きな色やデザインを揃えて作ることができるので、お店では見かけない自分好みのキャンドルを作ることもできます。キャンドルを作るための材料を扱っているお店も増えてきているので、好きな材料を揃えて好みのキャンドルを作ってみましょう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://static.minne.com/productimages/30420037/large/a1a392c01739379d13cb91304ba73136e5fb5b06.jpeg?1488178832