Ypmo692ddcgtrtr3eftb

季節

CATEGORY | 季節

金木犀の時期はいつ頃?関東で金木犀の香りで秋を感じられるのはいつ?

2018.10.26

秋に咲く金木犀の時期は、関東ならいつぐらいになるのだろうか。2018年も秋の匂いを楽しむ事ができる金木犀は、春とは違って甘い香りが特徴。剪定すれば成長も更に見込める金木犀の開花時期や、関東で秋の季節を感じる金木犀が見られる時期などをご紹介しよう!

  1. 2018年も秋の季節の香りを楽しめる!関東などで金木犀が見られる時期は?
  2. 金木犀の気になる開花時期!関東で秋を感じる金木犀をおさらいしよう!
  3. 2018年も関東や全国で香りや匂いが秋時期の季節を演出!金木犀についてご紹介!
  4. 2018年・関東でも春の時期から待ち遠しい香りや匂い!秋の金木犀の特徴その①:季節と開花時期
  5. 2018年・関東でも春の時期から待ち遠しい香りや匂い!秋の金木犀の特徴その②:開花までの期間
  6. 2018年・関東でも春の時期から待ち遠しい香りや匂い!秋の金木犀の特徴その③:種が採取できない金木犀
  7. 2018年・関東でも春の時期から待ち遠しい香りや匂い!秋の金木犀の特徴その④:金木犀の花言葉
  8. 2018年・関東でも春の時期から待ち遠しい香りや匂い!秋の金木犀の特徴その⑤:金木犀の仲間
  9. 2018年・関東でも春の時期から待ち遠しい香りや匂い!秋の金木犀の特徴その⑥:2度開花する金木犀もある
  10. 関東ではどこで楽しめる?金木犀を見ることが出来る公園
  11. 秋の時期のを待たずとも楽しめる!金木犀の香りのアイテムとは?
  12. 春でも楽しめる金木犀の香りアイテム①:金木犀の香水
  13. 春でも楽しめる金木犀の香りアイテム②:金木犀のお酒
  14. 秋の季節にほんのり甘い金木犀の香りを楽しもう!
引用: https://i.pinimg.com/564x/c1/56/d5/c156d5e77677b46786db1671b68a6554.jpg
秋の季節といえば、金木犀の香りや匂いはその季節の風物詩。道を歩いているだけで、または公園に訪れるだけで香ってくる金木犀の香りや匂いは、秋の季節の到来を感じさせてくれる。2018年も春から待ち遠しかった人も多いのではないだろうか。庭先での剪定をおこなうことで成長を健康に育てることも出来る金木犀は、日本全国で見ることが出来る。
引用: https://i.pinimg.com/236x/7b/61/10/7b611050915d35ab47cc7ee30c81c493.jpg
大好きな甘い香りの金木犀だが、実際にどんな花で、どの時期に咲くのか、また、関東周辺ではいつごろ見られるのかが気になる。
引用: https://i.pinimg.com/564x/d7/37/9b/d7379b0d2b9ef632faf6bdf79b9db7a3.jpg
果たして、2018年も人気の金木犀の甘い香りや匂いは、全国ではいつ頃見られるのか。また、金木犀とはどんな花なのか。気になる季節の花である金木犀についてご紹介しよう!
引用: https://i.pinimg.com/564x/ed/8b/c6/ed8bc66d8c565d2d31bbc1d72f827122.jpg
キンモクセイ(金木犀、学名: Osmanthus fragrans var. aurantiacus)はモクセイ科モクセイ属の常緑小高木樹で、モクセイ(ギンモクセイ)の変種。 中国では、正しくは丹桂がこれに当たるが、一般には桂花の名で呼ばれることがある。しかし、桂花は木樨属におけるひとつの種名であり、金桂(ウスギモクセイ)、銀桂(ギンモクセイ)などを含む全ての亜種・変種・品種を総括するものである。

引用: https://i.pinimg.com/564x/cd/75/ab/cd75abde619b49ee3468b53ff9a93b34.jpg
オレンジ色の美しい金木犀は、日本だけにとどまらず、中国を始めとしたアジア諸国でも人気の常緑小高木樹だ。古くから親しまれている金木犀は、2018年も季節を感じさせ得る甘い香りや匂いが特徴。秋の季節を感じさせる代名詞として、この香りが好きな人も多い。香水にもなっている金木犀の香りだが、その特徴についてご紹介!
引用: https://i.pinimg.com/564x/79/dd/d8/79ddd8447fb5c91c0d738425b982ffbf.jpg
金木犀は、関東はもちろん日本全国で鑑賞することが出来るオレンジ色の常緑小高木樹。その香りや匂いはさわやかでほんのり甘く、切ない雰囲気すら醸し出している。金木犀のいろいろな商品も登場している2018年だが、金木犀についての知識をいろいろとピックアップしてご紹介しよう!
引用: https://i.pinimg.com/564x/73/5f/a0/735fa0e7055e397ab0e0c52d06786d7a.jpg
金木犀は秋の花として人気を博してる。その開花時期は秋とされていて、詳細な開花時期としては9月中旬を始めとして10月下旬までが金木犀の時期と言われている。また、北の寒い地域は開花が早く、南に下れば下るほどに開花は遅くなる。関東周辺の開花時期としては9月下旬ごろが一般的と言える。
引用: https://i.pinimg.com/564x/ee/f6/b7/eef6b7a7a9b9b4757dfa5e1ecd7158eb.jpg
苗木から育てられる金木犀は、開花までになんと5年の歳月を要する。開花までの間に成長する金木犀は、庭に咲かせている人なら剪定をして栄養を行き渡らせやすくして、きれいにしておけば5年後にはきれいな花と心地よい香りや匂いを楽しむことが出来る。金木犀は剪定をほどこして、美しく咲かせよう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/17/c4/73/17c473a768dd29c60e194552d111aa18.jpg
日本国内で咲いている金木犀だが、通常見かける金木犀は雌雄異株であり、雄株が全国に広まっているため、種を採取する事ができない。これから金木犀を育てたい、または庭に植えておきたい人は、苗木から育てることになる。また、苗木から育てることが一般的となっているので、剪定などの作業も踏まえて金木犀を配置しよう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/80/b9/63/80b9638495780b38da91c789e67ed5b9.jpg
甘くて切ない秋の季節の香りがよく知られている金木犀だが、花言葉が多いのも金木犀の特徴と言える。金木犀には、「謙遜」「謙虚」といったアジア諸国らいし花言葉や、「気高い人」「真実」といった純真な意味も込められている。どれも金木犀の香りに適した言葉と言えるのではないだろうか。
引用: https://i.pinimg.com/564x/bc/0f/dc/bc0fdc308a1f7bf487950098cfc24c82.jpg
金木犀には仲間の木が大きことでも知られている。その品種の種類はなんと30品種にも及ぶ。銀木犀やウスギモクセイなど、金木犀の名前に似た品種も多く、その香りや色などもそれぞれ独特のものと成る。開花時期も違い、果実を実らせるものもある。どれもきれいな花を咲かせるので、気になる人はチェックしてみよう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/64/29/c2/6429c20158e1516b3ae66ae7a03e879b.jpg
地球の温暖化や気温の変化によって変わってきた季節ごとの気温や気候。その影響を受けて、金木犀もまた咲かせる時期を狂わせることがある。そのため、一年に2度も開花する金木犀もあり、それに関してはその時期ごとで予測がつかない。品種によっては4度咲きの金木犀も見受けられる。

東京都立川市・昭島市「昭和記念公園」

引用: https://i.pinimg.com/564x/e6/d3/b3/e6d3b3c25776da626e1af8be82b2d73c.jpg
http://www.showakinen-koen.jp/
昭和記念公園は、金木犀の香りを楽しむなら最適の場所。入園料・駐車場は有料となっているものの、10月には入場料無料で開放している日もあるのでチェックしたい。金木犀が咲く秋に、しっかり剪定された健康な金木犀を楽しもう!

東京都小金井市・小平市・西東京市・竹蔵市「小金井公園」

引用: https://i.pinimg.com/564x/e9/0d/ff/e90dffa4200d8148fcbb1653de3a68cd.jpg
関東なら小金井公園も金木犀のほんのり甘くて切ない香りを楽しむことが出来る。入園料は一部無料となっているが、駐車場料金はかかってくる。休日に家族やカップルで訪れれば、剪定によりきれいになった金木犀を見ることが出来る。
引用: https://i.pinimg.com/564x/e1/57/27/e157272bb8ddf098440bf072753c23f1.jpg
古くから人々に愛されてきた金木犀。その香りは人気があり、剪定をされて元気に成長した金木犀はその見た目も美しい。金木犀の香りを秋まで待てないという人へ、金木犀の香りを使ったアイテムをご紹介。春でも夏でも金木犀の香りを楽しむ事ができるので是非チェックしておこう!

クリスチャンディオール ファーレンハイト

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81w-TK81bXL._SL1500_.jpg
クリスチャンディオール ファーレンハイト オードトワレ 50mL[並行輸入品]
価格 ¥ 8,280
クリスチャンディオールの人気アイテムとなっているファーレンハイト・オードトワレはメンズ向けの金木犀の香水。一度使ったらやめられないと言われるほどの香りは、金木犀ならではの特徴ではないだろうか。メンズだけでなく、女性も使うことができるので一度チェックしてみたい。

永昌源 桂花陳酒

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81e39G6%2BdPL._SL1500_.jpg
永昌源 古越龍山 桂花陳酒 瓶 500ml
価格 ¥ 756
中国で美酒として語り継がれてきた桂花酒は、白ワインに桂花(きんもくせい)の花びらを浸漬したお酒です。 金木犀の花弁と白ワイン織り成す、華やかな香りでエレガントな味わいをご堪能ください。

人気の金木犀はお酒としても作られている。居酒屋やバーで人気の高い桂花陳酒は、金木犀の香りをベースにして作ったお酒。ソーダ割りでも美味しいが、その他のソフトドリンクで割っても薫り高い金木犀を楽しむことが出来る。春でも冬でも楽しめる金木犀のお酒となっている。
引用: https://i.pinimg.com/564x/c8/6b/19/c86b19e7e1384df3d5cd3fb96546f810.jpg
金木犀は、その美しさと香りの良さで、日本にとどまらずアジア諸国でも人気が高い。剪定をして育てられた健康な金木犀は、香りや匂いも良く、それゆえに香水やお酒にもなっている。春でも冬でも楽しめる金木犀だが、やはり本物に勝る香りはない。秋の季節にほんのり甘い金木犀の香りを楽しもう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51uBuLW8oIL._SY355_.jpg