Lvrjtigyej5ry3uneu02

服装

CATEGORY | 服装

お寺のお参りの仕方!正しい時間や服装、お賽銭のお金まで解説!

2018.11.04

お願いをするお寺のお参りは、お金や時間服装お経などの仕方が正しいものでなければ意味がありません。そこで今回は、 お寺のお参りの仕方に関する話をご紹介。お願いをする上で大切なお賽銭のお金、時間や服装とお経など意味を見ていきましょう。

  1. お寺お参りのあれこれ!お願い・時間・お経・服装・お金・意味など仕方をご紹介
  2. お寺お参りにおける「お願い」の仕方
  3. お寺お参りにおける「お金」の仕方(金額・投げ方)
  4. お寺お参りにおける「服装」の仕方(正しい恰好)
  5. お寺お参りにおける「お経」の仕方
  6. お寺お参りにおける「時間」の仕方
  7. お寺へのお参りの目的・意味とは?
  8. その他お寺お参りの仕方に関する疑問点
  9. お寺と神社の違いは?見分けられる?
  10. 正しい仕方でお寺お参りをしよう!
お寺は、季節の節目やお願いがあるときにお参りする場所として、大半の人が1年に1度訪れる場所です。お寺は、現在日本だけでも大小合わせて7万を越える施設があると言われ、身近なコンビニよりも実は多いのが現状。
しかし、全盛期には30万近い施設があったことを考えると、現代はかなり減少したと言えます(経済基盤の弱体化や跡取りがいないことによる)。
そんなお寺ですが、何気なくお参りして帰っていたりしないでしょうか。実際、お寺でのお参りの作法・仕方は知識がないとわからないですし、教えてもらう機会もあまりないため知らない人がいるかもしれません。
そこで今回は、お寺でのお参りの正しい仕方をご紹介。お願い・時間の長さ・お経・行く意味・服装・お金などに着目して、それぞれの項目を解説します。
お寺にお参りに行く目的は、お願い事をするためという方も一定数いると思います。ただ、お寺でお願いをしていいか、だめなのかは疑問が残りませんか?
この場合、お寺でのお願いは宗派によってしていいか、不向きかがかわります。お願いに向いているのは密教系と呼ばれるもので、天台宗や真言宗が当たります。
それ以外ですと、禅宗や浄土真宗があるものの、いずれもお願いには向いていません。
そのため、お願いを目的とする場合は密教系(天台宗・真言宗)のお寺かどうかを調べた上で行くのが適切です。

お願いの仕方

お寺でのお願いは、必ず完了形で終わらせることと、具体的に示すことが大切です。例えば「お金持ちになりたい」なら、「お金持ちになります」といった願い事をします。
ただこれだけでは具体性にかけるので、もうちょっと一言足したほうがいいかもしれません。その方が神様に伝わりやすく、願いが叶いやすくなります。
あまり無理のないお願いをしつつ、叶うまでには数年かかることもあるので気長に頑張りましょう。
祈願成就のお礼や、お願い事を神様にするために行うのがお賽銭。そんなお賽銭について、金額や投げ方を紹介します。

金額

お賽銭の金額は、基本的に決まりがないのでいくらでも大丈夫です。大事なのは神様への気持ちの大きさになります。ただ、一般的には大きな願いほど金額もデカく、小さな願いは少ない金額と言われます。
1 / 4